千本桜 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千本桜 feat.初音ミク
黒うさP楽曲
リリース 2011年9月17日
規格 デジタルコンテンツ
ジャンル ボーカロイドソング
時間 4分4秒
作詞者 黒うさP
作曲者 黒うさP
その他収録アルバム

千本桜 feat.初音ミク」(せんぼんざくらフィーチャリングはつねミク)は、2011年に黒うさPが作詞・作曲・編曲し、ボーカルに音声合成ソフト「初音ミク」を使用してインターネット上で公開した楽曲。

概要[編集]

インターネットを中心とするVOCALOID初音ミクの人気ボカロ曲(VOCALOID楽曲)の一つとして知られ、2012年8月に行われた、レコチョクによる「好きなボカロ曲ランキング」調査において、1位を獲得した[2]

カラオケ曲としても人気があり、2012年度カラオケランキングではVOCALOID史上初となる総合カラオケランキング3位を獲得する。公開後3年たった2014年においても、JOYSOUNDカラオケランキング2位を記録し、配信後常にボカロ曲ナンバーワンの人気を維持している[3]。同楽曲のミュージカル化や小説化も行われ、千本桜のキャラクターのコスプレやライブも数多く開催されており、「歌ってみた」「演奏してみた」等の二次作品制作も盛んに行われている。

歌詞は、明治維新後の西欧文化を取り入れた時代を舞台とし、現代を諷刺する暗喩的な内容である。投稿されたニコニコ動画の映像は、大正浪漫の雰囲気を醸し出しており、カラオケでも同映像が使用されている。

2013年には、トヨタ自動車アクア』のCMソングとして、「まらしぃ」演奏のピアノ曲が採用された。

2015年4月3日テレビ朝日ミュージックステーション」に和楽器バンドが出演、同曲が演奏された。同年9月23日には、同番組の10時間SP「ウルトラFES」で初音ミクが番組史上初のバーチャルシンガーとして同曲を歌唱した。

2015年12月31日には、歌手の小林幸子第66回NHK紅白歌合戦に特別枠で出演し、同曲を歌唱した[4]

2016年2月11日にはVOCALOID楽曲で「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」「メルト」に次ぐ通算3曲目のニコニコ動画1000万再生を達成した。

2016年4月29日、30日に開催されたニコニコ超会議2016にて、本曲と歌舞伎義経千本桜NTTの最新技術をもって融合した独自演目「今昔饗宴千本桜」が披露された。舞台には、歌舞伎役者の中村獅童と初音ミクが登場した。

関連作品[編集]

ミュージカル[編集]

ミュージカル『音楽劇 千本桜』にて、加藤和樹(青音海斗)主演・石田晴香(初音未来)で2013年3月に上演され、本作のメインテーマとして同曲が歌われた。公演のDVDは2017年3月に東映ビデオから発売。

コラボレーション[編集]

小説・漫画[編集]

同曲をモチーフとして制作された『小説 千本桜』は、2013年春にオリコンの文芸部門1位を記録した。

また、この小説を原作とした石見翔子による漫画版が、『MIKU-Pack music & artworks feat.初音ミク』(KADOKAWAアスキー・メディアワークスBC)第9号より連載されていたが、同誌休刊により『ComicWalker』に移籍し最終回を迎えた。その後、この続編として「千本桜 -大正百年帝都桜京-」が『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)No.21で連載中。

  • 石見翔子作画 『千本桜』
    1. (2016年3月、アスキー・メディアワークス、KADOKAWA)
    2. (2016年8月、アスキー・メディアワークス、KADOKAWA)
  • 石見翔子作画『千本桜 -大正百年帝都桜京-』
    1. (2017年9月、アスキー・メディアワークス、KADOKAWA)

ゲーム[編集]

太鼓の達人バンダイナムコゲームス)、maimaiセガ)、jubeat plusおよびMÚSECA 1+1/2コナミデジタルエンタテインメント)、グルーヴコースタータイトー)の楽曲として使用されている。また、2016年8月10日よりファンタシースターオンライン2のステージライブのアンコール曲としても使用されている。

音系MAD[編集]

千本桜をもとにして作った、いわゆる「音系MAD」(音MAD)の作品も多く出ている。

収録作品[編集]

歌舞伎[編集]

ニコニコ超会議2016にて、千本桜と義経千本桜を融合させた新作歌舞伎『今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)』が上演される。主演は中村獅童、脚本は松岡亮、演出・振り付けは藤間勘十郎

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]