ジャッカル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャッカル
The Jackal
監督 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
脚本 チャック・ファーラー
製作 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
ジェームズ・ジャックス
ショーン・ダニエル
ケヴィン・ジャール
製作総指揮 テレンス・クレッグ
ハル・リーバーマン
ゲイリー・レヴィンソン
マーク・ゴードン
出演者 リチャード・ギア
ブルース・ウィリス
音楽 カーター・バーウェル
撮影 カール・ウォルター・リンデンローブ
編集 ジム・クラーク
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年11月14日
日本の旗 1998年6月20日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
日本の旗 日本
言語 英語
ロシア語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $159,330,280[1]
配給収入 11億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ジャッカル』(原題: The Jackal)は、1997年製作のアメリカ映画1973年の映画ジャッカルの日』のリメイク作品である。

あらすじ[編集]

モスクワ、1997年。弟をロシア内務省(MVD)とアメリカ連邦捜査局(FBI)の合同捜査チームに弟を射殺されたチェチェン・マフィアのボス、テレクは報復として凄腕の殺し屋ジャッカルに7000万ドルでアメリカ要人の暗殺を依頼する。神出鬼没で素性も何もかも不明なジャッカルを捕まえるため、チームの指揮を執るFBI副長官プレストンとMVDコスロヴァ少佐は刑務所に収監中のIRAのスナイパー、デクラン・マルクィーンに協力を求める。デクランは全面恩赦とジャッカルの顔を知る女性テロリスト、イザベラを保護することを条件にこれを受ける。実はデクランはジャッカルに恨みがあり、自分とイザベラとの間にできたお腹の中の子供を殺された過去があった。

チームの捜査を巧みにかわしながら、ついにジャッカルはアメリカ入りする。標的の見当もつかない中、ジャッカルはイザベラが保護されている家を襲撃、コスロヴァらを殺害する。そしてジャッカルはデクランに「お前は女を守れない男だ」と挑発するメッセージを残す。

愛する女性を失い、デクランは悲嘆にくれるが、メッセージから標的は大統領夫人であると見破り、プレストンと共に夫人の遊説会場に乗り込む。遠隔操作による狙撃から大統領夫人を間一髪で助けたデクランは、会場から逃げ出すジャッカルの後を追う。追い詰められたジャッカルは線路に飛び出て、逃げるが、この時に着地に失敗して足を負傷してしまい、精彩を欠いてしまう。そして地下鉄構内でジャッカルを追い詰めたデクランは銃撃戦を始め、ジャッカルの足を撃ったデクランに軍配は上がるが、両方から電車がきたことで身動きがとれなくなった隙に逃亡を再開して、その途中で人質も得たジャッカルはデクランに銃を捨てることを要求、デクランも従って、銃を捨てたことで、ジャッカルは優位に立つが、突如あらわれたイザベラに銃撃されて瀕死になる。倒したと思い二人は無事を確かめ合うが、一命をとりとめていたジャッカルは二人を撃とうとしたものの、それに気づいたデクランがイザベラの銃をとり射殺する。

事件は無事終結したが、デクランの全面恩赦は認められず、再収監されることになる。しかし、プレストンはわざとデクランを逃がし、彼はどこかへ消える。

登場人物[編集]

