高木里代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高木 里代子
生誕 (1984-09-20) 1984年9月20日(33歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 慶應義塾大学
ジャンル ジャズハウス[要曖昧さ回避]エレクトロ
職業 ピアニスト作曲家タレント
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 2009年 - 現在
レーベル HALレコード
HD Impression
avex trax(2016-現在)
事務所 エイベックス・マネジメント
公式サイト avex.jp/riyokotakagi/

高木 里代子(たかぎ りよこ、1984年9月20日[1] - )は、日本ジャズピアニスト

経歴[編集]

東京都出身[2]慶應義塾大学環境情報学部を卒業[2]

4歳からピアノを始める。 大学在学中から都内のライブハウス、クラブ等で演奏開始。

2008年からDJとコラボレーションしたクラブ系ハウスユニットInner City Jam Orchestraのキーボード奏者として活動開始。「ICJO」の 「SAKURA」、「空~story~」、「HEAVEN」を作曲。「ICJO」のフルアルバム「RYUDO」に作曲・演奏で参加。

2010年、ICJOでの活動を休止。ジャンルや演奏場にとらわれず、幅広い音楽性のオリジナルサウンドを求め活動開始。作曲だけでなく、作詞編曲、プログラミングも自作し始める。

2012年 DJ牧野雅己とICJO再開。復活ライブを行う。

2014年4月、ダイナースクラブの主催の動画コンテストで、人気投票一位を獲得[要出典]、ブルーノートへ出演、ギタリストのリーリトナー、Crystal Kay、その他のアーティスト達との共演する。

2014年6月、リーリトナーが主催するコンペ、6 string theoryでピアノ部門世界第4位に入賞[要出典]

2014年9月、モントルーJAZZフェスティバルジャパンコンペに参加、セミファイナル進出。

2015年1月、前年に行った成城学園Salone Fontanaでの初ソロコンサートのハイレゾ録音がe-onkyoからアルバム『Salone』として配信開始。総合アルバムチャート第1位を獲得。

2015年9月、第14回「東京JAZZ」の地上広場に二日間出演。その際、水着で出演したことが話題となり、各スポーツ紙等で取り上げられる。[要出典]9月8日付けのYahoo!検索急上昇ワード1位にランクイン。[要出典]

2015年11月、avexより発売開始となった配信ミニアルバム「THE INTRO!高木里代子」が、iTunesジャズチャート1位、総合チャート11位にランクイン。[要出典]

2016年2月エイベックスよりメジャーデビューアルバム「THE DEBUT!」をリリース。オリコンチャート初登場37位を記録。

2017年2月、JAZZ JAPAN AWARD ニュースター部門賞を受賞。

2017年4月、二作目となるピアノソロアルバム「Dream of You ~SaloneII」発売。

2018年1月、前年に行ったジャズ生誕100周年を記念したヤマハ主催イベント「ジャズの黄金時代」にてソロライブを実施。その時のライブ映像を収録したDVD「Live Lab」がAmazonで、ジャズフュージョン部門1位を記録[要出典]

2018年5月には初のグラビアDVD「Rose Dream」をリリース。自身で一部BGMやテーマ曲なども手がける。秋葉原ソフマップでリリースイベントを行う。

2018年現在、北海道、沖縄、大阪、名古屋、浜松、など全国ツアーを行っている。

人物[編集]

・胸はEカップ。

・二人姉妹で、姉は写真家の大村祐里子。通称「ゆりちゃ」と呼ばれる[誰?]大村の愛称は、高木が幼稚園の頃につけたあだ名。

・母親の勧めで、地元のピアノ教室に通うことになった姉のオマケで、レッスンについて行き始めたのが4歳。譜面が読めない中、姉の弾いた音を耳コピーで弾き始めたことに先生が驚き、[要出典]ヤマハ音楽教室受験を勧められ、ヤマハジュニア専門コースオーディションを受け、合格。

・7歳からヤマハ音楽教室に通い出す。本人いわく、「生粋のヤマハっ子」。

・初のテレビ出演は小学六年生の頃。自作曲「Big Apple」が多数の応募から選考され、テレビ朝日系「ジュニアオリジナルコンサート」に出演、ピアノソロで楽曲披露。

・中高時代は私立の女子校に通う。挨拶は「ごきげんよう」とゆう、真面目な校風の中、当時から茶髪にミニスカートなどで、呼び出しも多いタイプだった。

・Eliane Eliasと浜崎あゆみを崇拝している。

・高校生の時に聞いたEMMA HOUSEに衝撃を受け、ハウスミュージックに乗せてアドリブピアノを弾くことのエクスタシィに目覚めたのが、ダンスミュージックに傾倒し始めるきっかけとなる。

・バラエティ番組「有吉反省会」に出演した際、有吉から禊として「ぱいぱいジャズ美」に改名して、数ヶ月間ライブ活動をする約束に。その後、週刊プレイボーイでは、「ぱいぱいジャズ美」の名義でグラビア数ページ披露する。

・グラビアやイメージDVDリリースなど、セクシーなメディア露出については「セクシーなものは昔から好きで、それ自体はジャズや音楽とは関係なく、ただ楽しくてやっている」。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • After Tears(2009年、HALレコード)=高木里代子名義にて
  • RYUDO(2009年、ダイキサウンド) =Inner City Jam Orchestraに参加
  • キュア☆ジャズ(2012年、ビクター) =Riyoko feat.Silent Jazz Caseに参加
  • 暴走JAZZ弐 ピアノバージョン(2013年、Insense Music Works) = Purple Jazz Projectに参加
  • SALONE(2015年、HD Impression)=RIYOKO TAKAGI名義にて
  • THE DEBUT!(2015年、avex trax)=高木里代子名義にて
  • Deam of You ~SaloneⅡ (2017年、HD Imoression) =RIYOKO TAKAGI名義にて

ミニ・アルバム[編集]

  • THE INTRO! 高木里代子(2015年、avex trax、配信限定)
  • THE WINTER! 高木里代子(2015年、avex trax、配信限定)

DVD[編集]

  • Live lab(2018年、アトス・インターナショナル)=高木里代子名義にて
  • Rose Dream(2018年、イーネット・フロンティア)=高木里代子名義にて

出演[編集]

ドラマ
音楽・バラエティ番組のレギュラーおよび準レギュラー

脚注[編集]

外部リンク[編集]