Coffee Lakeマイクロアーキテクチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Coffee Lake
生産時期 2017年10月5日[1]から
生産者 インテル
プロセスルール 14nm
命令セット x86-64, Intel 64
コア数 4から6
ソケット LGA 1151
前世代プロセッサ Kaby Lake Refresh
次世代プロセッサ Cannon Lake
ブランド名
  • Core i3
  • Core i5
  • Core i7
テンプレートを表示

Coffee Lakeマイクロアーキテクチャ(コーヒーレイク、またはカフィーレイクマイクロアーキテクチャ)とはインテルによって開発されたマイクロプロセッサアーキテクチャである。2017年9月24日に発表され[1]Kaby Lake Refresh同様第8世代Intel Coreプロセッサとなった[2]

概要[編集]

Cannon Lakeで予定している10nmプロセスの歩留まりが、フットプリントの大きいハイエンド向けチップを製造するには不十分なため、14nmプロセスで改良する選択をした模様である。 Coffee LakeではTDPが15W/28Wの4コアで、内蔵GPUはGT3e(Iris Pro Graphics)を搭載する(製品名の末尾アルファベットがU)モバイル向け製品、TDPが35~45Wで4~6コア(製品名の末尾アルファベットがH)のハイエンドモバイル向け製品、TDPが65~91Wで4~6コアのデスクトップ向け製品が予定されている見込みである。

プロセスルール[編集]

プロセスルールは Kaby Lake から更に最適化をかけている[3]

マイクロアーキテクチャ プロセスルールの名称
Broadwell
Skylake
14nm
Kaby Lake
Kaby Lake Refresh
14+nm
Coffee Lake 14++nm

製品構成[編集]

デスクトップ向け[編集]

コア数がi7・i5は6つ、i3は4つに強化された事が最大の特徴である。これにより、マルチスレッド性能が大幅に向上した。なお、ハイパースレッディング・テクノロジーはi7のみに採用されている。 また、ソケットは先代と共通のLGA1151であるが、Z170やZ270といった旧世代マザーボードでもVRMなどの電源回路のランクによってはBIOSアップデートで本来ならば対応出来るのだがIntelがそれを許可しなかったため、専用チップセット(Intel 300 Series)以外では使用不可能である。

電源回路の差異を理由にしたIntelの説明はマザーボードメーカーであるASUSスタッフによって否定され、非公式ながらBIOSの改造でZ170で起動させることも可能だと実演したコアユーザーも存在する。

ブランド 型番 コア
(スレッド)
CPU周波数
(GHz)
ターボブースト周波数 (GHz) GPU GPU周波数 L3
キャッシュ
TDP ソケット 価格(USD)
1コア 2コア 4コア 6コア
Core i7 8700K[4] 6 (12) 3.7 4.7 4.6 4.4 4.3 UHD 630 1200 MHz 12 MB 95 W LGA1151 $359
8700[4] 3.2 4.6 4.5 4.3 4.3 65 W $303
Core i5 8600K[4] 6 (6) 3.6 4.3 4.2 4.2 4.1 1150 MHz 9 MB 95 W $257
8400[4] 2.8 4.0 3.9 3.9 3.8 65 W $182
Core i3 8350K[5] 4 (4) 4.0 N/A 8 MB 91 W $168
8100[5] 3.6 6 MB 65 W $117

関連事項[編集]