ファンタシースターオンライン2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファンタシースターオンライン2
ジャンル サイエンス・ファンタジー
ゲーム:ファンタシースターオンライン2(PSO2)
ファンタシースターオンライン2 es(PSO2es)
ゲームジャンル オンラインRPG[1]
対応機種 PSO2
PC(Windows 7/8.1/10
PS Vita
PS4
PSO2 クラウド
Nintendo Switch
PSO2es
スマートフォンiPhone/Android
必要環境
開発・発売元 日本の旗 セガゲームス(旧セガ)
プロデューサー 酒井智史
ディレクター 木村裕也、菅沼裕、中村圭介、
濱﨑大輝、陳智政
メディア [PC]Download/DVD-ROM[注 1]
[PSVita] Download/Vitaカード

[PS4]Download/PS4 ディスク
[iOS]・[Android] Download

プレイ人数 マルチプレイヤー
発売日 PSO2
日本の旗 [PC] 2012年7月4日
日本の旗 [PSVita] 2013年2月28日
日本の旗 [PS4] 2016年4月20日[2]
PSO2クラウド
日本の旗 [Nintendo Switch] 2018年4月4日予定[3]
PSO2es
日本の旗 [Android] 2014年4月7日
日本の旗 [iOS] 2014年5月14日
レイティング 日本の旗 CEROC(15才以上対象)
コンテンツアイコン CERO:セクシャル
デバイス マウス、キーボード、ゲームパッド
テンプレート - ノート
プロジェクト コンピュータゲーム
ポータル コンピュータゲーム

ファンタシースターオンライン2』(ファンタシースターオンラインツー、PHANTASY STAR ONLINE 2)は、セガゲームス(旧セガ)が開発・運営するオンラインゲーム

PSO2』と略される。2012年7月4日、正式サービスが開始された。

目次

概要[編集]

三人称視点(TPS)のアクションゲーム。全体的な難易度は低め。自由度の高いキャラクタークリエイト、アバターの着せ替え要素、レアアイテムの探索がメインコンテンツ。

キャッチコピーは「新たなる10年へ」「終わりなき冒険を、今ふたたび。」「RPGの未来を、君の手に。」「ぶっ飛ぼうぜ、 超現実へ」「集え、英雄! 伝説のPSO2へ」など。

ゲームコンセプトとしては「4つの革命」と題して、「無限の冒険」「オンラインRPG最高のアクション」「究極のキャラクタークリエイト」「境界を超えるRPG」の4項目が詳細に解説されている。

ゲームタイトルには“2”と付けられているが、世界観やストーリーは完全に独立しており[4]、『ファンタシースターオンライン』や過去のシリーズ作品を知らない新規層が予備知識なくプレイしても支障がないように配慮されている。一方で設定の流用やアイテムのリメイクも多く見られ、旧来ファンの確保も視野に入れられている。

基本料金は無料で、アイテム課金によって収益を上げるシステムとなっている(F2P)。またオンラインモード専用で、接続は日本国内からに限定されている(公式には規約違反ではあるが、現状は世界中からアクセス可能)。

対応プラットフォームの多さが本作の特徴であり[5]、2012年7月4日にWindowsPC版、2013年2月28日にPlayStation Vita版、2014年4月7日にスマートフォン版(PSO2esと題した関連ゲーム)[6]。2016年4月20日にPlayStation 4版のサービスが開始されている[7]。2018年4月4日にはNintendo Switchでのサービスが開始予定[3]。各プラットフォーム間におけるプレイヤーデータ同期が可能であり、スマートフォン版以外はほぼ同じ環境でマルチプレイが可能である。

ただし、Windows版でハンゲームIDを取得してプレイしている場合はマルチプラットフォームに対応しておらず、様々な制限が存在する(PSvita版でのアカウント共有不可、ワンタイムパスワード利用特典であるOTP倉庫の利用不可、およびその継続特典の受け取り不可、PSO2esの利用不可、およびその関連サービスの利用不可、ACプリペイドカードの利用不可、その他SEGA側で追加するゲーム外連動イベント等の利用不可)。また2016年現在、セガPSO2公式アカウントとの同期は不可能である

定期メンテナンスはアップデート内容の都合などによって変動する場合があるが、基本としては毎週水曜日11時 - 17時である。

2014年12月に舞台化作品が上演。2016年にアニメ作品が地上波にて放映。また、当ゲームのBGMをメインとしたコンサートなども開催された。

世界観[編集]

新光歴238年より物語は始まる。4つの種族(ヒューマン・ニューマン・キャスト・デューマン[8])により構成された惑星間航行船団、通称「オラクル」は数多くの銀河を行動範囲内に収めていた。銀河の外宇宙で新たに発見された惑星に最初に降り立つのが調査隊『アークス』であり、調査と交流のために互いに協力し合って未知の惑星の謎を解明して行く。主人公(プレイヤー)は新たなアークスとして冒険が始まる。

沿革[編集]

αテスト[編集]

  • 2011年12月15日〜2012年1月17日 - α2テストのテストユーザー募集。
  • 2012年1月25日 - α2テスト用クライアントの配布開始。
  • 2012年1月27日〜2月4日 - α2テスト実施。1月27日、28日、2月1日、3 - 4日の4回に分けて行われた。

βテスト[編集]

  • 2012年3月26日〜4月16日 - クローズドβテストのテストユーザー募集。
  • 2012年4月5日 - PSO2キャラクタークリエイト体験版ver. 1.0公開。クローズドβテストと同じキャラクタークリエイトが行える[9]もので、クローズドβテストに向けて事前にキャラクターを準備できた。
  • 2012年4月19日〜30日 - クローズドβテスト実施。テストに用いられたサーバーはShip1 - 5の5つ(Ship6 - 10は未開放)。当初は28日までの予定だったが、頻繁な通信遅延発生とその対策メンテナンスが繰り返されたため、期間延長措置が採られた。
  • 2012年5月23日〜6月20日 - オープンβテストのユーザー先行登録。
  • 2012年6月15日〜16日 - プレオープンβテスト実施。
  • 2012年6月21日 - オープンβテスト開始。クローズドβテストでは開放されなかったShip6 - 10も開放され、選択可能なサーバーはShip1 - 10の10つとなった。また一部の課金要素も期間限定で無料開放された。

正式サービス開始[編集]

公式アナウンスによるアップデート詳細については セガPSO2公式:ロードマップ を参照。

EPISODE 1[編集]

  • 2012年7月4日 - 日本サーバー正式サービス開始。クラスレベル40解放、マグレベル150解放、惑星ナベリウス「凍土」ほか実装。オープンβのプレイデータは、そのまま正式サービスへ引き継がれた。
  • 2012年7月18日 - 【アップデート】アップデート第1弾『目覚めし大機艦』。惑星リリーパ「地下坑道」ほか実装。
  • 2012年8月29日 - 【アップデート】夏の中規模アップデート『天翔ける結晶龍』。惑星アムドゥスキア「浮遊大陸」ほか実装。
  • 2012年9月26日 - 【アップデート】大型アップデート第1弾・前編『新たなる力』。新クラス、新テクニックほか実装。
  • 2012年10月24日 - 【アップデート】大型アップデート第1弾・後編『必滅の呼び声』。クラスレベル50解放、サブクラス、難易度ベリーハードほか実装。
  • 2012年11月7日 - 【アップデート】秋の中規模アップデート『歴史を壊すもの』。惑星ナベリウス「遺跡」ほか実装。
  • 2012年12月12日 - 【アップデート】大型アップデート第2弾『闇の集いし場』。新ボス:ダークファルス・エルダーほか実装。
  • 2013年1月15〜26日 - PS Vita版クローズドβテスト実施。当初は19日までの予定だったが、βテスト期間中に期間延長が発表され、参加特典も追加された。
  • 2013年2月20日 - 【アップデート】冬の中規模アップデート『勇気ある先導者』。クラスレベル55解放ほか実装。
  • 2013年2月28日 - PS Vita版正式サービス開始。【アップデート】PS Vita版サービスインアップデート『共に歩む者』。新ボス:クローム・ドラゴンほか実装。
  • 2013年4月10日 - 【アップデート】春の中規模アップデート『荘厳なる守護者』。クラスレベル60解放、惑星アムドゥスキア「龍祭壇」ほか実装。
  • 2013年5月15日 - 【アップデート】初夏の中規模アップデート『夢幻の練武』。マグレベル175解放ほか実装。
  • 2013年6月12日 - 【アップデート】1周年記念アップデート『ファンタシースター感謝祭2013 ONLINE』。新ボス:クーガーNXほか実装。

EPISODE 2[編集]

  • 2013年7月17日 - 【アップデート】大型アップデート2013『Code:EPISODE2』。新種族、新クラス、サポートパートナー、惑星ウォパル「海岸」ほか実装。
  • 2013年8月29日〜9月1日 - スマートフォン版『PSO2es』クローズドβテスト実施(CBT対象機種はAndroidのみ)。
  • 2013年9月4日 - 【アップデート】秋の中規模アップデート『追憶の熱砂』。惑星リリーパ「採掘場跡」ほか実装。なお、配信直後のPC版アップデータには不具合が発生している(詳細は後述)。
  • 2013年10月9日 - 【アップデート】Code:EPISODE2 大型アップデート第2弾『超越者たちの戦い』。クラスレベル65解放、難易度スーパーハードほか実装。
  • 2013年11月13日 - 【アップデート】冬の中規模アップデート『海底に煌めく光彩』。惑星ウォパル「海底」ほか実装。
  • 2013年12月11日 - 【アップデート】Code:EPISODE2 大型アップデート第3弾『創るものと護るもの』。強化システム「クラフト」、採掘基地防衛戦ほか実装。
  • 2014年1月22日 - 【アップデート】PS Vita版サービスイン1周年記念アップデート『アークス共闘祭2014』。
  • 2014年3月5日 - 【アップデート】春の中規模アップデート『未来へ繋ぐ絆』。新フォトンアーツ、新テクニック、採掘基地防衛戦第2弾ほか実装。
  • 2014年4月7日 - Android版『PSO2es』正式サービス開始
  • 2014年4月23日 - 【アップデート】Code:EPISODE2 大型アップデート第4弾『再誕の光』。クラスレベル70解放、新ボス:ダークファルス・ルーサーほか実装。
  • 2014年5月14日 - iOS版『PSO2es』正式サービス開始
  • 2014年6月11日 - 【アップデート】『PSO2』2周年記念アップデート『ファンタシースター感謝祭2014 ONLINE 前編』。新システム「アークスシップ対抗戦」、採掘基地防衛戦第3弾ほか実装。
  • 2014年6月19〜7月16日 - 6月19日夕方より、外部・第三者よりDDoS攻撃を受けているとし『PSO2』および『PSO2es』の全サービスを停止。翌20日午前には公式サイトも攻撃対象となり、一時停止された。その後、公式サイトは24日に、PC版およびPS Vita版『PSO2』は27日に、『PSO2es』は7月16日にサービスを再開した。詳細は後述
  • 2014年7月30日 - 【アップデート】『PSO2』2周年記念アップデート『ファンタシースター感謝祭2014 ONLINE 後編』。エクストリームクエスト新ステージ「極限訓練:遺跡と海王」ほか実装。

EPISODE 3[編集]

  • 2014年8月27日 - 【アップデート】大型アップデート2014『Mission:EPISODE3』。新クラス、惑星ハルコタン「白ノ領域」、カジノロビーほか実装。
  • 2014年10月8日 - 【アップデート】秋の中規模アップデート『浮上せし虹の痕跡』。惑星ウォパル「浮上施設」ほか実装。
  • 2014年11月19日 - 【アップデート】Mission:EPISODE3 大型アップデート第2弾『世壊の刻、禍津の刻』。クラスレベル75解放、難易度エクストラハード、アルティメットクエスト、新ボス:マガツほか実装。
  • 2015年1月14日 - 【アップデート】PS Vita版サービスイン2周年記念アップデート『アークス共闘祭2015』。
  • 2015年3月11日 - 【アップデート】Mission:EPISODE3 大型アップデート第3弾『幻界への挑戦』。チャレンジクエストほか実装。
  • 2015年4月22日 - 【アップデート】春の中規模アップデート『究極なる機工』。新アルティメットクエストほか実装。
  • 2015年6月10日 - 【アップデート】『PSO2』3周年記念アップデート『MAXIMUM ATTACK』。ガル・グリフォン、新カジノゲームほか実装。
  • 2015年7月22日 - 【アップデート】夏の中規模アップデート『闇に包まれし黒域』。惑星ハルコタン「黒ノ領域」ほか実装。
  • 2015年8月26日 - 【アップデート】秋の中規模アップデート『終わりなき夢幻』。新チャレンジクエストほか実装。
  • 2015年10月14日 - 【アップデート】Mission:EPISODE3 大型アップデート第4弾『未来への軌跡』。新ボス:【深遠なる闇】ほか実装。
  • 2015年11月25日 - 【アップデート】冬の中規模アップデート『煌めき舞う絶対防衛戦』。エクストリームクエスト新ステージ「独極訓練:天極と地極」、採掘基地防衛戦第4弾ほか実装。

EPISODE 4[編集]

  • 2016年1月27日 - 【アップデート】大型アップデート2016『Reborn:EPISODE4』。新クラス、新システム「ストーリーボード」、キャラクタークリエイト改善、新惑星「地球」、新フィールド「東京」ほか実装。
  • 2016年2月25日〜3月6日 - PS4版クローズドβテスト実施。
  • 2016年2月29日 - PSO2キャラクタークリエイト体験版EPISODE4 公開。設定6の体験が可能。
  • 2016年3月9日 -【アップデート】 Reborn:EPISODE4 大型アップデート第2弾『暴食と指輪』。新システム「ギャザリング」、新装備「スキルリング」ほか実装。
  • 2016年4月20日 - PS4版正式サービス開始。【アップデート】 PlayStation4版サービスインアップデート『新体験への出航』。新システム「コレクトファイル」、新通貨「スタージェム」、新武器タイプ「新世武器」、描画設定6、新操作タイプ、新ボス:幻創戦艦・大和実装。
  • 2016年6月8日 - 【アップデート】 「PSO2」4周年記念アップデート前編『龍乱の大祭』。「トレジャーショップ」、新アイテム「クエストトリガー」、練習クエストほか実装。
  • 2016年7月6日 - 【アップデート】 「PSO2」4周年記念アップデート後編『境界を超えし漆黒の闘神』。新コラボボス「闘神オーディン」ほか実装。
  • 2016年8月10日 - 【アップデート】 夏の大型アップデート『銀翼と黄金の都』。新フィールド「ラスベガス」、新ステージライブ、新システム「アークスリーグ」、新クエスト「ライディングクエスト」ほか実装。
  • 2016年10月5日 - 【アップデート】 秋の大型アップデート『壊世に在りし龍』。新アルティメットクエストほか実装。
  • 2016年11月24日 - 【アップデート】 冬の大型アップデート『幻創の母なる月光』。新システム「特殊能力因子」、エクストリームクエスト新ステージ「独極訓練:世壊の境界」、新ボス:エスカファルス・マザーほか実装。
  • 2017年1月11日 - 【アップデート】 2017年新春記念アップデート『ARKS NEW YEAR CARNIVAL 2017』。
  • 2017年3月8日 - 【アップデート】 バトルアリーナ実装アップデート『熱狂せし武闘の宴』。クラスレベル80解放、バトルアリーナほか実装。
  • 2017年4月5日 - 【アップデート】 春の大型アップデート『光の果て、幻創の未来』。新ボス:デウスエスカ・ゼフィロス、「コーデカタログ」ほか実装。
  • 2017年6月7日 - 【アップデート】 「PSO2」5周年記念アップデート『ファンタシースター感謝祭2017 ONLINE』。

EPISODE 5[編集]

  • 2017年7月26日 - 【アップデート】 大型アップデート2017『Heroes:EPISODE5』。新クラス、「異世界オメガ」、新クエスト「バスタークエスト」「メインクエスト」「オムニバスクエスト」、複数ブロックマッチングほか実装。
  • 2017年9月6日 - 【アップデート】 EPISODE5大型アップデート第2弾・前編『荒野に舞う戦火』。
  • 2017年10月11日 - 【アップデート】 EPISODE5大型アップデート第2弾・後編『託されし巨なる力』。新システム「ダークブラスト」ほか実装。
  • 2017年11月8日 - 【アップデート】 秋の中規模アップデート『電撃!ポリタンカーニバル』。
  • 2017年12月6日 - 【アップデート】 EPISODE5大型アップデート第3弾『紅き邪竜と封印の剣』。新特殊能力システム「S級特殊能力」、新ボス:エリュトロン・ドラゴンほか実装。
  • 2018年1月10日 - 【アップデート】 2018年新春記念アップデート『ARKS NEW YEAR CARNIVAL 2018』。
  • 2018年3月22日 - 【アップデート】 EPISODE5大型アップデート第4弾『星雲に舞う叡知の翼』。エクストリームクエスト新ステージ、新ボス:オメガファルス・ルーサー、ダークブラスト新形態ほか実装。
  • 2018年4月4日 - Nintendo Switch版『PSO2 クラウド』正式サービス開始
  • 2018年5月9日 - 【アップデート】 EPISODE5春の中規模アップデート『美しき四天と無限の世界』。通常クラスレベル85解放、新フィールド「幻惑の森」、ほか実装。

