ダンボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よつばと! > ダンボー

ダンボーDANBOARD)は、あずまきよひこ漫画作品『よつばと!』シリーズに登場する架空のロボットの名称。実際には中に人間が入る、段ボール製の着ぐるみである。

概要[編集]

第28話 「ダンボー」
第28話(単行本5巻に収録)「よつばとダンボー」にて、ダンボーは初登場した。
作品中に登場する小学生、綾瀬恵那と友人の早坂みうら(みうら)が、夏休みの自由課題として製作。人が入って動かせるようになっていたが、たまたまみうらが中に入っているとき、作品の主人公で幼児の小岩井よつばが、隣家である綾瀬家に上がりこみこれを発見。よつばは本物のロボットだと思い込み、小学生二人もよつばの夢を壊さないよう話を即興で合わせた為に、珍騒動が起きる。よつばを信じ込ませたまま「家に帰る」と言ってダンボーは、みうらの入った状態で綾瀬家を出ていった。
2学期になり、夏休みの自由課題として学校に提出したダンボーは、先生から「たいへんよくできました」と頭の後ろ側にスタンプが押された。その後、ダンボーの着ぐるみは分解して、みうらの部屋に保管された。
第69話 「さいかい」
後の第69話(単行本10巻に収録)では、よつばと恵那がみうら宅を訪問した時に、よつばが人の入っていない状態のダンボーを発見。「うごかない」というよつばへの言い訳で、みうらが「ダンボーは死んだ」と発言するも、よつばを悲しませないために恵那が「生きてるぴょーん」「よみがえりの儀式をします」とつなげ、再度みうらが中に入ってよつばを安心させる一幕もあった。

設定[編集]

上述の通り製作者の二人が、本物のロボットだと思い込んだよつばに話を合わせていったため、いろいろな設定が付け加わった。「ダンボー」という名前も、中に入ったみうらの即興の命名である。

  • 人間のみかたである
  • コンピューターだからたたいちゃだめ
  • 本気で戦ったら超強い。ミサイルを持ち、上は洪水、下は大火事になる
  • 海の向こうの遠い国からきた
  • 空を飛べる。ジャンボジェットと競争しても勝つ
  • ノーベル賞を取った博士に作られた
  • お金が動力。遊園地などにある、100円を入れると動く乗り物と同じ原理
  • 世界最強の段ボール

実際の性能[編集]

  • 小学生がちょうど入って動かせる大きさ。
  • 頭部右横にスイッチがあり、入れると目が光る。
  • 幼児のパンチでも壊れる危険がある。
  • 中はかなり暑い。
  • 頭部が最大の大きさで、胴体、足、腕などはすべて空いた頭部の中に収納できるように作られている(作者公式サイトより)。

他の作品への登場[編集]

2011年、タイ王国の公共放送局Thai PBSの番組にマスコットキャラクターとして出演[1]

2012年、映画『JAWS/ジョーズ』のブルーレイ版発売CMに出演[2]

2013年、ストップモーション映像作品を手掛けるdwarfによる劇場用映像作品「Le Danboard(ル・ダンボー)」が公開[3]

コラボレーション[編集]

2014年8月に、オンラインゲーム『ファンタシースターオンライン2』の2周年記念イベント「ファンタシースター感謝祭2014」決勝会場の限定来場者特典として「ダンボースーツ」(コスチューム)がゲーム内アイテムで登場[4]

2015年9月に東京スカイツリータウンで写真展が行われた。

2015年11月より、ダンボーデザインのTカードが発行開始[5]

2016年11月より、鉄道模型のTOMIXとコラボしたダンボーの頭がNゲージサイズのコンテナとなったコンテナダンボーガチャコレクションがカプセルトイとして発売された。頭部は本体から取り外すことでNゲージのコンテナ車(一部の車両を除く)に積載が可能。コンテナの形式は以下の6種。

U20A形コンテナ(日産自動車)
19D-42000形コンテナ
18D形コンテナ
48A-38000形コンテナ
T10形タンクコンテナ
コンテナダンボー(ノーマルカラー)

