Intel Core i7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索



Core i7
生産時期 2008年から
生産者 インテル
CPU周波数 1.06 GHz から 4.4 GHz
プロセスルール 45nm から 14nm
命令セット x86, x64
マイクロアーキテクチャ Nehalem
Westmere
Sandy Bridge
Ivy Bridge
Haswell
Broadwell
Skylake
コア数 2, 4, 6, 8
ソケット LGA 1366
LGA 1156
LGA 1155
LGA 2011
LGA 1150
LGA 1151
Socket G1
Socket G2
Socket G3
コードネーム Bloomfield
Lynnfield
Clarksfield
Gulftown
Arrandale
Sandy Bridge
Ivy Bridge
Haswell
Crystal Well
Broadwell
Skylake
テンプレートを表示

Intel Core i7(インテル コア アイセブン、以下 "i7")は、インテルが製造する、x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサである。Core 2の後継にあたり、グラフィックコントローラ(HD Graphics)を内蔵していないプロセッサーは、2008年8月8日(米国時間)に発表し、11月16日(日本時間)に発売した。グラフィックコントローラ(HD Graphics)を内蔵したプロセッサーは、モバイル向けを2010年1月、デスクトップ向けを2011年1月に発売した。製品の位置づけは、インテル Core プロセッサー・ファミリーに属する。

概要[編集]

Intel Core 2の後継にあたり、Nehalemマイクロアーキテクチャ次いでSandy Bridgeマイクロアーキテクチャによって実装されている。 Core i7 はハイエンド向けの上位製品であり、主にクアッドコア / 8スレッドのラインナップとなっている(Gulftownはヘキサコア=6コア)。同アーキテクチャの下位製品には、Core i5(主にクアッドコア、一部はデュアルコア)、Core i3(デュアルコア)、Pentium(デュアルコア)、Celeron(デュアルコア) が、サーバー向けには Xeon がある。

第一世代のNehalemマイクロアーキテクチャのCore i7デスクトップ向け上位モデルはLGA 1366パッケージ。デスクトップ向け下位モデルはアッパーミドルクラス(メインストリーム中の上位機種、ハイパフォーマンスモデル)向けという位置づけであり、Core i5シリーズと同じLGA 1156パッケージであった。 第二世代のCore i7シリーズはSandy Bridgeマイクロアーキテクチャとなり、パッケージも、デスクトップ向け製品はハイエンドがLGA 2011、メインストリームがLGA 1155へ、モバイル向け製品はピンタイプが rPGA988B(対応ソケット:FCPGA988、Socket G2)、はんだボールタイプが BGA1224(対応ソケット:FCBGA1224)へとそれぞれ変更された。 第三世代のCore i7シリーズは、Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ、第四世代のCore i7シリーズは、HaswellマイクロアーキテクチャとなりメインストリームがLGA 1150へ変更された。

特徴[編集]

Nehalem 世代
Core i7 表面のヒートスプレッダ
Core i7 裏面のランド配置
Sandy Bridge 世代
  • デスクトップ向け製品のソケットは、LGA 1155/2011の2種類。コードネームはSandy Bridge, Sandy Bridge-E。
  • Intel AVX に対応。
  • LGA1155は、LGA1156と似ているがソケットの形状が異なり物理的に互換性はない。
  • メモリは Sandy Bridge がデュアルチャネル (DDR3-1333×2; 21GB/s)、Sandy Bridge-E がクアッドチャネル (DDR3×4)。
  • DMIの通信速度は、LGA1156の2.5GT/sと比べ5.0GT/sと倍増し、高速化している。
  • LGA 1155の場合、CPUクーラーはLGA1156のものが流用できる。
Ivy Bridge 世代

Ivy BridgeはSandy Bridgeに比して以下の機能の向上を含む[2][3]

全ての機能を有効にするためにはIntel 7シリーズチップセット採用マザーボードが必要である。機能制限が生じるもののIntel 6シリーズチップセット採用マザーボードにも搭載が可能であることが発表された[12]

Haswell 世代
Broadwell 世代

デスクトップ向けラインナップ[編集]

Nehalem 世代[編集]

Core i7 Extreme Edition[編集]

Core 2 Extreme(デスクトップ向け)シリーズの後継製品。通常のi7と違い、QPIの速度が速く、コア内部のクロック倍率が固定されていない。また、Turbo Mode でのコア内部クロックの倍率が細かく設定可能となっている。