キャラクタークリエイト[編集]

プレイヤーキャラクターは、1アカウントにつき最大20キャラ登録可能[10]。3キャラ目までは無料[11]で、4体目以降は有料となる[10]

キャラクターの外見や声などはいつでも変更することが出来る後述[12]。最低1体のキャラクターを作成しない限りゲームをプレイすることが出来ない[10]

種族[編集]

プレイヤーキャラクターを作成する際に選択出来る種族は4種類となっている[13]

従来のシリーズには「ビースト」という種族が居たが、今作には追加予定は無かったのだが要望が多かった為、雰囲気だけでもと2017年4月12日のアップデートでの新スクラッチ「グラールコレクション」の回数ボーナスで顔のパターンの中に「ビースト」のパターンが追加出来るようになった。

ヒューマン
全体的な能力のバランスが良いとされ、環境への適応能力が高い[13]
ニューマン
耳の尖った亜人間。4種族中フォトン適性に最も優れる一方で身体能力が脆弱[13]
いわゆる魔法使いタイプで、テクニック(法撃)の威力に優れている。
キャスト
機械の身体サイボーグを持ち、継戦性に優れた種族[13]
全身機械のため頑健な身体を持つが、フォトンの扱いはやや苦手と設定される[13]
典型的な戦士タイプで、テクニック(法撃)の値は低いが男性は打撃、女性は射撃に優れる。
デューマン
EP2より実装された種族[8]オッドアイと頭から生えた角が特徴の種族[13]
HPの値はニューマンとほとんど変わらず、その分打撃・射撃の値が高い。

クラス[編集]

PSO2ではプレイヤーキャラクターにレベルは設定されておらず、各クラス(職業)のレベルが強さの基準となっている[14]

クラスは基本クラスのハンター、レンジャー、フォース、ブレイバー、バウンサー、サモナー、派生クラスのファイター、ガンナー、テクター、上級クラスのヒーローの合計10種類から選択出来[14]、クラスは自由に変更出来る[15]

派生クラスの3種類については、EP2以前は特定のクライアントオーダーをクリアすることによって解禁される形式[16]だったが、EP3実装時に仕様変更され(キャラクター作成時には選択できないものの)ゲーム初期段階からクラス変更可能となった[17]

上級クラスについては特定のクライアントオーダーをクリアすることによって解禁される形式[18]

各クラスにはそれぞれ固有武器と、全クラスで装備可能な例外武器が1種類用意されている[14]

クラス名 装備可能な武器 導入開始時期 レベル上限
ハンター ソード、ワイヤードランス、パルチザン、ガンスラッシュ[14] 2012年7月4日 85
レンジャー アサルトライフル、ランチャー、ガンスラッシュ[14] 2012年7月4日
フォース ロッド、タリス、ガンスラッシュ[14] 2012年7月4日
ファイター ツインダガー、ダブルセイバー、ナックル、ガンスラッシュ[14] 2012年9月26日
ガンナー アサルトライフル、ツインマシンガン、ガンスラッシュ[14] 2012年9月26日
テクター タリス、ウォンド、ガンスラッシュ[14] 2012年9月26日
ブレイバー カタナ、バレットボウ、ガンスラッシュ[14] 2013年7月17日
バウンサー デュアルブレード、ジェットブーツ、ガンスラッシュ[14] 2014年8月27日
サモナー タクト、ガンスラッシュ[14] 2016年1月27日
ヒーロー ソード、ツインマシンガン、タリス、ガンスラッシュ[14] 2017年7月26日 80

一度上げたクラスレベルはクラスを変更しても維持されるが、各クラスのクラスレベルはそれぞれ独立しているため、初めて選択するクラスであればレベル1から育て直すことになる[15]

上級職以外の各クラスレベルで75レベルを達成し称号報酬を得ることで、パラメータが上昇する「クラスブースト」特典が付与され、一度獲得すれば同アカウント内全キャラクターに対して有効となる[15]

サブクラス
いずれかのクラスが20になるとNPCクエストに「サブクラス許可申請試練」が発生し、達成することでメインクラス・サブクラスで1キャラクターで同時に2つのクラスを設定することが可能になり、サブクラスに設定したクラスのクラスレベルが一定値以下の場合に限り、メインクラスが獲得した経験値の10%がサブクラスに加算される[19]。ただし、上級職はサブクラスを設定できず、またサブクラスに設定することもできない[18]

ゲームサーバー(シップ)[編集]

主人公はアークスの一員として、船団『オラクル』を構成する宇宙船のシップ(Ship、ゲームサーバーのこと)[20]に乗船し、そこを活動拠点としている[21]。そのため各ゲームサーバーにはシップ番号と固有のシップ名が付けられている。他シップへの移動は特定条件を満たした上での有償実施となっているほか、移動出来るデータにも制限がある[22]

ブロック[編集]

各シップには複数のブロック(ゲームロビー)があり、ここでプレイヤー同士の交流やアイテムの売買などが行える[23]。同じシップ内であれば、ブロック間の行き来はゲーム内ロビーのテレポーターを使用して自由に可能となっている[20][24]

ブロックにはPC、PS4専用ブロックとPS Vita専用ブロック、共用ブロックの種類があり、また共用ブロックではPCプレイヤー、Vitaプレイヤー、PS4プレイヤーのすべて入室出来るようになっている[23]。全てのブロックにプレミアムユーザー専用の枠があり、たとえ通常枠が満員状態であってもその枠が空いていれば入る事が出来るようになっている。

チャレンジブロック[編集]

チャレンジブロックでは特定のクエストのみ受注することができ、このブロック内では「チャレンジャー」という専用クラスに固定される[25][26]。また、通常ブロックとは一部機能や情報が異なる状態になる[25][26]

バトルブロック[編集]

バトルブロックでは特定のクエストのみ受注することができ、このブロック内では「バトルウォリアー」という専用クラスに固定される[27][26]。また、通常ブロックとは一部機能や情報が異なる状態になる[25][26]。共通シップにしか存在しない[25]

共通シップ[編集]

異なるシップのプレイヤーが集まることのできる唯一のサーバー。このサーバー内はチャレンジブロックとバトルブロックのみになっている。通常シップとは一部機能や情報が異なる状態になる。所属シップとはゲーム内ロビーのテレポーターを使用して自由に移動可能となっている[26]

アークスキャッシュ(AC)/ スタージェム (SG)[編集]

アークスキャッシュ(AC)はゲーム内で利用出来る有料ポイントで、ゲーム内で販売されているアイテム類を購入するために使用する[28]。ゲームプレイ中に特別に利用出来るさまざまな権利をまとめて「プレミアムセット」と呼んでおり、アイテムトレード権、マイルーム利用権、マイショップ出店権など多数の権利を販売している[28]
スタージェム(SG)はSGは、ACを消費して購入するほか、ゲーム内の報酬などで獲得することができる[29]。有効利用期限は、最後にSGを購入、および獲得した日から1年間[29]

ゲームの舞台である星々(舞台)[編集]

冒険の舞台はランダムフィールドシステムによって毎回フィールド内のマップ生成が一部の目標地形を除き、登場エネミーの出現位置・発生イベントなども含め完全なランダムで構成・生成される[30]

アークスシップ
無数に存在する船の一つ。主人公が拠点とするシップは、時折ダーカーから襲撃を受けることがあり、その際にはシップ内の「市街地」エリアで活動することになる。内部ではフォトン能力を抑制するリミッターがかけられているが、主人公だけはストーリーを進めるととある事情から行使できるようになる。
シップ一つにつき100万人以上が暮らしている。
VR空間
2015年3月11日より実装された、チャレンジクエスト専用フィールド[31]
惑星ナベリウス
美しく自然豊かな惑星で、衛星軌道上からは地球にも似た外観をしているが、知的生命体や文明の痕跡はない。「森林」エリアと、森林に不自然に隣接する「凍土」エリア、そして謎の多い「遺跡」エリアが存在する。
ゴリラやオオカミ、鳥やマンモスにも似た獣系の「(ナベリウス)原生種」が生息する。
「調査の価値がない」「ダーカーもいない」ということからアークス研修生の修了任務の場所に設定されている。しかしそれらの情報は、ある事実を隠すための偽情報である。実は40年前の『大戦』でダークファルス【巨躯】との決戦の舞台になった場所であり、「凍土」エリアは【巨躯】の攻撃によって生まれたもの。【巨躯】を倒しきれず「遺跡」に封印した事実は40年間秘匿され、「【巨躯】を倒した際に大活躍したアークス」は「三英雄」として喧伝されてきた[32]
惑星アムドゥスキア
隕石によって地表部と内核部が解離した惑星で、そのためか薄い輪を持つ。内核部がむき出しになったような灼熱の「火山洞窟(カッシーナ)」エリアと、それを覆うように空中に浮かぶ「浮遊大陸」エリア、そしてその最奥部にある聖地「龍祭壇」エリアが存在する。「浮遊大陸」エリアは龍族からすると富裕層に当たるとのこと。
独自の文化を持つ知的生命体「龍族」の住処である。
惑星リリーパ
地表の大部分は荒れ果てているものの、鉱物資源の豊富な惑星。過去の建築物が残る荒廃した「砂漠」エリアと、その地下に建築された「地下坑道」エリア、貴重なオアシスが点在する旧文明の「採掘場跡」エリアが存在する。また、アークスが建設した「採掘基地」がたびたびダーカーの大群に襲撃されており、基地施設を防衛するため緊急招集されることもある(防衛戦への参加はプレイヤーの任意)。
かつて存在していた知的生命体が作った防衛用ロボットである「機甲種」が主を失ってもなお活動を続けているが、それとは別にウサギに似た姿形の知的生命体「リリーパ族」の存在が確認されている[33]。機甲種を生み出した存在やリリーパ族については一切が正体不明となっている。
実は採掘基地にはダークファルス【若人】の力が封印されており、それがダーカー襲撃の原因となっている[34]
惑星ウォパル
EP2より確認された、地表のほとんどが海の惑星[8]。砂浜と海を臨む「海岸」エリアと地下洞窟の「海底」エリア、海中から現れた謎の「浮上施設」エリアが存在する。
原生種である「海王種」以外にも、貝殻から触手が生えたような姿の「ウォパル族」と通称される知的生命体が存在する。彼等はアークスとの対話が可能で、生死にシビアな価値観を持っていることを伺わせる。
実はフォトナーたちが実験地として目をつけ、改造した惑星であり「浮上施設」や「海底」などの施設はその名残。ルーサーはその施設を利用することでシオンを知ろうとするが上手く行かず、生物実験にも飽きて放置するようになった。ウォパル族や一部の海王種は、ルーサーの実験の産物であり、日の出入りが早いのは【敗者】の能力の影響である[35]
惑星ハルコタン
EP3より確認された、和風の文化を持つ二種の知的生命体「白の民」と「黒の民」が住む惑星。白の民の領地である「白ノ領域」エリア、黒の民の領地である「黒ノ領域」エリアが存在する。
「白の民」はアークスと交流を持ち、鬼を想起させる姿を持つ。「黒の民」は非常に大型で、鬼のほかにも風神、雷神、一反木綿など様々な日本の妖怪を想起させる異形の民。両者は古くから敵対している。
ハルコタン各地には「マガツ」と呼ばれる死を司る存在の一部が封印されており、ダークファルス【双子】はこれを解き放つことでハルコタンに混乱を招こうとしている。
実は現存する黒の民は【双子】によってすべて捕食されており、ゲーム内に登場するのは【双子】の能力によって生み出された模倣体(クローン)である。
ダーカーの巣窟
名前の通りダーカーの軍勢の根城。アークスシップが二つに折られたような形をしている。
実は過去に壊滅させられたアークスシップのなれの果てであり、現在はダークファルス【敗者】(ルーサー)の研究施設として利用されている。拉致された有能なアークスはここで模倣体(クローン)として生み出される。【敗者】は表舞台には出ないため管理はダークファルス【巨躯】が「義務」から行っているが、「滾るものがない」と見放され、主人公との対決を最後に管理を放棄している。
地球
EP4より確認された、異なる次元にあるとされる惑星。舞台は西暦2028年。人々の恐れや想像が具現化したエネミー「幻創種」が出現する。「東京」エリアには「ダッシュパネル」、「ラスベガス」エリアには「ライドロイド」が設置されている。
月から漂うエーテルを用いた高度な科学技術を持つ組織「マザー・クラスタ」が実質的に支配しており、核兵器すら自由に操れる危険性を持つ。その対立候補として古くから地球を守護してきた地球の導き手「アースガイド」がおり、こちらは技術力は低いもののメンバー全員が魔術や異能の持ち主である。
プレイヤー側は異星人であるためフォトンを利用した隔離障壁によって存在を隠蔽されているため、フィールドに一般人が登場することはない。ただしストーリーを進めればアークスに協力しているアースガイドのメンバーがトライアルに登場するようになる。
月から漂う「エーテル(フォトンが変異したもの)」という不可視の力の影響を受けており、地球人の一部は覚醒することでエーテルを扱う能力者となることができる。反面、人々の恐怖などがエーテルに反映され有害な存在と化した「幻創種(げんそうしゅ)」が跋扈している。これらは古来より妖怪などとして伝えられており、エーテル能力に覚醒した者でなければ互いに干渉できず、姿も見えない。そのため一般には存在を秘匿したまま駆逐されてきた。
アースガイドのトップ・アーデムは人間同士の争いを止めるべく「神」を具現化させ、地球を創り変えようと暴走する。アーデムの正体は人類の祖アダムであり、数万年ものの間生き続けてきていた。「神」による世界再編(パラダイムシフト)はプレイヤーたちによって阻止されたが、アーデムが遺した膨大なエーテルと数万年にも及ぶ絶望が反映された幻創種「デウス・エスカ」が幾度となく降臨することとなった。
異世界オメガ
2017年7月26日実装。宇宙を喰らい尽くすブラックホールの先にあると言われる異世界で、雰囲気は中世ファンタジーに近い。
その正体は全知存在(アカシックレコード)が見る「夢」がエーテルによって具現化したもの。オラクル側で命を落とした者たちが「転生」という形で登場する。
数十年前、世界中に咲き誇る徒花エフィメラが現れ、これを魔術の媒介にすることで文明は急速な発展を遂げた。しかしエフィメラは行使すれば行使するほど使う者の精神を蝕み、同調しない者に対して攻撃的になるという性質があった。
気づいた時には既に遅く、オメガ各地では国同士が鎬を削る戦争状態となっていた。
東西南北に以下の4つの国家が確認されている。
東方にはイス=アルス通商連合国。肥沃な土地と資源を用いて商いを行っていた商人たちが集ったことで生まれた。増殖魔術を用いて作物を大量に生み出している。
西方には神国エピック。過酷な修行を行う求道者たちが集っていたオアシスを中心に成立した。噂では心を操る秘薬の精製に成功したという。
南方には魔道国クエント。エフィメラを魔術の媒介として確立させた最初の国だが、何者かの手によって技術が流出してしまい世界中に混乱を呼ぶこととなった。現在は宰相ルツのクーデターにより国王は暗殺され、王子と王女は濡れ衣を着せられて国を追われている。主人公は王女ハリエットに協力し、戦線に加わることになる。
北方にはヴェルン皇国。国で最も強い者が皇帝となる武人の国。現在は皇帝シュレッガーによる悪政と内戦が続いており、多くの民が居場所を失い苦しんでいる。

エネミー[編集]

ゲーム内で主人公に敵対するモンスターで、ボスエネミー、レアボスエネミーの種類があり、難易度によって強さが変化する[36]

難易度スーパーハード以上で現れる「侵食核」のついた「ブーストエネミー」が登場し、侵食核のない通常エネミーより更に強化されるほか、侵食核自身が攻撃を行うなど行動アクションにも変化が発生する[36]

「ボスエネミー」はエネミーの中でも通常のエネミーとは異なる体力・攻撃力・防御力が高い強敵であり、また倒すとボスエネミー特有のアイテムドロップが出現する[36]

またレアエネミーは通常エネミーとは外見が異なり、通常タイプよりアイテムドロップ確率が高くなる[36]

