ブリヂストン招待選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Golf pictogram.svgWGCフェデックス・セントジュード・インビテーショナル
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1999年
開催地 テネシー州メンフィス
TPCサウスウィンド
基準打数 70
ヤーデージ 7,244ヤード (6,624 m)[1]
ツアー PGAツアー
ヨーロピアンツアー
競技方法 ストローク
賞金総額 1025万米ドル
開催月 7月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 259 タイガー・ウッズ (2006)
通算スコア -21 タイガー・ウッズ (2002)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・トーマス(2018年)
テンプレートを表示
世界ゴルフ選手権
メキシコ選手権
デル・マッチプレー
ブリヂストン招待
HSBCチャンピオンズ
ワールドカップ

WGCフェデックス・セントジュード・インビテーショナルWGC-FedEx St.Jude Invitational)は、世界ゴルフ選手権の一戦として、毎年8月に開かれるゴルフの大会である[2]。会場はアメリカテネシー州メンフィスにある「TPCサウスウィンド」で行われる。1999年から2005年まではNECインビテーショナルWGC-NEC Invitational)、2006年から2018年まではブリヂストン・インビテーショナルという大会名であった。優勝者にはゲーリー・プレーヤー・カップが贈呈される。

歴史[編集]

この大会は元々、1962年9月にメジャー大会優勝者による非公式大会としてスタートした。

当初はジャック・ニクラスアーノルド・パーマーゲーリー・プレーヤーのBIG3が36ホールで争っていたが、1人の選手がその年に複数のメジャー大会優勝した場合、補欠としてカナディアン・オープンウェスタン・オープンの優勝者が参加していたこともあった[3][4][5][6][7]。その後、メジャー大会優勝者同士による大会方式は1975年まで続き、PGAグランドスラム・オブ・ゴルフに受け継がれた。

1976年以降PGAツアーの公式戦となり、大会方式は現行のものとなった。1984年からは日本電気NEC)のアメリカ現地法人がスポンサーとなりNECワールドシリーズ・オブ・ゴルフとなる。1999年からはWGCのひとつに指定され、名称もNECインビテーショナルに変更された。メジャーリーグベースボールと同じように、4大メジャーに次ぐ「真の世界一決定戦」という位置づけの大会のひとつである。2006年からスポンサーがブリヂストンに変更された。2018年大会をもってアクロンでの開催が最後となり、2019年からはテネシー州メンフィスで開催される予定[8]

大会に出場できるのは、当年度の世界ランキング50位以内に入った選手、また世界各地のツアー競技で指定された大会の優勝者、ならびに団体戦のライダーカッププレジデンツカップの代表選手[9]、および前年ブリヂストンオープン優勝者、当年日本ゴルフツアー選手権優勝者が対象となる。試合は4日間のストロークプレー方式で行われる。

本大会が世界ゴルフ選手権に編入された後、最初の2回はメジャー大会最終戦の全米プロゴルフ選手権から1週間の間隔を置いて行われていた。しかし2001年度の大会から、全米プロゴルフ選手権のすぐ翌週に開催されるようになった。そのため、出場資格のある選手たちにとっては大規模な大会の連戦となり、コンディションの調整が大きなカギを握る。

2002年度の大会だけは、ファイアストーン・カントリークラブが「全米プロシニア選手権」の会場に使用されたため、別のコースで行われたが、2003年からは再び元のファイアストーンに戻った。このコースは16番ホール(667ヤード、パー5)に“Monster”(モンスター、距離が非常に長いことからついた)という愛称がある。ここでトリプルボギーを叩いたアーノルド・パーマーが「Monster」と呼んだのがきっかけでその愛称が付いた。

1999年に世界ゴルフ選手権第2戦となってからは、1999年2001年にかけてタイガー・ウッズが大会3連覇を飾っている。その2年前、まだ本大会がNECワールドシリーズ・オブ・ゴルフだった1997年に、グレグ・ノーマンオーストラリア)がここで最後のPGAツアー優勝を果たした。