Bloomfield(ブルームフィールド)
45nmプロセスで製造される、Core i7 Extremeの第一世代の製品。
プロセッサーナンバー 動作周波数 Turbo[13] コア数
(スレッド数)
キャッシュ メモリ
帯域
QPI速度 TDP ソケット プロセスルール VT-x VT-d,TXT AES 発売時期
-975 Extreme Edition 3.33GHz (x25) 1/1/1/2 4 (8) L2: 256KB×4
L3: 8MB
25.6GB/s
DDR3-1066×3
6.4GT/s 130W LGA 1366 45nm × × 2009年6月3日 日本時間
-965 Extreme Edition[14] 3.20GHz (x24) 2008年11月16日 日本時間
Gulftown(ガルフタウン)
32nmプロセスで製造される、BloomfieldコアのCore i7 Extreme後継の製品。
プロセッサーナンバー 動作周波数 Turbo[15] コア数
(スレッド数)
キャッシュ メモリ
帯域
QPI速度 TDP ソケット プロセスルール VT-x VT-d,TXT AES 発売時期
-990X Extreme Edition 3.46GHz (x26) 1/1/1/1/2/2 6 (12) L2: 256KB×6
L3: 12MB
25.6GB/s
DDR3-1066×3
6.4GT/s 130W LGA 1366 32nm × 2011年2月17日 日本時間
-980X Extreme Edition 3.33GHz (x25) 1/1/1/1/2/2 6 (12) L2: 256KB×6
L3: 12MB
6.4GT/s 130W LGA 1366 32nm 2010年3月17日 日本時間

Core i7[編集]

Core 2 Quad(デスクトップ向け)シリーズの後継製品。

Bloomfield(ブルームフィールド)
プロセッサー
ナンバー
動作周波数 Turbo[13] コア数
(スレッド数)
キャッシュ メモリ
帯域
QPI
速度
TDP ソケット プロセスルール VT-x VT-d,TXT AES 発売時期
-960 3.20GHz (x24) 1/1/1/2 4 (8) L2: 256KB×4
L3: 8MB
25.6GB/s
DDR3-1066×3
4.8GT/s 130W LGA 1366 45nm × × 2009年10月19日 日本時間
-950 3.06GHz (x23) 2009年6月3日 日本時間
-940[14] 2.93GHz (x22) 2008年11月16日 日本時間
-930 2.80GHz (x21) 2010年2月28日 日本時間
-920 2.66GHz (x20) 2008年11月16日 日本時間
Gulftown(ガルフタウン)
32nmプロセスで製造され、Core i7 ExtremeのGulftownの廉価版。Bloomfield世代のCore i7の4コアから6コアに増加している。倍率にロックがかかっている。
プロセッサー
ナンバー
動作周波数 Turbo[15] コア数
(スレッド数)
キャッシュ メモリ
帯域
QPI
速度
TDP ソケット プロセスルール VT-x VT-d,TXT AES 発売時期
-980 3.33GHz (x25) 1/1/1/1/2/2 6 (12) L2: 256KB×6
L3: 12MB
25.6GB/s
DDR3-1066×3
4.8GT/s 130W LGA 1366 32nm × 2011年6月26日 日本時間
-970 3.20GHz (x24) 1/1/1/1/2/2 6 (12) L2: 256KB×6
L3: 12MB
4.8GT/s 130W LGA 1366 32nm 2010年7月18日 日本時間
Lynnfield(リンフィールド)
2009年9月8日に公式発表、即日発売開始されたクアッドコアプロセッサ。Core i7 / i5と命名された[16]。プロセスルール45nmかつパッケージLGA 1156で製造された。デュアルチャネルのDDR3メモリコントローラとPCI Express 2.0 x16を実装した。ノースブリッジが担った機能が(Bloomfield世代のようなメモリコントローラのみならず、全て)CPUに統合されたため、メインメモリ以外の外部通信対象はノースブリッジからサウスブリッジに変わっており、その通信は(Bloomfield世代CPUをホストしたノースブリッジ・サウスブリッジ間通信と同様に)DMIで接続されている。なおCPUダイ内での、CPUコアとノースブリッジに相当する部分との通信には旧来CPUの外部通信方式であったQPIがそのまま用いられている。2010年6月1日新たに追加された875Kでは、TurboBoost動作時のクロック倍率が自由に変更可能になっている[17]
プロセッサー
ナンバー
動作周波数 Turbo[13] コア数
(スレッド数)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI TDP VT-x VT-d,TXT AES 発売時期
-880 3.06GHz (x23) 2/2/4/5 4 (8) L2: 256KB×4
L3: 8MB
21GB/s
DDR3-1333×2
2.5GT/s 95W × 2010年9月7日 日本時間
-875K 2.93GHz (x22) 2/2/4/5 × 2010年6月1日 日本時間
-870 2.93GHz (x22) 2/2/4/5 2009年9月8日 日本時間
-870s 2.66GHz (x20)  ?/?/?/7 82W 2010年7月18日 日本時間
-860 2.80GHz (x21) 1/1/4/5 95W 2009年9月8日 日本時間
-860s 2.53GHz (x19) 0/0/6/7 82W 2010年1月8日 日本時間

Sandy Bridge世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 32nm。

  • プロセッサナンバーの末尾にX/Kがつくものは、クロック倍率が非固定となっている。
  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2 AVX、 グラフィックス機能 - QSV対応、 API - DirectX 10.1、OpenGL 3.1
  • 対応メモリ - 3xxx系プロセッサー (DDR3-1066/1333/1600)、2xxx系プロセッサー (DDR3-1066/1333)
  • 発売日 - Sandy Bridge : 2011年1月9日、Sandy Bridge-E : 2011年11月14日

Core i7 Extreme[編集]

プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI2 TDP ソケット vPro VT-x VT-d TSX AES TXT 発売日 価格
(USD)
3970X 6 (12) 3.5GHz
(4.0GHz)
N/A L2:256KB×6
L3:15MB
51.2GB/s
DDR3-1600×4
5.0GT/s 150W LGA 2011 × N/A × 2012年11月14日
日本時間
$1059
3960X 3.3GHz
(3.9GHz)
130W 2011年11月14日
日本時間
$1059
3930K 3.2GHz
(3.8GHz)
L2:256KB×6
L3:12MB
$594
3820 4 (8) 3.6GHz
(3.8GHz)
L2:256KB×4
L3:10MB
2012年2月13日
日本時間
$305

Core i7[編集]

Sandy Bridge
プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI TDP ソケット vPro VT-x VT-d TSX AES TXT 発売日 価格
(USD)
2700K 4 (8) 3.5GHz
(3.9GHz)
HD3000 850MHz
(1350MHz)
L2:256KB×4
L3:8MB
21.3GB/s
DDR3-1333×2
5.0GT/s 95W LGA 1155 × × N/A × 2011年10月24日
日本時間
$342
2600K 3.4GHz
(3.8GHz)
× × × 2011年1月9日
日本時間
$326
2600 HD2000 $305
2600S 2.8GHz
(3.8GHz)
65W $305

Ivy Bridge 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 22nm。

  • 以下の表に記載したCPUは、Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャをベースにプロセスルールを22nmに変更したIvy Bridgeマイクロアーキテクチャを採用したものである。
  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2 AVX、 グラフィックス機能 - QSV/WiDi対応、 API - DirectX 11.0、OpenGL 4.0
  • 対応メモリ - 4xxx系プロセッサー(DDR3-1333/1600/1866)、3xxx系プロセッサー(DDR3-1333/1600)
  • 発売日 - Ivy Bridge : 2012年4月29日、Ivy Bridge-E : 2013年9月11日

Core i7 Extreme[編集]

プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI2 TDP ソケット vPro VT-x VT-d TSX AES TXT 発売日 価格
(USD)
4960X 6 (12) 3.6GHz
(4.0GHz)
N/A L3:15MB 59.7GB/s
DDR3-1866×4
5.0GT/s 130W LGA 2011 × - × 2013年9月11日
日本時間
$1059
4930K 3.4GHz
(3.9GHz)
L3:12MB $594
4820K 4 (8) 3.7GHz
(3.9GHz)
L3:10MB $332

Core i7[編集]

Ivy Bridge
プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI TDP ソケット vPro VT-x VT-d TSX AES TXT 発売日 価格
(USD)
3770K 4 (8) 3.5GHz
(3.9GHz)
HD4000 650MHz
(1150MHz)
L3:8MB 25.6GB/s
DDR3-1600×2
5.0GT/s 77W LGA 1155 × × × × 2012年4月29日
日本時間
$342
3770 3.4GHz
(3.9GHz)
$305
3770S 3.1GHz
(3.9GHz)
65W $305
3770T 2.5GHz
(3.7GHz)
45W $294

Haswell 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Haswellマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 22nm。

  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2 AVX 2.0、 グラフィックス出力 - eDP/DP/HDMI/DVI/VGA、 グラフィックス機能 - QSV/WiDi対応、 API - DirectX 11.1/11.2、OpenGL 4.0/4.3
  • 対応メモリ - 5xxx系プロセッサー(DDR4-1333/1600/2133)、4xxx系プロセッサー(DDR3-1333/1600、DDR3L-1333/1600)
  • 発売日 - Haswell : 2013年6月2日、Haswell Refresh : 2014年5月11日、Devil's Canyon : 2014年6月26日、Haswell-E : 2014年8月30日
  • 特記事項 - △印は、有効から無効に仕様変更.

Core i7 Extreme[編集]

プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI2 TDP ソケット vPro VT-x VT-d TSX AES TXT 発売日 価格
(USD)
5960X 8 (16) 3.0GHz
(3.5GHz)
N/A L3:20MB 68GB/s
DDR4-2133×4
5.0GT/s 140W LGA2011-v3 × × 2014年8月30日
日本時間
$1059
5930K 6 (12) 3.5GHz
(3.7GHz)
L3:15MB $594
5820K 3.3GHz
(3.6GHz)
$396

Core i7[編集]

Haswell
プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI2 TDP ソケット vPro VT-x VT-d TSX AES TXT 発売日 価格
(USD)
4771 4 (8) 3.5GHz
(3.9GHz)
HD4600 350MHz
(1200MHz)
L3:8MB 25.6GB/s
DDR3-1600×2
5.0GT/s 84W LGA 1150 2013年9月1日
日本時間
$320
4770K 350MHz
(1250MHz)
× × × × 2013年6月2日
日本時間
$350
4770 3.4GHz
(3.9GHz)
350MHz
(1200MHz)
$312
4770S 3.1GHz
(3.9GHz)
65W $305
4770T 2.5GHz
(3.7GHz)
45W $303
4765T 2.0GHz
(3.0GHz)
35W $303
Haswell Refresh
プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI2 TDP ソケット vPro VT-x VT-d TSX AES TXT 発売日 価格
(USD)
4790K 4 (8) 4.0GHz
(4.4GHz)
HD4600 350MHz
(1250MHz)
L3:8MB 25.6GB/s
DDR3-1600×2
5.0GT/s 88W LGA 1150 × × 2014年6月26日
日本時間
$350
4790 3.6GHz
(4.0GHz)
350MHz
(1200MHz)
84W 2014年5月11日
日本時間
$312
4790S 3.2GHz
(4.0GHz)
65W $312
4790T 2.7GHz
(3.9GHz)
45W $303
4785T 2.2GHz
(3.2GHz)
35W $303