レアボスエネミーは難易度ベリーハード以上のクエストでごくまれに出現し、ボスエネミーの中でも更に強化されており、倒すとボスエネミー特有のアイテムドロップのほか、通常ボスエネミーからは得られないレアアイテムを入手出来る場合がある[36]

戦闘システム[編集]

PSO2の戦闘システムは、いわゆる3Dアクションゲームに類別される。

表示には「通常視点」と称されるキャラクター見下ろし型の視点と、「肩越し視点」と称されるキャラクターの右肩付近に固定された視点の二種類があり、両者はプレイヤーの任意でいつでも切り替え可能となっている。なお「通常視点」の場合キャラクターの向きとカメラの向きを別々に変えられるが、「肩越し視点」の場合キャラクターの向きとカメラの向きは連動しており常に一致する。

操作は、PC版の場合キーボードとマウス、およびゲームパッドに対応しており、キー配列やボタン配置のカスタマイズも可能。PS Vita版の場合、通常視点2種、肩越し視点3種から任意のボタン配置を選択でき、それらの選択とは別にカスタマイズも可能。

戦闘中は攻撃やジャンプ、回避などのアクションと、フォトンアーツ(PA)、テクニックなどの攻撃方法をクラスによって切り替えつつ行う。

BGM[編集]

1980年代後半にリリースされたファンタシースター第一作より引き続き、前作『PSO』も含むファンタシースターシリーズにおいては伝統的に、BGMの切り替わりがスムーズで切れ目を意識させない特徴があり、今作PSO2もその特徴を受け継いでいる[37]

PSO2の音楽データは旋律ごと小節ごとに非常に細かく分けて用意されており、ゲームで流す際にリアルタイムで組み合わせて流す仕組みになっている[37]。このためBGMが途切れることなく、状況変化に応じて曲調を切り替えることが可能となっている[37]。また、プレイヤーを飽きさせない工夫として、プレイ状況における各種パラメータから3つの基本数値を計算、それに応じて曲調を遷移させる工夫を行っている[37]

ステージライブ[編集]

2013年2月28日のPS Vita版サービス開始に伴い実装されたイベント。公式サイトにおいて告知された時間に、アークスロビーのショップエリアにあるステージ広場にて、NPC歌手のミニライブが開催されるというもの。ミニライブは1ステージにつき1曲、約5分程度。ライブ中は、キャラクターがステージ付近にいる場合のみ、「ライブカメラ視点」への切り替えが可能となる。また、ライブ時にロビーにいたキャラクター全員に時限ボーナスが付与される、ライブ開始から30分後には必ず緊急クエストが発生する(ため、ユーザーには事実上の緊急クエスト予告と見做されている)という特徴がある。また、2014年9月10日にアンコール機能が追加され、チャット発言による「アンコール」が一定数に達するとアンコール曲が流れるようになった。

ライブ曲は、NPCアイドル歌手「クーナ」のJ-POP曲『Our Fighting』、およびバラード曲『永遠のencore』。2014年9月10日には和風ロック調『終わりなき物語』とアンコール曲『Our Fighting(MIYABIver.)』が実装された。

また初音ミク巡音ルカのデュエットによるスペシャルコラボライブが、2014年7月23日〜8月27日にかけて開催された。同ライブ曲の『Living Universe』は、過去のシリーズ作品『PSPo2』の主題歌。また、ミクとルカのモデルは『Project DIVA』のものを流用している[38]

2015年7月22日には新たに、プレイヤー参加型ライブイベント「アークスダンスフェス」が実装。ショップエリアのモニュメントがライブステージとなり、これにアクセスすることでプレイヤーキャラクターもステージに立ちライブ中に自動でダンスするというもの。またライブ中に所定のタイミングでキーやボタンを押すことで、花火や紙吹雪といったエフェクトが増加するという音楽ゲーム的な要素も取り入れられている。

ダンスフェス曲は、NPC「光吉猛修」の『We're ARKS!』、およびNPC「桃井はるこ」「榎本温子」「会一太郎」の『レアドロ☆KOI☆恋!』。ダンスの振付は両曲ともパパイヤ鈴木によるもの。また各NPCはいずれも同名の実在人物をモデルとしている。

2016年8月10日には新たに、地球親善大使に就任した小林幸子のステージライブが実装された。ライブ曲はオリジナル新曲「ヨーコソ・アークス」。また、アンコール曲は「千本桜 (曲)」である。

2017年6月14日には新たに、クーナの新曲である『Cosmic twinkle star』、およびエピソード4エンディングテーマ『光の果て』のライブが実装された。上記のアークスダンスフェスのように、ショップエリアのモニュメントがライブステージとなり、これにアクセスすることでプレイヤーキャラクターもステージに立ちライブ中に自動でダンスする。

機種別の特徴[編集]

PSO2はWindows PC版以外にも2018年4月時点でスマートフォン版、PlayStation Vita版、PS4版、Nintendo Switch版が展開されており、同じアカウントの同じデータを使用して別媒体でプレイすることが出来る。

機種による環境の違い(es除く)
機種 対応開始年月日 ブロック入場 ハンゲーム
IDでのプレイ
トロクロ
の出現
相手とのチャット 描画設定 オフライン
クリエイト
PC専用 共用 クラウド共用 PC PS Vita PS4 Switch 性能 手動調整
Windows PC環境 2012年7月4日 ※1 × 設定1(最低)~6(最高) ×※2
PS Vita環境 2013年2月28日 × × × × PC環境の設定1未満相当 ×
PS4環境 2016年4月20日 × × × PC環境の設定6相当 ×
Switch環境 2018年4月4日 × × × × × × PC環境の設定5~6相当 × ×
※1:但し、ハンゲーム専用クライアントが必要で、SEGA IDとの連携は不可。
※2:別途提供している「キャラクタークリエイト体験版」では〇。

Windows PC版[編集]

PSO2の基本になっている、Windows PC専用クライアント。SEGAが配布しているSEGA ID対応版と、ハンゲームが配布しているハンゲームID対応版とがあり、システム等は同一であるもののSEGA IDとハンゲームIDに互換性はなく、SEGA IDをハンゲーム版クライアントで利用することはできず、逆もまた同様である。

描画設定
設定1〜6の6段階がデフォルトで用意されており簡易に設定できるほか、各項目を個別に設定できる。設定1が最低、設定6が最高の解像度となる。

キャラクタークリエイト体験版[編集]

Windows PC専用の、ベンチマーク機能とキャラクター作成機能のみが付いたツール。ゲーム本編を体験するような機能はない。2016年2月現在の公開ヴァージョンはEP4 ver. 1.0(ver. 4.0[39]

デモンストレーション
起動後、一定時間放置することでデモ映像が流れ始める。
動作検証
ベンチマークを開始する。このとき流れる映像は上述のデモと同一だが、右下にFPSとスコアが表示される。デモが一巡すると最終スコアが表示され、この値が多いほどWindows PC版の動作は快適とされる。
キャラクタークリエイト
ゲームクライアントと同様にキャラクターが作成できる。作成したキャラクターデータは保存・読み込みでき修正できるほか、保存しておいたデータをゲームクライアントで読み込みキャラクター作成に利用することも可能。また、作成したキャラクターを保存終了した後に「動作検証」モードを起動すると、ベンチマークに登場するキャラクターの1人が作成したキャラクターに変更される。
ヴァージョンによる相違点
体験版のヴァージョンによって、アイコンとデモの内容が異なる。また新しいヴァージョンにはキャラクタークリエイト時に選択可能なクラスや髪型などが追加されている。
ver. 1.0は2012年4月5日公開。アイコンはラッピー、デモ内容は市街地と森林を舞台にしたもの。
ver. 2.0は2013年3月29日公開。アイコンはリリーパ族、デモ内容は火山洞窟と浮遊大陸と龍祭壇を舞台にしたもの。
EP4 ver. 1.0(通算ver. 4.0[39])は2016年2月29日公開。アイコンはワンダ、デモ内容は東京を舞台にしたもの。また、このヴァージョンより簡易描画設定に「設定6」が追加されている。

PS Vita版[編集]

Windows PC版の移植で、一部の機能はPS Vita向けにアレンジされているものの、基本的にはWindows PC版と共通するゲームシステムを持つ。そのためWindows PCとPS Vitaで同一のSEGA IDが利用でき、またWindows PC版のユーザーと一緒にプレイすることも可能。なおハンゲームIDには対応していない[40]

クライアントにはダウンロード版とパッケージ版、PS Vita同梱版があり、それらのクライアントは全て同一のプログラムである(後発のパッケージも同様であり、その旨がパッケージ外装に記載されている)。パッケージ版およびVita同梱版のクライアントはPS Vitaカードに収録されているが、ダウンロード版はメモリーカードに3.1〜3.3Gの空き容量を要する。それらとは別に、メモリーカードにアップデートデータ用の容量が必要。

正式稼動当初はアップデートデータに1.2GB以上の空き容量を要し[41]、パッケージ版は最低4G、ダウンロード版は最低8Gのメモリーカードが必要とされた。その後のアップデートデータの容量増加に伴い、2016年12月現在は32GB以上のメモリーカードでプレイすることが推奨されている[42]。なお、2017年7月26日のアップデートデータ再構築に伴い、クライアントとアップデートデータの合計サイズは約14.1GBになる[43]

アカウントの紐付け
PS Vitaでは初回ログイン時のSEGA IDにSEN IDが自動的に登録され、変更は不可能である。
PS4版で紐付け済みのアカウントを利用している場合は、そのアカウントをPS Vita版でもそのまま利用できる。
オフラインキャラメイク
サーバーへ接続せずにキャラクター作成が行える機能。この機能により、メンテナンスなどでゲームサーバーが利用できない状況でも、キャラクター作成は可能となっている。機能そのものはログイン後のキャラクター作成機能と同一で、作成したデータはログイン後のキャラクター作成時やエステでのキャラクター変更時にも利用可能である。
キャラクターポートレート
PS Vita本体のカメラ機能を利用し、登録されているキャラクター1名と現実の風景を合成した画像が撮影できる機能[44]
キャラクターはデモなどで登場する3種族の男女6名がデフォルトで登録されているほか、ユーザー自身のプレイヤーキャラクターを登録できる枠が3枠ある。プレイヤーキャラクターを登録すると、そのキャラクターにおいてクエストへ連れて行けるパートナー(公式NPC)が追加される特典がある。また2014年11月19日のアップデートにて、サポートパートナーの登録も可能となった。
キャラクターは、角度や大きさを変えて好きな位置へ配置できるほか、表情を変えたり、そのアカウントに登録されたロビーアクションを用いて任意のポーズを取らせたり、カットイン、吹き出し、漫符を用いてセリフを添えたり、といったことが可能。ユーザー自身のキャラクターに限り、登録時に武器パレットにセットされていた武器を構えることもできる。
ポートレート用のキャラクター登録はビジフォンから行い(PS Vitaからのログイン時のみ)、再登録の制限はない。
キャラクターの外見は登録時のものに固定され、利用できるロビーアクションも再登録時に更新される。
3DCGモデル簡素化
Windows PC版の設定1より解像度などが低くなっており、ブラー等の表現もオミットされている。
人物や背景のモデルが簡素化されている。また、テクスチャー自体の解像度もWindows PC版と比べて粗くなっているが、上述のキャラクターポートレートのテクスチャーはこれよりも粗い。
それぞれのプラットフォームで同期する必要があるため、キャラクターの挙動は両者共ほぼ同一である。
インターフェイスの相違
基本的なインターフェイスはWindows PC版と同様だが、PS Vitaは表示画面が5インチと小さいため、標準でチャットログが非表示(Windows PC版では標準で常時表示)、装備品の特殊能力の詳細表示がないなどの違いがある。
また、Windows PC版では独自フォントで表示されるテキストも、PS Vita版では標準のゴシック体で表示される。
文字入力
チャットや検索などにおける文字入力は、PS Vita標準のタッチパネル式ソフトキーボードのみ使用でき、外部入力機器には対応していない。
この仕様のため、チャット時にはゲーム画面が左上側に縮小表示され、右上側にチャット入力欄、画面の下半分がソフトキーボード表示欄となる。
一部操作のタッチパネル対応
上述の文字入力以外にも、一部の操作はタッチパネル対応となっている。具体的にはサブパレットの使用、武器アクション、マップ表示の切り替えなどである[45]
なお、これらの操作にはボタン操作できずタッチパネル操作のみのものも含まれるため、タッチパネル操作が不可能なPS Vita TVには非対応となっている[46]

PS4版[編集]

Windows PCやPS Vitaと同一のSEGA IDが利用でき、またWindows PC版やPS Vita版のユーザーと一緒にプレイすることも可能。
PS Vita版と同様にSEGA IDとSEN IDの紐付けが必要で、PS Vita版で紐付け済みのアカウントを利用している場合は、そのアカウントをPS4版でもそのまま利用できる。
対応キーボードを接続することでキーボード操作可能、GUIや入場ブロックはWindows PC版と同様など、基本的にはWindows PC版に準拠した仕様だが、スタートメニューに「オフラインキャラクタークリエイト」の項目がある、ロビーにトロとクロが出現するなど、一部の仕様はPS Vita版に準拠したものとなっている。
サービス開始時PlayStation®4のHDD容量が「45GB以上」必要。

Nintendo Switch版[編集]

2017年9月のNntendoDirectで発表された新たなプラットホーム展開で2018年4月4日サービス開始[3]
クラウドサーバーを使っておこなうクラウドゲームのサービス[3]として開発が進められている。大容量のゲームデータを専用のクラウドサーバーに搭載し、Switch本体→クラウドサーバー→PSO2ゲームサーバーで相互に通信を行うため安定した通信環境が必要。(Switchで入力した信号をクラウドサーバーが受取り、受け取った結果をゲームサーバーへ転送。ゲームサーバーはその結果の映像をクラウドサーバーへ送り、クラウドサーバーはその映像をSwitch本体に送信し、表示する)またfpsもクラウドゲームの特性から最大値の60ではなく、30に制限される。料金形態も他のプラットフォーム同様に基本無料+一部課金で展開される。
ブロックは専用の「クラウド共用ブロック」が設けられ、Switch以外ではPCから接続したプレイヤーもこのブロックに入場しプレイすることができるが、PS vitaおよびPS4から接続したプレイヤーは入場することができない[47]。また、マイルームやチームルームは他の機種でプレイしているキャラクターと空間を共有することはできるが、チャットについてはSwitchまたはPCから接続したプレイヤーとは可能であるがPS vitaおよびPS4から接続したプレイヤーとは不可能となっている[47]。さらにバトルブロックは「クラウド専用ブロック」となり、PCで接続しているプレイヤーもここへ立ち入ることはできない[47]

スマートフォン版[編集]

Android OSおよびiOSに対応しており、タイトルは『ファンタシースターオンライン2 es(エス)』。『PSO2es』と略される。タイトルにある"es"にはエッセンス(essence)の意味が含められており、PSO2esを通して本質を咀嚼しつつもPSO2の違った一面を知ってもらいたい、という作者の願いが込められている。Windows PC版およびPS Vita版とは異なるゲームシステムを持つ[48]、プレイヤーデータは共通しており、SEGA IDと連動設定することでコスチューム着用やマグ育成など、PSO2に関する機能も一部利用できるようになる[49][50]。なお、Android OS版は有料ポイント(AC)も共有しているが、iOS版で課金する際はiOS版専用の有料ポイント(iAC)が必要となる。

事件等[編集]

日付や時間等は、特記のない限り日本時間。

ファンタシースター感謝祭2013における混雑騒動(2013年6月29日)[編集]

この年より開催されたファンタシースター感謝祭2013の福岡会場にて会場に入場できない、入場できてもメイン会場にたどり着けない、複数人が熱中症で倒れるという騒ぎが発生した[51]。運営サイドはファンタシースター感謝祭の前身である全国ファン感謝祭2010福岡大会の来場者を参考(2011年は東日本大震災の影響により福岡大会は中止)に400人程度と想定し福岡市にある小規模ホール「スカラエスパシオ」(床面積421m2。2010福岡大会と同じ会場)にて開催したが、当日は想定の5倍となる2,000人が来場したことからこの騒動になった。この影響により決勝会場であるディファ有明では抽選方式による入場制限が行われた(ただし、抽選制の発表は7月1日であり、それ以前から抽選制としていた可能性がある)ほか、翌年より各会場の大型化が実施され、福岡会場も北九州市にある「西日本総合展示場」(床面積7,000m2)に変更されている。

アップデートプログラムの不具合(2013年9月4日)[編集]

