フィフス・ハーモニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィフス・ハーモニー
Fifth harmony.jpg
2017年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国·フロリダ州マイアミ[1]
ジャンル ポップR&B
活動期間 2012年-2018年
レーベル サイコエピック
公式サイト fifthharmonyofficial.com
メンバー
  • アリー・ブルック
  • ノーマニ・コーディ
  • ローレン・ハウレギ
  • ダイナ・ジェーン
旧メンバー

フィフス・ハーモニー (英語: Fifth Harmony) は、アメリカ合衆国ガール・グループ。グループは、2012年7月にオーディション番組『Xファクター』アメリカ版のシーズン2から誕生した。グループは、アリー・ブルック、ノーマニ・コーディ、ローレン・ハウレギ、ダイナ・ジェーンの4人で構成される。彼女らは、番組でテイト・スティーブンスカーリー・ローズ・ソネンクラーに次いで3位で終わった後、サイモン・コーウェルが所有するサイコ・ミュージックエピック・レコードL.A.リードのレコード会社との共同契約を締結した。

『Xファクター』から脱落後、デビュー・シングル『ミス・ムービン・オン』を発表。Billboard Hot 100で最高76位、50万以上のデジタル・ダウンロードを記録し、ゴールド認定を受けた。2013年に発表した最初のEP『Better Together』は、Billboard 200で初登場6位。2014年に、MTV Video Music Awardsの最優秀新人アーティスト賞を受賞[2]

2015年2月に、デビュー・スタジオ・アルバム『リフレクション』を発表。Billboard 200で初登場5位、8万枚以上の初動売上を記録した。そして、グループ初の大規模なヘッドライニングツアーを敢行した。アルバムからのシングル『ボス』と『スレッジハンマー』はアメリカにおいてプラチナ認定、『ワース・イットfeat.キッド・インク』はトリプル・プラチナ認定を受けた。後者はBillboard Hot 100で最高12位を記録し、グループ初のトップ20シングルとなった。また、8か国で上位10以内に入った。2枚目のアルバム『7/27』からのシングル『ワーク・フロム・ホーム』で、初のトップ10入り。フィフス・ハーモニーは、アメリカ版『Xファクター』出身者の中で、最も成功したアーティスト且つ番組史上最も有力な競技者と評価されている[3]

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

アリー・ブルック[編集]

アリソン・ブルック・ヘルナンデスAllyson Brooke Hernandez (1993-07-07) 1993年7月7日(26歳)[4] - )。身長150cm。テキサス州サンアントニオで、ジェリーとパトリシア・ヘルナンデスの娘として生まれた。ブランドンという1歳年上の兄がいる。彼女の母は脊椎側彎症を患っており[5]2015年後半にフィフス・ハーモニーのファンらが彼女の母親の医療費負担を助けるゴーファンドミー計画を始めた[6]

アリーはテキサス州オースティンで『Xファクター』のオーディションを受けた。その時、彼女はコンテンポラリー・クリスチャンとラテンポップ歌手のジャシー・ベラスケスの曲を歌唱した[7]。インターネット新聞『ハフィントン・ポスト』は、『Xファクター』シーズン2のハイライトの1つとして、アリーの出演を挙げ、「それは静かであるけれども、コントロールされたパフォーマンスで、若干の驚くべき装飾音を打ち出した」とコメントした[8]。彼女が最も影響を受けた歌手は、セレーナである。

ノーマニ・コーディ[編集]

ノーマニ・コーディ・ハミルトンNormani Kordei Hamilton (1996-05-31) 1996年5月31日(23歳)[9] - )。身長163cm。ジョージア州アトランタで、デリックとアンドレア・ハミルトンの娘として生まれた。アリエル、アシュリーという2人の腹違いの姉がいる。若い時期はニューオーリンズで過ごした。2005年ハリケーン・カトリーナの後、ヒューストンに家族で移り住んだ。

