Intel 8085

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Intel 8085
NEC μPD8085AC

Intel 8085(インテル 8085、i8085)は、アメリカ半導体製造会社、インテルによって開発された8ビットのマイクロプロセッサ (CPU) である。Intel 8080の改良・高集積版として1976年に発表された。型番の最後の5は、単一電源の5Vに由来する。

概要[編集]

成功を収めたIntel 8080の使いづらい点を改良したもの。同時期にやはり8080の上位互換で、より多機能なZ80が存在したため、8085が汎用プロセッサとしてパソコンに搭載された例は少ない。

一方で、チップファミリを用いて、最低3チップでマイコンシステムを構成できることから、マイクロコントローラとして組み込み向けに広く応用された。また、組み込み用途では省電力の要求が強く、Z80に比べて早くからC-MOS版が開発・出荷された。

Intel 8080 からの変更点[編集]

項目 Intel 8080 Intel 8085
動作クロック 2.0MHz~ 3.0MHz~
割込コントローラ なし(外付け) 簡易コントローラを内蔵
クロックジェネレータ 外付け(8224) 内蔵
電源 3電源(+12V,+5V,-5V) 単電源(+5V)
IOポート なし 1ビットポートを内蔵
命令数 244 246
製造プロセス 6.0μm N-MOS 3.0μm N-MOS
集積トランジスタ数 4,600(6,000の説もあり) 6,500

ソフトウェアの特徴[編集]

命令セットはi8080の上位互換であり、内蔵IOポートの読み書きと割り込みの制御を行う命令が2個追加されている。その他に隠し命令が存在する。 Intel 8080 命令セットIntel 8080 レジスタセットを参照されたい。尚、同一命令でも、実行クロック数が変化しているものも多い。

追加命令[編集]

RIM[編集]

以下の機能を持つ

  • SID(入力ポート)の読み取り
  • 割り込みマスク(RST5.5,RST6.5,RST7.5)の設定読み取り
  • 割り込み要求の読み取り
  • 割り込み許可/禁止状態の読み取り

SIM[編集]

以下の機能を持つ

  • SOD(出力ポート)への出力値設定
  • 割り込みマスク(RST5.5,RST6.5,RST7.5)の設定

ハードウェアの特徴[編集]

アドレス/データバス[編集]

下記のバスを備える。

  • 16ビットアドレスバス
  • 8ビットデータバス

アドレスバスの下位8ビットと、データバスはマルチプレックスされている。汎用のメモリを接続する為にはアドレスラッチと、バス分離のバッファが必要になる。

割り込みコントローラ[編集]

i8080にもあった、INTR(インタラプト入力)に加えて、4本の割り込み入力を持つ。

割込入力 ベクタ 優先度他
RST5.5 02CH High Priority
RST6.5 034H Middle Priority
RST7.5 03CH Low Priority
TRAP 024H Non-Maskable

INTRでは、割り込みがアサートされるとアクノリッジサイクルが起動され、これに同期して外部からベクタ情報を与える必要があるが、RSTやTRAPでは、各々のピンに対応した番地へ直接分岐する。

MCS-85[編集]

i8085,i8155,i8355,i8755からなり、3チップで最小システムを構成できる。アプリケーションが内蔵レジスタ以外のRAMを要求しないならCPUとi8755のみの2チップでも構成できる。これらのチップは、i8085に信号を合わせてあり、外付けの回路なしでマイコンシステムを構成できる。また、ピン配置も、i8085に隣接配置したときの配線引き回しを考慮してある。

i8155[編集]

  • 256バイトRAM
  • IOポート
  • TIMER

i8355/i8755[編集]

  • 2KバイトEP-ROM(8755),マスクROM(8355)
  • IOポート

Simulators[編集]

Intel 8085 Simulator for Android.