Intel HD Graphics

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HD Graphics 2000 を内蔵する Core i5 プロセッサ

Intel HD Graphics とは、インテルによるプロセッサ内蔵グラフィックコントローラ (GPU) のシリーズ名である。単に HD Graphics と呼ばれることもある。

Intel の統合型GPUのブランドは当初 HD Graphics のみだったが、第4世代 Core プロセッサ(Haswellマイクロアーキテクチャ)では、最上位2モデルに対して「Intel Iris Graphics」「Intel Iris Pro Graphics」のブランドが与えられた[1]。本項では、これらブランドも取り扱う。

概要[編集]

Intel HD Graphics は、同社の Intel Graphics Media Accelerator (Intel GMA) シリーズを置き換えるもので、同社の開発した CPU に統合される形で設計されている。

Intel HD Graphics は、単体のGraphics Processing Unitではなく、主にコストの削減や消費電力を減らすため、高いグラフィック性能を必要としない安価なコンピュータにおいて、オンボードグラフィックに用いられている。

Intel HD Graphics が登場するまで、Intel は内蔵グラフィックスをマザーボード上のノースブリッジに組み込んでいた。これには Intel Extreme Graphics や Intel GMA が含まれる。後の Platform Controller Hub (PCH) の登場により、プラットフォーム刷新の一環としてノースブリッジが除去され、これらのグラフィックスの処理機能は CPU に移された。

第5世代[編集]

GPUの世代数はIntel HD Graphics以前の世代を含めた数。

  • 第1世代:Intel Graphics Technology(IGT)
  • 第2世代:Intel Extreme Graphics
  • 第3世代、第4世代:Intel Graphics Media Accelerator(Intel GMA)

FLOPSの詳細は FLOPS#IntelEN:List_of_Intel_graphics_processing_units#Notes を参照。
公式情報:[2][3][4][5][6][7][8][9][10]

Westmere - HD Graphics[編集]

(CPU:Celeron U3xxx/P4xxx, Pentium U5xxx/P6xxx/G69xx, 第1世代Core i3/i5/i7 xxx)
2010Q1~2011Q3発売 製造プロセス45nm
初のHD Graphicsであり、GPUとCPUのSiP(CPUの製造プロセスのみ32nm[11])。MobileのみDynamic Frequency技術に対応しGPUとCPUの負荷バランスを見ながらGPUの動作クロックもTDPの枠内で上下させるようになった[12]。EUが2基増加した。CVT HDの強化[13]とWiDiに対応した。機能を生かすには対応するチップセットを実装したマザーボードとの組み合わせが必要。

製品 Market
(コードネーム)
[DeviceID]
CPU GPUクロック (MHz) EU
最大
GFLOPS
(単精度
理論値)
メインメモリ ビデオ機能 WiDi
ベース 最大 帯域
(GB/s)
DVMT デコード
[13]
CVT HD
HD Graphics Mobile
(Arrandale)
[0046]
Celeron U3x00
Pentium U5x00
166 500 12 24 12.8 1.7GB CVT -
Core ix-xx0UM
Celeron U3405 17 CVT -
Core i7-6x0LM 266 566 27
Celeron P4x0x
Pentium P6x00
500 667 32 CVT -
Core ix-xx0M 766 36
Desktop
(Clarkdale)
[0042]
Pentium G69xx 533 - 25 - -
Core i3-5x0
Core i5-6x0
733 35 21.3
Core i5-661 900 43

第6世代[編集]

Sandy Bridge - HD Graphics, HD Graphics 2000/3000/P3000[編集]