にゃんぼー![編集]

フィギュア[編集]

  • 2015年12月に千値練より発売のダンボーに猫風のアレンジを加えたフィギュアシリーズ「ニャンボー figure collection」。頭部には猫耳、おしりにはシッポ、胸のコイン投入口が鈴に変わっている。
  • 2016-2017年にKOTOBUKIYAより、ニャンボーnyano、ニャンボー[ミニ]、完全変形ニャンボーが発売。
  • タイトーからは2016-2017年にクレーンゲーム用プライズ景品として、目が光る貯金箱、ゆらゆらしっぽソーラーフィギュア、ぬいぐるみ等が発売。

テレビアニメ[編集]

にゃんぼー!』のタイトルで、2016年9月27日から2017年3月28日までNHK Eテレの「ミニアニメ」コーナー枠で毎週火曜日に放送された実写合成CGアニメ[6][7][8]。ナレーションは満島真之介[9]

ED映像には『よつばと!』の主人公の小岩井よつばが登場している。

キャスト[編集]

トラ
声 - 朴璐美[8]
トラ縞ネコ風のニャンボー。自分達の星に戻るためUFOのカケラを集め修理している。普段からゴーグルを身につけている。
コトラ
声 - 釘宮理恵[8]
無邪気なトラの妹。
シロ
声 - 堀江由衣[8]
シロネコ風のニャンボー。おしゃれな女の子で、トラの事が大好きで公言もしているが相手にしてもらえていない。
クロ
声 - 三瓶由布子[8]
黒ネコ風のニャンボー。口数が少ないが頼りになる。ネコを手懐ける特技を持つ。
枯れた花を再生させたり、更にもう1人のクロが忠告するシーンなどがあるが、その詳細は不明。不思議な力でコトラや仲間のピンチを救うこともある。
ミケ
声 - 竹内順子[8]
ミケネコ縞風のニャンボー。猪突猛進で、考える前に行動してよくドジを踏む。
サバトラ
声 - 諏訪彩花
アイドルを夢見る自称にゃんぼーエンジェルズの一人。ギターを修理してもらった際にかけられた言葉からトラに好意を抱いており、よくトラにアプローチをしている。シロにとってはライバルであるため、シロとはあまり仲が良くない。
キジトラ
声 - 三澤紗千香
アイドルを夢見る自称にゃんぼーエンジェルズの一人。眼鏡が外れると恥ずかしくなって訛りながら暴れる。
ハチワレ
声 - 波多野和俊
ワイルドブラックを名乗るグループのリーダー。クロを牝だと勘違いして一目惚れし告白する。
シロクロ
声 - 山口キヨヒロ
ワイルドブラックのメンバー。牛の様な模様。
クツシタ
声 - 亀山雄慈
ワイルドブラックのメンバー。手足が靴下の様な模様。
アルファ
声 - 松田健一郎
シルバーメタリックなボディのメカニャンボー。腕がシャベル状のシルバーアームに変形し、フル武装のハイパーモード「メカニャンボー・グレートアルファ」へ変形も可能。巨大UFOビッグオメガを建造中だが猫に邪魔されている。
イプシロン、ゼータ、イータ、シータ
声 - 波多野和俊(イプシロン)、山口キヨヒロ(ゼータ)、亀山雄慈(イータ)、松田健一郎(シータ)[10]
アルファの子分のメカニャンボー達。戦車に変形が可能。それぞれ「ε(イプシロン)」「ζ(ゼータ)」「η(イータ)」「θ(シータ)」のマークが付けられている。
アルファには忠実だが5時になると仕事中でも帰ってしまう。アルファからは個別名で呼ばれず、劣悪な労働環境と給与体系には不満を持っている。
パワードニャンボー
イプシロン達以外にも二十数体のメカニャンボーがおり、全員が合体することでパワードニャンボーとなる。更にアルファがコントロールモードに変形して頭部に合体する予定だったが、コトラに邪魔されて合体できなかった。
ビッグオメガ
アルファがUFOの欠片を集め(ただし、大半はトラの隠れ家にあった未完成のトラのUFOを略奪した後、それを組み込むことで)完成させた猫箱型宇宙船モードをはじめ後述の様々なモードを持った変形能力を持つ巨大メカニャンボー[11]。フルバーストモードに変形することで高速飛行が可能。更にバトルモードに変形することで攻撃形態となる。しかしアルファの子分に招き入れられたコトラが図らずも自爆スイッチを押してしまったことによって組み込まれたトラのUFOもろとも爆散してしまう。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「宇宙からやってきたにゃんぼー」
作詞 - micca / 作曲・歌 - 大橋トリオ