彼女は3歳の時から芸能活動を行っており、13歳で最初のレコーディングを行った。その前にも、ダンサーとして受賞歴や体操選手としての活動歴もある。また、HBOのテレビドラマシリーズ『Treme』に小さな役で出演。彼女は、グループに加入するまで自分自身をソウルゴスペル歌手と考えていた。『Xファクター』に出演する前は、ミス・テキサスUSA大会に参加しており、決勝まで残っていたが、最終的にオーディション番組を選択した。他のメンバー同様、番組のブートキャンプで落選。ビヨンセに影響を受けた[1]

ローレン・ハウレギ[編集]

ローレン・ミシェル・ハウレギLauren Michelle Jauregui Morgado (1996-06-27) 1996年6月27日(23歳)[10] - ) 。身長163cm。フロリダ州マイアミでマイケルとクララ・ハウレギの娘として生まれた。クリスという弟とテイラーという妹がいる。ハウレギはキューバ系である。ハウレギの母、クララはスペイン語を話すため、彼女もスペイン語が話せる。また、彼女はバイセクシュアルであることを公言している。

グリーンズボロで『Xファクター』のオーディションを受けた。その時、彼女はアリシア・キーズの『イフ・アイ ・エイント・ガット・ユー』を歌唱した。彼女は4つの”Yes"が与えられた。ブートキャンプで脱落後、グループ結成の為に、番組に復帰した。彼女はジャーニーパラモアスクリプトアリシア・キーズクリスティーナ・アギレラに影響を受けた[1]。2016年12月にマリアンヒルとのコラボ曲「Back to me」を発表。

ダイナ・ジェーン[編集]

ダイナ・ジェーン・ミリカ・ハンセンDinah Jane Milika Ilaisaane Hansen (1997-06-22) 1997年6月22日(22歳)[11] - )。身長170cm。 カリフォルニア州サンタナで、ゴードンとミリカの娘として生まれた。6人兄弟の1番上。彼女はポリネシア系トンガ系デンマーク系である[1]

『Xファクター』のオーディションでは、ビヨンセの『イフ・アイ・ワー・ア・ボーイ』を歌唱。L.A.リードから「歌をビヨンセさえ達しなかった場所へ運んだ」と称賛された。彼女は、シアラ、ビヨンセ、レオナ・ルイスマライア・キャリーに影響を受けた。ブートキャンプの決勝で、もう1人の競技者と一緒にケリー・クラークソンの『ストロンガー(ホワット・ダズント・キル・ユー)』を歌ったが、パフォーマンス中に歌詞を忘れてしまった。これが影響してソロ歌手としては脱落したが、グループ結成の為に、番組に復帰した。

元メンバー[編集]

カミラ・カベロ[編集]

カーラ・カミラ・カベロ・エストラバオKarla Camila Cabello Estrabao (1997-03-03) 1997年3月3日(22歳)[12] - )。身長157cm。キューバで、アレハンドロとシヌエ・カベロの娘として生まれた。ソフィアという妹がいる。彼女はメキシコ系キューバ系である。5歳でフロリダ州マイアミに永住するまでは、キューバとメキシコを転々としていた。そのため、スペイン語を話すことができる。ヒスパニック系アーティストのセリア・クルースアレハンドロ・フェルナンデスの曲を聴いて育った[1]

ノースカロライナ州で、『Xファクター』のオーディションを受けた。ブートキャンプで脱落後、グループ結成の為、番組に復帰した。2015年11月カナダの歌手ショーン・メンデスとのデュエット曲『アイ・ノウ・ホワット・ユー・ディド・ラスト・サマー』を発表[13]。2016年12月19日、グループからの脱退を発表した[14][15]

音楽性[編集]

フィフス・ハーモニーは、主にデミ・ロバートマライア・キャリーホイットニー・ヒューストンスパイス・ガールズデスティニーズ・チャイルドから影響を受けている[16]。音楽に強い影響を与えたソロ歌手としてビヨンセアリシア・キーズクリスティーナ・アギレラセレーナセリア・クルースアレハンドロ・フェルナンデスレオナ・ルイスの名前を挙げている[1]