タイガー・ウッズは2009年までに7度優勝し、最低順位も4位とこの大会を得意としていたが、2010年は苦戦し自己ワーストの4日間通算18オーバーを記録し、プロ転向後最低の78位タイで終えた。

歴代優勝者[編集]

開催年 優勝者 出身国 スコア パー 2位との差 2位(タイ) 優勝賞金
($)
WGC-FedEx St. Jude Invitational
2019年 地球の旗 1,745,000
WGC-Bridgestone Invitational
2018年 ジャスティン・トーマス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 265 −15 4打差 アメリカ合衆国の旗 カイル・スタンリー 1,700,000
2017年 松山英樹[10] 日本の旗 日本 264 −16 5打差 アメリカ合衆国の旗 ザック・ジョンソン 1,700,000
2016年 ダスティン・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 274 −6 1打差 アメリカ合衆国の旗 スコット・ピアシー 1,620,000
2015年 シェーン・ローリー アイルランドの旗 アイルランド 269 −11 2打差 アメリカ合衆国の旗 バッバ・ワトソン 1,570,000
2014年 ローリー・マキロイ 北アイルランドの旗 北アイルランド 265 −15 2打差 スペインの旗 セルヒオ・ガルシア 1,500,000
2013年 タイガー・ウッズ (8) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 265 −15 7打差 アメリカ合衆国の旗 キーガン・ブラッドリー
スウェーデンの旗 ヘンリク・ステンソン
1,500,000
2012年 キーガン・ブラッドリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 267 −13 1打差 アメリカ合衆国の旗 ジム・フューリク
アメリカ合衆国の旗 スティーブ・ストリッカー
1,400,000
2011年 アダム・スコット オーストラリアの旗 オーストラリア 263 −17 4打差 イングランドの旗 ルーク・ドナルド
アメリカ合衆国の旗 リッキー・ファウラー
1,400,000
2010年 ハンター・メイハン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 268 −12 2打差 アメリカ合衆国の旗 ライアン・パーマー 1,400,000
2009年 タイガー・ウッズ (7) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 268 −12 4打差 オーストラリアの旗 ロバート・アレンビー
アイルランドの旗 パドレイグ・ハリントン
1,400,000
2008年 ビジェイ・シン フィジーの旗 フィジー 270 −10 1打差 オーストラリアの旗 スチュアート・アップルビー
イングランドの旗 リー・ウエストウッド
1,350,000
2007年 タイガー・ウッズ (6) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 272 −8 8打差 イングランドの旗 ジャスティン・ローズ
南アフリカ共和国の旗 ロリー・サバティーニ
1,350,000
2006年 タイガー・ウッズ (5) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 270 −10 Playoff アメリカ合衆国の旗 スチュワート・シンク 1,300,000
WGC-NEC Invitational
2005年 タイガー・ウッズ (4) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 274 −6 1打差 アメリカ合衆国の旗 クリス・ディマルコ 1,300,000
2004年 スチュワート・シンク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 269 −11 4打差 南アフリカ共和国の旗 ロリー・サバティーニ
アメリカ合衆国の旗 タイガー・ウッズ
1,200,000
2003年 ダレン・クラーク 北アイルランドの旗 北アイルランド 268 −12 4打差 アメリカ合衆国の旗 ジョナサン・ケイ 1,050,000
2002年* クレイグ・パリー オーストラリアの旗 オーストラリア 268 −16 4打差 オーストラリアの旗 ロバート・アレンビー
アメリカ合衆国の旗 フレッド・ファンク
1,000,000
2001年 タイガー・ウッズ (3) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 268 −12 Playoff アメリカ合衆国の旗 ジム・フューリク 1,000,000
2000年 タイガー・ウッズ (2) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 259 −21 11打差 アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・レナード
ウェールズの旗 フィリップ・プライス
1,000,000
1999年 タイガー・ウッズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 270 −10 1打差 アメリカ合衆国の旗 フィル・ミケルソン 1,000,000

