Broadwellマイクロアーキテクチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Broadwellマイクロアーキテクチャ(ブロードウェル マイクロアーキテクチャ)とは、インテルによって開発されているHaswellマイクロアーキテクチャを14nmプロセスルールにシュリンクしたマイクロプロセッサマイクロアーキテクチャである[1][2]第5世代Intel Coreプロセッサとして製品化された。Mobile版は2014年9月5日、LGA socket対応製品は2015年6月18日に販売開始。Multi-Chip Package (MCP) を採用。

概要[編集]

Broadwellマイクロアーキテクチャはいくつか命令を追加予定[3][4]

  • ADOX, ADCX - 任意精度の整数演算[5]
  • RDSEED - NIST SP 800-90B, 800-90C による 16, 32, 64ビットの乱数生成[6]
  • PREFETCHW[6]

3つの主要な形態で出荷予定[7]

  1. デスクトップ版 (LGA1150 ソケット): Broadwell-K
  2. モバイル・ラップトップ版 (PGA ソケット): Broadwell-M
  3. BGA
    1. TDP55 W または 35 W: Broadwell-H ("All-in-one" システム向け, Mini-ITX フォームファクタマザーボード, 小さなフットプリントのフォーマット)
    2. TDP15W以下 (SoC): Broadwell-U (UltraBook 向け)
    3. TDP10W以下 (SoC): Broadwell-Y (タブレットUltraBookクラス向け)

マイクロアーキテクチャの改良点[編集]

Broadwellマイクロアーキテクチャは多くの点がHaswellマイクロアーキテクチャと類似しているものの、以下に挙げられる改良によって、クロックあたりの命令実行数(IPC)がおよそ5%向上するとされている[8]

  • アウト・オブ・オーダー実行のためのスケジューラの拡大
  • ストアフォワーディングの高速化
  • L2 TLB のエントリ数を1Kエントリから1.5Kエントリに拡大
  • TLBミスを処理するハードウェアを増設し、2並列で動作可能に
  • 浮動小数点乗算のレイテンシが5サイクルから3サイクルに高速化
  • Radix-1024除算器による除算の高速化
  • ギャザー命令の高速化
  • 分岐先アドレスの予測精度の改善
  • 暗号用アクセラレーション命令の高速化
  • 仮想化支援命令によるホストーゲスト間遷移の高速化
  • Processor Traceによる実行トレースモニタリング

製品構成[編集]

デスクトップ向け[編集]

ターゲットセグメント コア(スレッド) ブランド・型番 GPUモデル CPU周波数 TDP GPU周波数 L3キャッシュ 発売日 価格(USD) トレイ/ボックス
定格 ターボ 定格 最大
Performance 4(8) Core i7 5775C Iris Pro 6200 3.3 GHz 3.7 GHz 65 W 300 MHz 1.15 GHz 6 MB 2015年6月18日 (2015-06-18) $366 / $377
5775R 3.8 GHz $348 / -
Mainstream 4(4) Core i5 5675C Iris Pro 6200 3.1 GHz 3.6 GHz 65 W 300 MHz 1.1 GHz 4 MB $276 / $277
5675R $265 / -
5575R 2.8 GHz 3.3 GHz 1.05 GHz $244 / -

モバイル向け[編集]

ターゲット
セグメント
コア
(スレッド)
プロセッサ
ブランド&モデル
GPU
モデル
Base Freq
(GHz)
Turbo Freq
(GHz)
TDP cTDP
Down Freq
(MHz)
cTDP
Down
GPU
クロック
(MHz)
L3
キャッシュ
発売日 価格
(USD)
1コア 2コア Base Max
Mainstream 2(4) Core i7 5650U HD 6000 2.2 3.2 3.1 15W 600 9.5W 300 1000 4MB
5600U HD 5500 2.6 3.2 3.1 15W 600 7.5W 300 950 4MB
5550U HD 6000 2.0 3.0 2.9 15W 600 9.5W 300 1000 4MB
5500U HD 5500 2.4 3.0 2.9 15W 600 7.5W 300 950 4MB
5557U Iris 6100 3.1 3.4 3.4 28W N/A 23W 300 1100 4MB
Core i5 5350U HD 6000 1.8 2.9 2.7 15W 600 9.5W 300 1000 3MB
5300U HD 5500 2.3 2.9 2.7 15W 600 7.5W 300 900 3MB
5250U HD 6000 1.6 2.7 2.5 15W 600 9.5W 300 950 3MB
5200U HD 5500 2.2 2.7 2.5 15W 600 7.5W 300 900 3MB
5287U Iris 6100 2.9 3.3 3.3 28W 600 23W 300 1100 3MB
5257U Iris 6100 2.7 3.1 3.1 28W 600 23W 300 1050 3MB
Core i3 5010U HD 5500 2.1 N/A N/A 15W 600 10W 300 900 3MB
5005U HD 5500 2.0 N/A N/A 15W 600 10W 300 850 3MB
5157U Iris 6100 2.5 N/A N/A 28W 600 23W 300 1000 3MB
2(2) Pentium 3805U HD Graphics 1.9 N/A N/A 15W 600 10W 100 800 2MB
Celeron 3755U HD Graphics 1.7 N/A N/A 15W 600 10W 100 800 2MB
3205U HD Graphics 1.5 N/A N/A 15W 600 10W 100 800 2MB
ターゲット
セグメント
コア
(スレッド)
プロセッサ
ブランド&モデル
GPU
モデル
Programmable TDP[9]:69–72 CPU
Turbo
GPU
クロック
L3
キャッシュ
GPU
eDRAM
発売日 価格
(USD)
SDP
[10][11]:71
cTDP
down[a]
Nominal
TDP[b]
cTDP
up[c]
1コア Normal Turbo
Mainstream 2 (4)[12] Core M (vPro) 5Y71 HD 5300 
(GT2)[13]
3.5 W 3.5 W / 600 MHz 4.5 W / 1.2 GHz 6 W / 1.4 GHz 2.9 GHz 300 MHz 900 MHz 4 MB N/A 2014年10月27日 (2014-10-27) $281
5Y70 N/A N/A 4.5 W / 1.1 GHz N/A 2.6 GHz 100 MHz 850 MHz 2014年9月5日 (2014-09-05) $281
Core M 5Y51 3.5 W 3.5 W / 600 MHz 6 W / 1.3 GHz 300 MHz 900 MHz 2014年10月27日 (2014-10-27) $281
5Y31 4.5 W / 900 MHz 6 W / 1.1 GHz 2.4 GHz 850 MHz
5Y10c 4.5 W / 800 MHz 6 W / 1 GHz 2.0 GHz 800 MHz
5Y10a N/A N/A N/A 100 MHz 2014年9月5日 (2014-09-05) $281
5Y10[14] 4 W / ? MHz

