Kaby Lakeマイクロアーキテクチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Kaby Lake
生産時期 2016年8月30日から
生産者 インテル
プロセスルール 14nm
命令セット x86-64, Intel 64
コア数 2から4
ソケット
  • LGA 1151
  • LGA 2066
前世代プロセッサ Skylake
次世代プロセッサ Kaby Lake Refresh
ブランド名
  • Core m3
  • Core i3
  • Core i5
  • Core i7
  • Core i9
  • Celeron
  • Pentium
  • Xeon
テンプレートを表示

Kaby Lakeマイクロアーキテクチャー(ケイビーレイク[1][2]またはカビーレイク[3]―マイクロアーキテクチャー)とはインテルによって開発されたマイクロプロセッサアーキテクチャである。 [4] Kaby Lakeは一世代前のSkylakeと同じ14nmで製造され2016年8月30日に第7世代Intel Coreプロセッサとして製品化された。 [5] Kaby Lakeは以前のインテル チック・タックとは異なり、新たに追加されたプロセス・アーキテクチャー最適化に相当する。 [6] モバイル向けのKaby Lakeは2016年第二四半期よりOEM向けとして先行出荷された。 [7] [8] 一方デスクトップ向けはモバイル向けに数か月遅れて2017年1月より出荷が開始された。 [9]

当初Skylakeに続くCannonlakeによって10nmへシュリンクが行われる予定だったが、インテルはCannonlakeは2017年後半に延期し(その後2018年に更に延期)14nmで製造するKaby Lakeを2016年後半にリリースすると2015年7月16日に発表した。 [10] [11]

概要[編集]

Kaby Lakeは改善14nmプロセス (14FF+) により製造され、Skylakeに対して動作クロックが高く、また、高速な動作周波数の調整の行えるターボクロック機能が搭載されている。これらを実現するため動作周波数だけではなく、SkylakeからCPUアーキテクチャーに小さな変更が加えられている[12]クロックあたりの命令実行数についてはSkylakeとKaby Lakeは同じである。[4] Kaby LakeはネイティブでUSB 3.1 Gen2 (10Gbit/s) がサポートされているが、200シリーズのチップセットではサポートされておらず、10Gbit/sの使用にはサードパーティー製の追加チップが必要となる[13]

また、Kaby Lakeは新しいGPUを搭載しており3Dグラフィクス4Kビデオ向けのパフォーマンスが強化されている[4][14]。新たな機能としてHDCP 2.2[15]、および、H.264,HEVCのメインプロファイルおよびメイン10/10bitプロファイル、VP9 10bitおよび8bitのハードウェアデコード機能が追加されている[12][16][17][18]。ハードウェアエンコード機能としてはH.264HEVCメイン10/10プロファイル,VP9 8bitおよび10bitがサポートされている。

Skylakeからの変更点[編集]

Kaby Lakeは、Skylakeと同じ周波数当たりのパフォーマンスを備えている。また、Kaby Lakeは、Skylakeに対して以下の点が改良されている。:

  • 全モデル動作周波数の増加(最大で300MHz)
  • 高速な動作周波数の調整
  • GPUの改良
  • 200 シリーズのチップセット。ソケット1151
  • CPUに接続された最大16のPCI Express 3.0レーン。PCHに接続された最大24のPCI Express 3.0レーン
  • Intel Optane テクノロジーのサポート

互換性[編集]

Kaby Lakeはx86/x86 64プロセッサとしてはSkylakeと完全な互換性があるが、一方でサポートが行われるOSが異なる。[19] 2016年1月15日にKaby LakeをサポートするWindowsWindows 10のみであると発表した。[20][21]また、今後のプロセッサについても新しいプロセッサはその時点でリリースされている最新バージョンのWindowsにおいてのみサポートすると発表した。[20]

サフィックスによるTDPの分類[編集]

チップ全体のTDPにより以下の通りサフィックスが設定されている。[22]

デスクトップ向け:

  • ハイパフォーマンス: K: 91W
  • 標準: (なし): 65W
  • 低消費電力: T: 35W

モバイル向け:

  • ハイパフォーマンス: HQ: 45W、H: 35W
  • 標準: U: 15W - 28W
  • 低消費電力: Y: 4.5W

製品構成[編集]

デスクトップ向け[編集]

