博士と彼女のセオリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
博士と彼女のセオリー
The Theory of Everything
監督 ジェームズ・マーシュ
脚本 アンソニー・マッカーテン
原作 ジェーン・ホーキング『無限の宇宙 ホーキング博士とわたしの旅』
製作 ティム・ビーバン
リサ・ブルース
アンソニー・マッカーテン
エリック・フェルナー
出演者 エディ・レッドメイン
フェリシティ・ジョーンズ
エミリー・ワトソン
音楽 ヨハン・ヨハンソン
撮影 ブノワ・ドゥローム
編集 ジンクス・ゴッドフリー
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
Dentsu Motion Pictures
フジテレビジョン
配給 イギリスの旗ユニバーサル・ピクチャーズ
アメリカ合衆国の旗フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗2014年11月7日
日本の旗2015年3月13日
上映時間 124分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $15,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $123,726,688[3]
アメリカ合衆国の旗 $35,893,537[3]
日本の旗 2億2,400万円[4]
テンプレートを表示

博士と彼女のセオリー』(はかせとかのじょのセオリー、The Theory of Everything)は、2014年イギリスで製作された伝記映画で、理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士と彼の元妻であるジェーン・ホーキング(Jane Wilde Hawking)の関係を描き出している。監督はジェームズ・マーシュ、主演はエディ・レッドメインフェリシティ・ジョーンズが務める。第87回アカデミー賞では5部門にノミネートされ、エディ・レッドメインが主演男優賞を受賞した[5]

あらすじ[編集]

1960年代のケンブリッジ大学物理学を学んでいたスティーヴン・ホーキングは、同じ大学で文学を学んでいるジェーン・ワイルドと恋に落ちる。スティーヴンは体が次第に自由に動かなくなり、倒れて医者から筋萎縮性側索硬化症(ALS)で余命2年とされる。スティーヴンの親も反対するが、2人は結婚する。

男児が生まれ、ブラックホールに関する博士論文を教授たちから絶賛されるが、体も不自由になってきて、電動の車椅子を使うようになる。「ビッグ・バン」に関する発表は馬鹿馬鹿しいと退場する学者もいたが、喝采を送る学者もいた。ジェーンは勧められて教会の聖歌隊に入るが、指導をしているジョナサンがピアノ教師として家庭に入り、妻を亡くして子もいないことから家庭を支援し、父親の代理のように子どもからも慕われる。3人目の子どもが生まれるが、誰の子かと噂されるようになり、立ち聞きしたジョナサンが「君が好きだ」というとジェーンも「私も貴方が」といいながら離れる。

スティーヴンが仏ボルドーでのオペラに招待され、子どもたちのキャンプのためにジョナサンが呼ばれる。公演の最中に倒れ、死か気管切開かと医者に迫られ、声が出なくなる後者を選択する。「スペリングボード」を使うために有能な看護師エレインを雇い、その後、埋め込みの音声合成器を使うようになる。『ホーキング、宇宙を語る : ビッグバンからブラックホール』が世界的なベストセラーになる。「アメリカでの授賞式にエレインを連れていく」と突然話したことから、2人は離婚することになり、ジェーンはジョナサンと結婚する。

エリザベス2世女王からスティーヴンとジェーンが一緒にバッキンガム宮殿に招待され、自由社会主義者であるスティーヴンは大英帝国勲章(CBE)を受勲する。『宇宙を語る』は「難しいけど売れている本なのね」と言われる。宮殿の庭でスティーヴンはジェーンに「私たちが作ったものを見て」と言う。その前で大きくなった3人の子どもたちが遊んでいる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スティーヴンの2番目の妻。
ジェーンの2番目の夫。
ジェーンの母親。
ジェーンの父親。
スティーヴンの父親。
スティーヴンの母親。
スティーヴンの妹。
スティーヴンの妹。
スティーヴンの師。
バシル・キングの妹でスティーヴンの友人。
スティーヴンのルームメイト。

なお、映画の中で使用されているホーキング博士の電子音声は本人が提供したものである。

製作[編集]

構想[編集]

