OCC (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社OCC
OCC Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
220-6215
横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワー C 15階
設立 1948年(昭和23年)6月
創業1935年(昭和10年)6月〕
業種 非鉄金属
事業内容 海底光ケーブル及び関連製品、通信用陸上ケーブル、観測・探査用ケーブル、CATV用ケーブル、光ファイバケーブル、非電線商品、その他関連製品の製造・販売
代表者 代表取締役社長CEO 都丸悦孝
資本金 22億5,500万円
従業員数 245人(2012年4月1日現在)
主要株主 NEC75%、住友電工25%
外部リンク http://www.occjp.com/
テンプレートを表示

株式会社OCCは、神奈川県横浜市に本社を置く電線メーカー。主に海底ケーブルの製造を得意とする。

概要[編集]

日本国内の大手電線メーカー3社(古河電工住友電工藤倉電線)が設立母体となっている。のちに、産業再生機構(解散)の下で独立系投資会社・ロングリーチグループの支援を受けていたが、2008年7月にNEC住友電工の2社による共同買収(NEC : 住電 = 3 : 1)により、住友グループ主導で再出発した。

なお、沖縄県浦添市に本社を置く株式会社オーシーシーとは無関係である。

事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1935年 - 日本海底電線株式会社を設立。
  • 1949年 - 陸上用絶縁電線を製造開始。
  • 1960年 - 大洋海底電線株式会社を設立。太平洋横断ケーブルの開発に着手。
  • 1964年 - 上記2社が合併し、日本大洋海底電線株式会社となる。第1太平洋横断海底同軸ケーブルの製造を完了。
  • 1995年 - 北九州市若松区に工場を新設(現在の、海底システム事業所)。
  • 1999年 - 株式会社OCCに社名を変更。
  • 2003年 - 株式会社ヤクシンと合併。
  • 2004年 - 産業再生機構の支援を受ける。
  • 2006年 - 投資会社のロングリーチグループ傘下に入り、同社が新設した受け皿会社(株式会社オーシーシー・ホールディングス)が主要株主となる。
  • 2008年 - 日本電気株式会社および、住友電気工業株式会社が共同買収し、両社の傘下となる。
  • 2012年 - 親会社のオーシーシー・ホールディングスを吸収合併。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]