アナライズ・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アナライズ・ミー
Analyze This
Analyze This Logo.png
監督 ハロルド・ライミス
脚本 ケネス・ロナーガン
ピーター・トラン
ハロルド・ライミス
製作 ポーラ・ワインスタイン
ジェーン・ローゼンタール
製作総指揮 ブルース・バーマン
クリス・ブリガム
ビリー・クリスタル
出演者 ロバート・デ・ニーロ
ビリー・クリスタル
音楽 ハワード・ショア
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 クレイグ・P・ヘリング
クリストファー・テレフセン
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
トライベッカ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年3月5日
日本の旗 1999年11月6日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $106,885,658[2]
世界の旗 $176,885,658[2]
次作 アナライズ・ユー
テンプレートを表示

アナライズ・ミー』(原題:Analyze This)は、1999年制作のアメリカ合衆国オーストラリアコメディ映画ハロルド・ライミス監督(兼・脚本)、ロバート・デ・ニーロビリー・クリスタル(兼・製作総指揮)出演。

続編『アナライズ・ユー』も制作された。

あらすじ[編集]

ニューヨークの悪名高いマフィアのボス、ポール・ヴィッティは対立するプリモ・シンドーネ・ファミリーとの対決を目前に控えたある日、突然パニック障害に陥ってしまう。

ポールは腹心のジェリーの紹介で、精神科医ベン・ソベルの治療を受ける事になるが、ベンにとってはまさに災難、私情よりもポールの治療を最優先させられるハメになり、果てはかねてから予定していたローラとの結婚式までもメチャクチャにされてしまう。

だが、ベンは治療を続けるうちに、ポールが少年時代に父親を目の前で殺されていた事を知り、これが彼のトラウマになっているのではないかと確信する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
ポール・ヴィッティ ロバート・デ・ニーロ 津嘉山正種 小川真司
ベン・ソベル医師 ビリー・クリスタル 田中秀幸 古川登志夫
ローラ・マクナマラ リサ・クドロー 田中敦子 佐々木優子
プリモ・シンドーネ チャズ・パルミンテリ 土師孝也 小出達也
ジェリー ジョー・ヴィテレリ 飯塚昭三 石田太郎
マネッタ ジョー・リガーノ 伊井篤史 辻村真人
ジミー リチャード・C・カステラーノ 青山穣 牛山茂
ニッキー マックス・カセラ 高瀬右光 真実一路
マイケル カイル・サビヒー 沼田祐介 佐藤せつじ
サル・マシエロ パット・クーパー 北川勝博
カルロ・マンガーノ レオ・ロッシ 廣田行生 斎藤志郎
カール ニール・ペペ 清水敏孝 小形満
ムーニー トニー・ダロー 相沢正輝 山野井仁
シーラ ドナマリー・レッコ 佐藤しのぶ 安達忍
ステッドマン ジミー・レイ・ウィークス 石波義人 辻親八
マリー・ヴィッティ エリザベス・ブラッコ 岡本章子 蓬莱照子
アンソニー・ヴィッティ ヴィニー・ヴェラ 藤原美央子 斉藤恵理
ドロシー・ソベル レベッカ・シャール
キャロライン モリー・シャノン
本人役 トニー・ベネット 廣田行生
その他:北斗誓一、廣田行生、石波義人、大山高男水原リン

脚注[編集]

外部リンク[編集]