本作の脚本を書いたアンソニー・マッカーテン1988年に出版されたホーキング博士の『ホーキング、宇宙のすべてを語る』を読んで以来、博士に関心を持ち続けていた。2004年、マッカーテンはジェーン・ホーキングの回顧録『無限の宇宙 ホーキング博士とわたしの旅』を読んだ。そして、映像化される保証がないまま脚本の執筆に取り掛かった。自身の企画について話し合うために、マッカーテンは何度もジェーンのもとを訪ねた。何回か脚本を書き直した後に、ICMのエージェント、クレイグ・バーンスタインを通して、プロデューサーのリサ・ブルースと会った[6]

マッカーテンとブルースは3年かけてジェーン・ホーキングから回顧録の映画化の承諾を得た。ブルースは当時を振り返って「幾度となく話し合いを設け、何杯ものシェリー酒紅茶を飲んだ。」と述べている[7]。2013年4月18日、ジェームズ・マーシュが監督に内定し、撮影はイギリスを中心にして行われることが決まった。また、主役のホーキング博士を エディ・レッドメインが演じることになった[8]。同年6月23日、フェリシティ・ジョーンズがジェーン・ホーキングを演じることが決まった[9][10]。10月8日、エミリー・ワトソンデヴィッド・シューリスの出演が決まり、アンソニー・マッカーテン、リサ・ブルース、エリック・フェルナー、ティム・ビーバンの4人がプロデューサーを務めることになった[11][12]

マーシュは映画が現実に忠実になるような映像の構成を研究していた。彼は「この映画に関連したホーキング博士の写真やドキュメンタリーの映像はある。あとは、われわれがそれらを最高の映画に構成し直そうとした。」と述べている[13]。また、レッドメインは本作に出演するにあたって、ホーキング博士と会った。レッドメインは「今でも、博士は動くことができない。しかし、博士の目には活力があった。」と述べ、博士を演じることに重責を感じたという。さらに彼は「映画を作る上で重要となる問題は、実際のできごとの時系列を追って撮影しているわけではないということだ。だからこそ、博士の病状の悪化をしっかりととらえておく必要があった。観客が博士の日常に入り込めるようにもそうする必要がある。ただし、それと同時に、博士のひらめき、ウィット、ユーモアを表現する必要があった。」と付け加えている[13]

レッドメインはホーキング博士の数多くのインタビュー動画を見て、ホーキング博士の生活を研究するのに半年を費やした[14]。マーシュは「レッドメインがやらねばならなかったことは容易なことではなかった。身体表現が困難なだけではなく、膨大な時間をかけて役作りをする必要があった。単に身体の障害を表現するわけではない。身体を蝕んでいく病の進行過程を表現する一方、知的活動は病気にとらわれていないことも表現する必要があった。」と述べている。マーシュによると、ホーキング博士は映画製作に好意的であり、だからこそ、博士は自身が使っている音声データを提供してくれたのだという[15]。トロント国際映画祭の観客には、ホーキング博士が本作を鑑賞した後にを流し、看護師がその涙をふき取ったということが知らされた[14]

撮影[編集]

2013年9月より、イギリスのケンブリッジを主なロケ地として主要撮影が始まった[16]。主要撮影の開始に先立って、同年9月23日から27日にかけてワーキング・タイトル・フィルムズはケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジのニュー・コートの前の芝生で撮影を行った。その撮影は1963年メイボールのシーンの撮影であった[17]。9月24日、セント・ジョンズ・カレッジとクイーン・ロードで撮影が行われた。メイボールのシーンは屋外の撮影の最後の方で行われ、屋内のスタジオでの撮影をもってして、5週間以上にわたる撮影は終了した[18]

本作で使用されたメイボールにおける花火は、2012年ロンドンオリンピックでの花火を担当したTitanium社が打ち上げたものである[19]

音楽[編集]

ヨハン・ヨハンソンが本作で使用される楽曲を作曲した。本作の楽曲は「アコースティックとエレクトロニクスの見事なブレンド」と表現されている。楽曲に関して、ヨハンソンは「オーケストラ、バンド、ソロ演奏のいずれであろうと、さまざまなソースから生まれるサウンドスケープの要素とエレクトロニクスで、ライブの録音の厚みを出そうとしている。」と述べている[20]。なお、本作のサウンドトラックロンドンアビー・ロード・スタジオで収録された[21]