(CPU:Celeron xxx/Bxxx/Gxxx, Pentium xxx/Bxxx/Gxxx, 第2世代Core i3/i5/i7 2xxx, Xeon E3 12xx)
2011Q1~2013Q2発売 製造プロセス32nm
GPUがCPUのチップ(ダイ)に内蔵され、Last Level Cache (LLC) も共有出来る様になりパフォーマンスが向上。DesktopやServerでもDynamic Frequency技術に対応し最大動作クロックが上がった。EU1基で8FLOPS/Clockに強化された。CVT HDの機能強化[14]HDMI1.4を使用したBlu-ray 3D(アクティブシャッター方式)への対応[15]。Quick Sync Video (QSV) に対応し、MPEG2/MPEG-4 AVC をハードウェアエンコードで高速化する事が可能 (利用には対応するソフトが必要)。Insiderに対応した[16]。P3000はECCメモリの対応と業務向けアプリケーションの最適化と認定が追加されている[17]。またP3000はC206チップセットと組み合わせることで使用することができる。

製品 Market CPU Device
ID
GPUクロック (MHz) EU
最大
FLOPS
(単精度
理論値)
メインメモリ
ベース 最大 帯域
(GB/s)
DVMT
HD Graphics Mobile Celeron 7x7
Celeron 8x7
Pentium 9x7
350 800-
1000
6 38G-
48G
21.3 1.7GB
Celeron B7x0
Celeron B8xx
Pentium B9x0
650 950-
1150
45G-
55G
Desktop Celeron G4xx
Celeron G5x0T
Pentium G6xxT
1000-
1100
48G-
52G
17
Pentium G860T 1100 21.3
Celeron G5xx
Pentium G6xx
850 1000-
1100
17
Pentium G8x0 1100 52G 21.3
HD Graphics 2000 Desktop Core ix-2xx0S
Core ix-2xx0T
0102 650 1250 60G
Core ix-2xx0 850 1350 64G
Server Xeon E3-1260L 650 1250 60G
HD Graphics 3000 Mobile Core ix-2xx7M 0116 350 900-
1200
12 86G-
115G
Core i7-2xx9M 500 1100 105G
Core i3-2328M 650
Core i3-2348M 1150 110G
Core i5-2435M
Core i7-2xx0QM
Corei7-2xx0XM
Core ix-2xx0M
1300 124G
Desktop Core ix-2x05
Core ix-2x00K
0112 850 1350 129G
HD Graphics P3000[17] Server Xeon E3-12x5


第7世代[編集]

Ivy Bridge - HD Graphics, HD Graphics 2500/4000/P4000[編集]

(CPU:Celeron 10xx/G16xx, Pentium A1018/2xxx/G2xxx, 第3世代Core i3/i5/i7 3xxx, Xeon E3 12x5 v2)
2012Q2~2013Q3発売 製造プロセス22nm(Tri-gate)
EU1基で16FLOPS/Clockに強化された。QSV 2.0、WiDi 3.0の対応[18]や、パッシブ方式の3Dにも新たに対応[19]4K出力(2系統のDisplayPort出力とCore i5/i7の必要がある)、4Kのハードウェアデコードへの対応[20]。3画面出力への対応。

製品 Market CPU Device
ID
GPUクロック (MHz) GPU
Tier
Core
config1
最大
FLOPS
(単精度
理論値)
メインメモリ
ベース 最大 帯域
(GB/s)
DVMT
HD Graphics Mobile Celeron 1019Y 350 800 GT1 48:6:1 76G 25.6 1.7GB
Pentium 2129Y 850 81G
Celeron 10x7U
Pentium 21x7U
1000-
1100
96G-
105G
Celeron 10xxM
Pentium A1018
Pentium 20x0M
650
Desktop Celeron G16x0(T)
Pentium G20x0(T)
1050 100G 21.3
Pentium G21x0(T) 25.6
HD Graphics 2500 Desktop Core i3-32x0(T) 0152
Core i5-3xx0(S/T) 1050-
1150
100G-
110G
Server Xeon E3-1265Lv2 1150 110G
HD Graphics 4000 Mobile Core ix-3xx9Y 0166 350 850 GT2 128:16:2 217G
Core i3-32x7U
Core i5-33x7U
Core i5-3427U
Core i7-3xx7U
1050-
1200
268G-
307G
Core i3-31x0M
Core i5-32x0M
650 1000-
1100
256G-
307G
Core i5-3437U
Core i7-36xxQM
1100-
1200
Core i5-33x0M
Core i7-35x0M
Core i7-37x0QM
Core i7-38x0QM
1200-
1300
307G-
345G
Core i7-39x0XM 1300-
1350
Desktop Core i3-32x5 0162 1050 268G
Core i5-3475S 1100 281G
Core i7-3770(S/T)
Core ix-3x70K
1150 294G
HD Graphics P4000 Server Xeon E3-12x5v2 1250 320G


