鳴門秘帖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳴門秘帖
(なるとひちょう/なるとひじょう)
著者 吉川英治
発行日 1927年3月10日(前編)
1933年11月(後編)
発行元 大阪毎日新聞社
東京日日新聞社
ジャンル 伝奇小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 単行本
ページ数 438頁(前編)
公式サイト 吉川英治歴史時代文庫 2
吉川英治歴史時代文庫 3
吉川英治歴史時代文庫 4
コード ISBN 4-06-142005-4
ISBN 4-06-142006-2
ISBN 4-06-142007-0
ISBN 4-06-146303-9
ISBN 4-06-196502-6
ISBN 4-06-196503-4
ISBN 4-06-196504-2
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

鳴門秘帖』(なるとひちょう/なるとひじょう)は、吉川英治長編小説である。1926年8月11日から翌年10月14日まで、「大阪毎日新聞」に連載された。

謎に囲まれた阿波に潜入しようとする青年隠密と、それを阻もうとする阿波藩士の戦いに、青年隠密を恋い慕う女性の恋情を組み入れたものである。

中里介山大菩薩峠』、白井喬二富士に立つ影』と並ぶ、大衆文学を開拓した作品で、伝奇小説黎明期の傑作である。

あらすじ[編集]

江戸時代中期、幕府打倒の陰謀が発覚した。幕府は、黒幕を阿波の徳島藩主たる蜂須賀重喜とにらみ、甲賀の隠密世阿弥を潜伏させる。しかしそれから10年、世阿弥は行方が知れず、その仲間の中には真実を知るために阿波潜入を試みる者たちがいた。

虚無僧姿に身を包む隠密法月弦之丞(のりづきげんのじょう)もその一人である。世阿弥の娘であるお千絵は弦之丞に想いを寄せるが、弦之丞は隠密である関係上、その願いはかなわない。

一方スリの見返りお綱は、偶然にも世阿弥の手紙を掏り取った。天堂一角、十夜孫兵衛、旅川周馬の3人は阿波の陰謀を知り、竹屋三位卿の指示のもと弦之丞の阿波潜入を阻止しようとする。

作品解説[編集]

当時毎日新聞の学芸部長は、病のため薄田泣菫の代わりに、阿部眞之助が務めていた。阿部は当時「サンデー毎日」の代表作家白井喬二に目をつけ執筆を依頼しようとしたが、編集長に断られてしまう。のち白井は「報知新聞」に『富士に立つ影』を連載、これに対抗しようと考え講談社に作家の調査を依頼、そこで指名されたのが吉川英治であった。

執筆にあたり、伊上凡骨の案で阿波に興味を示し、司馬江漢の随筆『春波桜筆記』にヒントを得た作品である。蜂須賀重喜は30代で蟄居を命じられ、72歳まで生きた。作者は重喜の蟄居の裏には大きな謎があるとふみ、伝奇時代小説の伝統を踏まえつつ、宝暦事件で敗れた竹内式部明和事件で敗れた山県大弐といった公卿の存在を鍵に、重喜が幕府転覆の黒幕であるという想像を盛り込んでいる。

読者からの人気は高く、当時の大衆小説の代表的作品となった。新聞連載中に映画化、戦後にも映像化されている。 なお本文中のルビは「ひじょう」となっているが、「ひちょう」と呼ばれて流通している。

書誌情報[編集]

