ニック・カーショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニック・カーショウ
出生名 Nicholas David Kershaw
生誕 (1958-03-01) 1958年3月1日(59歳)イギリスの旗 イギリス
活動期間 1976-現在

ニック・カーショウNik Kershaw、本名はニコラス・デヴィッド・カーショウ、1958年3月1日 - )は、イギリスブリストル出身のシンガーソングライターギタリスト

1984年発表のデビュー・アルバム"Human Racing"は、8ヶ月以上にも亘り全英チャート・インし続けた。セカンドアルバムより大ヒットしたファースト・シングルの"The Riddle"(全英3位)で知られる。 また、ソングライター、プロデューサーとしても活躍し、トニー・バンクスチェズニー・ホークスジェイソン・ドノヴァンローナン・キーティングゲイリー・ムーアブリトニー・スピアーズエルトン・ジョン、など多くのアーティストの作品に関わっている。 チェズニー・ホークスの1991年の"The One And Only" は1991年に全英No1となりUS Billboard Hot 100で最高位10位をはじめてとして世界中で大ヒットし、マイケル・J・フォックス 主演の1991年のハリウッド映画ドク・ハリウッドの主題歌としても知られている。またこの曲は、ホンダインテグラのCMでも使用された[1]

代表的なシングル曲[編集]

  • 1983 "I Won't Let the Sun Go Down on Me"
  • 1984 "Wouldn't It Be Good"
  • 1984 "Dancing Girls"
  • 1984 "I Won't Let The Sun Go Down On Me (re-issue)"
  • 1984 "Human Racing"
  • 1984 "The Riddle"
  • 1985 "Wide Boy"
  • 1985 "Don Quixote"
  • 1985 "When a Heart Beats"
  • 1986 "Nobody Knows"
  • 1986 "Radio Musicola"
  • 1987 "James Cagney"
  • 1989 "One Step Ahead"
  • 1989 "Elisabeth's Eyes"
  • 1991 "Wouldn't It Be Good (re-issue)"
  • 1991 "I Wanna Change the Score"
  • 1993 "Old Friends"
  • 1998 "Wouldn't It Be Good ('98 Remix)"
  • 1998 "'98 Remixes (Wouldn't It Be Good & I Won't Let The Sun Go Down On Me) EP"
  • 1999 "Somebody Loves You"
  • 1999 "Sometimes"
  • 1999 "What Do You Think Of It So Far?"
  • 2001 "Wounded"
  • 2001 "Die Laughing"
  • 2005 "What It Is"
  • 2005 "The Riddle '05"

アルバム[編集]

  • 1983 Human Racing
  • 1984 The Riddle
  • 1986 Radio Musicola - UK #47, AUS #92
  • 1987 BBC Transcription Service - Live in Concert
  • 1989 The Works
  • 1991 The Collection
  • 1991 Wouldn't It Be Good
  • 1993 The Best of Nik Kershaw
  • 1995 Anthology
  • 1998 Greatest Hits
  • 1999 15 Minutes
  • 2000 The Essential
  • 2001 To Be Frank
  • 2005 Then and Now
  • 2006 You've Got to Laugh
  • 2010 No-frills
  • 2012 Ei8ht

参照[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]