2013年9月4日に配信したアップデートプログラムのうち、11時00分-14時42分(=当初発表 後日訂正11:00-22:17)の間に配信されたWindows PC版のプログラムにより、『PSO2』とは無関係であるハードディスク内のデータが消去される不具合があったことが判明した[52][53]。この不具合のあるアップデートを完了させたプレイヤーは20514人(後に200名追加[54])であり、多くのプレイヤーが不具合の影響を受けたとみられる[53]。この不具合により、HDD内のデータの消去およびWindowsが起動不可能となったプレイヤーが続出し、Twitterおよび2ちゃんねる上では騒動となった[55][56]。これに対して、セガは不具合が発生したプレイヤー全員に5000円分相当の金券または10000AC(ゲーム内有料ポイント)の送付、および個別対応を行うことを発表。また、全てのプレイヤーへのお詫び対応をすることも明らかにした[57]。また、6日にはプロデューサーである酒井智史から不具合に対するお詫びと説明が掲載された[53]。お詫び対応については、ユーザーが自身でデータ削除の発生を確認し申告する必要がある。どの部分が削除されるかなど、確認するための情報が一切公表されていない(12/22現在)ため、ハードディスク内全てのファイルをチェックする必要がある。補足などの追加投稿も含め約2万2000件の報告が寄せられ、公式サイトでは11月末までに報告済みユーザーの99%に対しての対応が完了したとされている。[54]

なお、これらの不具合はWindows PC版限定のもので、PS Vita版のアップデートデータに不具合はなかった。

DDoS攻撃による接続障害(2014年6月19日〜7月16日)[編集]

2014年6月19日夕方より、ゲームサーバーに対して原因不明の接続障害が発生。同日夜に、接続障害の原因が第三者からのDDoS攻撃によるものと公式発表され、『PSO2』および『PSO2es』サービスの一時停止措置が取られた[58]。この影響で、予定されていた『アークス候補生!』の放送も中止された。また、2日後の21日には「ファンタシースター感謝祭2014」大阪会場の開催を控えていたが、これについてはアークスグランプリ(ゲームクライアントを用いたイベント)も含めて問題なく開催されることが告知された[58]

翌20日午前、『PSO2』および『PSO2es』公式サイトもDDoS攻撃の対象となり、接続障害が発生。公式Twitterアカウント、it-tells、公式ブログといったセガ運営ではない各種の外部サービスによって発表され、また今後の経過報告もそれらの外部サービスを通じて発表することが告知された[59]

24日夕方、『PSO2』および『PSO2es』公式サイトを暫定的に再開[60]。翌25日には、今回の接続障害に対して一部のサービスやキャンペーン等の期間延長措置を取ることが発表された[61]

27日午後、DDoS攻撃は小康状態に移行していることが発表され、同日夕方には『PSO2』の一部サービスが再開した[62]。PC版およびPS Vita版のサービスは再開したが、アークスキャッシュ購入手続きおよび『PSO2es』については再開保留とされた。また『PSO2es』に関しては、対策を施したアプリでApple社の審査を受ける必要があるため、再開に時間がかかることも合わせて告知された[62]

30日夕方、「不特定の第三者によるDDoS攻撃は確認されていない」としてアークスキャッシュ購入手続きを再開[63]

7月16日夕方、『PSO2es』のサービス再開[64]。これにより、DDoS攻撃で停止した全サービスの再開となった[65]

アークス広報隊!一般枠選考問題(2015年5月24日)[編集]

2015年5月24日に放送された『PSO2アークス広報隊!最終オーディション&お披露目スペシャル』にて「アークス広報隊!」の一般枠最終選考が行われ[66]、投票の結果声優である龍波しゅういちがメンバーに選ばれた。しかしこの選考を前後して龍波本人および関係者の行動等が原因でユーザーから不正投票を疑われる事態に発展し[67][68]、運営サイドは調査のうえ規約や募集要項の違反は行っていないことを確認・発表したが、その後龍波が広報隊を辞退し、それを受け運営も広報隊の一般応募枠中止を決定した[68]

イベントに対する爆破予告(2015年11月23日、2017年2月3日)[編集]

2015年11月19日、電子掲示板2ちゃんねる」に爆破を予告する書き込みがあった。この書き込みに「PSO2」「シンパシー」の単語が記述されていたことから、4日後の23日にパシフィコ横浜国立大ホールで開催予定のファンタシースターシリーズ音楽イベント「シンパシー2015」に対する爆破予告と見做され、20日に公式サイトから対応が発表された[69]。開催日の23日には事前の告知通り、会場内にあるコインロッカーが閉鎖されたほか、金属探知機を使用した手荷物検査が実施された。また、主催のセガゲームスは神奈川県警察へ相談し、県警は威力業務妨害の容疑で調査を進めていた[70]。その後、該当の書き込みをした埼玉県在住のプレイヤーが12月9日に書類送検されている[71]

2017年2月3日にも、ツイッターにて、オフラインイベントでの殺害予告およびスイーツパラダイスにて開催されていた「アークスカフェ」での爆破予告が投稿された。オフラインイベントは直近の開催予定が無かったものの、アークスカフェは名古屋スパイラルタワーズ店にて開催中だったため、愛知県警によってスイーツパラダイス客などの避難、周辺の封鎖が行われた。その翌日深夜、投稿者の出頭により収束。2月4日以降の営業は通常通り行われた。

新レイドボスに関する騒動(2016年2月20日〜3月3日)[編集]

2016年2月20日に開催されたファンタシースター感謝祭2016大阪大会において、予告オープニングムービーとして新レイドボス「幻創戦艦・大和」が公開された。これに関し「幻創戦艦・大和」のデザインが太平洋戦争時に実在した大日本帝国海軍戦艦大和」であることや、艦首に取り付けられていた菊花紋章が使用されたことから「大和と名のつく戦艦を敵として登場させること」「菊花紋章のままの戦艦に攻撃を加えること」に批判的意見が寄せられた[72]。これに関し2016年3月3日にプロデューサーである酒井智史が公式サイトでコメントを出し、大和を出したことについては子供の頃からの憧れであり、「戦艦大和への敬意を大切にして、新たな幻創戦艦・大和の姿を描きたかった」として理解を求めた一方で、菊花紋章については「心情的部分にご納得いただけない方への配慮が足りなかった」として艦首の紋章は別のデザインにすることとなり、「われわれの説明が足りなかったために、多くの議論を招いてしまいましたことをおわび申し上げます」と対応した[73]

ワンタイムパスワード(OTP)の不具合及びシステム変更(2015年8月30日~2016年9月28日)[編集]

PSO2ではセキュリティ強化の一環として2015年5月29日よりサードネットワークス社提供によるワンタイムパスワード(SecureOTP)を導入したが、2015年8月30日の障害[74]を筆頭に、度重なる不具合により接続できない問題が頻発した。前述の爆破予告もこれが原因(システム障害で接続できないことに不満を抱いたプレイヤーの行為)によるものであったことから12月15日よりGoogleが提供する「Google Authenticator」(Google認証)を新たに導入した[75]。Google認証導入後もSecureOTPによるサービスは継続されていたが、不具合が改善されないと判断されたことから2016年9月28日の11:00を以てSecureOTPサービスを終了した[76]

ゲームマニアックス記事削除騒動(2017年9月17日~2017年9月19日)[編集]

2017年9月15日に「ゲーム★マニアックス」にて酒井智史のインタビューによるエピソード5のコンセプトと展望が掲載された。「ゲーム★マニアックス」では記事に対して閲覧者がコメントを残せる形式となっているが、この記事に対してゲームに対する不満の書き込みが集中したことから17日に当該記事が閲覧できない状態となった。その後19日に記事が復活したと同時に「ゲーム★マニアックス」編集部が独自判断で一時非公開した旨とお詫びの追記がなされた[77]。これについて公式ブログでも報告があり、運営側が削除を指示をした事実はないながらもプレイヤーから現状のゲームに対する不満があることを認め、当初の方針を変更・改善することを約束した[78]

商品情報[編集]

ゲームクライアントは原則として公式サイトから無料でダウンロード可能だが、各種の特典アイテムが同梱されたパッケージ版、そのほか設定資料集、公式CDソングなども発売されている。

パッケージ[編集]

エピソード1
『ファンタシースターオンライン2 プレミアムパッケージ』 セガゲームス、2012年9月13日ASIN B008FJZCR4
DVD-ROM、正式サービス開始記念パッケージ。
『ファンタシースターオンライン2 スペシャルパッケージ』 セガゲームス、2013年2月28日ASIN B00ABA7OK8
PlayStation Vitaカード。PS Vita版正式稼動記念パッケージ。特典アイテムは『PSPo2』のPC用初期コスチュームほか。
エピソード2
『ファンタシースターオンライン2 プレミアムパッケージvol.2』 セガゲームス、2013年7月17日ASIN B00D63BI6S
DVD-ROM、エピソード2実装記念パッケージ。特典アイテムは『PSU』の主人公「イーサン」とヒロイン「カレン」のコスチュームほか。
『ファンタシースターオンライン2 エピソード2 デラックスパッケージ』 セガゲームス、2014年3月20日
PS Vita版1周年記念パッケージ。二機種同時発売、特典内容も全て同一。特典アイテムは永野護デザインのコスチュームほか。
エピソード3
『ファンタシースターオンライン2 エピソード3 デラックスパッケージ』 セガゲームス、2015年3月19日
PS Vita版2周年記念パッケージ。二機種同時発売、特典内容も全て同一。特典アイテムは『PSPo2i』のNPC「ナギサ」「シズル」のコスチュームほか。また早期購入特典として、先着3万セット限定の特典アイテムも配布された。
エピソード4
『ファンタシースターオンライン2 エピソード4 デラックスパッケージ』 セガゲームス、2016年4月20日
PS4版正式稼動記念パッケージ。三機種同時発売、特典内容も全て同一。特典アイテムは『ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション』のキャラクター「イツキ」「RINA」のコスチュームほか。

音楽CD/ドラマCD[編集]

サウンドトラック
  • 『ファンタシースターオンライン2 オリジナルサウンドトラック Vol.1』 WAVE MASTER、2013年10月30日ASIN B00EDI88IQ
  • 『ファンタシースターオンライン2 オリジナルサウンドトラック Vol.2』 WAVE MASTER、2013年11月27日ASIN B00F34CXP8
挿入歌「Our Fighting」および「永遠のencore」収録。
  • 『ファンタシースターオンライン2 オリジナルサウンドトラック Vol.3』 WAVE MASTER、2014年12月24日ASIN B00OC3E7L4
挿入歌「終わりなき物語」および「Our Fighting(ver. MIYABI)」、PSU主題歌「Living Universe(初音ミク&巡音ルカver.)」収録。
  • 『ファンタシースターオンライン2 オリジナルサウンドトラック Vol.4』 WAVE MASTER、2016年4月13日ASIN B0188MP5DI
  • 『ファンタシースターオンライン2 オリジナルサウンドトラック Vol.5』 WAVE MASTER、2017年6月28日ASIN B06XQHRFNT
  • 『ファンタシースターオンライン2 オリジナルサウンドトラック Vol.6』 WAVE MASTER、2017年8月23日ASIN B071K1WN16
キャラクターソング
  • 『PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクターソングCD〜Song Festival〜』 フロンティアワークス、2014年8月27日ASIN B00KZP6W6Q
  • 『PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクターソングCD〜Song Festival〜II』 フロンティアワークス、2015年8月26日ASIN B00ZNW80ES
  • 『PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクターソングCD〜Song Festival〜III』 フロンティアワークス、2016年4月27日ASIN B01C0NULKS
  • 『PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクターソングCD〜Song Festival〜BEST』 フロンティアワークス、2016年12月21日ASIN B01M739H75
ドラマCD
  • 『ドラマCD PHANTASY STAR ONLINE2』 フロンティアワークス、2013年7月24日ASIN B00CKWHHF2
  • 『ドラマCD PHANTASY STAR ONLINE 2 〜アイドル・カプリッチオ〜』 フロンティアワークス、2015年2月25日ASIN B00S9IGVXK
  • 『ドラマCD PHANTASY STAR ONLINE 2 ~ハルコタン見聞録~』 フロンティアワークス、2016年1月27日ASIN B017GD1TDA
挿入歌(シングルCD)
挿入歌(アルバムCD)

書籍[編集]

ガイドブック
書籍・DVD-ROM付、正式サービス開始記念ガイドブック。
  • 『ファンタシースターオンライン2 エピソード2 スタートガイドブック』 エンターブレイン、2013年7月17日ISBN 978-4047290556
書籍・DVD-ROM付。エピソード2実装記念ガイドブック。
  • 『ファンタシースターオンライン2 EPISODE3 マスターガイドブック』 KADOKAWA/エンターブレイン、2015年3月4日ISBN 978-4047303515
  • 『ファンタシースターオンライン2 EPISODE4 スタートガイドブック』 KADOKAWA/エンターブレイン、2016年1月27日ISBN 978-4047331105
設定資料集
特典アイテムは「シオンメガネ」「シーリスローブ」ほか。
  • 電撃攻略本編集部 『ファンタシースターオンライン2 EPISODE 3 設定資料集』 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス、2016年3月23日ISBN 978-4048658003
特典アイテムは「シャオヘアー」「オムニスブルー」ほか。
ファッションカタログ
衣装やアクセサリ、髪型など、主にキャラクターの外見をカスタマイズするためのデータをゲーム画像で収録。過去のPSシリーズのリメイク衣装は収録されているが、その他のコラボ衣装は(おそらく版権の関係で)未収録。
  • 電撃PlayStation編集部 『ファンタシースターオンライン2 ファッションカタログ 2012-2015』 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス、2015年8月11日ISBN 978-4048693899
ファッションカタログ第1弾。2012年7月(正式サービス開始時)から2015年3月配信分までを収録。
  • 電撃PlayStation編集部 『ファンタシースターオンライン2 ファッションカタログ 2015-2016 ORACLE & TOKYO COLLECTION』 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス、2016年9月17日ISBN 978-4048923774
ファッションカタログ第2弾。2015年4月から2016年6月配信分までを収録。
  • 電撃PlayStation編集部 『ファンタシースターオンライン2 ファッションカタログ2016-2017 Realization of Illusion』 KADOKAWA、2017年8月12日ISBN 978-4048932639
ファッションカタログ第3弾。2016年7月から2017年5月配信分までを収録。
その他
  • ファミ通コネクト!オン編集部 『25th アニバーサリー ファンタシースター ビジュアルクロニクル』 エンターブレイン、2013年3月30日ISBN 978-4047288850
ファンタシースターシリーズ25周年記念書籍。PSO2に関する設定資料も収録。
  • にのまえあゆむ 『ファンタシースターオンライン2 サイドストーリーズ』 一迅社2014年6月16日ISBN 978-4758045773
ゲーム本編に登場するNPCの外伝を描いた短編集。
  • 週刊ファミ通編集部 『15th アニバーサリー ファンタシースターオンライン ビジュアルクロニクル』 KADOKAWA/エンターブレイン、2015年12月21日ISBN 978-4047331013
ファンタシースターオンライン15周年記念書籍。PSO2の初期設定資料も収録。
  • 電撃PlayStation編集部 『ファンタシースターオンライン2 スペシャルブック Vol.1』 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス、2016年4月28日ISBN 978-4048694407
主にPSO2ジ・アニメーション視聴者向けの、全12話の総集編およびエピソード4のスタートガイド本。

その他の商品[編集]

PlayStation Vita Wi-Fiモデル アイス・シルバー. ソニー・コンピュータエンタテインメント. (2013-02-28). ASIN B008FJZCR4. 
PlayStation Vita Wi-FiモデルにPS Vita専用ソフトウェア『ファンタシースターオンライン2』および「AC1000獲得チケット」同梱。
朱鬼姫シキ コトブキヤ
プラモデル。DVD-ROM付属。特典アイテムは「朱鬼姫シキ・レプカ」ほか。
藍鬼姫シキ コトブキヤ
プラモデル。DVD-ROM付属。特典アイテムは「藍鬼姫シキ・レプカ」ほか。
A.I.S コトブキヤ
プラモデル。特典アイテムは「進化デバイス/A.I.S」ほか。
A.I.S Gray Ver. コトブキヤ
プラモデル。特典アイテムは「進化デバイス/A.I.S」ほか。
幻創戦艦・大和 青島文化教材社
プラモデル。特典アイテムは「310「ハギト・フェムト」(ロビーアクション)」ほか。

海外展開[編集]