  • 『鳴門秘帖』前編、大阪毎日新聞社・東京日日新聞社、1927年3月10日NDLJP:1191530
  • 『鳴門秘帖』後編、大阪毎日新聞社・東京日日新聞社、1933年11月
  • 『現代大衆文学全集(吉川英治集)』第9巻、平凡社、1928年1月。 - 著者の肖像あり。
  • 吉川英治全集』第9巻 鳴門秘帖(前篇)、平凡社、1931-1933。
  • 『吉川英治全集』第10巻 鳴門秘帖(後篇)、平凡社、1932-1933。
  • 『鳴門秘帖』 平凡社〈大衆文学名作選 第1巻〉、1935年
  • 『鳴門秘帖』上卷、新潮社、1939年2月。
  • 『鳴門秘帖』中巻、向日書館、1948年
  • 『鳴門秘帖』上巻、向日書館、1952年
  • 『鳴門秘帖』中巻、向日書館、1952年
  • 『鳴門秘帖』下巻、向日書館、1952年
  • 『鳴門秘帖』第1巻、同光社、1956年
  • 『鳴門秘帖』第2巻、同光社、1956年
  • 『鳴門秘帖』第3巻、同光社、1956年
  • 『鳴門秘帖』上、光風社、1959年
  • 『鳴門秘帖』下、光風社、1959年
  • 『鳴門秘帖』上巻、中央公論社、1962年
  • 『鳴門秘帖』下巻、中央公論社、1962年
  • 吉川英治全集』第2巻(鳴門秘帖)、講談社、1966年
  • 『鳴門秘帖』 六興出版、1970年
  • 『昭和国民文学全集』1(吉川英治集)、筑摩書房、1973年
  • 『鳴門秘帖』1、講談社〈吉川英治文庫 5〉、1975年ISBN 4-06-142005-4
  • 『鳴門秘帖』2、講談社〈吉川英治文庫 6〉、1975年ISBN 4-06-142006-2
  • 『鳴門秘帖』3、講談社〈吉川英治文庫 7〉、1975年ISBN 4-06-142007-0
  • 『鳴門秘帖』上、六興出版、1977年1月、新装版。
  • 『鳴門秘帖』下、六興出版、1977年1月、新装版。
  • 吉川英治全集』3、吉川英明 責任編集、講談社、1980年12月。ISBN 4-06-146303-9 - 付録(8p):鳴門秘帖の旅。
  • 鳴門秘帖』1、講談社〈吉川英治歴史時代文庫 2〉、1989年9月。ISBN 4-06-196502-6
  • 鳴門秘帖』2、講談社〈吉川英治歴史時代文庫 3〉、1989年9月。ISBN 4-06-196503-4
  • 鳴門秘帖』3、講談社〈吉川英治歴史時代文庫 4〉、1989年10月。ISBN 4-06-196504-2
  • 永井荷風 ほか 『編年体大正文学全集』第15巻(大正15年)、鈴木貞美 編、ゆまに書房、2003年5月。ISBN 4-89714-904-5

原作[編集]

  • 『NHK金曜ドラマ』鳴門秘帖 上、吉川英治 原作、石山透 脚本、重金碩之 構成、日本放送出版協会、1977年5月。
  • 『NHK金曜ドラマ』鳴門秘帖 下、吉川英治 原作、石山透 脚本、重金碩之 構成、日本放送出版協会、1977年12月。

映像化作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 『鳴門秘帖』(1959年、KRテレビ(現、TBS)。水島道太郎主演、原保美助演)
  • 『鳴門秘帖』(1966年、MBS高橋悦史扇千景主演)
    • 火曜21:00 - 22:00で放送。NET火曜21時では初の1時間ドラマ。
  • 『鳴門秘帖』(1977 - 78年、NHK田村正和主演)
  • 『鳴門秘帖・時代劇スペシャル』(1990年、TBS杉良太郎主演)
    • 歴代唯一の単発作、そしてTBSでは31年振りの放送。また1966年版を制作した毎日放送は、1975年4月の「腸捻転解消」でNET系列からTBS系列に移動したため、2種の作品をネットとなった。
KRT NEC劇場
前番組 番組名 次番組
鳴門秘帖
(1959年版)
NET系列 火曜21時枠
かわいい魔女ジニー
(21:00 - 21:30)
涙の歌謡曲
(21:30 - 22:00)
鳴門秘帖
(1966年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 『鳴門秘帖』前編、大阪毎日新聞社・東京日日新聞社、1927年3月10日NDLJP:1191530
  1. 『鳴門秘帖 01 上方の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  2. 『鳴門秘帖 02 江戸の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  3. 『鳴門秘帖 03 木曾の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  4. 『鳴門秘帖 04 船路の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  5. 『鳴門秘帖 05 剣山の巻』:新字新仮名 - 青空文庫
  6. 『鳴門秘帖 06 鳴門の巻』:新字新仮名 - 青空文庫