ターゲット コア
(スレッド)
ブランド・型番 CPUクロック CPUターボクロック GPUモデル GPUクロック L3キャッシュ TDP 発売日 価格(USD)
ベース 最大
 パフォーマンス 4 (8) Core i7 7700K[23][24] 4.2 GHz 4.5 GHz HD 630 350 MHz 1.15 GHz 8 MB 91 W Q1 2017 339
7700[23][24] 3.6 GHz 4.2 GHz 65 W 303
7700T[23] 2.9 GHz 3.8 GHz 35 W
メインストリーム 4 (4) Core i5 7600K[23][24] 3.8 GHz 4.2 GHz 6 MB 91 W 242
7600[23][24] 3.5 GHz 4.1 GHz 65 W 213
7600T[23] 2.8 GHz 3.7 GHz 1.1 GHz 35 W
7500[23][24] 3.4 GHz 3.8 GHz 65 W 192
7500T[23] 2.7 GHz 3.3 GHz 35 W
7400[23] 3.0 GHz 3.5 GHz 1.0 GHz 65 W 182
7400T[23] 2.4 GHz 3.0 GHz 35 W
2 (4) Core i3 7350K 4.2GHz N/A 1.15 GHz 4MB 60 W 168
7320 4.1GHz 51 W 149
7300 4.0GHz 138
7300T 3.5GHz 1.1 GHz 35 W
7100 3.9GHz 3MB 51 W 117
7100T 3.4GHz 35 W
Pentium G4620 3.7GHz 51 W 86
G4600 3.6GHz 75
G4600T 3.0GHz 1.05 GHz 35 W
G4560 3.5GHz HD 610 54 W 64
G4560T 2.9GHz 35 W
2 (2) Celeron G3950 3.0GHz 2MB 51 W 52
G3930 2.9GHz 42
G3930T 2.7GHz 1.0 GHz 35 W

モバイル向け[編集]

ターゲット コア
(スレッド)
ブランド・型番 CPUクロック CPUターボクロック GPUモデル GPUクロック L3キャッシュ L4キャッシュ
(eDRAM)
 最大PCIeレーン数 TDP cTDP 発売日 価格(USD)
 シングルコア デュアルコア クアッドコア ベース 最大 Up Down
パフォーマンス 2 (4) Core i7 7Y75 1.3 GHz 3.6 GHz ? ? HD 615 300 MHz 1050 MHz 4 MB N/A 10 4.5 W 7 W 3.5 W Q3 2016 $393
7500U 2.7 GHz 3.5 GHz HD 620 12 15 W 25 W 7.5 W
メインストリーム Core i5 7Y54 1.2 GHz 3.2 GHz HD 615 950 MHz 10 4.5 W 7 W 3.5 W $281
7200U 2.5 GHz 3.1 GHz HD 620 1000 MHz 3 MB 12 15 W 25 W 7.5 W
Core i3 7100U 2.4 GHz N/A 不明
Core m3 7Y30 1 GHz 2.6 GHz HD 615 900 MHz 4 MB 10 4.5 W 7 W 3.5 W

サーバ/ワークステーション向け[編集]

ターゲット コア
(スレッド)
ブランド・型番 CPUクロック CPUターボクロック GPUモデル EUs GPUクロック L3キャッシュ L4キャッシュ
(eDRAM)
TDP 発売日 価格(USD)
 シングルコア デュアルコア クアッドコア ベース 最大
 ワークステーション 4 (4) Xeon E3-1205v6[23] 3.0 GHz  ?  ?  ? HD P630  ? 350 MHz 1000 MHz 8M N/A 65W Q1 2017 $193