フィフス・ハーモニーの音楽は主に、ポップ[17][18][19]R&B[20]である。彼女ら自身はグループの音楽は「レトロな感じ」があると評した[16]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[21]
AUS
[22]
CAN
[23]
GER
[24]
ITA
[25]
JPN
[26]
NZ
[27]
SPA
[28]
SWE
[29]
UK
[30]
2015 Reflection 5 18 8 85 8 9 26 18
2016 7/27
  • 発売日: 2016年5月27日[34]
  • レーベル: Epic, Syco
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 20万枚[35]
4 8 3 41 20 20 8 1 6 6
  • US: ゴールド[33]
2017 Fifth Harmony
  • 発売日: 2017年8月25日[36]
  • レーベル: Epic, Syco
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 3.2万枚[37]
4 9 7 56 16 19 7 1 21 10
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル[編集]

タイトル チャート最高位 認定 収録アルバム
US
[38]
AUS
[39]
CAN
[40]
GER
[24]
ITA
[25]
JPN
[41]
NZ
[27]
SPA
[42]
SWE
[29]
UK
[43]
2013 Miss Movin' On 76 27
  • US: ゴールド[44]
Better Together
2014 Boss 43 75 37 21
  • US: プラチナ[44]
Reflection
Sledgehammer 40 88 63 36 75 112
  • US: プラチナ[44]
  • CAN: ゴールド[45]
  • SWE: ゴールド[46]
2015 Worth It
(featuring Kid Ink)
12 9 12 16 32 26 31 62 63 3
I'm in Love with a Monster Hotel Transylvania 2
2016 Work from Home
(featuring Ty Dolla $ign)
4 3 4 7 18 16 1 5 8 2
  • US: 5× プラチナ[44]
  • AUS: 5× プラチナ[53]
  • CAN: 5× プラチナ[45]
  • GER: プラチナ[49]
  • ITA: 2× プラチナ[50]
  • NZ: 2× プラチナ[54]
  • SWE: 4× プラチナ[46]
  • UK: 2× プラチナ[52]
7/27
All in My Head (Flex)
(featuring Fetty Wap)
24 19 21 66 98 8 90 25
  • US: プラチナ[44]
  • AUS: プラチナ[55]
  • CAN: プラチナ[45]
  • ITA: ゴールド[50]
  • NZ: ゴールド[56]
  • UK: シルバー[52]
That's My Girl 73 54 54 68 26
  • US: ゴールド[44]
  • CAN: ゴールド[45]
  • UK: シルバー[52]
2017 Down
(featuring Gucci Mane)
42 66 46 100 85 47
  • US: ゴールド[44]
  • CAN: ゴールド[45]
Fifth Harmony
He Like That 75
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

番組 備考
2012–13年 Xファクター (アメリカ版) 22回出演(2012年)
ゲスト:1回出演(2013年)
2014年 Faking It ボーイ・バンド 出演エピソード『The Ecstasy and the Agony』
2015年 Barbie: Life in the Dreamhouse 本人 出演エピソード『Sisters' Fun Day』


