野生の王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野生の王国
ジャンル ドキュメンタリー番組教養番組
放送時間 放映データを参照。
放送期間 1963年12月12日 - 1990年9月21日(1050回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
出演者 ※全てナレーションのみ
浦野光
八木治郎
小池清(当時MBSアナウンサー)
寺田農
ほか

特記事項:
1963年12月から1975年3月までNET系列、1975年4月から最終回まではTBS系列でそれぞれ全国ネット放送された。
テンプレートを表示

野生の王国』(やせいのおうこく)は、1963年12月12日から1990年9月21日まで、日本毎日放送(MBS)をはじめ国内の地上テレビ各局で放映されたドキュメンタリー番組教養番組である。MBSと東北新社の制作(末期はMBSの完全自社制作)。全1050回放送[1]。のちに、CSでもスカイパーフェクTV!TBSチャンネルにて放送。

番組内容[編集]

世界各地の動物の生態系について映像とナレーション、専門家の解説を交えて紹介した。

当初はアメリカ合衆国の動物学者、マーリン・パーキンスの製作・出演により、同国NBCで放映された動物番組『Wild Kingdom』(1963年~1988年)の日本語版として放送が始まり[2]、初期はオリジナルのフィルムを使用しドキュメンタリー部分の前後に登場するパーキンスによる司会の吹き替えも声優の浦野光(のちに八木治郎)が行う形を取っていたが、次第に独自製作に移行。オリジナルや国産の映像にくわえてディスカバリーチャンネルBBCなどヨーロッパ各局や国内各プロダクション製作による映像も盛んに紹介するようになる[3]。中期にはナレーターの八木と上野動物園の名園長であった古賀忠道(監修者)ら動物の専門家との対談によって動物を解説し、この様式は八木の急逝後も踏襲された。

最末期では毎週芸能人がリポーターを務め、1990年9月21日放送の「ヒトと動物の共生は可能なのか?」をもって26年9か月間の歴史に幕を閉じた。

放映データ(系列外の番販局を除く)[編集]

1975年3月まではMBSが当時ネットを組んでいたNETテレビをはじめNET系列各局で放送されていたが、同年4月以降はMBSがTBS系列ネットチェンジしたため、TBS系列各局で放送された。

1963年 - 1975年(一時除く)[編集]

  • 1963年12月 - 1965年4月1日
  • 1965年10月7日 - 1967年10月19日
  • 1968年7月4日 - 1968年10月17日
  • 1971年4月 - 1975年3月
  • MBS(制作局)・NET系列各局(広島ホームテレビ(UHT)を除く)…木曜 19:30 - 20:00
  • UHT…遅れネットで放送(1970年12月から。MBSがNET系列だった時代の末期は土曜 17:00 - 17:30に2日遅れで放送。上述の時間は日本テレビ系の番組(木曜スペシャルなど)を放送。編成により一時的に中国放送(RCC - TBS系)へ移譲されることもあった)[4]

1968年10月24日から一時休止し、同じ住友グループ提供枠で『ランデブークイズ・ペアでハッスル』が放送された( - 1971年3月25日)。

NET系列単独加盟局は当時1桁台で、大半の地域がクロスネット局または系列外局での番販放送だった。クロスネットを含むNET系列局の開局でいったん放映権を譲渡した後、MBSのネットチェンジで再び放送することになったTBS系列(JNN)加盟局も存在した。

1975年 - 1984年・1987年 - 1990年[編集]

  • 1975年4月 - 1984年9月
  • 1987年10月 - 1990年9月

1984年3月までのMROなど2 - 3局地域の系列局の一部では正式なクロスネットではなかったものの、番組販売扱いで放送日時およびスポンサーを地元企業等に差し替えて遅れ放送(本来の放送時間に日本テレビ制作のプロ野球中継や『カックラキン大放送!!』を同時放送した局があった)。

その一方で、FTVとTYSは当時FNS正式加盟局だったが金曜19時台をTBS系の番組枠としていたため、同時ネットで放送された。当時FTV・TYSのゴールデンタイムはTBSおよびフジテレビの番組を曜日または時間別に同時スポンサードネットしており、FNS系列局の金曜19時台は前半がローカルセールス枠だったためTBS系の番組を編成するのが容易だったという事情もある。なお、FTVはJNN脱退・FNN加盟後も1983年9月までは放送(→1983年12月にTUFで再開)、逆にTYSは1987年10月にFNSを脱退した。

1984年 - 1987年[編集]

  • 1984年10月 - 1987年9月
  • MBS(制作局)…土曜 16:50 - 17:30(下記の時間はスポンサー・大阪ガスの関係でローカル番組『ザ・パーティ鶴瓶です』他を放送)
  • その他のTBS系列局(TYSを含む)…金曜 19:20 - 19:58(『JNNニュースコープ』拡大に伴う。MBSが上述の理由のため、MBS以外では1日先行ネットで放送された)