Broadwell 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Broadwellマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 14nm。

  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2 AVX 2.0、 グラフィックス出力 - eDP/DP/HDMI/DVI/VGA、 グラフィックス機能 - QSV/WiDi対応、 API - DirectX 11.2、OpenGL 4.3
  • 対応メモリ - 5xxx系プロセッサー(DDR3L-1333/1600)
  • 発売日 - Broadwell-K : 2015年6月18日

Core i7[編集]

Broadwell
プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI2 TDP TDP-Down
(CPUクロック)
ソケット vPro VT-x
VT-d
TSX AES TXT 発売日 ステッピング
(sSpec)
価格
(USD)
5775C 4 (8) 3.3GHz
(3.7GHz)
Iris Pro 6200 300MHz
(1150MHz)
L3:6MB
L4:128MB(eDRAM)
25.6GB/s
DDR3L-1600×2
5.0GT/s 65W 37W
(2.2GHz)
LGA 1150 × × 2015年6月18日
日本時間
G0
(SR2AG)
$377

Skylake 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Skylakeマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 14nm。

  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2 AVX 2.0、 グラフィックス出力 - eDP/DP/HDMI/DVI、 グラフィックス機能 - 4K/QSV/WiDi対応、 API - DirectX 12、OpenGL 4.4
  • 対応メモリ - 6xxx系プロセッサー(DDR4-1866/2133、DDR3L-1333/1600)
  • 発売日 - Skylake-S : 2015年8月5日
  • 特記事項 - △印は、無効から有効に仕様変更. Intel Software Guard Extensions (SGX) 未対応版は、SR2BR、SR2BT、SR2BU. 対応版は、SR2L0、SR2L2、SR2L3.

Core i7[編集]

Skylake
プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPUクロック
(最大)
GPU GPUクロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI3 TDP ソケット vPro VT-x
VT-d
TSX AES SGX TXT 発売日 ステッピング
(sSpec)
価格
(USD)
6700K 4 (8) 4.0GHz
(4.2GHz)
HD530 350MHz
(1150MHz)
L3:8MB 34.1GB/s
DDR4-2133×2
or
25.6GB/s
DDR3L-1600×2
8.0GT/s 91W LGA 1151 × × 2015年8月5日
日本時間
R0
(SR2BR, SR2L0)
$350
6700 3.4GHz
(4.0GHz)
65W 2015年9月2日
日本時間
R0
(SR2BT, SR2L2)
$312
6700T 2.8GHz
(3.6GHz)
350MHz
(1100MHz)
35W R0
(SR2BU, SR2L3)
$303

モバイル向けラインナップ[編集]

Nehalem 世代[編集]

・ Core 2(モバイル向け)シリーズの後継製品。2チャンネルのDDR3メモリコントローラとPCI Express 2.0 x16を実装。インテルのExtreme Editionに属するCPUにおいて、初めてTXT(Trusted Execution Technology)に対応したプロセッサーである。
・ プロセッサーナンバー末尾の「M」は「Mobile」、「LM」は「Low Voltage」、「UM」は「Ultra Low Voltage」、「Q」は「Quad」、「X」は「extreme」を意味する[18]

Clarksfield(クラークスフィールド)

全プロセッサ共通事項:Nehalemマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 45nm。

  • 対応ソケット - Socket G1 (rPGA988A)
  • 対応メモリ - 9xxXM/8xxQM/7xxQM系プロセッサー(DDR3-1066/1333)
  • GPU - 非搭載
  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2、 テクノロジー - Intel 64XD bitTBT 1.0HTEIST、 PCI Express 2.0 対応
  • キャッシュ容量(L1/L2/L3) - L1: (32KB+32KB)×4, L2: 256KB×4, L3: 6MB or 8MB
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Clarksfield: 2009年9月 日本時間
  • 特記事項 - AVX/AESは、無効. vProは、940XM/920XMのみ無効. VT-x/VT-d/TXTは、有効.

 ■ Core i7 940XM/920XM

 ■ Core i7 840QM/820QM/740QM/720QM

Arrandale(アランデール)

全プロセッサ共通事項:Westmereマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 32nm。

  • 対応ソケット - Socket G1 (rPGA988A) or オンボード (BGA 1288)
  • 対応メモリ - 6xxM/6xxLM系プロセッサー(DDR3-800/1066)、6xxUM系プロセッサー(DDR3-800)
  • GPU - HD Graphics (Gen 5)
  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2、 テクノロジー - Intel 64、XD bit、TBT 1.0、HT、EIST、 グラフィックス機能 - CVT HD対応、 API - DirectX 10.1、OpenGL 2.1、 PCI Express 2.0 対応
  • キャッシュ容量(L1/L2/L3) - L1: (32KB+32KB)×2, L2: 256KB×2, L3: 4MB
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Arrandale: 2010年1月 日本時間
  • 特記事項 - AVXは、無効. vPro/VT-x/VT-d/AES/TXTは、有効. * 印は、同名異種ソケット有り.