ジャッカル
名前だけが知らされている、神出鬼没の謎の殺し屋。デクランいわく四つの変装を持ち歩いているとのこと。殺しの技術や、20年以上も正体を隠した潜伏術はおろか、FBIの限られた人間しかしらない情報さえも把握する情報収集能力を持つ。
デクラン・マルクィーン
元IRAのスナイパー。現在は精神的疲労により第一線を退きアメリカに移住。イギリス人を相手にした任務をしたこともあり、体の前面にはそのときにできた複数の数がある。1989年に武器密輸容疑で逮捕され、50年の実刑判決を受け、マサチューセッツ州の連邦刑務所で服役している。命を狙われている人生を過ごしてきたが、その苦難を悉く乗り切ってきた。陽気な性格をしており、釈放されるに越したことはないという考えがありながらも、刑務所暮らしを苦痛に感じていなかった。三つの条件を呑んでもらうことでFBIの協力を受諾した[3]。ジャッカルの危険性を誰よりも認めており、「こちらは奴の名前しかしらんが、あいつはこちらの動きまでを熟知している」と評している[4]
カーター・プレストンFBI副長官
デクランをジャッカル逮捕のために仮釈放した。デクランの立場をわきまえないフランクな態度に呆れているが、ジャッカルに関する知識は誰よりも買っている。またデクランの過去を知っている。事件の終結後はデクランに好意的になり、実質的にデクランを逃がす形で釈放した。
ヴァレンチーナ・コスロヴァ少佐
ロシア出身で、海軍の軍人である弟がいるとのこと。自分の器量に自信がなく、言い寄る男がいないだろうから、結婚を考えないとのこと。イザベラ一家を保護する任務でジャッカルに襲撃されて、肝臓を撃たれ、先は長くなかったが、ジャッカルからは「生きている間にデクランがきたら伝言しろ」といわれる。言われた通り、生きている間にデクランがきたことで伝言を伝え、息を引き取った[5]
イザベラ・ザンコーナ
バスク独立党の人物であり、ジャッカルの顔を知っていると言われている人物。デクランとは違う男性と結婚し、子供もいるが、今でも一番にデクランを愛している。
T・I・ウィザースプーンFBI捜査官
イザベラ一家を保護する任務でジャッカルに殺害された。
マクマーフィーFBI捜査官
イザベラ一家を保護する任務でジャッカルに射殺された。
ドナルド・ブラウンFBI長官
イアン・ラモント
大統領夫人
ダグラス
ジャマイカ人の女
ジョージ・デッカー
イザベラの旦那。久しぶりに再会したデクランと抱擁をした妻を見たことで、複雑ではあったが、気を使って、とりあえずはどこかへ行くなど温厚な性格をしている。
テレク・ムラド
弟をロシア内務省とアメリカ連邦捜査局の合同捜査チームに射殺された報復としてジャッカルに7000万ドルで米国の要人暗殺を依頼する。
ガッツイ・ムラド
バビロフ(ムラド兄弟の知り合いの男)
本人役ラリー・キング
イアン・ラモン
ジャッカルの武器を調達した人物。しかし、ジャッカルに新兵器の実験台にされて殺害されてしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ
ジャッカル ブルース・ウィリス 磯部勉 野沢那智
デクラン・マルクィーン リチャード・ギア 田中秀幸 津嘉山正種
カーター・プレストンFBI副長官 シドニー・ポワチエ 田中信夫
ヴァレンチーナ・コスロヴァ少佐 ダイアン・ヴェノーラ 塩田朋子 弥永和子
イザベラ・ザンコーナ マチルダ・メイ 湯屋敦子 山像かおり
T・I・ウィザースプーンFBI捜査官 J・K・シモンズ 長克巳 青野武
マクマーフィーFBI捜査官 リチャード・ラインバック 佐藤祐四
ドナルド・ブラウンFBI長官 ジョン・カニンガム 糸博 小島敏彦
イアン・ラモント ジャック・ブラック 塩屋翼 江原正士
大統領夫人 テス・ハーパー 久保田民絵 沢田敏子
ダグラス スティーヴン・スピネラ 家中宏 宮本充
ジャマイカ人の女 ソフィー・オコネドー 石塚理恵
ジョージ・デッカー スティーブ・バセット 家中宏
テレク・ムラド デヴィッド・ヘイマン 糸博 佐々木梅治
ガッツイ・ムラド ラビル・イスヤノフ 小室正幸 秋元羊介
バビロフ(ムラド兄弟の知り合いの男) ピーター・サリバン 家中宏
本人役 ラリー・キング 伊藤和晃 千田光男
その他 北川勝博
笠井律子
加納詞桂章
柳沢栄治
鈴木勝美
堀川仁
後藤史彦
海老原英人
岡本章子
黒田弥生
円谷文彦
廣田行生
天田益男
八十川真由野
磯辺万沙子
喜多川拓郎
小川隆市
大黒和広
柳沢栄治
高橋智子
水野光太
佐藤ユリ
演出 蕨南勝之 松川陸
翻訳 平田勝茂 武満真樹
調整 高橋慶美 兼子芳博
効果 南部満治
録音 浜松町スタジオ
担当 吉富孝明
(ニュージャパンフィルム)
プロデューサー 大塚恭司
阿部真一郎
(日本テレビ)
プロデューサー補 小林三紀子
制作 ニュージャパンフィルム
初回放送 2000年2月4日
金曜ロードショー
(21:03-23:29)
(本編約119分22秒)

リメイク問題[編集]

映画『ジャッカルの日』のリメイク作品という触れ込みであるものの、ストーリーはほぼオリジナルで共通点は少ない。そのため、当初はオリジナルと同じタイトル"The Day Of The Jackal"とする予定であったが、翻案に違和感を覚えたオリジナルの監督であるフレッド・ジンネマンがクレームをつけ、"The Jackal"へと変更された。

また、原作者フレデリック・フォーサイスも翻案に同意せず、スタッフに名を連ねることを拒否した。ただし、オリジナルで脚本を担当したケネス・ロスは唯一同意し、結局この映画は『The Jackal』というタイトルで「1973年の映画『The Day Of The Jackal』の脚本のリメイク」として製作されるに至った。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b The Jackal (1997)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月21日閲覧。
  2. ^ 1998年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  3. ^ 一つ目は刑務所から出してほしい、二つ目はイザベラに会いたい、三つめは髭をそるためにカミソリが欲しい。
  4. ^ 実際に20年以上も活動して、いまだに正体が掴めていないという状況証拠もあるが。
  5. ^ なお、ジャッカルには「もしデクランに殺されたときは真っ先に思い出して」と通告した。

外部リンク[編集]