日本音楽集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本音楽集団 (にほんおんがくしゅうだん、欧名:Pro Musica Nipponia) は、1964年創立の邦楽器演奏グループである。三木稔長澤勝俊らの作品を初めとした現代邦楽をレパートリーとしている。

編成[編集]

各流派から正会員として邦楽器演奏家が参加している。編成は曲によって変わるが、もっとも大きな規模になると、篳篥尺八胡弓三味線琵琶、太鼓等の打楽器および指揮者からなる。

沿革[編集]

1964年4月に14名の同人をもって設立、11月に第1回定期演奏会を開いた。定期演奏会は現在年に4回開かれている。1976年から機関誌「邦楽現代」を発刊。1977年 - 1978年NHK連続テレビドラマ鳴門秘帖」の音楽(三木稔作曲)で広く一般に知られるようになった。三代目市川猿之助スーパー歌舞伎では、1986年の「ヤマトタケル」と1991年の「オグリ」の音楽を担当した(いずれも長沢勝俊作曲)。1997年からは伝統文化放送(現・歌舞伎チャンネル)へ出演(一時期、定期演奏会が放送されていた)。

日本以外の団体・演奏家との共演も行っている。三木稔の「急の曲」(「鳳凰三連」より)をライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(1981年 - 世界初演、1983年)、ニューヨーク・フィルハーモニック(1994年)と演奏した。他にも共演した団体・演奏家としては、北京中央民族楽団、韓国中央国楽管絃楽団、アイザック・スターンヨーヨー・マらがいる。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]