アレクサンドル・ラザレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ラザレフロシア語: Александр Николаевич Лазарев, ラテン文字転写: Alexander Nikolaevich Lazarev, 1945年7月5日 - )は、ロシア出身の指揮者

来歴[編集]

レニングラード音楽院ムラヴィンスキーモスクワ音楽院レオ・ギンズブルクに師事した指揮者で、ロシア指揮界の実力者の一人。

レニングラード・フィルハーモニー交響楽団フィルハーモニア管弦楽団ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団バイエルン放送交響楽団フランス国立管弦楽団ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団ミラノ・スカラ座管弦楽団オスロ・フィルハーモニー管弦楽団スウェーデン放送交響楽団クリーブランド管弦楽団モントリオール交響楽団をはじめとする数多くのオーケストラを指揮しているほか、ベルギー王立劇場リヨン国立歌劇場バイエルン国立歌劇場などのオペラハウスにも客演している。

年譜[編集]

日本ではNHK交響楽団読売日本交響楽団そして日本フィルハーモニー交響楽団に客演し、読売日本交響楽団とは来日時に数度録音も行っている。

上記の通り、2008年9月より日本フィルハーモニー交響楽団首席指揮者に就任し、プロコフィエフの全交響曲連続演奏会に取り組み、2012年10月の交響曲第6番にて完了した。2010年12月、日本フィルとの契約期間を2016年シーズンまで延長することに合意し、2011年から2013年までの2シーズンでラフマニノフの主要管弦楽作品連続演奏会に取り組むことが決定した[1]

2009年10月4日、モスクワ音楽院においてボリショイ劇場管弦楽団(ボリショイ交響楽団)を指揮して同劇場に復帰。常任指揮者として継続的な関係を持つことになった。

脚注[編集]

  1. ^ 日本フィル東京定期会員への案内はがきから

外部リンク[編集]

先代:
ユーリ・シモノフ
首席指揮者
ボリショイ劇場
芸術総監督・首席指揮者

1987年 - 1995年
次代:
ペーテル・フェラネツ
首席指揮者
先代:
ローレンス・フォスター
デュースブルク・フィルハーモニー管弦楽団
音楽総監督

1988年 - 1993年
次代:
ブルーノ・ヴァイル
先代:
小林研一郎
音楽監督
日本フィルハーモニー交響楽団
首席指揮者

2008年 - 2016年
次代:
ピエタリ・インキネン
先代:
ワルター・ウェラー
首席指揮者
ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団
首席指揮者

1997年 - 2005年
次代:
ステファヌ・ドゥネーヴ