PWP-100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

PWP-100は、日本電気(NEC)が1984年3月に発売したパーソナルワードプロセッサビジネスユースを対象とした製品としては、すでに「文豪」の前身となるNWP-20が発売されていたが、パーソナルワープロとしては同社初の製品であった。

概要[編集]

M式キーボード、12型CRT、3.5インチフロッピーディスクドライブ1基を備えており、同社製パーソナルコンピュータPC-9800シリーズ用のドットインパクト式プリンタ・PC-PR103を本体上部に格納する分離一体型となっていた。

同年4月よりビジネスワープロとして文豪5N、翌1985年10月には、より小型・軽量化が図られたパーソナルワープロとして「文豪ミニ」シリーズが発売され、直系の後継機が発売されることはなかった。

PWPPersonal Word Processor)という型名は、文豪ミニシリーズにおいて引き続き使用された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]