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 放送日
1話 ほしからきたネコ 2016年
9月27日
2話 キラキラがすき 10月4日
3話 がんばりやミケ 10月11日
4話 かわいくなりたい! 10月18日
5話 トラとコトラ 10月25日
6話 くろいにゃんぼー 11月1日
7話 ともだちどうし 11月8日
8話 にゃんぼーのひみつ 11月15日
9話 もしかしてライバル? 11月22日
10話 ぐるぐるをさがして 11月29日
11話 さいこうのなかま 12月6日
12話 しょうぶはサッカー?! 12月13日
13話 パーティーしようぜ 12月20日
14話 なやみがない 12月27日
15話 きょうふのマイク 2017年
1月10日
16話 クロのいちにち 1月17日
17話 みんなでアイドル 1月24日
18話 メカ!メカ!メカ! 1月31日
19話 にいちゃんキライ 2月7日
20話 じかんよとまれ 2月14日
21話 がっこうにいきたい 2月21日
22話 よるのピクニック 2月28日
23話 これがビッグオメガだ! 3月7日
24話 どうぶつえんじけん 3月14日
25話 ひらめいたトラ 3月21日
26話 ほしへゆくネコ 3月28日

フィギュア写真[編集]

ダンボーフィギュアは、スナップ風景写真との相性が優れており、インターネット上ではダンボー写真が人気を集めている。故にダンボー写真展のイベントが開催されるほどである。写真家アリエル・ネーデルの「ダンボーの365日」が特に有名である[12][13][14]

脚注[編集]

  1. ^ よつばスタジオによるTwitterでのツイートより
  2. ^ シネマトゥデイ - 「よつばと!」ダンボーが『JAWS』とコラボ!スピルバーグが初めて認めた日本キャラクターに!
  3. ^ Le Danboard おひろめロードショー ダンボーがいっぱい
  4. ^ 来場者特典(ファンタシースターオンライン2プレイヤーズサイトより、最下部参照)
  5. ^ DANBOARD×Tカード[T-SITE]
  6. ^ 「よつばと!」のダンボーが猫になってアニメ化!今秋よりNHK Eテレで”. コミックナタリー (2016年2月22日). 2016年2月23日閲覧。
  7. ^ Eテレ「ミニアニメ」春からのラインナップ決定!”. NHK ONLINE (2016年2月22日). 2016年2月23日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 「にゃんぼー!」9月27日(火)放送開始!メインキャストも決定!”. NHKアニメワールド. NHK (2016年8月22日). 2016年8月31日閲覧。
  9. ^ にゃんぼー!”. NHKアニメワールド. NHK (2016年9月27日). 2016年9月27日閲覧。
  10. ^ 公式サイト あらすじ
  11. ^ ただし、ニャンボーサイズでは巨大だが人間サイズだと小学校低学年サイズの大きさになっており、バトルモードになるとすこし頭身が上がる。
  12. ^ 『よつばと!』の人気キャラクター「ダンボー」の写真展を、東京ソラマチで開催
  13. ^ 今さら聞けない!大人気キャラクター、ダンボーって何?その魅力に迫る
  14. ^ 365 Days of Danboard

関連項目[編集]

外部リンク[編集]