ブラックハット (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラックハット
Blackhat
監督 マイケル・マン
脚本 モーガン・デイビス・フォール
製作 マイケル・マン
トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
製作総指揮 アレックス・ガルシア
エリック・マクレオド
出演者 クリス・ヘムズワース
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
アッティカス・ロス
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 ジョー・ウォーカー
ステファン・E・リヴキン
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年1月16日
日本の旗 2015年5月8日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $70 million[1]
興行収入 $17.8 million[1]
2100万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ブラックハット』(原題: Blackhat)は、2015年アメリカ映画

ストーリー[編集]

中国、香港で稼働していた原子力発電所が悪質なハッカー"ブラックハット"にハッキングを受け、冷却ポンプを破壊された結果、水蒸気爆発を起こし、メルトダウンこそ食い止めたが大きな損害を出してしまう。更に株の市場にもハッキングが行われ、大豆の暴沸が起きる。

中国政府は軍の情報部のチェン・ダーワイ大尉に事態の解決を依頼。ダーワイの調べでハッキングに使われていたコードがかつてダーワイがアメリカに留学していた際にルームメイトで親友であった天才ハッカーのニコラス・ハサウェイが過去に作成していたものであることを突き止める。米国の原発もハッキングを受けていたことが発覚し、米中の合同捜査が行われることになり、ダーワイは同じくプログラム技術に長ける妹のリエンを連れて米国に赴くが、そこでFBI側の能力不足を見たダーワイはハサウェイを捜査に加えることをFBIのバレット捜査官に申し出る。カード詐欺の常習犯となり、刑務所に十数年の刑で服役しているハサウェイはハッカーの逮捕に貢献できたら釈放することを条件に捜査協力を了承。共同でブラックハットの足取りを追っていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

  1. ^ a b Blackhat (2015) - Box Office Mojo”. boxofficemojo.com. 2015年3月6日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 76頁

外部リンク[編集]