我が心のジョージア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

我が心のジョージア」 (Georgia on My Mind) は、ジャズスタンダード・ナンバーの一つである。アメリカ合衆国南部にあるジョージア州の州歌ともなっている。

概要[編集]

ホーギー・カーマイケル作曲、ステュアート・ゴレル(Stuart Gorrell)作詞。曲名のジョージアとは、カーマイケルの姉妹のジョージアのために歌詞が書かれたとする説があるが、1965年発表の彼の自伝で、バンドリーダーのフランキー・トラムバウアーからアメリカ南部をイメージした 「Gorgia」という曲の注文から作られたことが述べられ、、州名を指していると広く認められている。1930年9月15日に、ホーギー・カーマイケル楽団でレコード録音がなされるが、「One Night in Havana」というレコードの最後のほうであった。

1931年に、フランキー・トラムバウアーのレコードがヒットし、ジャズ、ブルースのスタンダードナンバーとして、定着するまでになった。有名無名を問わず、多くの歌手・楽団がカヴァーすることとなった。特に1960年レイ・チャールズによるカヴァーが広く知られる。1979年には、ジョージア州歌となった。1996年7月19日、ジョージア州の州都アトランタで行われた第26回アトランタ・オリンピック開会式では、チャールズ自身が出演して歌唱した。

日本においては、日本コカ・コーラの缶コーヒー「ジョージア」のコマーシャルで、長い間採用された。1988年の東映『花園の迷宮』でも、登場する。

また、1968年ビートルズが発表した作品「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」では、本曲の題名が織り込まれた。これは、南コーカサスにあり当時はソビエト連邦構成国だったグルジア・ソビエト社会主義共和国の英語名がジョージア州と同じ 「Georgia」であることに引っ掛けたジョークである[1]

カヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ソビエト連邦解体後の2015年4月に日本国政府はそれまでのロシア語由来(異説あり)とされる「グルジア」の外名使用を取りやめ、英語読みの「ジョージア」に変更している。
  2. ^ Lou Rawls - Tobacco Road (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  3. ^ Jackie Wilson - Spotlight On Jackie Wilson (Vinyl, LP, Album) at Discogs

外部リンク[編集]