 ■ Core i7 640M/620M

 ■ Core i7 640M/620M/660LM/640LM/620LM/680UM/660UM/640UM/620UM

Sandy Bridge 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 32nm。

  • 対応ソケット - Socket G2 (rPGA988B) or オンボード (BGA 1224) or オンボード (BGA 1023)
  • 対応メモリ - 2xxxXM/28xxQM/27xxQM系プロセッサー(DDR3-1066/1333/1600)、26xxQM/2xxxM系プロセッサー(DDR3-1066/1333)
  • GPU - HD Graphics 3000
  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2 AVX、 テクノロジー - Intel 64、XD bit、TBT 2.0、HT、EIST、 PCI Express 2.0 対応
  • グラフィックス出力 - eDP/DP/HDMI/SDVO/CRT、 グラフィックス機能 - QSV/3D/WiDi/CVT HD対応、 API - DirectX 10.1、OpenGL 3.1
  • キャッシュ容量(L1/L2/L3) - L1: (32KB+32KB)×コア数, L2: 256KB×コア数, L3: 4MB or 6MB or 8MB
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Sandy Bridge: 2011年1月 日本時間
  • 特記事項 - vPro/VT-d/TXTは、2670QM/2630QM/2675QM/2635QMのみ無効. * 印は、同名異種ソケット有り.
Sandy Bridge

 ■ Core i7 2960XM/2920XM

 ■ Core i7 2860QM/2820QM/2760QM/2720QM/2670QM/2630QM/2640M/2620M

 ■ Core i7 2860QM/2820QM/2760QM/2720QM/2675QM/2635QM

 ■ Core i7 2640M/2620M/2649M/2629M/2677M/2657M/2637M/2617M

Ivy Bridge 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 22nm。

  • 対応ソケット - Socket G2 (rPGA988B) or オンボード (BGA 1224) or オンボード (BGA 1023)
  • 対応メモリ - 3xxx系プロセッサー(DDR3-1333/1600, DDR3L-1333/1600, DDR3L-RS1333/1600)
  • GPU - HD Graphics 4000
  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2 AVX、 テクノロジー - Intel 64、XD bit、TBT 2.0、HT、EIST、 PCI Express 2.0/3.0 対応
  • グラフィックス出力 - eDP/DP/HDMI/SDVO/CRT、 グラフィックス機能 - QSV/3D/WiDi/CVT HD対応、 API - DirectX 11.0、OpenGL 4.0
  • キャッシュ容量(L1/L2/L3) - L1: (32KB+32KB)×コア数, L2: 256KB×コア数, L3: 4MB or 6MB or 8MB
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Ivy Bridge: 2012年4月 日本時間
  • 特記事項 - vPro/TXTは、36xxQM/35xxUのみ無効. VT-dは、3630QM/3610QM/3632QM(PGA)/3612QM(PGA)のみ無効. PCI Express 3.0は、 3xxxXM/3xxxQM/3xxxMのみ対応. SDPは、3689Yのみ7W. * 印は、同名異種ソケット有り.
Ivy Bridge

 ■ Core i7 3940XM/3920XM

 ■ Core i7 3840QM/3820QM/3740QM/3720QM/3630QM/3610QM/3632QM/3612QM/3540M/3520M

 ■ Core i7 3820QM/3720QM/3635QM/3615QM/3632QM/3612QM

 ■ Core i7 3540M/3520M/3687U/3667U/3537U/3517U/3489Y

Haswell 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Haswellマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 22nm。

  • 対応ソケット - Socket G3 (rPGA946B) or オンボード (BGA 1364) or オンボード (BGA 1168)
  • 対応メモリ - 4xxxM/4xxxH系プロセッサー(DDR3L-1333/1600)、4xxxU/4xxxY系プロセッサー(DDR3L-1333/1600, LPDDR3-1333/1600)
  • GPU - Iris Pro Graphics 5200 or Iris Graphics 5100 or HD Graphics 5000/4600/4400/4200
  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2 AVX 2.0、 テクノロジー - Intel 64、XD bit、TBT 2.0、HT、EIST、 PCI Express 2.0/3.0 対応
  • グラフィックス出力 - 4xxxM/4xxxH/4xxxU/4xxxY系プロセッサー(eDP/DP/HDMI/VGA)、 グラフィックス機能 - QSV/3D/WiDi/CVT HD対応、 API - DirectX 11.1/11.2/12、OpenGL 4.0/4.3
  • キャッシュ容量(L1/L2/L3) - L1: (32KB+32KB)×コア数, L2: 256KB×コア数, L3: 4MB or 6MB or 8MB
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Haswell: 2013年6月 日本時間  Crystal Well: 2013年6月 日本時間
  • 特記事項 - vProは、47xxMQ/47xxHQ/45xxUのみ無効. VT-dは、47xxMQ/4510U/4500Uのみ無効. TXTは、47xxMQ/472xHQ/471xHQ/470xHQ/45xxUのみ無効. SDPは、4610Yのみ6W. PCI Express 3.0は、4xxxMX/4xxxMQ/4xxxM/4xxxHQのみ対応. 4558Uは、LPDDR3-1333/1600 非対応. △印は、有効から無効に仕様変更.
Haswell