Bay Trail - HD Graphics[編集]

(CPU:Atom Z37xx, Celeron N2xxx/J1xxx, Pentium N35xx/A1020/J2xxx)
2013Q3~2016Q1発売 製造プロセス22nm(Tri-gate)
VP8のハードウェアデコードに対応した[21][22]

製品 Market CPU Device
ID
GPUクロック (MHz) Core
config1
メインメモリ ビデオ機能 WiDi
ベース ブースト 帯域
(GB/s)
DVMT デコード CVT HD 3D Insider エンコード
(QSV)
HD Graphics Tablet Atom Z3735E
Atom Z373xG
311-
313
646 32:4:1 5.3 0.7GB
Atom Z3735D
Atom Z373xF
10.6
Atom Z37x0D 688
Atom Z3745D
Atom Z3775D
792
Atom Z37x0 667 17.1
Atom Z3745
Atom Z3775
Atom Z3795
778
Atom Z3785 833 21.3
Mobile Celeron N2805 667 8.5 1.7GB - - - -
Celeron N2806 756
Celeron N2807 750 10.6
Celeron N2808 792
Celeron N281x
Celeron N2820
Celeron N2910
756 17.1 -
Celeron N2920 844
Celeron N2830 750 21.3
Celeron N2840 792
Celeron N2930
Celeron N2940
854
Pentium N3510 750 -
Pentium N3520 854
Pentium N3530 896
Pentium N3540
Desktop Celeron J1x00 688 750-
854

[23]
Celeron J1x50 -
Pentium J2850 854
Pentium A1020
Pentium J2900
896


第7.5世代[編集]

Haswell - HD Graphics, HD/Iris (Pro) Graphics 4200~5200[編集]

(CPU:Celeron 29xx/G18xx, Pentium 35xx/G3xxx, 第4世代Core i3/i5/i7 4xxx, Xeon E3 12x5/12x6 v3)
2013Q2~2015Q1発売 製造プロセス22nm(Tri-gate)
QSVとWiDiの強化、DisplayPort 1.2の高解像度や3D出力、HDMI 1.4の4K(24Hz)出力への対応[24](CeleronとPentiumは4K非対応[25])。CMAA (Conservative Morphological Anti-Aliasing、従来のMSAAよりも性能が向上しているアンチエイリアス)、Adaptive Rendering Control (バッテリーを使って最大パフォーマンスを選択せずにゲームをしている時に変化が無いシーンの再レンダリングを控えて消費電力を抑える機能)の追加[26]。GT3ではスライス単位でパワーゲーティングができ、メディアタスク等で演算性能が一定以下しか必要とされない場合は、2個のスライスのうち片方をシャットダウンしてリーク電流を抑える[27]。GT3e (Crystal Well)ではCPU+GPU全体にL4キャッシュとしてeDRAMをパッケージ上に搭載[28](128MB、片方向51.2GB/s、双方向102.4GB/s[29])により帯域を必要とする処理を高速化。

製品 GPU
Tier
Core
config2
GPUクロック (MHz) 最大
GFLOPS
(単精度
理論値)
メインメモリ
ベース 最大 帯域
(GB/s)
DVMT
HD Graphics GT1 80:10:1 200-400 850-1200 136-192 21.3/25.6 1.7GB
HD Graphics 4200 GT2 160:20:2 200 850 272 25.6 2GB
HD Graphics 4400 200/350 950-1150 304-368
HD Graphics (P)4600 200-400 1100-1350 352-432
HD Graphics P4700 350 1250/1300 400/416
HD Graphics 5000 GT3 320:40:4 200 1000/1100 640/704
Iris Graphics 5100 1100/1200 704/768
Iris Pro Graphics 5200 GT3e
(128MB
eDRAM)
1150-1300 736-832