  • 2012年7月、北米版とヨーロッパ版が展開される旨が海外のSEGAブログにて公表[79]され、同時にティザーサイト[80]がオープンされた。当初は2013年サービス開始である旨が告知され、同年9月に開催されたPAX2012にてキャラクタークリエイトを含めたデモを展開するも2013年1月16日に現時点で追加で公表できる内容は無いと告知[81]が行われ、それ以降2017年9月現在に至るまでサービス開始はおろかその後の公式発表が行われていない。
  • 2013年7月5日、セガは『PSO2』の海外展開に関連し、ガマニア社(台湾)およびアジアソフト社(タイ)と運営ライセンス契約を締結したことを発表[82]した。
  • 台湾においては『夢幻之星ONLINE2』のタイトルで2014年4月25日に[83][84]、東南アジア地域においては2014年5月29日に[85][86]、正式サービスが開始。イベントロビーやACスクラッチの景品は国ごとに独自のものが存在しており、それぞれが日本では見られない衣裳や武器迷彩が実装されている。
  • 台湾、東南アジア版は2017年1月17日にサービス終了する旨を告知し、同日にAC購入サービスを停止[87]、台湾版は同年4月25日、東南アジア版は5月17日にサービスを終了した。

受賞歴[編集]

他作品・他企業とのコラボ[編集]

2013年
  • どこでもいっしょ』 - 2013年2月28日、PS Vita版サービス開始と同時に実装[101]。PS Vita版のみトロとクロがゲームロビーに出現し、条件を満たせばPC版とPS Vita版のいずれでもパートナーキャラクターとして使用可能になる[101]。なお、その後PS4版のサービスが開始され、PS4版でもトロとクロが全てのロビーに登場している。
  • VOCALOID』 - 2013年4月10日、「初音ミク」のコスチュームと髪型、「ミクダヨー」のマグ進化デバイスが実装[102]
  • ボーダーブレイク ユニオン』 - 2013年6月12日 - 2013年8月7日、機体「クーガーNX」が期間限定クエストのボスエネミーとして実装[103]。「クーガーNX」関連の武器迷彩やステッカーのほか、当時の開発・広報スタッフ「牛マン」のコスチュームも実装された[103]
  • バーニングレンジャー』 - 2013年7月3日 - 7月10日、バーニングレンジャーとのコラボレーションによる期間限定クエストが実装された[104]
  • 魔法少女まどか☆マギカ』 - 2013年10月9日、鹿目まどか暁美ほむらのコスチュームと武器迷彩、キュゥべえのマグ進化デバイスが実装[105]
  • Fate/stay night』&『プリズマ☆イリヤ』 - 2013年11月、セイバーと遠坂凛、アーチャー、ギルガメッシュ、プリズマ☆イリヤのコスチュームと髪型、武器迷彩などが実装[106]
2014年
  • 進撃の巨人』 - 2014年3月26日、「マキシマムアタックオンタイタン」と題して、『進撃の巨人』関係のコラボアイテムが実装された[107]
  • よつばと!』 - 2014年8月、ダンボーのコスチュームとマグ進化デバイスが、ファンタシースター感謝祭2014決勝会場への来場特典として配布、実装された[108]
  • 初音ミク -Project DIVA-』 - 2014年7月23日、『初音ミク -Project DIVA-』シリーズ5周年を記念して、鏡音リン・レン巡音ルカのコスチュームと髪型が実装され、ミクとルカのデュエットによるステージライブも期間限定で開催された[109]
  • 電脳戦機バーチャロン』 - 2014年7月30日 - 8月13日、イベントロビーでバーチャロンロビーを実施、実物大テムジンのモニュメントが飾られた[110]
    • テムジンとフェイ・イェンを全種族対応コスチュームおよび髪型として実装[110]。開発陣によると、それらのモデルは『バーチャロン フォース』のハイエンドモデルからの流用とのこと[111]
    • また、本コラボを記念した「PSO2版フェイ・イェン」のプラモデルが2014年8月30日にプラモデルメーカーハセガワから発売された[112]
  • シャイニング・フォース クロスエクレシア ゼニス』 - 2014年7月30日 - 8月27日、クエストボス「ナイトギア」が期間限定クエストのボスエネミーとして実装[113]。「ナイトギア」関連の武器迷彩やアクセサリも入手可能とされた[113]
  • 魔法科高校の劣等生』 - 2014年8月、司波達也と司波深雪の制服、髪型、武器迷彩などが実装[114]
  • ゆるゆり』 - 2014年11月、実装[115]
  • 宇宙戦艦ヤマト2199』 - 2014年12月、実装[116][115]
2015年
2016年
  • ワールド エンド エクリプス』 - 第1弾 2016年2月26日 - 3月9日[122]、第2弾 3月25日 - 4月6日[122]、『PSO2』4周年記念第1弾 6月16日 - 6月30日[123]、『PSO2』4周年記念第2弾 7月14日 - 7月28日[124]
  • サクラ大戦』 - 2016年6月22日、実装[125]
  • ファイナルファンタジーXIV』 - 2016年7月6日 - 8月24日、「闘神オーディン」が期間限定クエストのボスエネミーとして実装[126]。その他、衣装や武器迷彩なども実装[126]
  • ゴジラ』 - 2016年8月10日 - 9月7日、ゴジラロビー実施[127]。登場するゴジラは平成ゴジラシリーズのものである[127]
  • 乖離性ミリオンアーサー』 - 2016年10月19日 - 、コスチュームや武器迷彩などを実装[128]
  • GRAVITY DAZE 2』 - 2016年11月9日 - 、コスチュームやロビーアクションなどを実装[128]
  • ペルソナ5』 - 2016年12月21日 - 、コスチュームやロビーアクションなどを実装[129]
  • しまむら』 - 2回実施。実店舗ではシャツなどの服を1,500円(税込)で販売し、これにプロダクトコートが付属した[130]
2017年
2018年
  • Re:ゼロから始める異世界生活』 - 2018年04月11日 - 、コスチュームやロビーアクションなどが実装された[141]
  • 『ドン・キホーテ』 - 第2弾 2018年4月25日 - 6月6日、ゲーム内に店舗が登場。実店舗ではコラボグッズを販売し、これにプロダクトコードが付属した[142]

公式動画[編集]

セガがYouTubeに開設している公式チャンネルのうち、ファンタシースターシリーズ専門のチャンネルとして「PhantasystarCh」がある[143]。PSO2関連ではアップデート紹介ムービーやティザームービー等がアップロードされており、PSO2公式サイトほか、公式サテライトサイトからも動画の閲覧が可能となっている[143]

PSO2放送局[編集]

PSO2 STATION![編集]

ニコニコ生放送を利用した、PSO2の公式情報番組。MCは諏訪彩花なすなかにし[144]。PSO2プロデューサー酒井智史とシリーズディレクター木村裕也も出演している。

放送回 放送日時 放送時間 ゲスト 備考
2016年
1 2016年10月29日 20:00〜22:29 [145]
2 2016年11月19日 12:00〜14:00 木村珠莉 セガフェス内公開生放送[146]
3 2016年12月17日 15:00〜18:12 佐藤聡美 アークスX'masパーティー2016スペシャル [147]
2017年
4 2017年1月28日 20:00〜22:24 伊瀬茉莉也 [148]
5 2017年2月18日 20:00〜22:45 植田佳奈齊藤陽介 [149]
6 2017年3月18日 20:00〜22:00 洲崎綾 [150]
7 2017年4月15日 20:00〜22:00 佐藤利奈 [151]
8 2017年5月13日 20:00〜22:00 喜多村英梨 [152]
9 2017年6月10日 13:00〜18:30 感謝祭2017スペシャル東京会場[153]
10 2017年7月15日 13:00〜18:30 佳村はるか 感謝祭2017スペシャル名古屋会場[154]
11 2017年8月12日 11:00〜19:00 チョー緒方恵美 感謝祭2017スペシャル決勝会場[155]
12 2017年9月24日 12:00〜13:15 日笠陽子 東京ゲームショウ2017セガゲームスステージ内[156]
13 2017年10月17日 21:00〜23:00 沼倉愛美 [157]
14 2017年11月21日 21:00〜23:00 柿原徹也 [158]
15 2017年12月16日 15:00〜18:00 潘めぐみ アークスX'masパーティー2017スペシャル[159]
2018年
16 2018年1月16日 21:00〜23:00 飛田展男 [160]
17 2018年2月20日 21:00〜23:00 阿澄佳奈 [161]
18 2018年3月20日 21:00〜23:00 金田朋子 [162]
19 2018年4月15日 14:30〜16:30 悠木碧 セガフェス2018ステージ内[163]
20 2018年5月22日 21:〜23:00 下野紘 [164]

PSO2 アークスライブ![編集]

ニコニコ生放送を利用した、PSO2の公式情報番組。ホストは会一太郎[144]。第17回まではシリーズディレクター木村裕也も出演していた。第18回以降はEP5ディレクター濱崎大輝が出演している。「PSO2 アークスライブ!」はトーク編、「PSO2 アークスライブ! ワンモア!」は実機プレイ編となっている。「PSO2 アークスライブ! ワンモア!」はYoutube LiveFRESH!Periscope(第16回 - )でも視聴可能。

放送回 放送日時 放送時間 ゲスト 備考
2016年
1 2016年10月8日 20:00〜21:30 市来光弘 [165]
22:00〜23:30 [166]
2 2016年11月5日 20:00〜21:30 齊藤夢愛 [167]
22:00〜23:30 [168]
3 2016年12月10日 20:00〜21:30 エリック・ニコラス [169]
22:00〜23:30 [170]
2017年
4 2017年1月7日 20:00〜21:30 長谷川唯汐月しゅう [171]
22:00〜23:30 [172]
5 2017年2月4日 20:00〜21:30 秦佐和子 [173]
22:00〜23:30 [174]
6 2017年3月4日 20:00〜21:30 市来光弘 [175]
22:00〜23:30 [176]
7 2017年4月1日 20:00〜21:30 電撃PlayStation編集部
レトロ吉田
[177]
22:00〜23:30 [178]
8 2017年5月6日 20:00〜21:30 モアイ岩下 [179]
22:00〜23:30 [180]
9 2017年7月8日 20:00〜21:30 秦佐和子 [181]
22:00〜23:30 [182]
10 2017年8月5日 20:00〜21:30 郡正夫 [183]
22:00〜23:30 [184]
11 2017年9月2日 20:00〜21:30 エリック・ニコラス [185]
22:00〜23:30 [186]
12 2017年10月7日 20:00〜21:30 高木友梨香 [187]
22:00〜23:30 [188]
13 2017年11月4日 20:00〜21:30 齊藤夢愛 [189]
22:00〜23:30 [190]
14 2017年12月2日 20:00〜21:30 小原莉子 [191]
22:00〜23:30 [192]
2018年
15 2018年1月13日 20:00〜21:30 那須晃行 [193]
22:00〜23:30 [194]
16 2018年2月3日 20:00〜21:30 中西茂樹 [195]
22:00〜23:30 [196]
17 2018年3月3日 20:00〜21:30 汐月しゅう [197]
22:00〜23:30 [198]
18 2018年4月7日 20:00〜21:30 郡正夫 [199]
22:00〜23:30 [200]
19 2018年5月12日 20:00〜21:30 週刊ファミ通編集部
ゆーみん17
[201]
22:00〜23:30 [202]

PSO2放送局[編集]

ニコニコ生放送を利用した、PSO2の公式情報番組。パーソナリティーは桃井はるこ会一太郎。また固定ゲストとして榎本温子とPSO2プロデューサー酒井智史が出演するほか、ゲストにPSO2開発陣が出演することもある。なおPS Vita版リリースと前後する時期から、シリーズディレクター木村裕也とPS Vita版ディレクター菅沼裕も、ほぼ毎回出演している。第40回にて菅沼裕が放送局レギュラーを卒業することが発表された[203]。また、ファンタシースタープロジェクトからも外れることが明かされた[203]。第45回にて桃井はるこ、会一太郎、榎本温子が卒業した[204]。PSO2放送局は第45回が最終回であることが発表されたが[204]、放送自体が終了するのではなくリニューアルする[204]

放送回 放送日時 放送時間 備考
2012年
1 2012年9月18日 22:00〜23:45 [205]
2 2012年10月9日 21:00〜23:07 [206]
3 2012年11月6日 21:00〜23:07 [207]
4 2012年12月4日 21:00〜23:12 [208]
2013年
5 2013年2月2日 18:00〜3日18:04 24じかん、まるごとセガゲーム「ぷよじかんテレビ」内 [209]
6 2013年3月5日 21:00〜22:59 [210]
7 2013年4月9日 21:00〜23:30 [211]
8 2013年5月14日 21:00〜23:25 [212]
9 2013年6月9日 13:00〜17:43 〜感謝祭スペシャル〜 ファンタシースター感謝祭2013東京会場より公開生放送[213]
10 2013年7月9日 21:00〜23:22 [214]
11 2013年7月21日 12:00〜14:45 『SEGA STUDIO in TGS 2013』内、ファンタシースター感謝祭2013アークスグランプリ[215]
12 2013年8月3日 11:30〜18:15 公開生放送SP2 アークスグランプリ決勝大会[216]
13 2013年10月15日 21:00〜23:06 [217]
14 2013年11月12日 21:00〜23:37 [218]
15 2013年12月14日 21:00〜17:32 [219]
2014年
16 2014年2月4日 21:00〜23:17 [220]
17 2014年3月4日 21:00〜23:20 [221]
18 2014年4月1日 21:00〜23:47 [222]
19 2014年4月27日 15:00〜16:59 〜超会議スペシャル〜@ニコニコ超会議3[223]
20 2014年5月27日 20:00〜23:01 -放送20回記念スペシャル-[224]
21 2014年6月15日 13:00〜18:15 –感謝祭2014スペシャルin東京-[225]
22 2014年7月26日 13:00〜18:10 –感謝祭2014スペシャルin札幌-[226]
23 2014年8月16日 12:00〜19:11 –感謝祭2014スペシャルinアークスGP決勝-[227]
24 2014年9月21日 12:00〜17:03 『SEGA STUDIO in TGS 2014』内、公開生放送[228]
25 2014年10月21日 21:00〜23:17 [229]
26 2014年11月18日 20:00〜23:20 [230]
27 2014年12月15日 14:00〜18:20 アークスX‘masパーティー2014スペシャル-[231]
2015年
28 2015年2月1日 15:15〜 『ニコニコ闘会議2015』内
29 2015年3月1日 14:00〜17:15 アークスキャラバン広島スペシャル[232]
30 2015年4月5日 14:00〜17:11 アークスキャラバン仙台スペシャル[233]
31 2015年5月5日 12:00〜15:09 アークスキャラバン四国スペシャル[234]
32 2015年6月14日 14:00〜17:14 アークスキャラバン新潟スペシャル[235]
33 2015年7月12日 14:00〜17:29 アークスキャラバン沖縄スペシャル[236]
34 2015年8月16日 13:00〜18:22 アークスフェスティバル2015スペシャル[237]
35 2015年9月20日 12:40〜13:50 東京ゲームショウ スペシャル[238]
36 2015年10月31日 14:00〜29:16 『PSO』15周年記念 15時間生放送スペシャル!【メインチャンネル】[239]
『PSO』15周年記念 15時間生放送スペシャル!【サブチャンネル】[240]
37 2015年12月23日 13:00〜19:06 ファンタシースター感謝祭2016 東京スペシャル[241]
2016年
38 2016年1月17日 13:00〜18:00 ファンタシースター感謝祭2016 福岡スペシャル[242]
39 2016年2月20日 13:00〜18:30 ファンタシースター感謝祭2016 大阪スペシャル[243]
40 2016年3月21日 12:00〜19:55 ファンタシースター感謝祭2016 決勝大会スペシャル[203]
41 2016年4月16日 20:00〜23:07 [244]
42 2016年5月22日 20:00〜23:04 [245]
43 2016年6月19日 20:00〜23:13 [246]
44 2016年7月17日 20:00〜23:19 「ヨーコソ・アークス」大公開スペシャル [247]
45 2016年8月13日 13:00〜19:08 アークスフェス2016サヨナラPSO2放送局SP[204]

PSO2アークス候補生[編集]

ニコニコ生放送を利用した、PSO2公式のプレイレポート番組。アニメやゲームに関わりの深い若手女性芸能人がPSO2をプレイする様子を、定期的に生放送するというもの。パーソナリティーは複数名おり、各人が個別にプレイし、毎週所定の曜日の決まった時間に生放送が行なわれた。公式番組ではあるが、パーソナリティたちは一般プレイヤーと同等の立場でプレイするという方針で放送された。

放送期間は2014年4月から2015年4月の約1年間で、パーソナリティは高野麻里佳(月曜)、小原莉子(木曜)、高木友梨香(金曜)の3名。

各パーソナリティーの放送は50回行われ、ニコニコ生放送『PSO2アークス候補生! 〜卒業Special〜』をもって企画終了となった[248]。なお、『アークス候補生!』のパーソナリティー3名は「DFG(ダークファルスガールズ)」と改められ、企画終了後も『放送局』やイベント等のPSO2公式企画に出演している。

PSO2アークス広報隊![編集]

