Intel Edison

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Intel Edison
主なメーカー インテル
販売開始 2014年9月9日 (2014-09-09) (世界)
2014年10月25日 (2014-10-25) (日本国内版)
価格 $50
種類 シングルボードコンピュータ
プロセッサー Intel Atom (2コア)
周波数 500MHz
メモリ 1GB (DDR3)
コプロセッサ Intel Quark 100MHz
接続 無線LANBluetooth
寸法 35.5mm×25mm×3.9mm

Intel Edison(インテル エジソン)はインテルによって開発された IoT デバイス向けのシングルボードコンピュータである[1]。大きさは SD カード大でデュアルコアの Intel Atom 500MHz、1GB のメモリ、通信用の BluetoothWi-Fi を備える[2][3]

2014年1月の CES で発表された[1]。インテル CEO であるブライアン・クルザニッチは、Intel Edison を使用して開発された乳幼児監視装置を実演した(Nursery2.0)[4]。 同様に彼は開発言語として WolframMathematica が Intel Edison で使用でき[5]、Linux が実行できることを発表した[6]

当初は Intel Quark 400MHz をメイン CPU にする予定であったが、Intel Atom 500MHz に変更になり、2014年9月9日に発売された。各種 I/O を備えた、Intel Edison kit for Arduino や Intel Edison breakout ボードなども発売された。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]