第8世代[編集]

Broadwell - HD Graphics, HD/Iris (Pro) Graphics 5300~P6300[編集]

(CPU:Celeron 32xx/37xx, Pentium 38xx, 第5世代Core M/i3/i5/i7 5xxx, Xeon E3 12x5/12x8 v4)
2014Q3~2015Q2発売 製造プロセス14nm(Tri-gate)
EU1基で8 IOPS/Clockに強化された。共有仮想アドレス領域がハードウェアでサポートされ、CPUコアとGPUコアの間のデータ交換が容易になった[30]DisplayPort 1.2の高解像度出力の対応強化[24]

製品 GPU
Tier
Core
config2
GPUクロック (MHz) 最大
GFLOPS
(単精度
理論値)
メインメモリ
ベース 最大 帯域
(GB/s)
DVMT
HD Graphics GT1 96:12:2 100/300 800/850 153/163 25.6
HD Graphics 5300 GT2 192:24:3 800-900 307-345 容量の
半分まで
HD Graphics 5500 300 850-950 326-364
HD Graphics 5600 1050 403
HD Graphics P5700 700 1000 384
HD Graphics 6000 GT3 384:48:6 300 950/1000 729/768
Iris Graphics 6100 1000-1100 768-844
Iris Pro Graphics 6200 GT3e
(128MB
eDRAM)
1050-1150 806-883 25.6/29.8
Iris Pro Graphics P6300 300/800 1000-1150 768-883


Braswell - HD Graphics, HD Graphics 400/405[編集]

2015Q1~2016Q1発売 製造プロセス14nm(Tri-gate) CPU:Celeron N/J30xx~31xx, Pentium N/J37xx

製品 Market CPU GPUクロック (MHz) Core
config1
メインメモリ ビデオ機能 WiDi
ベース ブースト 帯域
(GB/s)
DVMT デコード CVT HD 3D エンコード
(QSV)
HD Graphics,
HD Graphics 400/405
Mobile Celeron N30x0 320 600 96:12:2 25.6
[36]
1.7GB -
Celeron N31x0 640
Pentium N37x0 400 700 128:16:2
Desktop Celeron J3060
Celeron J3160
320 96:12:2
Pentium J3710 400 740 144:18:2


Cherry Trail - HD Graphics, HD Graphics 400[編集]

2015Q1~2016Q1発売 製造プロセス14nm(Tri-gate) CPU:Atom Z8xxx
H.265/HEVC(4K@30, 8bit)とVP9のハードウェアデコード、VP8のハードウェアエンコードに対応した[37]

製品 Market CPU GPUクロック (MHz) Core
config1
メインメモリ ビデオ機能 WiDi
ベース ブースト 帯域
(GB/s)
DVMT デコード CVT HD 3D エンコード
(QSV)
HD Graphics,
HD Graphics 400
Tablet Atom Z83x0 200 500 96:12:2 12.8
Atom Z85x0 600 25.6
Atom Z87x0 128:16:2


第9世代[編集]

Skylake - HD/Iris (Pro) Graphics 510~P580[編集]

2015Q3~2016Q4発売 製造プロセス14nm(Tri-gate) CPU:第6世代Coreプロセッサー系
ハードウェアによるH.265/HEVC(4K@60, 8bit)のデコード/エンコードに対応した[39][40]。CPUとGPUの連携やマルチタスクに重要となる機能が強化された。また、実行モデルはAOS/Packed型モデルが廃止され、SOA/Scalar型(=SIMT:Single Instruction, Multiple Thread)モデルのみとなった[41]。映像出力の古い規格であるVGAの対応が廃止された。