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Bio: Fifth Harmony”. Fifthharmonyofficial.com. 2016年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月14日閲覧。
  2. ^ See Fifth Harmony Melt Down Onstage After VMA Win”. MTV. 2014年8月24日閲覧。
  3. ^ “10 Most Influential X Factor USA Contestants”. Fox Weekly. (2014年9月1日). http://foxweekly.com/2014/09/02/music/1-most-influential-x-factor-usa-fifth-harmony.html 
  4. ^ Happy Birthday: See Photo-Proof That Ally Brooke Hernandez Is the Definition of Glam” (2015年7月7日). 2015年7月10日閲覧。
  5. ^ Fifth Harmony's Ally Brooke Opens Up About Mother's Scoliosis”. Popcrush.com. 2015年11月3日閲覧。
  6. ^ Harmonizers For Scoliosis Awareness”. FirstGiving (2014年12月31日). 2015年11月3日閲覧。
  7. ^ Ally Brooke Could Be a Broadway Star After Performance of ‘On My Knees’ on ‘X Factor’”. Popcrush.com. 2015年11月3日閲覧。
  8. ^ 'X Factor' Season 2 Recap: The Most Memorable Auditions From Episode 3 | Laura Prudom”. Huffingtonpost.com (2012年9月20日). 2015年11月3日閲覧。
  9. ^ Normani Kordei Official Twitter” (2015年5月31日). 2015年7月10日閲覧。
  10. ^ Lauren Jauregui Official Twitter” (2015年6月27日). 2015年7月10日閲覧。
  11. ^ BO$$: 10 Reasons Dinah Jane Hansen Is Almost Too Fierce to Function” (2015年6月22日). 2015年7月10日閲覧。
  12. ^ Camila Cabello Official Twitter” (2015年3月3日). 2015年7月10日閲覧。
  13. ^ Shawn Mendes is back with a brand new single, “I Know What You Did This Summer””. islandrecords (2015年11月10日). 2015年11月15日閲覧。
  14. ^ Halperin, Shirley. “Camila Cabello Leaves Fifth Harmony”. Prometheus Global Media. http://www.billboard.com/articles/news/7625544/camila-cabello-leaves-fifth-harmony 2016年12月19日閲覧。 
  15. ^ Khatchatourian, Maane (2016年12月19日). “Camila Cabello Quits Fifth Harmony”. Variety. 2016年12月19日閲覧。
  16. ^ a b Lansky, Sam (2013年6月4日). “Fifth Harmony: 7 Questions About The Girl Group’s Upcoming Album & Cover Swag”. Idolator. 2014年5月11日閲覧。
  17. ^ Saldana, Hector (2015年7月30日). “Fifth Harmony: From the mall to the Tobin”. San Antonio Express-News (Hearst Corporation). http://www.expressnews.com/entertainment/music-stage/article/Fifth-Harmony-From-the-mall-to-the-Tobin-6414547.php 2015年8月21日閲覧。 
  18. ^ “Pop singing group Fifth Harmony to perform at NY State Fair Sept. 4”. Watertown Daily Times (Johnson Newspaper Corporation). (2015年7月20日). http://www.watertowndailytimes.com/curr/pop-singing-group-fifth-harmony-to-perform-at-ny-state-fair-sept-4-20150720 2015年8月21日閲覧。 
  19. ^ Baker, Chris (2015年7月17日). “Pop group Fifth Harmony to play Chevy Court at NYS Fair”. Syracuse.com. 2015年8月21日閲覧。
  20. ^ Fifth Harmony | New Music And Songs |”. Mtv.com (2013年8月22日). 2015年11月3日閲覧。
  21. ^ Fifth Harmony Album & Song Chart History (Billboard 200)”. Prometheus Global Media. Billboard. 2015年5月30日閲覧。
  22. ^ australian-charts.com - Discography Fifth Harmony”. Australian Recording Industry Association. Hung Medien. 2015年2月19日閲覧。
  23. ^ Fifth Harmony Album Chart History”. Billboard (2015年2月16日). 2015年2月13日閲覧。
  24. ^ a b Discographie Fifth Harmony”. German Charts Portal. Hung Medien. 2015年2月28日閲覧。
  25. ^ a b Discography Fifth Harmony”. italiancharts.com. Hung Medien. 2014年6月7日閲覧。
  26. ^ ja:フィフス・ハーモニーのアルバム売り上げランキング” (Japanese). Oricon. 2014年8月27日閲覧。
  27. ^ a b Hung, Steffen. “Discography Fifth Harmony”. New Zealand Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年2月28日閲覧。