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ DOS/V POWER REPORT」2017年5月号 p.141 CPUコードネーム解説
  2. ^ 新CPU「Kaby Lake」って何?2017年最新PCのトレンドを探る生放送 アスキー編集部 2017年1月18日
  3. ^ “Kaby Lake”こと第7世代インテルCoreプロセッサーが正式発表 価格.com マガジン 遠山俊介 2016年9月1日
  4. ^ a b c Cutress, Ian; Ganesh, TS (2016年8月30日). “Intel Announces 7th Gen Kaby Lake”. Anandtech. http://www.anandtech.com/show/10610/intel-announces-7th-gen-kaby-lake-14nm-plus-six-notebook-skus-desktop-coming-in-january 2016年8月30日閲覧。 
  5. ^ Smith, Ryan; Howse, Brett (2015年7月16日). “Tick Tock on the Rocks: Intel Delays 10nm, Adds 3rd Gen 14nm Core Product "Kaby Lake"”. Anandtech. http://www.anandtech.com/show/9447/intel-10nm-and-kaby-lake 2016年12月6日閲覧。 
  6. ^ Cutress, Ian (2016年3月22日). “Intel's 'Tick-Tock' Seemingly Dead, becomes 'Process-Architecture-Optimization'”. Anandtech. http://www.anandtech.com/show/10183/intels-tick-tock-seemingly-dead-becomes-process-architecture-optimization 2016年12月6日閲覧。 
  7. ^ Howse, Brett (2016年7月20日). “Intel Begins Shipment of Seventh Generation Core: Kaby Lake”. Anandtech. 2016年7月27日閲覧。
  8. ^ Kampman, Jeff (2016年7月21日). “Intel begins shipping Kaby Lake CPUs to manufacturers”. 2016年7月27日閲覧。
  9. ^ GoodDay. “HP ProBook 450 G4 Laptop: i7-7500U, 15.6" 1080P, 8GB RAM, 256GB SSD, Win10 Pro $625 (w/ MasterPass) + FS”. 2016年10月13日閲覧。
  10. ^ Bright, Peter (2015年7月15日). “Intel confirms tick-tock-shattering Kaby Lake processor as Moore's Law falters”. Ars Technica. 2016年7月27日閲覧。
  11. ^ Hruska, Joel (2015年7月16日). “Intel confirms 10nm delayed to 2017, will introduce 'Kaby Lake' at 14nm to fill gap”. ExtremeTech. 2016年7月27日閲覧。
  12. ^ a b Kampman, Jeff (2016年8月30日). “Intel's Kaby Lake CPUs revealed”. Tech Report. https://techreport.com/review/30587/intel-kaby-lake-cpus-revealed 2016年8月30日閲覧。 
  13. ^ Niederste-Berg, Marcel (2015年6月24日). “Intel to bring "Kaby Lake" and "Cannonlake"”. 2016年7月27日閲覧。
  14. ^ Eassa, Ashraf (2015年8月29日). “Intel Corporation Is Doing Something Smart with Its Upcoming Kaby Lake Chip”. 2016年7月27日閲覧。
  15. ^ Chris L (2015年10月16日). “Kaby Lake 存活至 2018 年,Intel 10nm 計劃產品再推遲”. 2016年7月27日閲覧。
  16. ^ qhua (2015年11月16日). “Z170 主機板也能用,Kaby Lake 平台搭配 200 系列晶片”. 2016年7月27日閲覧。
  17. ^ Harsh Jain (2016年6月6日). “What's New in Intel® Media SDK 2016 R2”. Intel. 2016年7月27日閲覧。
  18. ^ Intel® Media Software Development Kit 2016, R2, Release Notes Version (7.0.0.358)”. Intel (2016年6月6日). 2016年7月27日閲覧。
  19. ^ Chiappetta, Marco. “Here's Why Intel Kaby Lake And AMD Zen Will Only Be Optimized On Windows 10” (en-us). 2016年9月7日閲覧。
  20. ^ a b Myerson, Terry (2016年1月15日). “Windows 10 Embracing Silicon Innovation”. Microsoft. 2016年7月27日閲覧。
  21. ^ Windows の更新プログラムをスキャンまたはダウンロードするときに、"お使いの PC はこのバージョンの Windows でサポートされていないプロセッサを使用しています" エラーが表示される”. Microsoft (2017年3月16日). 2017年4月9日閲覧。
  22. ^ Enhanced Intel SpeedStep Technology for the Intel Pentium M Processor (White Paper) (PDF)”. Intel Corporation (2004年3月). 2013年12月21日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h i j k Cutress, Ian; Shilov, Anton (2016年10月31日). “Desktop Kaby Lake-S i7/i5 Lineup and 200-Series Chipsets Leaked”. Anandtech. http://www.anandtech.com/show/10802/desktop-kaby-lakes-lineup-base-frequencies-chipset-names 2016年10月31日閲覧。 
  24. ^ a b c d e Soderstrom, Thomas (2016年11月29日). “Overclocking Intel’s Core i7-7700K: Kaby Lake Hits The Desktop!”. Tom's Hardware. http://www.tomshardware.com/reviews/intel-kaby-lake-core-i7-7700k-overclocking-performance-review,4836.html 2016年11月29日閲覧。