Icelakeマイクロアーキテクチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ice Lake[1]
生産時期 2019年から
生産者 インテル
プロセスルール 10nm
命令セット x86-64, Intel 64
前世代プロセッサ Cannon Lake
次世代プロセッサ Tiger Lake
ブランド名
  • Core i3
  • Core i5
  • Core i7
  • Core i9
  • Celeron
  • Pentium
  • Xeon
テンプレートを表示

Ice Lakeマイクロアーキテクチャ(アイスレイクマイクロアーキテクチャ)は、2019年[2]Cannon Lakeの後継マイクロアーキテクチャになる事を予期されているインテルのCPUである[3][4][5]。Ice Lakeはインテル400シリーズチップセットと接続され、Cannon Lakeの後継として、10nmプロセスルールで製造される2つ目のインテルCPUとなる予定である。

特徴[編集]

  • Gen 11GPU
  • Thunderbolt 3を統合
  • USB 3.1 Gen2対応

製品構成[編集]

モバイル向け[編集]

ブランド 型番 コア
(スレッド)
CPU周波数
(GHz)
ターボブースト周波数
(GHz)
GPU L3
キャッシュ
TDP cTDP 価格(USD)
1コア 2コア 4コア ブランド 実行ユニット GPU周波数 Up Down
Core i7 1068G7 4 (8) 2.3 GHz 4.1 3.6 Iris Plus 64 1.1 GHz 8 MiB 28W
1065G7 1.3 GHz 3.9 3.5 15W 25W 12W $426
1060G7 1.0 GHz 3.8 3.4 9W 12W
Core i5 1035G7 1.2 GHz 3.7 3.3 1.05 GHz 6 MiB 15W 25W 12W $320
1035G4 1.1 GHz 48 $309
1035G1 1.0 GHz 3.6 UHD 32 13W $297
1030G7 0.8 GHz 3.5 3.2 Iris Plus 64 9W 12W
1030G4 0.7 GHz 48
Core i3 1005G1 2 (4) 1.2 GHz 3.4 N/A UHD 32 0.9 GHz 4 MiB 15W 25W 13W $281
1000G4 1.1 Ghz 3.2 Iris Plus 48 9W 12W
1000G1 UHD 32


関連項目[編集]

参考文献[編集]