アーケードカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アーケードカード (Arcade Card) とは、日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)が1994年3月12日に発売したPCエンジン周辺機器である。

概要[編集]

CD-ROM2は、CD-ROMから必要なデータをバッファRAMと呼ばれるメインメモリに転送して使用する仕組みになっており、最初のCD-ROM2システムではバッファRAMが512KbitSUPER CD-ROM2システムでは2Mbitだった。それを18Mbitに増強するために用意されたのが、アーケードカードである。CD-ROM2システムを接続済みのPCエンジンのHuCARDスロットに挿入し、使用する。

システム構成は、従来のSUPER CD-ROM2システムの2MbitのSRAMに16MbitのDRAMを追加することで、計18MbitのバッファRAMに増強したものである。CPUやチップ、音源の追加と言ったハード自体の機能追加は一切行われていない。

扱えるデータの量は格段に増えたが、CD-ROMドライブは等速のままだったため、比例して1回のロード時間が長くなるケースが多く、ソフト側はこれまで以上にロード時間短縮のための技術的努力が必要であった。

バリエーション[編集]

アーケードカードPRO
アーケードカードDUO

導入するシステム本体にSUPER CD-ROM2用の2Mbit SRAMが内蔵されているかどうかの差異に対応するため、2種類のアーケードカードが発売された[1]。両者に機能的な差異はない。

アーケードカードPRO (PCE-AC2) 17,800円
CD-ROM2システム用のカードで、SUPER CD-ROM2用の2Mbit SRAMと16Mbit DRAMの両方を搭載。
初代CD-ROM2システムは、HuCARDスロットにバッファRAM用SRAMを搭載した「システムカード」か「スーパーシステムカード」を挿入して使用しており、アーケードカードと併用できないため、スーパーシステムカードを内蔵することで両方を1枚に集約している。
CD-ROM2システム用と謳っているが、SUPER CD-ROM2システムでも使用することはできる(その場合はアーケードカードPRO側のSRAMのみが機能し、本体側のSRAMは使用されない)。ただし、メーカーは推奨していない。
HuCARDの上面半分にプラスチックカバーをかぶせた形状になっている[2]
アーケードカードDUO (PCE-AC1) 12,800円
SUPER CD-ROM2システム用のカードで、16MbitのDRAMのみを搭載。
PCエンジンDuo」「同Duo-R」「同Duo-RX」「SUPER CD-ROM2」「レーザーアクティブPCエンジン用パック」は本体内に2MbitのSRAMが内蔵されており、HuCARDスロットが空いているので、そこに16MbitのDRAMを挿入するだけで済むため、SRAMを搭載しない分だけPROよりも価格を低く設定している。
形状は通常のHuCARDと似ているが、上面全体がプリント基板となっており、下面全体に薄いステンレス板を補強して強度を確保している。この方式のHuCARDは本製品のみである。

ちなみに、どちらのカードを挿入しても、電源投入時の起動画面はバージョン表記以外「SUPER CD-ROM2システム」のものと同一である。

発売延期[編集]

当初は1993年12月の発売が予定されていたが、アーケードカードに利用する4Mbit DRAM(本製品は4Mbit DRAM×4で16Mbitとなる構成)が世界的に品薄となったため、供給に必要な数が確保できないとの理由により、一度発売が延期されている。

これにより同時発売予定であった専用ソフト第1弾『餓狼伝説2』も、本製品に合わせて発売が延期されている。

市場の反応[編集]

商品名からも分かるように、本製品の登場の背景には当時ブームとなっていたアーケード対戦型格闘ゲーム人気が大きく影響している(格闘ゲームでは、1つのステージで大量のキャラクターパターンを用意する必要があり、従来のバッファRAM容量では忠実に移植するのが困難だった)。そのため、発表された専用ソフトにはネオジオで人気を博していた格闘ゲームが名を連ねたが[3]、バッファRAM増強による効果は他にも期待できるため、格闘ゲーム以外のタイトルも発表された。また、アーケードカード専用ソフトのほかにも、アーケードカードを使用すると従来のSUPER CD-ROM2よりも快適にプレイできたり、映像や音声が強化されるといったアーケードカード「対応」ソフトもいくつか発売された。

しかし、発売当時は同年に発売されることとなる次世代機(3DOセガサターンPlayStationなど)の情報が公開され始めており、高額な価格設定とも相まって、かつてのCD-ROM2からSUPER CD-ROM2へのような普及には至らず、発売予定であった『天外魔境III』もNEC-HEの次世代機であったPC-FX用ソフトへ移行するなど[4]、最終的に発売された専用ソフトはわずかな本数となった。

ソフト一覧[編集]

アーケードカード専用[編集]

アーケードカード対応[編集]

SUPER CD-ROM2ソフトのうち、アーケードカードで起動すると動作に変化があるもの(一部、変化の概要も記載)。

脚注[編集]

  1. ^ 当初はアーケードカードDUOに相当するものだけをアーケードカードとして発売し、CD-ROM2システムユーザーにはスーパーシステムカードとアーケードカードの2枚を同時に挿入する拡張ユニットが用意される予定であった。しかし、発売前にコスト面などから製品構成の見直しが行われ、2種類のバリエーションでの発売となる。
  2. ^ この形状のものは他に『ポピュラス』、『ストリートファイターIIダッシュ』、スーパーシステムカード、天の声バンクがある。通常のHuCARDよりも容量などが大きいものはプリント基板の面積が広いため、カードの強度を補強するために採用している(ただし、「天の声バンク」のみ、ボタン電池を収納するスペースとして使用)。レーザーアクティブはHuCARDスロットの形状の関係から、厚みのあるこのタイプのHuCARDは抜けなくなる可能性があるので、注意が必要である。
  3. ^ これらのゲームのオリジナル製作元であるSNKは、移植許諾だけでなく各タイトルの内部データも提供している。これは当時、SNKがネオジオCDによるCD-ROM供給を計画しており、ハドソンの持つCD-ROM製作のノウハウと交換する形で両社が技術提携したからである。
  4. ^ 同作は結局PC-FXでも発売されず、長い沈黙ののち、2005年PlayStation 2用ソフトとしてようやく発売された。