Intel Quark

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Quark
生産時期 2013年から
生産者 インテル
CPU周波数 32 MHz から 400 MHz
プロセスルール 32nm
命令セット x86
コア数 1
テンプレートを表示

Intel Quark(インテル・クォーク)とは、インテルが開発した32ビット x86SoC。サイズが小さく、低消費電力なのが特徴で、ウェアラブルコンピュータなどをターゲットとしている。消費電力は Intel Atom よりも少ない[1]。CPUの命令セットはPentium (P54C/i586) と同じで[2]MMXSSE などの SIMD 命令セットに対応しない[3]。組み込みOSのみ対応する。2013年にインテル・デベロッパー・フォーラムで発表された。

Quark X1000 は開発用マイクロコントローラー基板である Intel Galileo に搭載された[4]

最終受注期限予定は2019年7月19日、最終出荷期限予定は2022年7月17日。[5]

ラインナップ[編集]

X1000[編集]

Quarkプロセッサを備えたIntel Galileoボード

2013年10月3日発表。プロセスルールは 32nm。MMXSSE には対応しない。開発コードは Clanton。X1000 を使用し、メモリ256MBで Arduino 互換の開発ボード Intel Galileo が発売された[6]

最初のQuarkの製品はシングルコア32 nm X1000 SoC のクロック周波数は最大400 MHzである。システムはPCIe、 UART、 I2C、 Fast Ethernet、 USB 2.0、 SDIO、 PMCや GPIOといった複数のインターフェースを備える。512kバイトの組み込みSRAMと統合されたDDR3メモリー制御装置をチップ上に備える。[7][8]

プロセッサ

ナンバー

sSpec

ナンバー

Part

ナンバー

動作

周波数

(MHz)

コア

HT

対応

64ビット

対応

VT

対応

EIST TDP

(W)

メモリ リリース
日付 価格

(米ドル)

X1000 SR1BY (A0) DH8066101538300 400 1 × × × × 2.2 DDR3

-800

(16bit)

Q4'13 9.63
X1001 SR1VB (A0) DHQ1ET Q2'14 11.77
X1010 SR1BZ (A0) DH8066101555100 Q1'14 10.16
X1011 SR1VC (A0) DHQ1ECCET Q2'14 12.31
X1020(en) SR1VW (A0) DHQ1ECCSECCTS1 11.45
X1020D SR1BX (A0) DH8066101531900 Q1'14 10.70
X1021 SR1WH (A0) DHQ1ECCSECETS1 Q2'14 13.39
X1021D SR1VA (A0) DHQ1ECCSECET 12.85

Dシリーズ[編集]

モデル

ナンバー

sSpec

ナンバー

Part

ナンバー

コア

動作

周波数

(MHz)

GPU

周波数

L2

キャッシュ

I/O

バス

メモリ 電圧

(V)

TDP

(W)

ソケット リリース
日付 価格

(米ドル)

1000 SLKMJ (B1) DMNIAD01SLVBT 1 32 N/A ? AHB-Lite, APB eSRAM 1.62

~3.63

0.025 QFN40 Q3'15 2.54
2000 SR2KF (A0) FND2000 AHB-Lite, APB

Intel Quark SE[編集]

2015年1月6日発表[9]Intel Curie モジュールに搭載する。下記を搭載する SoC

Arduino 101 にも搭載されており、このボードでのスペックは以下の通り[10][11]

Intel Edison[編集]

プロセスルール 22nm を採用して、SDメモリーカードにシステム全体が収まる Edison2014年1月に発表された[1]。SDカード大でWiFiやBluetoothを備える[12]。当初は、Intel Quark を使用する予定だったが、最終的に Intel Atom が採用された。Quark を使用する予定の時はシステム全体の消費電力を1W以下にするつもりであった。

参照[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]