製品 GPU
Tier
Core
config1
eDRAM
容量
GPUクロック (MHz) 最大
GFLOPS
(単精度
理論値)
メインメモリ
ベース 最大 帯域
(GB/s)
DVMT
HD Graphics 510 GT1 96:12:2 - 300/350 900-1050 172-201 34.1
HD Graphics 515 GT2 192:24:3 300 800-1000 307-384 29.8 容量の
半分まで
HD Graphics 520 900-1050 345-403 34.1
HD Graphics 530 350 900-1150 345-441
HD Graphics P530 350/400 1050-1150 403-441
Iris Graphics 540 GT3e 384:48:6 64MB 300 950-1050 729-806
Iris Graphics 550 1000-1100 768-844
Iris Pro Graphics P555 128MB 650 1000 768
Iris Pro Graphics 580 GT4e 576:72:9 350 900-1150 1036-1324
Iris Pro Graphics P580 350/700 1000-1150 1152-1324


Apollo Lake - HD Graphics 500/505[編集]

2016Q3~201x発売 製造プロセス14nm(Tri-gate) CPU:Celeron N/J33xx~34xx, Pentium N/J42xx
H.265/HEVCの4K10bitと、VP9の4K60fのハードウェアデコードに対応した[43]

製品 Market CPU GPUクロック (MHz) Core
config1
メインメモリ ビデオ機能 WiDi
ベース ブースト 帯域
(GB/s)
DVMT デコード CVT HD 3D エンコード
(QSV)
HD Graphics 500 Mobile Celeron N3350 200 650 96:12:? 38.4 -
Celeron N3450 700
Desktop Celeron J3355 250
Celeron J3455 750
HD Graphics 505 Mobile Pentium N4200 200 144:18:3
Desktop Pentium J4205 250 800


Kaby Lake - HD/Iris Plus Graphics 610~650[編集]

2016Q3~201x発売 製造プロセス14nm(Tri-gate) CPU:第7世代Coreプロセッサー系
ポストプロセッシングがハードウェア化された[44]

製品 GPU
Tier
Core
config1
GPUクロック (MHz) 最大
GFLOPS
(単精度
理論値)
メインメモリ
ベース 最大 帯域
(GB/s)
DVMT
HD Graphics 610 GT1 96:12:2 300/350 900-1100 172-211 34.1/38.4
HD Graphics 615 GT2 192:24:3 300 850-1050 326-403 29.8
HD Graphics 620 1000-1150 384-441 34.1
HD Graphics (P)630 350 950-1150 364-441 34.1/38.4
Iris Plus Graphics 640 GT3e
(64MB
eDRAM)
384:48:6 300 950-1100 729-844 34.1
Iris Plus Graphics 650 1000-1150 768-883

脚注[編集]

