PC-8200シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

PC-8200シリーズは、日本電気が発売していたパーソナルコンピュータのシリーズである。「シリーズ」と名付けられているが、日本国に於いては1機種のみの発売だった。(外国では、PC-8201の外国仕様であるPC-8201Aの他に、後継機のPC-8300も存在する。)日本電気の特約店(NECビットイン、NECマイコンショップ)のほか、日本電気ホームエレクトロニクスの家庭電化商品の販売ルートで販売された。

PC-8000シリーズPC-8800シリーズの中間に位置づけられ、A4サイズのノート型本格ビジネスパソコンとして展開された。

PC-8201

PC-8201[編集]

1983年3月に発売。標準小売価格は138,000円。

A4サイズのノート型パソコンハンドヘルドコンピュータ)で、液晶ディスプレイキーボードが一体となっている。本体の色はアイボリーホワイト、ワインレッド、メタリックの3種類。

液晶ディスプレイはかなり横長で、グラフィックは最大240×64ドット、テキストは40文字×8行。

キーボードは標準的なJIS配列。ただし、本体のサイズが小さいためかテンキーがないのはもちろんのこと、「ロ(ろ)」のキーが最下段にはみ出ていたのが特徴的だった。

簡易英文ワードプロセッサ(機能名TEXT)をROMで搭載。また電話機を取り付けることでデータ通信(機能名TELECOM)が可能だった。

電源はACアダプタ、Ni-Cd電池パックの他に、PC-2001と同様に単3乾電池4個でも稼働する点が特徴。

元は京セラOEMで、外国ではTandy社のTRS-80 Model 100、OlivettiのM-10として発売された。またPC-8200シリーズとしても、PC-8201Aという外国仕様のモデルが発売されている。

仕様[編集]

  • CPU 80C85(8085のCMOS版)2.4MHz
  • ROM 標準32Kbytes(最大192KB,本体内に64Kbytesまで拡張可能)
  • RAM 標準16Kbytes(最大96KB,本体内に64Kbytesまで拡張可能)
  • 画面解像度 テキスト:40桁x8行、グラフィック:240x64ドット
  • BASIC N82-BASIC
  • インタフェース
    • フロッピーディスク(インタフェースPC-8233接続用)
    • シリアルI/O(ディスクユニット,RAMファイル接続用)
    • バーコードリーダ
    • プリンタ
    • RS-232C
    • CMT(600ボー
    • システムスロット(ROM/RAMカセット,CRTインタフェースPC-8240接続用)
  • バッテリ駆動時間 マンガン電池使用時:6時間,アルカリ電池使用時:18時間
  • バッテリバックアップ RAM16KB:26日以上,RAM64KB:7日以上
  • 外形寸法 300(W)×215(D)×35〜61(H)mm
  • 重量 1.7kg

PC-8201の後継機[編集]

日本国ではPC-8201の直接の後継機は出なかったが、外国においてはPC-8300という後継機が出た。また、PC-8200シリーズの後継的シリーズとして、ROM-BASICを廃しCP/M80を搭載したPC-8401(Starlet)およびPC-8500という機種も出ている。

また、PC-8201やこれら後継機の開発の経験が、後のPC-98LT、さらには98ノートの開発へと繋がっている。そのためか、PC-98LTのデザインはPC-8401や8500に酷似している。