これに先立つ1984年4月、TBSが巨人戦ナイター中継を30分延長する場合に対応しやすいよう系列局のゴールデンタイムにおける番組編成を原則として系列内番組に統一したため、2 - 3局地域ではそれまで同時ネットしていた他系列番組を打ち切り、または遅れネットへ移行、または競合局へ譲渡する措置を取り同時ネットに移行していた。

放送リスト[編集]

  • 放送日は制作局基準で記し、括弧内には制作局以外のTBS系列でのものを記す。
放送日 サブタイトル 紹介動物 紹介地域 特記事項
1986.5.24(5.23) アフリカの草食獣全員集合・食べられる側から見たサバンナ アフリカ東部の草食獣 アフリカ東部
1986.5.31(5.30) なんでも食べてよく遊んで大きくなれハイイログマの赤ちゃん ハイイログマ 北アメリカ
1986.6.7(6.6) 羽仁進東アフリカを行く・バッファローの赤ちゃん対ゾウ? バッファロー、アフリカゾウ アフリカ東部
1986.6.14(6.13) フクロウ親子とムササビの同居・鎮守の森 フクロウ、ムササビ 日本
1986.7.12(7.11) 撮影成功・謎の鳥・ヤンバルクイナのヒナの誕生の決定的瞬間 ヤンバルクイナ 沖縄本島
1986.7.19(7.18) 羽仁進東アフリカを行く・チーター必殺のハンティング術教育 チーター アフリカ東部
1986.7.26(7.25) 奇跡の復活・旧石器時代から生きのびたヨーロッパバイソン ヨーロッパバイソン 不詳
1986.8.2(8.1) 不詳 不詳 不詳
1986.8.9(8.8) 閉じこめられたクラゲの大群・パラオの島の不思議な湖に潜入 クラゲ類 パラオ
1986.8.16(8.15) 不詳 不詳 不詳
1986.8.23(8.22) 孤独なハチが集団生活をするまで・ハチの進化史をたどる ハチ類 不詳
1986.8.30(8.29) 不詳 不詳 不詳
1986.9.6(9.5) はるかなる"バランダ"伝説・危機にたつタスマニアの珍獣 有袋類全般 タスマニア
1986.9.13(9.12) アラスカ最北部・ホッキョクギツネの短い夏・子育ての記録 ホッキョクギツネ アラスカ北部
1986.9.20(9.19) 飛ぶ・走る・泳ぐ・潜る・消える・変幻自在?トカゲの世界 トカゲ類 不詳
1986.9.27(9.26) 羽仁進東アフリカを行く・珍獣ジャイアント・ホッグ決闘の森 不詳 アフリカ東部
1986.10.11(10.10) 暗闇に光る目・イリオモテヤマネコ・秘境のジャングルを行く イリオモテヤマネコ 沖縄
1986.10.18(10.17) 大空の狩人たち・ウミワシ、体長1メートルの大ウナギを生け捕る ウミワシ 不詳
1986.10.25(10.24) サバンナのギャングたち・ヒヒ90頭を一網打尽・移動大作戦 ヒヒ ケニア
1986.11.1(10.31) ヒグマの親子ひと夏の冒険・アラスカに生きる地上最大の肉食獣 ヒグマ アラスカ
1986.11.8(11.7) 発見から3年・日本最大の甲虫ヤンバルテナガコガネはいま ヤンバルテナガコガネ 沖縄
1986.11.15(11.14) ダム作りの天才・建築の名人・北米のひょうきん者ビーバー ビーバー 北アメリカ
1986.11.22(11.21) 飛んで灯に入る─きわられもの、ガはカムフラージュの天才 ガ類 不詳
1986.11.29(11.28) 海鳥1万羽が乱舞する・南海の孤島仲の神島は子育ての楽園 アホウドリ? 仲の神島
1986.12.6(12.5) 不詳 不詳 不詳
1986.12.13(12.12) タランチュラ、死の求愛ダンス・世界中の珍種クモ大集合 クモ類 不詳
1986.12.20(12.19) アルマジロを襲うピューマ・中米の熱帯雨林に生きる動物たち アルマジロ、ピューマ他 中米
1986.12.27(12.26) 不詳 不詳 不詳

ネット局[編集]

○はNETテレビ系列時代に放送された局

主題歌[編集]

歴代オープニングテーマ
※CD「ブロードキャスト・トラックス 毎日放送編」にも収録されている(発売:ウルトラ・ヴァイヴ

ナレーター[編集]

  • 初代 浦野光(1963年 - 1968年)
  • 2代目 八木治郎(1971年 - 1983年) - 1983年4月18日に死去した後も、6月上旬までは事前収録されていたものが放送された。ただし、八木の逝去のテロップが流れていた。
  • 3代目 小池清(当時MBSアナウンサー。八木の急逝に伴い、1983年6月下旬放送分から1984年9月まで担当)
  • 4代目 寺田農 - 本編のナレーション、シリアスな語り口だった。
  • 見城美枝子 - 専門家の解説のときのインタビュアー、次回予告ナレーターも担当。