  28. ^ Hung, Steffen. “Reflection - Fifth Harmony”. Spanish Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年2月28日閲覧。
  29. ^ a b Hung, Steffen. “Discography Fifth Harmony”. Swedish Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年2月28日閲覧。
  30. ^ Fifth Harmony > UK Charts”. Officialcharts.com/. Official Charts Company. 2015年2月28日閲覧。
  31. ^ Reflection (Deluxe) by Fifth Harmony”. iTunes Store (CA). Apple Inc (2015年1月30日). 2014年12月3日閲覧。
  32. ^ Christman, Ed (2016年2月17日). “RIAA-Nah? After 'Anti' Goes Platinum, Execs Explain the New Rules for Going Gold (and Platinum and Diamond)”. Billboard. 2016年3月7日閲覧。
  33. ^ a b c Fifth Harmony US certifications”. Recording Industry Association of America. 2015年8月26日閲覧。
  34. ^ 7/27 (Deluxe) by Fifth Harmony”. iTunes Store (USA). Apple Inc (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  35. ^ Trust, Gary (2017年6月14日). “I.B. Bad It's Showtime”. Hits Daily Double. 2017年8月4日閲覧。
  36. ^ Fifth Harmony’s New Album Is Reportedly Self-Titled”. Idolator.com (2017年7月24日). 2017年7月25日閲覧。
  37. ^ Caulfield, Keith (2017年9月3日). “Lil Uzi Vert's 'Luv Is Rage 2' Debuts at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart”. Billboard. 2017年9月4日閲覧。
  38. ^ Fifth Harmony Album & Song Chart History (The Hot 100)”. Prometheus Global Media. Billboard. 2015年8月12日閲覧。
  39. ^ Peak chart positions for single in Australia:
  40. ^ Fifth Harmony Album & Song Chart History (Billboard Canadian Hot 100)”. Prometheus Global Medi. Billboard. 10 September 2015a閲覧。
  41. ^ Fifth Harmony – Chart History: Japan Hot 100”. Billboard. Prometheus Global Media. 2014年6月7日閲覧。
  42. ^ Search for: Fifth Harmony - Singles”. Spanish Charts Portal. Hung Medien. 2016年7月10日閲覧。
  43. ^ Peak positions in the United Kingdom:
  44. ^ a b c d e f g Gold & Platinum: Fifth Harmony”. Recording Industry Association of America. 2016年4月20日閲覧。
  45. ^ a b c d e Music Canada (Fifth Harmony)”. Music Canada. 2015年7月10日閲覧。
  46. ^ a b c Swedish Certification > Search Fifth Harmony”. Sverigetopplistan. 2013年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月2日閲覧。
  47. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2016 Singles”. Australian Recording Industry Association. 2016年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月20日閲覧。
  48. ^ Gold?Platinum - Music Canada (Fifth Harmony)”. Music Canada. 2015年7月10日閲覧。
  49. ^ a b Gold-/Platin-Datenbank (Fifth Harmony)”. 2016年11月9日閲覧。
  50. ^ a b c FIMI: Certificazioni Archivio”. FIMI. 2015年7月7日閲覧。 Note: To retrieve the certifications, 1) type in Fifth Harmony in the box of "Filtra", 2) select years in the box of "Anno", 3) select "Singoli online" in the box of "Sezione" for singles or "Album e compliation" for albums, 4) click Enter
  51. ^ NZ Top 40 Singles 13 July 2015”. NZTOP40. 2015年7月10日閲覧。
  52. ^ a b c d Certified Awards Search: Fifth Harmony (To access, enter the search parameter "Fifth Harmony" and select "Search by Artist")”. British Phonographic Industry. 2013年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月20日閲覧。
  53. ^ 2016 ARIA singles chart”. ARIA. 2017年1月12日閲覧。
  54. ^ "New Zealand single certifications". Recorded Music NZ. Retrieved June 3, 2016.
  55. ^ ARIA Chart Watch #388”. auspOp (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  56. ^ "New Zealand single certifications". Recorded Music NZ. Retrieved September 4, 2016.

外部リンク[編集]