 ■ Core i7 4940MX/4930MX

 ■ Core i7 4910MQ/4900MQ/4810MQ/4800MQ/4710MQ/4700MQ/4712MQ/4702MQ/4610M/4600M

 ■ Core i7 4720HQ/4710HQ/4700HQ/4722HQ/4712HQ/4702HQ

 ■ Core i7 4578U/4558U/4650U/4600U/4550U/4510U/4500U/4610Y

Crystal Well

 ■ Core i7 4980HQ/4960HQ/4950HQ/4870HQ/4860HQ/4850HQ/4770HQ/4760HQ/4750HQ

Broadwell 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Broadwellマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 14nm。

  • 対応ソケット - オンボード (BGA 1364) or オンボード (BGA 1168)
  • 対応メモリ - 5xxxH/5x5xU系プロセッサー(DDR3L-1600/1866 LPDDR3-1600/1866)、5x0xU系プロセッサー(DDR3L-1333/1600, LPDDR3-1333/1600)
  • GPU - Iris Pro Graphics 6200 or Iris Graphics 6100 or HD Graphics 6000/5600/5500
  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2 AVX 2.0、 テクノロジー - Intel 64、XD bit、TBT 2.0、HT、EIST、 PCI Express 2.0/3.0 対応
  • グラフィックス出力 - 5xxxH系プロセッサー(eDP/DP/HDMI/VGA)、5xxxU系プロセッサー(eDP/DP/HDMI)、 グラフィックス機能 - QSV/3D/WiDi/CVT HD対応、 API - DirectX 11.2、OpenGL 4.3
  • キャッシュ容量(L1/L2/L3) - L1: (32KB+32KB)×コア数, L2: 256KB×コア数, L3: 4MB or 6MB
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Broadwell-H : 2015年6月 日本時間  Broadwell-U : 2015年1月 日本時間
  • 特記事項 - vPro/TSX/TXTは、5650U/5600Uのみ有効. PCI Express 3.0は、5xxxH系プロセッサーのみ対応.
Broadwell

 ■ [ Mobile ] 5th Generation Core i7 Processors  ( On-Board / BGA 1364 )

プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI2 ソケット TDP TDP-Down
(CPUクロック)
vPro VT-x VT-d TSX AES TXT 発売時期 ステッピング
(sSpec)
価格
(USD)
5950HQ 4 (8) 2.9GHz
(3.8GHz)
Iris Pro
6200
300MHz
(1150MHz)
L2:256KB×4
L3:6MB
(eDRAM:128MB)
25.6GB/s
DDR3L-1600×2
or
29.8GB/s
LPDDR3-1866×2
5.0GT/s オンボード
(BGA 1364)
47W N/A × × × 2015年6月
日本時間
G0
(SR2BJ)
$623
5850HQ 2.7GHz
(3.6GHz)
300MHz
(1100MHz)
G0
(SR2BH)
$434
5750HQ 2.5GHz
(3.4GHz)
300MHz
(1050MHz)
37W
(600MHz)
G0
(SR2BL)
$434
5700HQ 2.7GHz
(3.5GHz)
HD5600 L2:256KB×4
L3:6MB
G0
(SR2BP)
$378

 ■ [ Mobile ] 5th Generation Core i7 Processors  ( On-Board / BGA 1168 )

プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI2 ソケット TDP TDP-Down
(CPUクロック)
vPro VT-x VT-d TSX AES TXT 発売時期 ステッピング
(sSpec)
価格
(USD)
5557U 2 (4) 3.1GHz
(3.4GHz)
Iris6100 300MHz
(1100MHz)
L2:256KB×2
L3:4MB
25.6GB/s
DDR3L-1600×2
or
29.8GB/s
LPDDR3-1866×2
5.0GT/s オンボード
(BGA 1168)
28W 23W
(-)
× × × 2015年1月
日本時間
F0
(SR26E)
$426
5650U 2.2GHz
(3.1GHz)
HD6000 300MHz
(1000MHz)
15W 9.5W
(600MHz)
F0
(SR267)
$426
5550U 2.0GHz
(3.0GHz)
× × × F0
(SR26A)
$426
5600U 2.6GHz
(3.2GHz)
HD5500 300MHz
(950MHz)
25.6GB/s
DDR3L-1600×2
or
25.6GB/s
LPDDR3-1600×2
7.5W
(600MHz)
F0
(SR23V)
$393
5500U 2.4GHz
(3.0GHz)
× × × F0
(SR23W)
$393

