Intel Quark

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Quark
生産時期 2013年から
生産者 インテル
CPU周波数 32 MHz から 400 MHz
プロセスルール 32nm
命令セット x86
コア数 1
テンプレートを表示

Intel Quark(インテルクォーク)とは、インテルが開発した32ビット x86SoC。サイズが小さく、低消費電力なのが特徴で、ウェアラブルコンピュータなどをターゲットとしている。消費電力は Intel Atom よりも少ない[1]MMXSSE などの SIMD 命令セットに対応しない[2]。CPUの命令セットはPentium (P54C/i586) と同じである[3]。組み込みOSのみ対応する。2013年にインテル・デベロッパー・フォーラムで発表された。

Quark X1000 は開発用マイクロコントローラー基板である Intel Galileo に搭載された[4]

ラインナップ[編集]

X1000[編集]

Quarkプロセッサを備えたIntel Galileoボード

2013年10月3日発表。プロセスルールは 32nm。MMXSSE には対応しない。開発コードは Clanton。X1000 を使用し、メモリ256MBで Arduino 互換の開発ボード Intel Galileo が発売された[5]

最初のQuarkの製品はシングルコア32 nm X1000 SoC のクロック周波数は最大400 MHzである。システムはPCIe、 UART、 I2C、 Fast Ethernet、 USB 2.0、 SDIO、 PMCや GPIOといった複数のインターフェースを備える。512kバイトの組み込みSRAMと統合されたDDR3メモリー制御装置をチップ上に備える。[6][7]

プロセッサーナンバー 動作周波数 コア/スレッド数 HT対応 64ビット対応 VT 対応 EIST TDP メモリ
X1000 400MHz 1C/1T × × × × 2.2W DDR3-800 (16bit)
X1001 400MHz 1C/1T × × × × 2.2W DDR3-800 (16bit)
X1010 400MHz 1C/1T × × × × 2.2W DDR3-800 (16bit)
X1011 400MHz 1C/1T × × × × 2.2W DDR3-800 (16bit)
X1020 400MHz 1C/1T × × × × 2.2W DDR3-800 (16bit)
X1020D 400MHz 1C/1T × × × × 2.2W DDR3-800 (16bit)
X1021 400MHz 1C/1T × × × × 2.2W DDR3-800 (16bit)
X1021D 400MHz 1C/1T × × × × 2.2W DDR3-800 (16bit)

Intel Quark SE[編集]

2015年1月6日発表[8]Intel Curie モジュールに搭載する。下記を搭載する SoC

Arduino 101 にも搭載されており、このボードでのスペックは以下の通り[9][10]

Intel Edison[編集]

プロセスルール 22nm を採用して、SDメモリーカードにシステム全体が収まる Edison2014年1月に発表された[1]。SDカード大でWiFiやBluetoothを備える[11]。当初は、Intel Quark を使用する予定だったが、最終的に Intel Atom が採用された。Quark を使用する予定の時はシステム全体の消費電力を1W以下にするつもりであった。

参照[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]