JIN (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JIN
生誕 4月11日
出身地 日本の旗 日本大阪府高槻市
ジャンル ロック
J-POP
職業 音楽プロデューサー
ミュージシャン
作曲家
作詞家
編曲家
DJ
担当楽器 ギター
ボーカル
ベース
共同作業者 GReeeeN
NICK
High Speed Boyz

JIN(ジン)は、日本音楽プロデューサーミュージシャン作曲家作詞家編曲家DJ

大阪府高槻市出身。音楽プロデューサーとしてGReeeeNwhiteeeenROTTENGRAFFTYBACK-ON2BACKKAなどインディーズバンドからメジャーアーティストまで100組以上を手掛けている。「NICK」、「High Speed Boyz」のボーカル、元Pay money To my Painのギタリスト。実弟に自身がプロデュースを手掛けるGReeeeNのリーダーHIDEがいる。[1]

来歴[編集]

ミュージシャンとして[編集]

中学2年生の時、父親にテストで全教科満点を取ることを条件に買ってもらったシンセサイザーで音楽活動にのめり込むようになる。

90年代はソフトヴィジュアル系ロックバンドCHILD HOOD'S END(後にCHILDに改名)のギタリストとして活動。(2003年1月1日活動停止)

2003年にindigo7を結成。[2](2005年解散)

2004年Pay money To my Painにギタリストとして加入(2008年4月に脱退)。自身最後のライブ(PUNKSPRING08)でギターを空中に放り投げてステージを後にした。[3]

2009年9月にはロックバンド「High Speed Boyz」のボーカルとしてメジャーデビュー。[4]

IXNO image LABORATORYの藤田恒三と共に東京mania rocks名義でのDJとしても活動。

音楽プロデューサーとして[編集]

2007年にGReeeeNがメジャーデビューしてからはプロデューサー業にも活動の場を広げる。

2008年、GReeeeNBACK-ONと共に、コラボレーション・ユニット「BAReeeeeeeeeeN」に参加、プロデュース。[5]2009年には初めて女性アーティスト&外国人のユンナ[6]2010年には、モデルminiのプロデュースを手掛ける。ゆずとは共同作曲が多く、2013年にイロトリドリ、2014年にヒカレ、2017年にタッタを制作している。ジャニーズグループに楽曲提供することが多く、2020年にはジャニーズWESTの6枚目のアルバム「W trouble」に収録されている「HEY!!!!!!!」を作曲した。

その他SoulJaとの共作やBENNIE Kのunityでのギター参加、GUNDOGAgitato、その他数多くのインディーズ作品にプロデューサー、エンジニアとして関わる。

2017年にはストリートダンスバトルイベント「DANCE ALIVE HERO'S」の音響プロデューサーを担当。[7]

GReeeeN映画プロジェクト『キセキ -あの日のソビト-』(2017年公開)、『愛唄 -約束のナクヒト-』(2019年公開)では音楽プロデューサーを担当。『キセキ -あの日のソビト-』では第41回日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。[8]

他アーティストへの提供作品[編集]

※GReeeeN、ROTTENGRAFFTY、BACK-ONの作品は割愛

あ行[編集]

宇都宮隆

か行[編集]

粉ミルク

さ行[編集]

シクラメン

  • 「ブチコメ‼」(共同作詞・作曲)

ジャニーズWEST

  • 「HEY!!!!!!!」(作詞・作曲)

jealkb

  • 「DEAD LOCK」(作詞・作曲)

SPEED

  • 指環」(共同作詞)

た行[編集]

タッキー&翼

  • 「Billions of You」(作曲)

2BACKKA

  • 「ナミダ」(作詞・作曲)
  • 「ハレバレ」(作詞・作曲)

でんぱ組.inc

  • 「超絶ウルトラ☆HAPPY DAYS」(作詞・作曲)

な行[編集]

NEWS

  • 「LIVE」(作詞・作曲)
  • 「4+FAN」(作詞・作曲)
  • 「HAPPY ENDING」(作詞)
  • 「恋する惑星」(作詞・作曲)

は行[編集]

BAReeeeeeeeeeN

PKCZ

  • 「GLAMOROUS」(MIX)

紘毅

  • 「君が大好きで feat. 與真司郎(AAA)」(共同作曲)

ベッキー♪#

  • ヤルキスイッチ」(作曲)
  • 「春風ラブレター」(作曲)
  • 「MY FRIEND〜ありがとう〜」(作曲)
  • 「A/W 〜あなたとわたし〜」(作曲)

whiteeeen

  • 「恋のテンキヨホウ」(作詞)
  • 「メロディー」(作曲)

ま行[編集]

mini

  • 「Special memory」(作詞・作曲)
  • 「GiRLS SPiRiT」(作詞・作曲)

メロ☆ライド

  • 「スタープラチナ」(共同作詞)

morioni(森友嵐士鬼龍院翔

  • 「サヨナラは歩き出す」(作曲・編曲)

や行[編集]

jyA-Me

  • 「Love Letter ~永遠の幸せ~」(作曲)
  • 「Fallin'feat. Reuben Cannon」(作曲)
  • 「favorite cruisin' feat. JUN(from CLIFF EDGE)」(作曲)
  • 「so-fly」(作曲)
  • 「ESSENCE of LOVE」(作曲)
  • 「1.2.3...」(作曲)

ゆず

ユンナ

  • 「GIRL」(作詞)
  • 「SUNDAY」(作詞・作曲)
  • 「好きなんだ」(作詞・作曲)

横浜流星

わ行[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ GReeeeNの「キセキ」誕生秘話が映画に 松坂桃李と菅田将暉が初の兄弟役でW主演 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2021年2月10日閲覧。
  2. ^ BIOGRAPHY - UNIVERSAL MUSIC JAPAN” (日本語). indigo7. 2021年2月10日閲覧。
  3. ^ Department, Gekirock Editorial. “Pay money To my Pain| 激ロック インタビュー”. 激ロック ラウドロック・ポータル. 2021年2月10日閲覧。
  4. ^ High Speed Boyz、正体判明で素顔公開&デビュー延期の事態に” (日本語). BARKS. 2021年2月10日閲覧。
  5. ^ BAReeeeeeeeeeNは、やっぱりGReeeeNの新プロジェクト” (日本語). BARKS. 2021年2月10日閲覧。
  6. ^ ユンナ、JINプロデュースの新曲に注目” (日本語). BARKS. 2021年2月10日閲覧。
  7. ^ GReeeeNプロデューサーJINが音響担当!? DANCE ALIVE HERO’S 開催決定!!|株式会社アノマリーのプレスリリース”. 2021年3月10日閲覧。
  8. ^ 日本アカデミー賞公式サイト”. 2021年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]