取り上げた生物・地域などと、価値観[編集]

世界各地に及ぶ。オープニングではアフリカサバンナが描かれ本編でもしばしば取り上げられた(一般の視聴者の関心は主にこの方面に集中した)が、他にもヨーロッパアメリカ大陸なども扱われた。日本についても、北海道ヒグマの生態が扱われた事例がある。反面、BBCの製作になるイギリスの人間生活に身近な昆虫などを主なテーマにした映像を除くと海洋生物や無脊椎動物はあまり扱われなかった。海洋生物に関しては、同時期の日本テレビ系のネットで放送されていたドキュメンタリー番組の『驚異の世界・ノンフィクションアワー』にてジャック=イヴ・クストー製作の海洋生物ものの映像が目玉として頻繁に取り上げられていた。

価値観としては終始自然保護・動物愛護の精神がナレーションなどで語られているが、初期には草食動物の視点に立ったナレーションが多かったが、後期には肉食動物の視点に立つようになるなど途中で価値観が変わったものも多い。終末期には動物番組における伝統的なやらせ問題を糾弾した海外フィルムを紹介したこともあり、そのときはオリジナル番組であった "Wild Kingdom" やその司会者であったパーキンスが俎上に上げられる場面までが放送された。オープニングテーマも、それまでの動物愛・家族愛を謳った物から『地上絵』では環境問題絶滅問題が主題になっている。

スポンサー[編集]

放送開始当初は住友グループ(『ランデブークイズ・ペアでハッスル』でもスポンサーだった)と久保田鉄工(現社名:クボタ)がスポンサーだったが(但し、前半・後半で交互にスポンサーが変わる)、腸捻転解消後も引き続きスポンサーを担当していた。

1977年頃からはその住友グループの系列・NECグループ(NECはMBS設立時からの大株主でもある)の担当となり、NECと久保田鉄工の2社提供を30分通し提供したのち、一時期は単独提供として「NECアワー」という冠サブタイトルを付けて放送していた。

1990年頃からは筆頭スポンサーであるNECが撤退し、最終回まで複数社提供で提供していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『毎日放送50年史』P172
  2. ^ 『毎日放送50年史』P172でも、『Wild Kingdom』を流していたという記述が見られる。
  3. ^ 『毎日放送50年史』P172でも、各国からの番組素材購入や国内各プロダクションへの発注についてつづられている。
  4. ^ テレビ新広島(TSS・フジテレビ系)が1975年10月1日に開局するまで、広島テレビ(HTV・日本テレビ系。同年9月30日までフジテレビ系とのクロスネット)の編成から外れた日本テレビ・フジテレビの番組の一部をUHTが放送していた一方、UHTの編成から外れたNET系列の番組(MBSおよび腸捻転解消後のABC制作分を含む)の一部をRCCやHTVが放送していた。
  5. ^ 長野放送開局によりネット移行→腸捻転解消により再び移行

参考資料[編集]

MBS制作・NET系列 木曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
野生の王国
(1963年12月 - 1965年4月)
ウルトラ2等兵
野生の王国
(1965年10月 - 1967年10月)
野生の王国
(1968年7月 - 1968年10月)
MBS 木曜19時台後半枠
【ここまでNET系列】
ランデブークイズ・ペアでハッスル
野生の王国
(1971年4月 - 1975年3月)
ここからTBS系列にネットチェンジ
おそば屋ケンちゃん
(TBS制作・ABCから番組移行)
NET系列 木曜19時台後半枠
ランデブークイズ・ペアでハッスル
野生の王国
(1971年4月 - 1975年3月)
【ここまでMBS制作枠】
お笑い他流試合
【ここからNET制作枠】
MBS 金曜19時台後半枠
【1975年4月からTBS系列】
前番組 番組名 次番組
ここまでNET系列
がんばれ!!ロボコン
(NET制作・ABCに番組移行)
野生の王国
(1975年4月 - 1984年9月)
ザ・パーティ鶴瓶です
(ここからローカル枠)
不明
(ここまでローカル枠)
野生の王国
(1987年10月 - 1990年9月)
金曜テレビの星!
(TBS制作)
※19:30 - 20:54
TBS系列 金曜19時台後半枠
霊感ヤマカン第六感
(NET系列に番組移行)
【ここまでABC制作枠】
野生の王国
(1975年4月 - 1984年9月)
野生の王国
(枠拡大)
野生の王国
※19:20 - 19:58
野生の王国
(1987年10月 - 1990年9月)
金曜テレビの星!
※19:30 - 20:54
【ここからTBS制作枠】
MBS 土曜17時台前半枠
野生の王国
(1984年10月 - 1987年9月)
不明
TBS系列(MBSを除く) 金曜19:20 - 19:58枠
全国縦断!クイズあのねのね
※19:00 - 19:30
野生の王国
※19:30 - 20:00
野生の王国
(1984年10月 - 1987年9月)
(枠拡大)
テレビ見たとこ勝負!
※19:00 - 19:30
野生の王国
(枠縮小)