視覚効果[編集]

ユニオン・ビジュアル・エフェクツが本作の視覚効果を担当した[22]

公開[編集]

2014年9月7日、第39回トロント国際映画祭において本作はプレミアを迎えた[23]。なお、本作は映画祭のスペシャル・プレゼンテーション部門で上映された[24][25]

2013年8月8日には、ユニバーサル・ピクチャーズが本作の世界配給権を獲得している[26]。2014年4月10日、フォーカス・フィーチャーズは本作をアメリカで配給する権利を獲得し、年内に限定公開すると決定した[27]。また、カナダでの配給権はエンターテインメント・ワンが獲得した[28]。本作のファースト・トレイラーは2014年8月7日に公開された[29][30]

2014年11月7日に、アメリカでの限定公開が始まった[31]。2015年1月のイギリス公開開始を先陣として、台湾ドイツオーストリアでの公開もされた[32][33]日本では3月13日より公開される。

興行収入[編集]

2014年11月7日、本作は北米の映画館5館において限定公開され、20万7000ドルを稼ぎ出した(1館当たり4万1400ドル)。フォーカス・フィーチャーズの配給部門の最高責任者である、ジム・オールは「われわれにとっては大いに喜ばしい知らせだ。」「この素晴らしい数字は観客の高評価とも連動している。ジェームズ・マーシュの見事な演出で素晴らしい演技が引き出された。私は本作の演技、演出、そして作品自体が映画芸術科学アカデミーの会員の注意を引くことを信じている。」と述べた[34]。11月26日には北米802館で拡大公開され、500万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング7位となった。なお、感謝祭の週の5日間で、640万ドルを稼ぎ出した[35]

2015年2月22日までに北米で約3,400万ドル、国外で7,000万ドルの興行収入を記録し、トータルで1億ドルを突破した[36]

評価[編集]

本作は批評家から高く評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには213件のレビューがあり、批評家支持率は80%、平均点は10点満点で7.4点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「伝記映画でもあり、ラブストーリーでもある。『博士と彼女のセオリー』はジェームズ・マーシュの磨き抜かれた監督手腕と主演2人の力強い演技によって成り立っている。」となっている[37]。また、Metacriticには45件のレビューがあり、加重平均値は72/100となっている[38]

ガーディアンキャサリン・ショアードはレッドメインの演技とマッカーテンの脚本を中心に本作を称賛し、「レッドメインが傑出している。『マイ・レフトフット』でのダニエル・デイ=ルイスの演技との比較にも耐えうるほど、驚異的で 真に迫った演技である。」と述べている[39]

ニューヨーク・ポストロー・ルメニクは「身震いするほど感動し、興奮した。」と書いている[40]バラエティジャスティン・チャンは本作を高く評価し、「感動的でほろ苦いラヴストーリーだ。奥深いユーモアで深みを増している。」と述べている。チャンはレッドメインとジョーンズの演技を「とても素晴らしい演技だ」と評し、ヨハンソンの楽曲を「彼のアルペッジオのような反復と進歩はフィリップ・グラスの楽曲を彷彿とさせる。」と評している[41]ハリウッド・リポーターレスリー・フェルペリンは「約25年間にもわたる主人公2人の複雑な関係をしっかりと正確に、映像で説明してくれる。申し分のないプロの技だ。」と述べている[42]

デイリー・テレグラフティム・ロビーは「ホーキング博士の宇宙論の要約において、『博士と彼女のセオリー』は凡人にも分かるように最大限の努力をしている。そのインスピレーションの大部分がどこかで見聞きしたことがあるものだ。とはいえ、それらはしっかりとしたソースからの借用である。」と述べる一方、レッドメインの演技とマッカーテンの脚本は絶賛している[43]

Deadline.comピート・ハモンドは「(トロント国際映画祭での)反応が熱狂的であったと述べることは誇張していることにはなるまい。批評家からだけではなく、アカデミー賞の投票権を持つ人々からも絶賛の声を聞いた。」とトロント国際映画祭で本作を見た観客の様子を表現している[44]