Skylake 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Skylakeマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 14nm。

  • 対応ソケット - オンボード (BGA 1440) or オンボード (BGA 1356)
  • 対応メモリ - 6xxxH/6xxxU系プロセッサー(DDR4-2133, LPDDR3-1866, DDR3L-1600)
  • GPU - Iris Pro Graphics 580 or Iris Graphics 550/540 or HD Graphics 530/520
  • 命令セット拡張 - SSE4.1/4.2 AVX 2.0、 テクノロジー - Intel 64、XD bit、TBT 2.0、HT、EIST、 PCI Express 3.0 対応
  • グラフィックス出力 - eDP/DP/HDMI/DVI、 グラフィックス機能 - 4K/QSV/3D/WiDi/CVT HD対応、 API - DirectX 12、OpenGL 4.4
  • キャッシュ容量(L1/L2/L3) - L1: (32KB+32KB)×コア数, L2: 256KB×コア数, L3: 4MB or 6MB or 8MB
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Skylake-H : 2015年9月 日本時間   Skylake-U : 2015年9月 日本 時間 
  • MSサポート(終了日) - Windows 7/8.1 のサポートは、2018年7月17日. 緊急のセキュリティアップデートは、Windows 7: 2020年1月14日、Windows 8.1:2023年1月10日.
  • 特記事項 - vPro/TXTは、6920HQ/6820HQ/6660U/6650U/6600Uのみ有効. TSXは、6920HQ/6820HQ/6820HK/6660U/6650U/6600Uのみ有効.
Skylake-H

 ■ [ Mobile ] 6th Generation Core i7 Processors  ( On-Board / BGA 1440 )

プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI3 ソケット TDP TDP-Down
(CPUクロック)
vPro VT-x
VT-d
TSX AES SGX
MPX
TXT 発売時期 ステッピング
(sSpec)
価格
(USD)
6920HQ 4 (8) 2.9GHz
(3.8GHz)
HD530 350MHz
(1050MHz)
L2:256KB×4
L3:8MB
34.1GB/s
DDR4-
2133×2
or
25.6GB/s
DDR3L-
1600×2
8.0GT/s オンボード
(BGA 1440)
45W 35W
(-)
○/○ 2015年10月
日本時間
R0
(SR2FT)
$568
6970HQ 2.8GHz
(3.7GHz)
Iris Pro
580
L2:256KB×4
L3:8MB
(eDRAM:128MB)
× × × 2016年1月
日本時間
N0
(SR2QW)
$623
6870HQ 2.7GHz
(3.6GHz)
350MHz
(1000MHz)
N0
(SR2QX)
$434
6820HQ HD530 350MHz
(1050MHz)
L2:256KB×4
L3:8MB
2015年10月
日本時間
R0
(SR2FU)
$378
6820HK × × 2015年9月
日本時間
R0
(SR2FL)
$378
6770HQ 2.6GHz
(3.5GHz)
Iris Pro
580
350MHz
(950MHz)
L2:256KB×4
L3:6MB
(eDRAM:128MB)
× 2016年1月
日本時間
N0
(SR2QY)
$434
6700HQ HD530 350MHz
(1050MHz)
L2:256KB×4
L3:6MB
2015年9月
日本時間
R0
(SR2FQ)
$378
Skylake-U

 ■ [ Mobile ] 6th Generation Core i7 Processors  ( On-Board / BGA 1356 )

プロセッサー
ナンバー
コア数
(スレッド数)
CPU
クロック
(最大)
GPU GPU
クロック
(最大)
キャッシュ メモリ
帯域
DMI3 ソケット TDP TDP-Down TDP-UP vPro VT-x
VT-d
TSX AES SGX
MPX
TXT 発売時期 ステッピング
(sSpec)
価格
(USD)
6567U 2 (4) 3.3GHz
(3.6GHz)
Iris550 300MHz
(1100MHz)
L2:256KB×2
L3:4MB
(eDRAM:64MB)
34.1GB/s
DDR4-
2133×2
or
29.8GB/s
LPDDR3-
1866×2
オンボード
(BGA 1356)
28W 23W
(-)

(-)
× × ○/○ × 2015年9月
日本時間

(-)
N/A
6660U 2.4GHz
(3.4GHz)
Iris540 300MHz
(1050MHz)
15W 9.5W
(-)
2016年3月
日本時間
K1
(SR2JL)
$415
6650U 2.2GHz
(3.4GHz)
2015年9月
日本時間
K1
(SR2KA)
$415
6560U 2.2GHz
(3.2GHz)
× × ×
(-)
N/A
6600U 2.6GHz
(3.4GHz)
HD520 L2:256KB×2
L3:4MB
7.5W
(800MHz)
25W
(2800MHz)
D1
(SR2F1)
$393
6500U 2.5GHz
(3.1GHz)
25W
(2600MHz)
× × × D1
(SR2EZ)
$393

組込み機器向けラインナップ[編集]

Nehalem 世代[編集]