ニコニコ生放送を利用した、PSO2公式のプレイレポート番組。上述の『アークス候補生!』企画終了に伴い始まったもので、『アークス候補生!』と同様に、運営からの公認を受けたパーソナリティーがPSO2をプレイする様子を、定期的に生放送するもの。パーソナリティーは複数名おり、各人が個別にプレイし、毎週所定の曜日の決まった時間に生放送が行なわれる。

放送期間は2015年6月から2016年6月の約1年間で、パーソナリティは「タレント」齊藤夢愛(月曜)、「お笑い芸人」なすなかにし(火曜)、「グラビアアイドル」清水あいり(木曜)、「声優」長谷川唯(金曜)の4組5名。本来は「一般応募枠」が一枠用意されていたが、上述の理由から一般応募枠は中止となった。

各パーソナリティーの放送は53回行われ、ニコニコ生放送『PSO2アークス広報隊 –アークス広報隊卒業!Special-』をもって企画終了となった[249]。なお、『アークス広報隊!』のパーソナリティー4組は「アークス広報隊!-NT」と改められ、企画終了後も『放送局』やイベント等のPSO2公式企画に出演している。

オフラインイベント[編集]

オフラインイベントとして「ファンタシースター感謝祭」および「アークスフェスティバル」が開催されている。

開発スタッフ[編集]

  • 酒井智史(シリーズプロデューサー)
  • 木村裕也(EPISODE1ディレクター → シリーズディレクター)
  • 菅沼裕(PS Vita版開発ディレクター → EPISODE3開発ディレクター)
  • 中村圭介(EPISODE2開発ディレクター → EPISODE4チーフディレクター、PS4版ディレクター)
  • 濱崎大輝(EPISODE3メインプランナー → EPISODE4ディレクター → EPISODE5ディレクター)
  • 水野暁一(アートディレクター)
  • 小林秀聡(サウンドディレクター)
  • 宇野涼平(シナリオパートリーダー)

舞台[編集]

ファンタシースターオンライン2 -ON STAGE-
PHANTASY STAR ONLINE 2 ON STAGE
イベントの種類 舞台演劇
開催時期 2014年12月4日 - 12月7日
(全6公演)
会場 青山劇場
主催 セガ
ディー・バイ・エル・クリエイション
企画制作 レイネット
運営 DL-EDGE
プロデューサー 中山雅弘
公式サイト

2014年12月に『ファンシースターオンライン2 - ON STAGE -』のタイトルで青山劇場にて上演。主演は蒼井翔太新田恵海[250]

プロデューサーの酒井智史によれば『ゲーム内NPC達を舞台で再現するのではなく、現実世界とPSO2世界を行き来する物語』で現実世界とPSO2世界の衣裳を着た役者で別れており、衣裳もアクション性を考慮しつつもPSO2らしさを兼ねた上、人気衣裳を再現している。 [251]ヒューマンやデューマンなどゲームと同じ種族が登場するが、キャストについては映像での参加になる可能性がある。[252]また、PSO2開発チームがスーパーバイザーとして参加。脚本の監修、宣伝写真を基に作られたPSO2キャラクターとエネミーの映像、本家PSO2のBGM提供等、深く関わっている。出演俳優には舞台経験が多数ある声優や舞台俳優だけでなく、PSO2放送局の出演者である榎本温子会一太郎の2人が本人役として出演する。 公演チケット購入特典として主演二人のボイスチケットや2人が着用する「星濱(ほしはま)学園」の制服・パンフレット購入特典として物語のキーアイテム「*スタークエイサー」の武器迷彩と井上和彦井上喜久子の2人のボイスチケットが劇場入場時にアイテムコードカード配布することが決定している。 舞台初日の12/4と12/6の各公演一枠ずつ、ニコニコ生放送での配信が行われる(初日のみ30分無料配信。その先は有料の視聴チケットが必要)

あらすじ(舞台)[編集]

「PSO2」がゲームサービスを開始してから10周年を迎えた2022年。オンラインゲームの進化はとどまることを知らず、「バーチャルドライブ」と呼ばれるデバイスを通してよりリアルにゲームを体感できるようになっていた。

そんなある日。とある街―『星濱(ほしはま)』に暮らす平凡な男子高校生「タクヤ」がいつものように仲間たちとPSO2を楽しんでいると、突然「ミラ」というNPCが現れタクヤ達に「すぐに立ち去れ」警告を促すのと共に現実世界で起きたトラブルにより、ゲーム内で思いもがけない緊急事態が発生。次第に事態はゲームから大きく逸脱するばかりか、封印されていたはずの闇が再び胎動し始めPSO2と現実世界、2つの世界で混乱が起きてしまう。

登場人物(舞台)[編集]

現実世界[編集]

タクヤ
演 - 蒼井翔太
舞台版『PSO2』の主人公でゲームにおけるプレイヤーに該当。性格はよくも悪くも今時の男子高校生であり、差別や偏見などで他人を見たりせず対等に接する。一方で「努力する」ことを格好悪いと考えており必要以上に頑張ることには抵抗を示している。アイドルのYUMIには猛烈にほれ込んでおり、ユミの正体を知ってからはすっかり好意を見せていたが、周りの人間と協調性を見せず真剣になろうとしないため軽蔑されてしまう。
星濱に暮らす平凡な高校二年生で『PSO2』では上級プレイヤー。劇中ではオンラインとオフラインの役者は分かれているが、タクヤは蒼井翔太が一貫して演じる。教師である田中から日ごろの感謝として貰ったバーチャルドライブで『PSO2』にログインするも、ゲーム内での異変に巻き込まれ強制ログアウトさせられてしまう。その際に自宅へ戻るが、一緒にNPCミラまでこちら側へ来てしまっていた。否応なしに彼女とかかわることとなり、ダークファルスとの戦いに巻き込まれてしまう。それを皮切りにオンラインの仲間たちとオフ会を行うこととなり、彼らとの出会いを通じて人間として大きく成長していく。
終盤ではミラに諭されたことでダークファルス打倒のために必要な武器「スタークエーサー」をゲーム内で探し回り、疲労の余り倒れてしまった。だが誰よりも努力する姿を仲間たちに認められ、終盤ではスタークエーサーを手に主人公として活躍する。またユミに対しても「熱烈なファン」ではなく「友人」として接する用になり前述のような好意を見せる態度は見せなくなった。
ユミ
演 - 新田恵海
タクヤと同じ高校に通う『PSO2』が大好きな三年生。実はタクヤがおっかけをしているアイドルのYUMI。忙しい時間の合間を縫いながらゲームを楽しんでいる。
ユミのプロデューサーをしている男性はファンタシースターシリーズプロデューサー酒井智史が音声のみで出演している。
一ノ瀬
演 - 井上和彦
タクヤやユミ達が暮らす星濱の知事でゲーム否定論者。公式グッズのブロマイドではカエデとツーショットで撮影されている。外では知事として威厳を見せるが、かなりの愛妻家であり恐妻家。妻に甘く基本的に逆らえない。
自身が発案した「オンラインゲームへの接続制限」政策を行った結果、『PSO2』内で大量のプレイヤー強制ログアウトやゲーム内の異変を引き起こしてしまう。また妻カエデが意識不明の状態になったことでよりゲームへの偏見が増し、「ゲームで頭がおかしくなった奴に妻が教われた」と思い込んでしまった。終盤ではタクヤたちの協力を受け入れ、ダークファルス打倒をゲーム外から援護した。エンディングではゲームに対する偏見もかなり薄れ、(劇中の)『PSO2放送局』にゲストとして登場しゲームの面白さにすっかりハマっていた。
田中
演 - 高橋広樹
星濱学園の高校教師。気弱な性格で威厳がなく、登校するだけで生徒たちから陰口をたたかれたり自転車のサドルを盗まれたりしている。そのため腹痛を起こして登校拒否してしまうこともあった。
他の生徒と違い、教師としてだけでなく同じゲームが好きな仲間として接してくれるタクヤに感謝しており、バーチャルドライブをプレゼントをした。
しかし、その心の弱さをダークファルスに突かれ憑依されてしまい、ゲーム内だけではなくやがて現実世界においても人格を奪われてしまった。最後は自力でダークファルスの支配を振り切り、ゲーム内の世界にて実体を持ち取り押さえることに成功。自分ごとダークファルスを倒すようにタクヤに告げ、唯一対等に接してくれる彼に感謝の言葉を述べた。エンディングでは奇跡的に助かったことが語られており、手術は成功して意識も取り戻したという。
アキラ
演 - 小西克幸
『PSO2』プレイヤー。コミュニケーション能力が高い中年男性。職業は漁師。豪放磊落を絵に描いたような人物だが面倒見がいい。タクヤたちの頼れる兄貴分といった感じで、メンバーを引っ張っていく。カエデとは絡みが多め。エンディングの後日談では二人で一緒に歩くなど仲の良さが伸展している様子。
レイコ
演 - 井上喜久子
星濱にすむ主婦でタクヤの母親。ゲームばかりしている息子に悩んでおり「次のテストで成績が落ちたらパソコン取り上げるよ!」と脅しをかけるが、軽くあしらわれてしまう。
タクヤと二人の母子家庭のため、夜勤をしている。実は三代目ダークファルスを密かに倒した「伝説のアークス」であり、タクヤたちの前に「R(アール)」と名乗って現われ援護した。
カエデ
演 - 白華れみ
知事・一之瀬の妻。専業主婦で最近PSO2を始めたばかり。夫がゲーム嫌いのため密かに隠れてプレイしている。いわゆるセレブだが実は誰よりも男勝り。公式グッズのブロマイドでは一ノ瀬とツーショットで撮影されている。
ニコ生PSO2放送局メンバー 榎本温子
演 - 榎本温子
本人役。PSO2放送局局長代理(固定ゲスト)
宣伝用写真で左腕には「バーチャルドライブ」を装着している。これは劇中で『PSO2』をよりリアルに体感するために作られたデバイスであり、精神的にゲームにログイン可能。
チャットも現実世界での会話と同じようにできる(一方でバーチャルドライブを使わない従来通りの方法も存在している)。
ニコ生PSO2放送局メンバー 会一太郎
演 - 会一太郎
本人役。PSO2放送局副局長。
公演中(PSO2放送局パート)はリアルタイムモーションキャプチャを使って『PSO2』のPVで登場するヒューマー「アッシュ」を動かしたり、おなじみの謎かけをリハーサルや公演ごとに内容を変えて披露した。舞台後のニコ生PSO2放送局で「かなり鍛えられた」と発言している

『PSO2』(オラクル)世界のNPCおよびプレイヤーキャラクターたち[編集]

ミラ
演 - 久住小春
『PSO2』のNPCでデューマンの女性。ゲーム内で出会ったタクヤ達にある警告を促すが聞き入れてもらえず、タクヤが持っていた武器を奪い攻撃をするが、突如起きたゲーム内の異変に巻き込まれ強制ログアウトさせられたタクヤと共に現実世界へ出てきてしまう。
現実世界に出た後は星濱学園にタクヤの同級生として転入し、事件の解決に協力する。当初はタクヤと険悪だったもののミラのまっすぐな生き方はタクヤに大きく影響を与え成長させるに至った。
終盤では現実世界で操られた田中(ダークファルス)の不意打ちからタクヤを庇い、命を落としてしまう。ミラの遺志を継いだタクヤによってダークファルスは滅ぼされ、エピローグでは再びゲーム世界のNPCとしてタクヤとユミの前に現れる。復活はしたもののこれまでの記憶を失っていると見られていたが、実際はタクヤたちのことは覚えており、3人が再会を果たすところで幕が引かれることになる。
なお、この「ゲーム内から現実世界にNPCが現れる」という設定はEP4やアニメ版にも用いられている。
ユータ
演 - 宮垣祐也
リーダータイプの男性テクター。
何かと熱くなりがちなKAZUをなだめたり、ネットマナーを大事にしている。現実世界ではユミ。
当初はこちらがスタークエイサーを使用していたが使いこなせなかったためすぐにタクヤの手に渡った。
ありす☆ミ
演 - 小宮有紗
策略家タイプのニューマン女性レンジャー。
礼儀正しい淑女を絵に描いたようなキャラクターだが、現実世界では漁師を営んでいるアキラ。タクヤには「漁師」を「美容師」と思われていた。
†KAZU†
演 - オラキオ
勇猛果敢な男性ファイター。
タクヤ達の仲間内ではツッコミ担当で血の気が多いキャラクター。現実世界では専業主婦のカエデ。
R役の菊地美香と共にPSO2放送局に出演した際に本名「たかし」であることを明かしたせいか、ニコ生の舞台中継を見ている視聴者がKAZUの登場シーンの度に弾幕を張って盛り上げたり
舞台終了後のあいさつでも名前ネタについて共演者からもイジられ、さらには観客から「たかしコール」が発生した。
R(アール)
演 - 菊地美香
伝説の女性アークス。
劇中でユータが解説した【巨躯】のうち、イベントで誰も倒せなかった3代目を倒した。
エピローグでは、その正体はタクヤの母であることが示唆されている。
KaNaTa
演 - 林明寛
一線級の男性アークス 圧倒的プレイヤースキルと統率力でトップチームを率いるチームリーダー。現実世界ではうだつの上がらない教師・田中。
誰からも頼られ、尊敬されるリーダー。しかしすでに後述の【巨躯】によって憑依されており、終盤では変わり果てた姿でタクヤたちと対峙することとなる。
【巨躯】(エルダー)
実際のゲームと同じく、アークスに立ちはだかるダークファルスの一体。劇中では10年前に登場した(2014年現在のゲーム内)2代目、イベントで猛威をふるった3代目は密かに倒され、今回の事件の黒幕として4代目が登場。元のゲーム同様、ゲーム内キャラクターに憑依し暗躍していた。

主題歌(舞台)[編集]

主題歌「Phantasista
作詞・作曲 - 桃井はるこ / 編曲 - manzo / 歌 - TAKUYA(蒼井翔太)、YUMI(新田恵海
挿入歌「Dreamcasting
作詞・作曲 - 桃井はるこ / 編曲 - Hraddy / 歌 - YUMI(新田恵海)

スタッフ(舞台)[編集]

出典[253]

  • 主催 - 株式会社セガ、株式会社ディー・バイ・エル・クリエイション
  • 原作 - 『ファンタシースターオンライン2』(セガ)
  • スーパーバイザー - 酒井智史(『PSO2』シリーズプロデューサー)、木村裕也(『PSO2』シリーズディレクター)、『PSO2』開発チーム
  • プロデューサー - 中山雅弘
  • 脚本・演出 - 斎藤栄作
  • 美術 - 乘峯雅寛
  • 音響 - 山本浩一
  • 照明 - 吉川ひろ子
  • アクション指導 - 永瀬尚希
  • 振付 - 奥山桃子
  • 衣装 - 木鋪ミヤコ
  • ヘアメイク - 小野恵理子
  • 演出助手 - 山口美絵
  • 舞台監督 - 中村貴彦
  • 衣装協力 - 株式会社リアラ、株式会社アーティファクト
  • 制作 - 有限会社レイネット
  • Powered by DL-EDGE

テレビアニメ[編集]

2016年1月より3月まで『ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション』(PHANTASY STAR ONLINE 2 THE ANIMATION)のタイトルでTBSMBSCBCBS-TBSにて放送された[254]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 基本データの読み込みに使用するvitaのパッケージ版と違い、PC版はインストール後はディスク不要。

出典[編集]