ただし、本作に対する批判がないわけではない。The Wrapアルフォンソ・デュラルデは「ホーキング博士が起こしたイノベーションと博士が時代遅れの考え方に賛同することを拒絶する姿が描かれている。しかし、この描写は単に伝記映画の悪しき風習を強調したものに過ぎない。」と述べている[45]インディワイアーエリック・コーンは「ジェームズ・マーシュ監督の伝記映画『博士と彼女のセオリー』は有名な物理学者に敬意を払っている。しかし、博士が驚くべきアイデアを思いついたことに対する掘り下げが足りない。」と評している[46]ニューヨーク・タイムズデニス・オーヴァーバイは「『博士と彼女のセオリー』は賞を与えるに値しない。なぜなら、ホーキング博士の業績を大雑把に説明しているからだ。雑な描写のために、なぜ博士が有名になったのかという疑問に対する答えがはっきりしないままになっている。博士がどのようにして従来の時空理論を覆したかということを描き出す代わりに、博士が神の存在に言及したかしないかという、些細なことが語られている。観客の宗教的な関心に媚びている。」と批判している[47]ガーディアンの映画ブロガーであるミシェル・ディーンは「ジェーン・ワイルド・ホーキングにとっては迷惑な作品である。ドラマチックな映画になるように事実が再構成されている。『博士と彼女のセオリー』は古い映画の型に必死にしがみついた映画だ。」と記している[48]

受賞[編集]