*Note: 2002年大会のみワシントン州サマミッシュのサハリー・カントリークラブで開催。

ワールドシリーズ・オブ・ゴルフ歴代優勝者[編集]

開催年 優勝者 出身国 優勝賞金
($)
NEC World Series of Golf
1998 デビッド・デュバル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 405,000
1997 グレグ・ノーマン (2) オーストラリアの旗 オーストラリア 396,000
1996 フィル・ミケルソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 378,000
1995 グレグ・ノーマン オーストラリアの旗 オーストラリア 360,000
1994 ホセ・マリア・オラサバル (2) スペインの旗 スペイン 360,000
1993 フルトン・アレム 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 360,000
1992 クレイグ・スタドラー (2) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 252,000
1991 トム・プルツァー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 216,000
1990 ホセ・マリア・オラサバル スペインの旗 スペイン 198,000
1989 デビッド・フロスト 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 180,000
1988 マイク・リード アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 162,000
1987 カーティス・ストレンジ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 144,000
1986 ダン・ポール アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 126,000
1985 ロジャー・モルトビー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 126,000
1984 デニス・ワトソン ジンバブエの旗 ジンバブエ 126,000
World Series of Golf
1983 ニック・プライス ジンバブエの旗 ジンバブエ 100,000
1982 クレイグ・スタドラー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 100,000
1981 ビル・ロジャース アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 100,000
1980 トム・ワトソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 100,000
1979 ロン・ヒンキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 100,000
1978 ギル・モーガン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 100,000
1977 ラニー・ワドキンス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 100,000
1976 ジャック・ニクラス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 100,000

ワールドシリーズ・オブ・ゴルフ(非公式大会)歴代優勝者[編集]

開催年 優勝者 2位 3位 4位
1975 トム・ワトソン (O) ジャック・ニクラス (MP) トム・ワイスコフ英語版 (C[7]) ルー・グラハム英語版 (U)
1974 リー・トレビノ (P) ゲーリー・プレーヤー (MO) ボビー・ニコルズ英語版 (C[6]) ヘール・アーウィン (U)
1973 トム・ワイスコフ英語版 (O) (タイ) ジョニー・ミラー (U) & ジャック・ニクラス (P) トミー・アーロン英語版 (M)
1972 ゲーリー・プレーヤー (P) (タイ) ジャック・ニクラス (MU) & リー・トレビノ (O) ゲイ・ブルーアー英語版 (C[5])
1971 チャールズ・クーディー英語版 (M) ジャック・ニクラス (P) リー・トレビノ (UO) ブルース・クランプトン英語版 (W[4])
1970 ジャック・ニクラス (O) (タイ) ビリー・キャスパー (M) & デーブ・ストックトン英語版 (P) トニー・ジャックリン英語版 (U)
1969 オービル・ムーディー英語版 (U) ジョージ・アーチャー英語版 (M) (タイ) トニー・ジャックリン英語版 (O) & レイモンド・フロイド英語版 (P)
1968 ゲーリー・プレーヤー (O) ボブ・ゴールビー英語版 (M) ジュリアス・ボロス英語版 (P) リー・トレビノ (U)
1967 ジャック・ニクラス (U) ゲイ・ブルーアー英語版 (M) ロベルト・デ・ビセンゾ英語版 (O) ドン・ジャニュアリー英語版 (P)
1966 ジーン・リトラー英語版 (C[3]) (タイ) ジャック・ニクラス (MO) & アル・ガイバーガー英語版 (P) ビリー・キャスパー (U)
1965 ゲーリー・プレーヤー (U) ジャック・ニクラス (M) ピーター・トムソン (O) デーブ・マー英語版 (P)
1964 トニー・レマ英語版 (O) ケン・ベンチュリー英語版 (U) ボビー・ニコルズ英語版 (P) アーノルド・パーマー (M)[11]
1963 ジャック・ニクラス (MP) ジュリアス・ボロス英語版 (U) アーノルド・パーマー (プレーオフ)[12] ボブ・チャールズ (O)[13]
1962 ジャック・ニクラス (U) (タイ) アーノルド・パーマー (MO) & ゲーリー・プレーヤー (P)