  1. ^ 『ファンタシースターオンライン2』とは…”. SEGA. 2015年9月6日閲覧。
  2. ^ 電撃 - PS4版『PSO2』は4月20日にサービス開始! CBTスケジュールに加えて釣りや採取できるギャザリングも判明
  3. ^ a b c d e Nintendo Switch向け『PSO2 クラウド』特設サイト”. セガPSO2公式 (2018年3月9日). 2018年3月12日閲覧。
  4. ^ 『ファンタシースターオンライン2』とは…”. SEGA. 2015年9月6日閲覧。
  5. ^ 境界を超えるRPG | 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト
  6. ^ 『ファンタシースターオンライン2』ロードマップ(PSO2公式サイト)
  7. ^ 『PSO2』EP4は2016年に実施! PS4版の展開やファンタシースター感謝祭のスケジュールも明らかに電撃オンライン
  8. ^ a b c 7/17 アップデートの詳細について(7/19 17:45更新)”. セガPSO2公式 (2013年7月17日). 2015年9月7日閲覧。
  9. ^ 『PSO2』キャラクタークリエイト体験版(動作測定機能付き)について - ファンタシースターシリーズ公式ブログ2012年3月29日
  10. ^ a b c キャラクターを作成する”. セガPSO2公式. 2015年9月8日閲覧。
  11. ^ 1/27 アップデートの詳細について”. セガPSO2公式 (2016年1月27日). 2016年2月19日閲覧。
  12. ^ 詳細編集”. セガPSO2公式. 2015年9月8日閲覧。
  13. ^ a b c d e f 種族”. セガPSO2公式. 2015年9月8日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m クラス”. セガPSO2公式. 2016年2月4日閲覧。
  15. ^ a b c クラスレベルと変更”. セガPSO2公式. 2015年9月7日閲覧。
  16. ^ 新クラス登場 大型アップデート第1弾・前編『新たなる力』”. セガPSO2公式 (2012年9月12日). 2015年9月8日閲覧。
  17. ^ プレイヤーキャラクターに関する追加・改善要素 大型アップデート2014「Mission:Episode3」”. セガPSO2公式 (2014年8月27日). 2015年9月8日閲覧。
  18. ^ a b 新クラス「ヒーロー」 大型アップデート2017「Heroes:EPISODE5」”. セガPSO2公式 (2017年7月26日). 2017年7月29日閲覧。
  19. ^ サブクラス”. セガPSO2公式. 2015年9月8日閲覧。
  20. ^ a b ベンチマーク?鯖?湿布?”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  21. ^ アークスロビー”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  22. ^ シップ移動”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  23. ^ a b ブロック”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  24. ^ テレポーター”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  25. ^ a b c d チャレンジクエスト”. セガPSO2公式. 2017年3月8日閲覧。
  26. ^ a b c d e チャレンジブロック/バトルブロック/共通シップ”. セガPSO2公式. 2017年3月8日閲覧。
  27. ^ バトルアリーナ”. セガPSO2公式. 2017年3月8日閲覧。
  28. ^ a b ACを利用する”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  29. ^ a b SGを利用する”. セガPSO2公式. 2016年4月21日閲覧。
  30. ^ 無限の冒険”. SEGA. 2015年9月6日閲覧。
  31. ^ 3/11 アップデートの詳細について”. セガPSO2公式 (2015年3月11日). 2015年9月10日閲覧。
  32. ^ ファンタシスターオンライン2 EPISODE 3 設定資料集
  33. ^ ファンタシスターオンライン2 EPISODE 3 設定資料集
  34. ^ ファンタシスターオンライン2 EPISODE 3 設定資料集
  35. ^ ファンタシスターオンライン2 EPISODE 3 設定資料集
  36. ^ a b c d e エネミー/ボスエネミー/レアボスエネミー”. セガPSO2公式. 2015年9月17日閲覧。
  37. ^ a b c d [CEDEC 2012]PSO2の「途切れないBGM」はこうやってできている。セガが語る「BGMのプロシージャル生成」”. 4gamer.net (2012年8月21日). 2015年9月8日閲覧。
  38. ^ ファンタシースターシリーズ公式ブログ 2014年7月24日より
  39. ^ a b ランチャーのヴァージョン表記。
  40. ^ よくあるご質問(その他) - よくあるご質問 | 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト
  41. ^ プレイヤーズサイト公開のお知らせ - お知らせ | 『ファンタシースターオンライン2』PlayStation®Vita版プレイヤーズサイト。
  42. ^ 16GBメモリーカードをご利用の方へ - お知らせ | 『ファンタシースターオンライン2』PlayStation®Vita版プレイヤーズサイト。
  43. ^ “PS Vita”版 Ver. 5.00 のアップデートパッチ適用時の注意点 - お知らせ | 『ファンタシースターオンライン2』PlayStation®Vita版プレイヤーズサイト。
  44. ^ キャラクターポートレート - オンラインマニュアル | 『ファンタシースターオンライン2』PlayStation®Vita版プレイヤーズサイト。
  45. ^ タッチ可能な場所 - オンラインマニュアル | 『ファンタシースターオンライン2』PlayStation®Vita版プレイヤーズサイト。
  46. ^ よくあるご質問(その他) - よくあるご質問 | PlayStation Vita版『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト
  47. ^ a b c “[http;//www.pso2.jp/players/news/21353/ 3/11 4/4 『PSO2 クラウド』正式サービスに向けてのご案内]”. セガPSO2公式 (2018年3月29日). 2018年4月1日閲覧。
  48. ^ ゲームガイド | 『ファンタシースターオンライン2 es』プレイヤーズサイト
  49. ^ ゲームガイド | 『ファンタシースターオンライン2 es』プレイヤーズサイト
  50. ^ ゲームガイド | 『ファンタシースターオンライン2 es』プレイヤーズサイト
  51. ^ <ご来場いただいた皆様へ:お詫び>
  52. ^ 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2013年9月4日). “PC版『PSO2』にてHDD内のデータが削除される不具合について”. 2013年9月6日閲覧。
  53. ^ a b c 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2013年9月4日). “プロデューサー酒井より皆様へのお詫びとご説明”. 2013年9月6日閲覧。
  54. ^ a b 「PSO2」の“9月4日アップデート問題”について,シリーズプロデューサーの酒井智史氏にインタビューを実施。発生の経緯とこれまでの対応,開発運営体制の変更を含めた今後の再発防止策を聞いてきた”. 4Gamer.net (2013年12月6日). 2013年12月7日閲覧。
  55. ^ 「PSO2」アップデートで無関係のHDDデータ消える不具合? ユーザー阿鼻叫喚、Twitterは大騒ぎに”. ねとらぼ (2013年9月4日). 2013年9月6日閲覧。
  56. ^ 『PSO2』のアップデートでハードディスクのデータが消滅!? 『2ちゃんねる』や『Twitter』阿鼻叫喚”. ガジェット通信 (2013年9月4日). 2013年9月6日閲覧。
  57. ^ 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2013年9月5日). “PC版『PSO2』アップデートにてHDD内のデータが一部削除される可能性のある不具合について]”. 2013年9月6日閲覧。
  58. ^ a b 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2014年6月20日). “第三者からの攻撃によるサービス一時停止について(6/20 13:00更新)”. 2015年9月17日閲覧。
  59. ^ PhantasyStarOnline2 (2014年6月19日). “PSO2公式アカウント「ぷそなび」twitter”. 2015年9月20日閲覧。
  60. ^ 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2014年6月24日). “第三者からの攻撃によるサービス一時停止についての続報(4)(6/24 18:25更新)”. 2015年9月17日閲覧。
  61. ^ 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2014年6月25日). “第三者からの攻撃によるサービス一時停止についての続報(5)”. 2015年9月17日閲覧。
  62. ^ a b 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2014年6月27日). “サービスの再開時期に関するお知らせの続報”. 2015年9月17日閲覧。
  63. ^ 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2014年6月30日). “『PSO2』サービス再開のお知らせ(4)”. 2015年9月17日閲覧。
  64. ^ 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2014年7月11日). “『PSO2es』サービス再開時期のお知らせ”. 2015年9月17日閲覧。
  65. ^ 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2014年7月31日). “『PSO2』サービス再開のお知らせ(5)(7/31 18:00更新)”. 2015年9月17日閲覧。
  66. ^ 5/24 「PSO2アークス広報隊!SP」放送のお知らせ”. セガPSO2公式 (2015年5月22日). 2015年9月17日閲覧。
  67. ^ アークス広報隊オーディションの選考について”. ファンタシースターシリーズ公式ブログ (2015年5月26日). 2015年9月17日閲覧。
  68. ^ a b 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト (2015年5月27日). “『PSO2アークス広報隊!』一般応募枠の中止について(5/27 14:25更新)”. 2018年2月27日閲覧。
  69. ^ 11/23 「シンパシー2015」ご来場者の皆さまへセキュリティ強化のお知らせ(2015年11月20日、ファンタシースターオンライン2公式)
  70. ^ ネット掲示板にイベントの爆破予告で捜査(2015年11月24日、NHKニュース
  71. ^ イベントでの爆破予告書き込みで書類送検(2015年12月9日、NHKニュース)
  72. ^ 「ファンタシースターオンライン2」、敵キャラ「戦艦大和」菊花紋章のデザイン変更(2016年3月3日、ITmedia
  73. ^ 「幻創戦艦・大和」についてのご説明(2016年3月3日、ファンタシースターオンライン2公式)
  74. ^ http://pso2.jp/players/news/?id=6822
  75. ^ 『Google認証システム』導入のお知らせ(ファンタシースターオンライン2公式)
  76. ^ 『PSO2』における「SecureOTP」サービス終了のお知らせ(ファンタシースターオンライン2公式)
  77. ^ 『ファンタシースターオンライン2』シリーズプロデューサー・酒井智史氏が語る、「いままで」でと「これから」(2017年9月15日配信、2017年9月19日再配信、ゲーム★マニアックス)
  78. ^ 明日から東京ゲームショウ2017開幕!! (2017年9月20日、ファンタシースター公式ブログ)
  79. ^ Phantasy Star Online 2 is Coming West
  80. ^ Phantasy Star Online 2
  81. ^ 上記公式ブログのコメント#240参照
  82. ^ PC版「PSO2」が台湾,香港,マカオなどで2014年サービス開始に”. 4gamer.net (2013年7月5日). 2015年9月10日閲覧。
  83. ^ 夢幻之星ONLINE2”. 2015年9月10日閲覧。
  84. ^ 2014/04/23 《4/25 OB遊戲開放更新公告》”. 2015年9月17日閲覧。
  85. ^ PHANTASY STAR ONLINE 2”. 2015年9月17日閲覧。
  86. ^ Early Access for Phantasy Star Online 2 starts now”. 2015年9月17日閲覧。
  87. ^ 2017/01/17 《夢幻之星ONLINE2》2017/04/25結束營運公告”. 2017年1月17日閲覧。
  88. ^ 受賞作品 フューチャー部門”. 経済産業省 (2011年). 2015年9月10日閲覧。
  89. ^ 「ファミ通」、「ファミ通アワード2012」を発表…『パズドラ』が5つの賞を受賞 山本大介氏がMVPに”. Social Game Info (2013年4月18日). 2015年9月10日閲覧。
  90. ^ 年間作品部門|受賞作品|日本ゲーム大賞2013”. CESA (2013年9月19日). 2017年3月11日閲覧。
  91. ^ WebMoney Award 2012”. ウェブマネー (2012年). 2015年9月10日閲覧。
  92. ^ WebMoney Award 2013”. ウェブマネー (2013年). 2015年9月10日閲覧。
  93. ^ WebMoney Award 2014”. ウェブマネー (2014年). 2016年2月18日閲覧。
  94. ^ WebMoney Award 2015”. ウェブマネー (2015年). 2016年2月18日閲覧。
  95. ^ WebMoney Award 2016”. ウェブマネー (2016年). 2017年1月25日閲覧。
  96. ^ WebMoney Award 2017”. ウェブマネー (2017年). 2018年1月3日閲覧。
  97. ^ PlayStation Award 2013”. PlayStation (2013年). 2016年12月13日閲覧。
  98. ^ PlayStation Award 2015”. PlayStation (2015年). 2016年12月13日閲覧。
  99. ^ PlayStation Award 2016”. PlayStation (2016年). 2016年12月13日閲覧。
  100. ^ PlayStation Award 2017”. PlayStation (2017年). 2017年12月19日閲覧。
  101. ^ a b ”PS Vita”版ならではの要素を紹介!”. セガPSO2公式PS vita (2013年2月28日). 2015年9月10日閲覧。
  102. ^ 荘厳なる守護者”. セガPSO2公式 (2013年4月10日). 2015年9月10日閲覧。
  103. ^ a b 『BORDER BREAK UNION』vs『PSO2』”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  104. ^ ステージライブ&緊急クエスト発生予告第2弾”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  105. ^ 超越者たちの戦い”. セガPSO2公式 (2013年10月9日). 2015年9月10日閲覧。
  106. ^ 海底に煌めく光彩”. セガPSO2公式 (2013年11月13日). 2015年9月10日閲覧。
  107. ^ 「マキシマムアタックオンタイタン」登場!”. セガPSO2公式 (2014年3月5日). 2015年9月10日閲覧。
  108. ^ ファンタシースター感謝祭2014「来場者特典」”. セガPSO2公式. 2015年9月17日閲覧。
  109. ^ 2014/7/23 ~ 7/30のブースト&予告イベント情報!”. セガPSO2公式 (2014年7月23日). 2015年9月10日閲覧。
  110. ^ a b “7/30 アップデートの詳細について”. セガPSO2公式. (2014年7月30日). http://pso2.jp/players/news/?id=4094 
  111. ^ 『PSO2』2周年記念アップデート「ファンタシースター感謝祭2014ONLINE後編」”. PhantasystarCh(Youtube). 2015年9月17日閲覧。
  112. ^ TF-14 A@PSO2 “フェイ・イェン [モデル2014 ”]”. ハセガワ. 2015年9月10日閲覧。
  113. ^ a b 『シャイニング・フォース クロスエクレシア ゼニス』X『PSO2』”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  114. ^ ファンタシースター感謝祭2014「東京会場イベントレポート」”. セガPSO2公式. 2015年9月17日閲覧。
  115. ^ a b c 2014-2015年エピソード3ロードマップ(9/9 14:00更新)”. セガPSO2公式. 2015年9月17日閲覧。
  116. ^ 「コスモフリートヒーロー」登場!”. セガPSO2公式 (2014年11月19日). 2015年9月10日閲覧。
  117. ^ メダルスクラッチ「セガ・ハード・ガールズ・チップコラボ」登場!”. セガPSO2公式 (2015年2月25日). 2015年9月17日閲覧。
  118. ^ 幻界への挑戦”. セガPSO2公式 (2015年3月11日). 2015年9月10日閲覧。
  119. ^ 「バーチャロンフォース」とのコラボでバーチャロンロビーが登場!”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  120. ^ 闇に包まれし黒域”. セガPSO2公式 (2015年7月22日). 2015年9月10日閲覧。
  121. ^ ヴァーサス ギルティギアG”. セガPSO2公式 (2015年8月26日). 2015年9月10日閲覧。
  122. ^ a b 『ワールド エンド エクリプス』×『PSO2』コラボキャンペーン”. セガPSO2公式 (2016年3月25日). 2016年3月28日閲覧。
  123. ^ 『PSO2』4周年記念 『ワールド エンド エクリプス』 × 『PSO2』コラボキャンペーン 第1弾”. セガPSO2公式 (2016年6月17日). 2016年6月24日閲覧。
  124. ^ 『PSO2』4周年記念 『ワールド エンド エクリプス』 × 『PSO2』コラボキャンペーン 第2弾”. セガPSO2公式 (2016年7月14日). 2016年7月15日閲覧。
  125. ^ 『PSO2』4周年記念アップデート前編「龍乱の大祭」”. セガPSO2公式 (2016年6月17日). 2016年7月5日閲覧。
  126. ^ a b 『PSO2』4周年記念アップデート後編「境界を超えし漆黒の闘神」”. セガPSO2公式 (2016年6月24日). 2016年6月24日閲覧。
  127. ^ a b 夏の大型アップデート「銀翼と黄金の都」”. セガPSO2公式 (2016年8月1日). 2016年8月3日閲覧。
  128. ^ a b 秋の大型アップデート「壊世に在りし龍」”. セガPSO2公式 (2016年10月7日). 2016年11月7日閲覧。
  129. ^ 冬の大型アップデート「幻創の母なる月光」”. セガPSO2公式 (2016年12月9日). 2016年12月9日閲覧。
  130. ^ 『PSO2』×しまむら コラボキャンペーン第2弾”. セガPSO2公式 (2016年6月17日). 2017年3月5日閲覧。