  1. ^ 性能は2倍以上:Intel、第4世代Coreの統合グラフィックス上位版を「Iris」と命名 - ITmedia PC USER”. 2013 ITmedia, Inc (2013年5月2日). 2013年6月4日閲覧。
  2. ^ インテル® 製品の仕様情報 Intel Corporation
  3. ^ Intel® Processor Graphics | Intel® Developer Zone
  4. ^ Hardware Specification - PRMs | 01.org
  5. ^ Windows 2000/XP/Vista/7 のグラフィックス・メモリー FAQ
    Windows 8/8.1 グラフィックス・メモリー FAQ
    Windows® 10 のグラフィックス・メモリーに関するよくある質問 Intel Corporation
  6. ^ ドライバーおよびソフトウェア Intel Corporation
  7. ^ Supported Graphics APIs and Features Intel Corporation
  8. ^ OS X OpenGL Info Apple Inc.
  9. ^ OS X Mavericks での OpenCL および OpenGL のサポート Apple Inc.
  10. ^ Intel Open Source Technology Center 01.org
  11. ^ インテル、32ナノプロセス世代“Westmere”CPUを“正式に”発表 - ITmedia PC USER
  12. ^ 4Gamer.net - Intel,グラフィックス機能を統合した新型CPU「Core i7/i5/i3」正式発表
  13. ^ a b HD Graphics Quick Reference Guide | Intel® Developer Zone (第1世代 Core Processor)
  14. ^ 4Gamer.net - Intel,「Sandy Bridge」こと第2世代Core iプロセッサを正式発表
  15. ^ a b Quick Reference Guide to 2nd Generation Intel® Core™ Processor Graphics | Intel® Developer Zone (第2世代 Core Processor)
  16. ^ CeBIT 2011:インテル、「Intel Insider」の運用デモを紹介 - ITmedia PC USER
  17. ^ a b Intel HD Graphics P3000 Intel Corporation 2013年12月19日閲覧
  18. ^ 本間文 (2012年4月27日). “第3世代Core iのアレコレをギリギリまで:大解説! Ivy Bridgeの新技術と対応インタフェースの謎 (1/3) - ITmedia PC USER”. ITmedia, Inc. 2013年6月4日閲覧。
  19. ^ a b 3rd Gen HD Graphics Quick Reference Guide | Intel® Developer Zone (第3世代 Core Processor)
  20. ^ 4Gamer.net - 機能追加に大量のバグ修正&ゲーム動作確認がなされた「Intel HD Graphics」用ドライバ「15.28.7.2867」が登場。Windows 8&7向け
  21. ^ Introducing 4th Generation Intel® Atom™ Processor, BayTrail, to Android Developers.pdf Intel Corporation
  22. ^ Intel® Pentium® Processor N3500-series, J2850, J2900, and Intel® Celeron® Processor N2900-series, N2800-series, J1800-series, J1900, J1750 - Datasheet.pdf
  23. ^ Release Notes DRIVER VERSION:15.33.22.64.3621 Intel Corporation (リリースノート掲載日2014年6月2日)
  24. ^ a b Quick Reference Guide for Intel® Core™ Processor Graphics | Intel® Developer Zone (第5~第3世代 Core Processor)
  25. ^ ark.intel.com/ja/compare/80798,87358
  26. ^ Release Notes DRIVER VERSION:15.36.3.3907 & 15.36.3.64.3907.pdf Intel Corporation (リリースノート掲載日2014年9月5日)
    Conservative Morphological Anti-Aliasing (CMAA) - March 2014 Update | Intel Developer Zone
  27. ^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】HaswellのGPUコア「Iris」はなぜ強力なのか - PC Watch
  28. ^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】正体が見えてきたHaswellのeDRAMソリューション impress
  29. ^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】Haswellの高性能グラフィックスのカギ「Intel内製eDRAM」の詳細 - PC Watch impress
  30. ^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】Intelがデスクトップ/eDRAM版を含めた「Broadwell」ファミリを説明 - PC Watch impress
  31. ^ Intel HD Graphics (Broadwell) - NotebookCheck.net Tech
  32. ^ Open-source Vulkan drivers for Intel hardware | 01.org
    Conformant Products (Vulkan) Khronos Group
  33. ^ All the Advanced Graphics Features, All Certified, All Open | 01.org
  34. ^ Volume 4: Configurations - intel-gfx-prm-osrc-bdw-vol04-configurations_3.pdf
  35. ^ Intel HD Graphics (Braswell) - NotebookCheck.net Tech
  36. ^ N-series Intel® Pentium® Processors and Intel® Celeron® Processors - Datasheet vol-1.pdf
  37. ^ Intel® Atom™ Z8000 Processor Series Datasheet (Volume 1 of 2).pdf
  38. ^ Intel HD Graphics (Cherry Trail) Benchmarks - NotebookCheck.net Tech
  39. ^ 6th Generation Intel® Core™ Processor Family Desktop Datasheet, Volume 1 of 2.pdf
  40. ^ Skylakeこと第6世代Coreの内蔵GPUのEU数は最大で72基であると判明:IDF15 - 週刊アスキー
  41. ^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】GPUコンピューティング機能を強化したSkylakeのGPU ~タブレットの応答性が向上 - PC Watch
  42. ^ Intel HD Graphics 510 - NotebookCheck.net Tech
  43. ^ pentium-celeron-n-series-j-series-datasheet-vol-1.pdf
  44. ^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】Intelの「Kaby Lake」は“+”プロセス世代初のCPU - PC Watch

関連項目[編集]

外部リンク[編集]