Arrandale

全プロセッサ共通事項:Westmereマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 32nm。

  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Arrandale : 2010年1月 日本時間

 ■ Core i7 610E/620LE/660UE/620UE

Sandy Bridge 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 32nm。

  • 対応ソケット - Socket G2 (rPGA988B) or オンボード (BGA 1023)
  • 対応メモリ - (ECC) DDR3-1066/1333/1600
  • GPU - HD Graphics 3000
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Sandy Bridge : 2011年1月 日本時間
Sandy Bridge

 ■ Core i7 2710QE

 ■ Core i7 2715QE/2655LE/2610UE

Ivy Bridge 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 22nm。

  • 対応ソケット - Socket G2 (rPGA988B) or オンボード (BGA 1023)
  • 対応メモリ - (ECC) DDR3-1067/1333/1600、(ECC) DDR3L-1333/1600
  • GPU - HD Graphics 4000
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Ivy Bridge : 2012年4月 日本時間
Ivy Bridge

 ■ Core i7 3610QE

 ■ Core i7 3615QE/3612QE/3555LE/3517UE

Haswell 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Haswellマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 22nm。

  • 対応ソケット - LGA1150 or オンボード (BGA 1364)
  • 対応メモリ - DDR3-1333/1600、(ECC) DDR3L-1333/1600
  • GPU - Iris Pro 5200 or HD Graphics 4600 or 非搭載
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Haswell : 2013年6月 日本時間  Crystal Well : 2013年6月 日本時間
Haswell

 ■ Core i7 4770TE

 ■ Core i7 4770R/4700EQ/4700EC/4702EC

Broadwell 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Broadwellマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 14nm。

  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Broadwell : 2015年6月 日本時間
Broadwell

 ■ Core i7 5775R/5850EQ/5700EQ

Skylake 世代[編集]

全プロセッサ共通事項:Skylakeマイクロアーキテクチャ、プロセスルールは 14nm。

  • 対応ソケット - LGA1151 or オンボード (BGA 1440)
  • 対応メモリ - DDR4-1866/2133、(LPDDR3-1866)、DDR3L-1333/1600
  • GPU - HD Graphics 530
  • 発売時期(発表日 or 発売日) - Skylake-S : 2015年10月 日本時間  Skylake-H : 2015年10月 日本時間
Skylake

 ■ Core i7 6700TE

 ■ Core i7 6820EQ/6822EQ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 従前規格のLGA 775は37.5mm×37.5mm。
  2. ^ Webster, Clive (2011年10月10日). “Ivy Bridge Media Upgrades and Security Features”. bit-tech. Dennis Publishing Limited. 2012年5月5日閲覧。
  3. ^ Shvets, Gennadiy (2011年11月27日). “Ivy Bridge desktop CPU lineup details”. CPU World. 2012年5月5日閲覧。
  4. ^ Intel Reinvents Transistors Using New 3-D structure”. Intel. 2011年5月4日閲覧。
  5. ^ Delahunty, James (2011年3月30日). “Intel Ivy Bridge chips feature PCI Express 3.0”. After Dawn News. 2011年11月11日閲覧。
  6. ^ a b Ivy Bridge Overclocking: Ratio Changes Without Reboot, More Ratios and DDR3-2800”. 2012年2月21日閲覧。
  7. ^ Ivy Bridge processors”. Ivy Bridge Laptops (2012年1月18日). 2012年5月5日閲覧。
  8. ^ a b Vättö, Kristian (2011年5月6日). “Intel’s Roadmap: Ivy Bridge, Panther Point, and SSDs”. AnandTech. http://www.anandtech.com/show/4318/intel-roadmap-ivy-bridge-panther-point-ssds/ 2011年11月11日閲覧。 
  9. ^ Behind Intel's New Random-Number Generator”. Spectrum. IEEE (2011年9月). 2012年5月5日閲覧。
  10. ^ Bull Mountain Software Implementation Guide”. Intel (2011年6月12日). 2011年12月4日閲覧。
  11. ^ Karmehed, Anton (2011年5月31日). “Intel Ivy Bridge gets variable TDP and Thunderbolt”. NHW. 2012年5月5日閲覧。
  12. ^ Ivy BridgeはZ68、P67、H67などでも使えます
  13. ^ a b c Turbo Boost動作時に、動作コア数が4コア/3コア/2コア/1コアの時の、それぞれのビン(133MHz)の増加数を表す。
  14. ^ a b 965 Extreme Editionと940は2009年9月4日をもって注文・製造を終了した。
  15. ^ a b Turbo Boost動作時に、動作コア数が6コア/5コア/4コア/3コア/2コア/1コアの時の、それぞれのビン(133MHz)の増加数を表す。
  16. ^ 【笠原一輝のユビキタス情報局】 見えてきたIntelの新しいプロセッサブランド戦略 - PC Watch 2009年7月13日
  17. ^ 「Core i7-875K」を試す - Intelが普及価格帯に本気の倍率ロック無しCPU - マイコミジャーナル 2010年5月30日
  18. ^ 2010年、真の「モバイルPC元年」到来:「2010 インテルCoreプロセッサー」がもたらす、モバイルノートPCの劇的な進化 (2/4) - ITmedia +D PC USER

出典[編集]

関連項目[編集]




外部リンク[編集]