  131. ^ バトルアリーナ実装アップデート「熱狂せし武闘の宴」”. セガPSO2公式 (2017年2月24日). 2017年2月24日閲覧。
  132. ^ 『予言者育成学園 Fortune Tellers Academy』×『PSO2』コラボ開催中!”. セガPSO2公式 (2017年3月6日). 2017年3月10日閲覧。
  133. ^ ドン・キホーテx『PSO2』 コラボキャンペーン”. セガPSO2公式 (2017年6月7日). 2017年5月31日閲覧。
  134. ^ 新ACスクラッチフレームアームズレプリカ|『PSO2』5周年記念アップデート「ファンタシースター感謝祭2017 ONLINE」”. セガPSO2公式 (2017年6月7日). 2017年5月27日閲覧。
  135. ^ 「進撃の巨人」コラボ第2弾”. セガPSO2公式 (2017年9月22日). 2017年9月27日閲覧。
  136. ^ 新ACスクラッチ「アルケミストレプリカ」”. セガPSO2公式 (2017年10月13日). 2017年10月15日閲覧。
  137. ^ 新ACスクラッチ「エモーショナルエレクトロボイス」”. セガPSO2公式 (2018年1月28日). 2018年2月24日閲覧。
  138. ^ 「スカルプD」×『PSO2』コラボ特設サイト”. セガPSO2公式 (2018年2月14日). 2018年2月24日閲覧。
  139. ^ 新ACスクラッチ「ブルーミングクラージュ」”. セガPSO2公式 (2018年2月21日). 2018年2月24日閲覧。
  140. ^ 「バーチャロン」コラボ第3弾実施”. セガPSO2公式 (2018年2月21日). 2018年2月24日閲覧。
  141. ^ 新ACスクラッチ「スタートオーバー・ゼロ」”. セガPSO2公式 (2018年4月11日). 2018年4月9日閲覧。
  142. ^ ドン・キホーテx『PSO2』 コラボキャンペーン第2弾”. セガPSO2公式 (2018年4月28日). 2018年5月8日閲覧。
  143. ^ a b PhantasystarCh”. セガPSO2公式. 2015年9月10日閲覧。
  144. ^ a b 『PSO2』の新ニコ生番組&MCが決定!” (2016年10月15日). 2016年10月15日閲覧。
  145. ^ PSO2 STATION!('16/10/29)”. ニコニコ生放送 (2016年10月29日). 2016年10月27日閲覧。
  146. ^ セガフェス 48時間連続生放送 メインチャンネル”. ニコニコ生放送 (2016年11月19日). 2016年11月19日閲覧。
  147. ^ 『PSO2 STATION! アークスX'masパーティー2016スペシャル!!』 ('16.12.17)”. ニコニコ生放送 (2016年12月17日). 2016年12月17日閲覧。
  148. ^ PSO2 STATION!('17/1/28)”. ニコニコ生放送 (2017年1月28日). 2017年1月16日閲覧。
  149. ^ PSO2 STATION!('17/2/18)”. ニコニコ生放送 (2017年2月18日). 2017年2月8日閲覧。
  150. ^ PSO2 STATION!('17/3/18)”. ニコニコ生放送 (2017年3月18日). 2017年3月12日閲覧。
  151. ^ PSO2 STATION!('17/4/15)”. ニコニコ生放送 (2017年4月15日). 2017年4月7日閲覧。
  152. ^ PSO2 STATION!('17/5/13)”. ニコニコ生放送 (2017年5月13日). 2017年4月28日閲覧。
  153. ^ PSO2 STATION!('17/6/10)感謝祭2017スペシャル東京会場”. ニコニコ生放送 (2017年6月10日). 2017年5月31日閲覧。
  154. ^ PSO2 STATION!('17/7/15)”. ニコニコ生放送 (2017年7月15日). 2017年7月9日閲覧。
  155. ^ PSO2 STATION!('17/8/12)”. ニコニコ生放送 (2017年8月12日). 2017年8月7日閲覧。
  156. ^ セガゲームス生放送!DAY4(9/24)【TGS2017】”. ニコニコ生放送 (2017年9月24日). 2017年9月15日閲覧。
  157. ^ PSO2 STATION!('17/10/17)”. ニコニコ生放送 (2017年10月17日). 2017年10月6日閲覧。
  158. ^ PSO2 STATION!('17/11/21)”. ニコニコ生放送 (2017年11月21日). 2017年11月13日閲覧。
  159. ^ PSO2 STATION!アークスX'masパーティー2017スペシャル!('17/12/16)”. ニコニコ生放送 (2017年12月16日). 2017年12月9日閲覧。
  160. ^ PSO2 STATION!('18/1/16)”. ニコニコ生放送 (2018年1月16日). 2018年1月3日閲覧。
  161. ^ PSO2 STATION!('18/2/20)”. ニコニコ生放送 (2018年2月20日). 2018年2月24日閲覧。
  162. ^ PSO2 STATION!('18/3/20)”. ニコニコ生放送 (2018年3月20日). 2018年3月12日閲覧。
  163. ^ セガフェス2018 公式生放送 DAY2(4/15)”. ニコニコ生放送 (2018年4月15日). 2018年5月8日閲覧。
  164. ^ PSO2 STATION!('18/5/22)”. ニコニコ生放送 (2018年5月22日). 2018年5月13日閲覧。
  165. ^ PSO2 アークスライブ!('16/10/8)”. ニコニコ生放送 (2016年10月8日). 2016年10月1日閲覧。
  166. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('16/10/8)”. ニコニコ生放送 (2016年10月8日). 2016年10月2日閲覧。
  167. ^ PSO2 アークスライブ!('16/11/5)”. ニコニコ生放送 (2016年11月5日). 2016年10月27日閲覧。
  168. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('16/11/5)”. ニコニコ生放送 (2016年11月5日). 2016年11月4日閲覧。
  169. ^ PSO2 アークスライブ!('16/12/10)”. ニコニコ生放送 (2016年12月10日). 2016年12月2日閲覧。
  170. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('16/12/10)”. ニコニコ生放送 (2016年12月10日). 2016年12月2日閲覧。
  171. ^ PSO2 アークスライブ!('17/1/7)”. ニコニコ生放送 (2017年1月7日). 2016年12月29日閲覧。
  172. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/1/7)”. ニコニコ生放送 (2017年1月7日). 2016年12月29日閲覧。
  173. ^ PSO2 アークスライブ!('17/2/4)”. ニコニコ生放送 (2017年2月4日). 2017年1月19日閲覧。
  174. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/2/4)”. ニコニコ生放送 (2017年2月4日). 2017年1月19日閲覧。
  175. ^ PSO2 アークスライブ!('17/3/4)”. ニコニコ生放送 (2017年3月4日). 2017年2月23日閲覧。
  176. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/3/4)”. ニコニコ生放送 (2017年3月4日). 2017年2月23日閲覧。
  177. ^ PSO2 アークスライブ!('17/4/1)”. ニコニコ生放送 (2017年4月1日). 2017年3月6日閲覧。
  178. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/4/1)”. ニコニコ生放送 (2017年4月1日). 2017年3月6日閲覧。
  179. ^ PSO2 アークスライブ!('17/5/6)”. ニコニコ生放送 (2017年5月6日). 2017年4月21日閲覧。
  180. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/5/6)”. ニコニコ生放送 (2017年5月6日). 2017年4月21日閲覧。
  181. ^ PSO2 アークスライブ!('17/7/8)”. ニコニコ生放送 (2017年7月8日). 2017年6月28日閲覧。
  182. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/7/8)”. ニコニコ生放送 (2017年7月8日). 2017年6月28日閲覧。
  183. ^ PSO2 アークスライブ!('17/8/5)”. ニコニコ生放送 (2017年8月5日). 2017年7月28日閲覧。
  184. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/8/5)”. ニコニコ生放送 (2017年8月5日). 2017年7月28日閲覧。
  185. ^ PSO2 アークスライブ!('17/9/2)”. ニコニコ生放送 (2017年9月2日). 2017年8月26日閲覧。
  186. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/9/2)”. ニコニコ生放送 (2017年9月2日). 2017年8月26日閲覧。
  187. ^ PSO2 アークスライブ!('17/10/7)”. ニコニコ生放送 (2017年10月7日). 2017年9月29日閲覧。
  188. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/10/7)”. ニコニコ生放送 (2017年10月7日). 2017年9月29日閲覧。
  189. ^ PSO2 アークスライブ!('17/11/4)”. ニコニコ生放送 (2017年11月4日). 2017年10月27日閲覧。
  190. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/11/4)”. ニコニコ生放送 (2017年11月4日). 2017年10月27日閲覧。
  191. ^ PSO2 アークスライブ!('17/12/2)”. ニコニコ生放送 (2017年12月2日). 2017年12月1日閲覧。
  192. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('17/12/2)”. ニコニコ生放送 (2017年12月2日). 2017年12月1日閲覧。
  193. ^ PSO2 アークスライブ!('18/1/13)”. ニコニコ生放送 (2018年1月13日). 2018年1月3日閲覧。
  194. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('18/1/13)”. ニコニコ生放送 (2018年1月13日). 2018年1月3日閲覧。
  195. ^ PSO2 アークスライブ!('18/2/3)”. ニコニコ生放送 (2018年2月3日). 2018年1月28日閲覧。
  196. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('18/2/3)”. ニコニコ生放送 (2018年2月3日). 2018年1月28日閲覧。
  197. ^ PSO2 アークスライブ!('18/3/3)”. ニコニコ生放送 (2018年3月3日). 2018年2月24日閲覧。
  198. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('18/3/3)”. ニコニコ生放送 (2018年3月3日). 2018年2月24日閲覧。
  199. ^ PSO2 アークスライブ!('18/4/7)”. ニコニコ生放送 (2018年4月7日). 2018年4月9日閲覧。
  200. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('18/4/7)”. ニコニコ生放送 (2018年4月7日). 2018年4月9日閲覧。
  201. ^ PSO2 アークスライブ!('18/5/12)”. ニコニコ生放送 (2018年5月12日). 2018年5月8日閲覧。
  202. ^ PSO2 アークスライブ! ワンモア!('18/5/12)”. ニコニコ生放送 (2018年5月12日). 2018年5月8日閲覧。
  203. ^ a b c PSO2放送局#40 ファンタシースター感謝祭2016 決勝大会スペシャル”. ニコニコ生放送 (2016年3月21日). 2016年3月22日閲覧。
  204. ^ a b c d PSO2放送局#45 ~~アークスフェス2016サヨナラPSO2放送局スペシャル!!~~”. ニコニコ生放送 (2016年8月13日). 2016年8月15日閲覧。
  205. ^ PSO2放送局♯1”. ニコニコ生放送 (2012年9月18日). 2015年9月7日閲覧。
  206. ^ PSO2放送局♯2”. ニコニコ生放送 (2012年10月9日). 2015年9月7日閲覧。
  207. ^ PSO2放送局♯3”. ニコニコ生放送 (2012年11月6日). 2015年9月7日閲覧。
  208. ^ PSO2放送局♯4”. ニコニコ生放送 (2012年12月4日). 2015年9月7日閲覧。
  209. ^ 24じかん、まるごとセガゲーム「ぷよじかんテレビ」”. ニコニコ生放送 (2013年2月2日). 2015年9月7日閲覧。
  210. ^ PSO2放送局♯6”. ニコニコ生放送 (2013年4月9日). 2015年9月7日閲覧。
  211. ^ PSO2放送局♯07”. ニコニコ生放送 (2013年4月9日). 2015年9月7日閲覧。
  212. ^ PSO2放送局♯08”. ニコニコ生放送 (2013年5月14日). 2015年9月7日閲覧。
  213. ^ PSO2放送局~感謝祭スペシャル~”. ニコニコ生放送 (2013年6月9日). 2015年9月7日閲覧。
  214. ^ PSO2放送局♯10”. ニコニコ生放送 (2013年7月9日). 2015年9月7日閲覧。
  215. ^ 【PSO2】ファンタシースター感謝祭2013アークスグランプリ ファミ通CUP生中継!”. ニコニコ生放送 (2013年7月21日). 2015年9月7日閲覧。
  216. ^ PSO2放送局公開生放送SP2 アークスグランプリ決勝大会”. ニコニコ生放送 (2013年10月15日). 2015年9月7日閲覧。
  217. ^ PSO2放送局♯13”. ニコニコ生放送 (2013年10月15日). 2015年9月7日閲覧。
  218. ^ PSO2放送局♯14”. ニコニコ生放送 (2013年11月12日). 2015年9月7日閲覧。
  219. ^ PSO2放送局♯15”. ニコニコ生放送 (2013年12月14日). 2015年9月7日閲覧。
  220. ^ PSO2放送局♯16”. ニコニコ生放送 (2014年2月4日). 2015年9月7日閲覧。
  221. ^ PSO2放送局♯17”. ニコニコ生放送 (2014年3月4日). 2015年9月7日閲覧。
  222. ^ PSO2放送局♯18”. ニコニコ生放送 (2014年4月1日). 2015年9月7日閲覧。
  223. ^ 「超」PSO2放送局♯19~超会議スペシャル~@ニコニコ超会議3”. ニコニコ生放送 (2014年5月27日). 2015年9月7日閲覧。
  224. ^ PSO2放送局♯20 -放送20回記念スペシャル-”. ニコニコ生放送 (2014年5月27日). 2015年9月7日閲覧。
  225. ^ PSO2放送局♯21 –感謝祭2014スペシャルin東京-”. ニコニコ生放送 (2014年6月15日). 2015年9月7日閲覧。
  226. ^ PSO2放送局♯22 –感謝祭2014スペシャルin札幌-”. ニコニコ生放送 (2014年7月26日). 2015年9月7日閲覧。
  227. ^ PSO2放送局♯23 –感謝祭2014スペシャルinアークスGP決勝-”. ニコニコ生放送 (2014年8月16日). 2015年9月7日閲覧。
  228. ^ 【TGS2014】セガスタジオからニコ生放送(9/21)”. ニコニコ生放送 (2014年9月21日). 2015年9月7日閲覧。
  229. ^ PSO2放送局♯25”. ニコニコ生放送 (2014年10月21日). 2015年9月7日閲覧。
  230. ^ PSO2放送局♯26”. ニコニコ生放送 (2014年11月18日). 2015年9月7日閲覧。
  231. ^ PSO2放送局♯27-アークスX‘masパーティー2014スペシャル-”. ニコニコ生放送 (2014年12月15日). 2015年9月7日閲覧。
  232. ^ PSO2放送局♯29-アークスキャラバン広島スペシャル-”. ニコニコ生放送 (2015年3月1日). 2015年9月7日閲覧。
  233. ^ PSO2放送局♯30-アークスキャラバン仙台スペシャル-”. ニコニコ生放送 (2015年4月5日). 2015年9月7日閲覧。
  234. ^ PSO2放送局#31 アークスキャラバン四国スペシャル”. ニコニコ生放送 (2015年5月5日). 2015年9月7日閲覧。
  235. ^ PSO2放送局#32 アークスキャラバン新潟スペシャル”. ニコニコ生放送 (2015年6月14日). 2015年9月7日閲覧。
  236. ^ PSO2放送局#33 アークスキャラバン沖縄スペシャル”. ニコニコ生放送 (2015年7月12日). 2015年9月7日閲覧。
  237. ^ PSO2放送局#34 アークスフェスティバル2015スペシャル”. ニコニコ生放送 (2015年8月16日). 2015年9月7日閲覧。
  238. ^ 【TGS2015】東京ゲームショウ2015 セガステージ生放送(9/20)”. ニコニコ生放送 (2015年9月20日). 2015年10月2日閲覧。
  239. ^ 【メインチャンネル】PSO2放送局#36 『PSO』15周年記念 15時間生放送スペシャル!”. ニコニコ生放送 (2015年10月31日). 2016年2月9日閲覧。
  240. ^ 【サブチャンネル】PSO2放送局#36 『PSO』15周年記念 15時間生放送スペシャル!”. ニコニコ生放送 (2015年10月31日). 2016年2月9日閲覧。
  241. ^ PSO2放送局#37 ファンタシースター感謝祭2016 東京スペシャル”. ニコニコ生放送 (2015年12月23日). 2016年2月9日閲覧。
  242. ^ PSO2放送局#38 ファンタシースター感謝祭2016 福岡スペシャル”. ニコニコ生放送 (2016年1月17日). 2016年2月9日閲覧。
  243. ^ PSO2放送局#39 ファンタシースター感謝祭2016 大阪スペシャル”. ニコニコ生放送 (2016年2月20日). 2016年3月5日閲覧。
  244. ^ PSO2放送局#41”. ニコニコ生放送 (2016年4月16日). 2016年4月16日閲覧。
  245. ^ PSO2放送局#42”. ニコニコ生放送 (2016年5月22日). 2016年5月21日閲覧。
  246. ^ PSO2放送局#43”. ニコニコ生放送 (2016年6月19日). 2016年6月26日閲覧。
  247. ^ PSO2放送局#44 ~「ヨーコソ・アークス」大公開スペシャル~”. ニコニコ生放送 (2016年7月17日). 2016年7月11日閲覧。
  248. ^ PSO2アークス候補生! 〜卒業Special〜”. ニコニコ生放送 (2015年4月29日). 2015年9月7日閲覧。
  249. ^ PSO2アークス広報隊 –アークス広報隊卒業!Special-” (2016年6月28日). 2016年7月1日閲覧。
  250. ^ 舞台化決定! セガスタジオで発表された『ファンタシースターオンライン2』の新情報を見逃すな。【TGS 2014】(2014年9月19日)
  251. ^ ファンタシースターシリーズ公式ブログ 11月7日記事より
  252. ^ GAME Watch 11月8日記事より
  253. ^ 公演概要”. 舞台『ファンタシースターオンライン2-ON STAGE-』公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  254. ^ テレコム・アニメーションフィルム. “『PSO』15周年記念プロジェクト第8弾”. PHANTASY STAR PARTNERS. 2015年12月1日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]