サーバー向け[編集]

ターゲットセグメント コア(スレッド) ブランド・型番 GPUモデル CPU周波数 TDP GPU周波数 L3キャッシュ ソケット メモリ 発売日 価格(USD) トレイ/ボックス
定格 ターボ 定格 最大
UP Server 4(8) Xeon E3 1285v4 Iris Pro P6300 3.5 GHz 3.8 GHz 95 W 300 MHz 1.15 GHz 6 MB LGA 1150 DDR3 and DDR3L 2015年6月 $556 / -
1285Lv4 3.4 GHz 3.8 GHz 65 W $445 / -
1265Lv4 2.3 GHz 3.3 GHz 35 W 1.05 GHz $417 / -
SoC server 8(16) Xeon D 1540 N/A 2 GHz 2.6 GHz 45 W N/A 12 MB BGA 1667 DDR4 Q1 2015 $581/ -
4(8) 1520 2.2 GHz 6 MB $199 / -

後継[編集]

後継はSkylakeマイクロアーキテクチャの予定。

IntelProcessorRoadmap-3.svg

参照[編集]

  1. ^ 22nm Details (PDF)”. Intel. 2012年1月4日閲覧。
  2. ^ Demerjian, Charlie. “After Intel's Haswell comes Broadwell”. SemiAccurate. 2012年1月4日閲覧。
  3. ^ http://software.intel.com/en-us/articles/intel-software-development-emulator
  4. ^ Intel® Architecture Instruction Set Extensions Programming Reference (Document number 319433-013B) // Intel, July 2012, Chapter 9 "ADDITIONAL NEW INSTRUCTIONS"
  5. ^ New Instructions Supporting Large Integer Arithmetic on Intel® Architecture Processors (Document number 327831 -001) // Intel, August 2012
  6. ^ a b Intel® C++ Composer XE 2013 for Windows* Installation Guide and Release Notes (Document number: 321414-004US) // Intel, 4 October 2012; section "3.2.4 Inline assembly and intrinsic support for Intel architecture code named Broadwell added to Composer XE 2013 Update 1", page 13
  7. ^ Intel Haswell and Broadwell Silicon Variants Detailed // techPowerUp, December 26th 2012
  8. ^ Advancing Moore's Law in 2014 (PDF)”. Intel. 2014年8月16日閲覧。
  9. ^ 4th Generation Intel Core processor based on Mobile M-Processor and H-Processor Lines Datasheet, Volume 1 of 2 (PDF)”. intel.com (2013年12月). 2013年12月22日閲覧。 “Configurable TDP (cTDP) and Low-Power Mode (LPM) form a design vector where the processor behavior and package TDP are dynamically adjusted to a desired system performance and power envelope. [...] With cTDP, the processor is now capable of altering the maximum sustained power with an alternate guaranteed frequency. Configurable TDP allows operation in situations where extra cooling is available or situations where a cooler and quieter mode of operation is desired.”
  10. ^ The technical details behind Intel's 7 Watt Ivy Bridge CPUs”. arstechnica.com (2013年1月14日). 2013年12月22日閲覧。 “If the CPU needs to work hard for an extended period of time and the laptop gets warmer, it will slowly ramp down its speed until it's operating at its stated TDP. [...] There are two OEM-configurable "power level" states that define how quick the CPU can be in these situations: PL2 tells the processor how much power it's allowed to use when it needs a short burst of speed, and PL1 defines how quickly the processor can run under sustained load. [...] This is at the heart of what Intel is doing with the Y-series processors: their maximum TDP has been lowered four watts, from 17 to 13. Intel is also validating them for use at two lower PL1 values: 10 watts and 7 watts. This is where the marketing we discussed earlier comes in—rather than keeping these values under the covers as it has so far been content to do, Intel has taken that lowest value, put it on its product pages, and called it SDP.”
  11. ^ 4th Generation Intel Core processor based on Mobile U-Processor and Y-Processor Lines Datasheet, Volume 1 of 2 (PDF)”. intel.com (2013年12月). 2013年12月22日閲覧。
  12. ^ Ian Cutress. “Intel’s Core M Strategy: CPU Specifications for 9mm Fanless Tablets and 2-in-1 Devices”. 2015年1月6日閲覧。
  13. ^ Intel launches three Core M CPUs, promises more Broadwell “early 2015””. Ars Technica. 2015年1月6日閲覧。
  14. ^ Details of first Broadwell "Y" mobile processors”. cpu-world.com (2014年7月). 2015年1月6日閲覧。

関連項目[編集]