メジャー優勝者: M = マスターズ, U = 全米オープン, O = 全英オープン, P = 全米プロ
その他優勝者: C = カナディアン・オープン, W = BMW選手権(当時はウェスタン・オープン)

  • Palmer won an 18-hole playoff between the three runners-up of the two majors' playoffs in 1963.
順位 賞金 ($)
1 50,000
2 15,000
3 7,500
4 5,000
  • 最初の3回は3位賞金$5,000であった。

脚注[編集]

  1. ^ Course: TPC Southwind”. PGA Tour. 2013年6月3日閲覧。
  2. ^ 2016年大会はリオ五輪開催の影響により6月30日から7月3日までの変則開催。またヨーロピアンツアーの大会も外され、裏開催としてオープン・ド・フランスが開催予定
  3. ^ a b “Littler Has Many Thanks”. The Dispatch. UPI (Lexington, North Carolina). (1966年9月12日). http://news.google.com/newspapers?id=MAoeAAAAIBAJ&sjid=E1EEAAAAIBAJ&pg=3209,904315 2013年8月26日閲覧。 
  4. ^ a b “Coody in Front By Three Strokes”. Reading Eagle. AP: p. 60. (1971年9月12日). http://news.google.com/newspapers?id=nMctAAAAIBAJ&sjid=1JcFAAAAIBAJ&pg=5978,721478 2013年8月26日閲覧。 
  5. ^ a b “Player, Trevino, Brewer Face Nicklaus In Series”. Lewiston Morning Tribune. AP: p. 14. (1972年9月8日). http://news.google.com/newspapers?id=oIxfAAAAIBAJ&sjid=mzAMAAAAIBAJ&pg=2351,1632660 2013年8月26日閲覧。 
  6. ^ a b “Player Favored, Nicklaus Favorite In Prestigious Golf World Series”. The Ledger. AP (Lakeland, Florida): p. 3B. (1974年9月7日). http://news.google.com/newspapers?id=GwswAAAAIBAJ&sjid=5_oDAAAAIBAJ&pg=7200,1730787 2013年8月26日閲覧。 
  7. ^ a b “Nicklaus Has Ax To Grind”. Evening Independent. AP (St. Petersburg, Florida): p. 5-C. (1975年9月5日). http://news.google.com/newspapers?id=6hUOAAAAIBAJ&sjid=W30DAAAAIBAJ&pg=4670,1130325 2013年8月26日閲覧。 
  8. ^ Wright, Branson (2018年4月12日). “WGC-Bridgestone Invitational will leave Firestone in 2019 (photos)”. cleveland.com. 2018年4月17日閲覧。
  9. ^ ライダーカップは米国代表12名とヨーロッパ代表12名、プレジデンツカップは米国代表12名と国際選抜チーム代表12名
  10. ^ 松山 逆転で米ツアー通算5勝目!「2番イーグルで波に乗れた」”. スポーツニッポン (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  11. ^ “Tony Lema victor in World Series”. Eugene-Register Guard. Associated Press: p. 3B. (1964年9月14日). http://news.google.com/newspapers?id=CP1VAAAAIBAJ&sjid=aOMDAAAAIBAJ&pg=5832%2C2759578 
  12. ^ “Palmer, Cupit, Rodgers In Series Playoff”. Lodi News-Sentinel. UPI: p. 8. (1963年8月17日). http://news.google.com/newspapers?nid=2245&dat=19630817&id=cDozAAAAIBAJ&sjid=ozIHAAAAIBAJ&pg=5722,4190312 2013年8月26日閲覧。 
  13. ^ “$50,000 win for Nicklaus over Boros”. Spokesman-Review. Associated Press: p. 11. (1963年9月9日). http://news.google.com/newspapers?id=uzhWAAAAIBAJ&sjid=7egDAAAAIBAJ&pg=5316%2C2965268 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]