受賞日 カテゴリ 対象者 結果
ハリウッド映画賞[49] 2014年11月14日 ブレイクアウト男優賞 エディ・レッドメイン 受賞
ハリウッド音楽賞[50][51] 2014年11月4日 作曲賞(映画部門) ヨハン・ヨハンソン ノミネート
トロント国際映画祭[52] 2014年9月6日 ブレイクスルー賞 ジェームズ・マーシュ
エディ・レッドメイン
フェリシティ・ジョーンズ
受賞
ミルバレー映画祭[53] 2014年10月12日 金賞 受賞
ニューヨーク映画批評家オンライン賞[54] 2014年12月7日 作品賞トップ10 入賞
主演男優賞 エディ・レッドメイン 受賞
アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞[55] 2014年12月8日 作品賞トップ10 3位
ワシントンD.C.映画批評家協会賞[56] 2014年12月8日 主演男優賞 エディ・レッドメイン ノミネート
主演女優賞 フェリシティ・ジョーンズ ノミネート
脚色賞 アンソニー・マッカーテン ノミネート
作曲賞 ヨハン・ヨハンソン ノミネート
サンフランシスコ映画批評家協会賞[57] 2014年12月14日 主演男優賞 エディ・レッドメイン ノミネート
デトロイト映画批評家協会賞[58] 2014年12月15日 主演男優賞 エディ・レッドメイン ノミネート
パームスプリングス国際映画祭[59] 2015年1月3日 Desert Palm Achievement Award エディ・レッドメイン 受賞
アイオワ映画批評家協会賞[60] 2015年1月6日 主演男優賞 エディ・レッドメイン 2位
主演女優賞 フェリシティ・ジョーンズ 2位
作曲賞 ヨハン・ヨハンソン 3位
ゴールデングローブ賞[61] 2015年1月11日 主演男優賞(ドラマ部門) エディ・レッドメイン 受賞
作曲賞 ヨハン・ヨハンソン 受賞
作品賞(ドラマ部門) ノミネート
主演女優賞(ドラマ部門) フェリシティ・ジョーンズ ノミネート
全米俳優組合(SAG)賞[62] 2015年1月25日 主演男優賞 エディ・レッドメイン 受賞
サテライト賞[63] 2015年2月15日 作品賞 ノミネート
主演男優賞 エディ・レッドメイン ノミネート
主演女優賞 フェリシティ・ジョーンズ ノミネート
脚色賞 アンソニー・マッカーテン ノミネート
撮影賞 ブノワ・ドゥローム ノミネート
アカデミー賞[64] 2015年2月22日 作品賞 ノミネート
主演男優賞 エディ・レッドメイン 受賞
主演女優賞 フェリシティ・ジョーンズ ノミネート
脚色賞 アンソニー・マッカーテン ノミネート
作曲賞 ヨハン・ヨハンソン ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ 博士と彼女のセオリー”. 2014年12月5日閲覧。
  2. ^ How Eddie Redmayne Became Stephen Hawking in ‘The Theory of Everything’”. 2014年12月4日閲覧。
  3. ^ a b The Theory of Everything”. 2014年12月4日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 76頁
  5. ^ エディ・レッドメイン、新作映画で演じるのは1930年代に性転換手術を受けたトランスジェンダー役
  6. ^ Theory of Everything: Making Movie about Stephen Hawkings”. 2014年12月7日閲覧。
  7. ^ Toronto: THR Honors 'Theory of Everything' Stars and Director With Breakthrough in Film Awards”. 2014年12月7日閲覧。
  8. ^ Eddie Redmayne set to play Stephen Hawking in biopic”. 2014年12月7日閲覧。
  9. ^ Felicity Jones Joins Theory Of Everything”. 2014年12月7日閲覧。
  10. ^ Felicity Jones cast in Stephen Hawking biopic 'Theory of Everything'”. 2014年12月7日閲覧。
  11. ^ Emily Watson Joins Working Title’s ‘Theory of Everything’”. 2014年12月7日閲覧。
  12. ^ Eddie Redmayne, Felicity Jones Line Up For James Marsh's 'The Theory of Everything'”. 2014年12月7日閲覧。
  13. ^ a b Eddie Redmayne on playing (and meeting) Stephen Hawking”. 2014年12月7日閲覧。
  14. ^ a b Toronto: ‘The Theory of Everything’ Made Stephen Hawking Cry”. 2014年12月9日閲覧。
  15. ^ Hot Trailer: First Look At Oscar Contender 'The Theory Of Everything' — An Unexpected Love Story About Stephen Hawking”. 2014年12月8日閲覧。
  16. ^ Hawking Biopic ‘The Theory Of Everything’ Starring Eddie Redmayne Begins Filming”. 2014年12月9日閲覧。
  17. ^ Felicity about Theory of Everything - Shooting of the May Ball & Boat Club scenes”. 2014年12月9日閲覧。
  18. ^ Cambridge Theory of Everything”. 2014年12月9日閲覧。
  19. ^ Trinity College Cambridge May Ball Fireworks 2014”. 2014年12月9日閲覧。
  20. ^ Jóhann Jóhannsson Provides The Beautiful Score For Focus Features’ THE THEORY OF EVERYTHING”. 2014年12月9日閲覧。
  21. ^ Recording at Abbey Road for Johann Johannsson ‘Theory of Everything’ feature film music”. 2014年9月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月9日閲覧。
  22. ^ The Theory Of Everything”. 2014年12月6日閲覧。
  23. ^ Toronto film festival 2014: full lineup”. 2014年12月5日閲覧。
  24. ^ Toronto: ‘Theory of Everything’ Has the Right Formula for Oscars”. 2014年12月5日閲覧。
  25. ^ Toronto Film Festival Lineup Includes Denzel Washington’s ‘Equalizer,’ Kate Winslet’s ‘A Little Chaos’”. 2014年12月5日閲覧。
  26. ^ Eddie Redmayne, Felicity Jones Line Up For James Marsh's 'The Theory of Everything'”. 2014年12月6日閲覧。
  27. ^ The Theory of Everything”. 2014年7月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月6日閲覧。
  28. ^ The Theory of Everything - 2015 Film”. 2014年8月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月6日閲覧。
  29. ^ First trailer revealed for Stephen Hawking biopic The Theory of Everything”. 2014年12月6日閲覧。
  30. ^ TIFF: Eddie Redmayne is Stephen Hawking in trailer for ‘The Theory of Everything’”. 2014年12月6日閲覧。
  31. ^ Stephen Hawking Biopic ‘Theory of Everything’ Set for Nov. 7 Launch”. 2014年12月6日閲覧。
  32. ^ UPDATE: Focus’ ‘Theory Of Everything’ Set For November; Relativity Dates ‘November Man’ For August; Disneynature’s ‘Monkey Kingdom’ Due In 2015”. 2014年12月6日閲覧。
  33. ^ News/ Stephen Hawking Biopic The Theory of Everything Trailer Released, Movie Stars Eddie Redmayne—Watch!”. 2014年12月6日閲覧。
  34. ^ ‘The Theory Of Everything’ Hawking Relatively Strong Box Office Debut”. 2014年12月9日閲覧。
  35. ^ ‘Theory Of Everything’ Expands With Gusto Amid Huge ‘Imitation Game’ Opening”. 2014年12月9日閲覧。
  36. ^ The Theory of Everything (2014)”. Box Office Mojo. 2015年1月26日閲覧。
  37. ^ The Theory of Everything (2014)”. 2014年12月9日閲覧。
  38. ^ The Theory of Everything”. 2014年12月9日閲覧。
  39. ^ The Theory of Everything review: Hawking's story packs powerful punch”. 2014年12月10日閲覧。
  40. ^ This Stephen Hawking biopic is a good bet for Oscar nods”. 2014年12月9日閲覧。
  41. ^ Toronto Film Review: ‘The Theory of Everything’”. 2014年12月9日閲覧。
  42. ^ 'The Theory of Everything': Toronto Review”. 2014年12月9日閲覧。
  43. ^ The Theory of Everything, review: 'tasteful and affecting'”. 2014年12月10日閲覧。
  44. ^ Toronto: 'Theory Of Everything' Sends Oscar Race Into Early Overdrive As TIFF World Premieres Keep On Coming”. 2014年12月1日閲覧。
  45. ^ ‘The Theory of Everything’ Review: Eddie Redmayne Gives Body and Soul to a By-the-Numbers Biopic”. 2014年12月10日閲覧。
  46. ^ Toronto Review: Eddie Redmayne and Felicity Jones Salvage Stephen Hawking Biopic 'The Theory of Everything'”. 2014年12月10日閲覧。
  47. ^ The Leaky Science of Hollywood”. 2014年12月10日閲覧。
  48. ^ The Theory of Everything does Jane Hawking a disservice”. 2014年12月10日閲覧。
  49. ^ Moraski, Lauren (2014年11月14日). “Hollywood Film Awards 2014 winners”. CBS News. 2014年11月22日閲覧。
  50. ^ Hollywood Music in Media Awards Nominations Announced”. Film Music Reporter (2014年10月8日). 2014年11月22日閲覧。
  51. ^ 2014 HMMA Winners”. HMMAwards.org (2014年11月5日). 2014年11月22日閲覧。
  52. ^ Toronto: THR Honors 'Theory of Everything' Stars and Director With Breakthrough in Film Awards”. The Hollywood Reporter (2014年9月7日). 2014年9月7日閲覧。
  53. ^ Heeney, Alexandra (2014年10月17日). “Mill Valley Film Festival showcases Hawking and Turing biopics”. The Stanford Daily. http://www.stanforddaily.com/2014/10/17/mill-valley-film-festival-showcases-biopics-about-hawking-and-turing/ 2014年11月22日閲覧。 
  54. ^ 'Boyhood' named best film by New York Film Critics Online”. 2014年12月9日閲覧。
  55. ^ SELMA Press Release”. 2014年12月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月9日閲覧。
  56. ^ The 2014 WAFCA Awards”. 2014年12月9日閲覧。
  57. ^ 2014 SAN FRANCISCO FILM CRITICS CIRCLE AWARDS”. 2015年1月3日閲覧。
  58. ^ The 2014 Detroit Film Critics Society Awards”. 2014年12月31日閲覧。
  59. ^ Feinberg, Scott (2014年11月7日). “Palm Springs Film Fest: Eddie Redmayne Lands Top Actor Honor for 'Theory of Everything'”. The Hollywood Reporter. 2014年11月22日閲覧。
  60. ^ BRUCEBLOG: 'Boyhood' tops Iowa Film Critics Awards”. 2015年1月4日閲覧。
  61. ^ ゴールデン・グローブ賞発表!『6才のボクが、大人になるまで。』が最多3部門で受賞”. シネマトゥデイ (2015年1月12日). 2015年1月13日閲覧。
  62. ^ 米俳優組合賞発表 主演男優賞は「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメイン”. 映画.com (2015年1月26日). 2015年1月27日閲覧。
  63. ^ 2014”. 2014年12月9日閲覧。
  64. ^ 第87回アカデミー賞「バードマン」「グランド・ブダペスト・ホテル」が最多9部門ノミネート!”. 映画.com (2015年1月15日). 2015年1月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]