鳴門秘帖 (1977年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳴門秘帖
ジャンル 時代劇
脚本 石山透
演出 北島隆渋谷康生 ほか
出演者 田村正和
三林京子
西村晃
森本レオ
原田美枝子
江原真二郎
ナレーター 古今亭志ん朝
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年5月6日 - 1978年3月17日
放送時間 金曜20:00 - 20:50
放送枠 土曜時代劇 (NHK)
放送分 50分
回数 44
テンプレートを表示

鳴門秘帖』(なるとひちょう)は、NHKが制作し、1977年(昭和52年)10月3日から1978年(昭和53年)3月17日にかけて毎週金曜日20時の『金曜時代劇』から放映された連続テレビ時代劇田村正和主演。全44回[1]
放送終了後の1978年4月11日から1979年(昭和54年)10月9日までの毎週火曜日午後3時5分には再放送が行われた。

近年まではNHKに第1回と最終回のみ保存されていたが、当時の番組視聴者たちが家庭用ビデオテープに録画したものが徐々にNHKに寄付され[1]、2018年9月14日時点でNHKに保存がないエピソードは第16回「孔雀長屋は謎のまた謎」と第32回「巷に風の吹く夜は」のみとなった。NHKでは現在も保存が無い第16回と第32回の映像の提供を呼び掛けている[2]

概要[編集]

吉川英治の原作を現代的なタッチで脚色した時代劇。幕府転覆の陰謀を探るために阿波に潜入する美剣士法月弦之丞(田村正和)を主人公とする剣と恋の冒険物語。落語家の古今亭志ん朝の番組前後の語り手としての登場、現代邦楽の音楽などが特色となった[3]

1966年4月開始の『大岡政談 池田大助捕物帳』以来、12年間続いた『金曜時代劇』の最終作となり、この時代劇枠は水曜20時枠に移動し、『早筆右三郎』を放送開始した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 演出 ゲスト
第1回 1977年
5月6日
桜と月と運命と 石山透 北嶋隆 戸浦六宏(常木鴻山)、松山省二(林啓之助)、小林麻美(お米)、日下武史(甲賀世阿弥)
第2回 5月13日 オランダかるたと阿波侍 渋谷康生 高松英郎(天堂一角)、戸浦六宏(常木鴻山)、松山省二(林啓之助)、小林麻美(お米)、鈴木瑞穂(銀五郎)、伊藤一葉(奇術師)
第3回 5月20日 春の嵐と月夜のカゼと 山中朝雄 高松英郎(天堂一角)、戸浦六宏(常木鴻山)、松山省二(林啓之助)、小林麻美(お米)、日下武史(甲賀世阿弥)、鈴木瑞穂(銀五郎)
第4回 5月27日 遍路の群と海賊と 北嶋隆 高松英郎(天堂一角)、戸浦六宏(常木鴻山)、日下武史(甲賀世阿弥)、鈴木瑞穂(銀五郎)
第5回 6月3日 お十夜頭巾のその下は 山内暁 高松英郎(天堂一角)、戸浦六宏(常木鴻山)、新藤恵美(お久良)、和田幾子(お吉)
第6回 6月10日 今ぞ越えゆく鳴門の汐路 渋谷康生 佐藤佑介(甲賀伊織)、岡田裕介(竹屋三位卿)、辻萬長(俵一八郎)
第7回 6月17日 阿波に渦まく祟りと謎と 山中朝雄 高松英郎(天堂一角)、佐藤佑介(甲賀伊織)、岡田裕介(竹屋三位卿)、日下武史(甲賀世阿弥)
第8回 6月24日 嵐を呼ぶか一節切 北嶋隆 松山省二(林啓之助)、佐藤佑介(甲賀伊織)、辻萬長(俵一八郎)、二見忠男(甲比丹三次)、西田健(蜂須賀重喜)
第9回 7月8日 山の悪夢と浜辺の恋と 山内暁 佐藤佑介(甲賀伊織)、岡田裕介(竹屋三位卿)、日下武史(甲賀世阿弥)、二見忠男(甲比丹三次)、高桐真(重臣)、曾我廼家一二三(佐治平)
第10回 7月15日 恋の行方と地底の謎と 渋谷康生 佐藤佑介(甲賀伊織)、岡田裕介(竹屋三位卿)、辻萬長(俵一八郎)、西田健(蜂須賀重喜)、山田はるみ(お鈴)
第11回 7月22日 江戸の夜風と日かげの花と 山中朝雄 有島一郎(紋日の虎)、毒蝮三太夫(岡っ引・辰)、藤村有弘(硯斉)、木田三千雄(太兵衛)、風見章子
第12回 7月29日 風雲急なり江戸墨屋敷 北嶋隆 高松英郎(天堂一角)、有島一郎(紋日の虎)、毒蝮三太夫(岡っ引・辰)、藤村有弘(硯斉)、日下武史(甲賀世阿弥)
第13回 8月5日 恋の炎はひと夜の夢か 山内暁 角野卓造(旅川周馬)、マッハ文朱(くの一忍者)、佐伯赫哉(神主)、風見章子(たみ)
第14回 8月12日 今宵月夜の阿波おどり 渋谷康生 高松英郎(天堂一角)、戸浦六宏(常木鴻山)、有島一郎(紋日の虎)、毒蝮三太夫(岡っ引・辰)、藤村有弘(硯斉)、小林麻美(お米)
第15回 8月19日 江戸で闇討ちだまし討ち 山中朝雄 戸浦六宏(常木鴻山)、有島一郎(紋日の虎)、毒蝮三太夫(岡っ引・辰)、藤村有弘(硯斉)、角野卓造(旅川周馬)、纓片達雄(佐野川万作)
第16回 8月26日 孔雀長屋は謎のまた謎 北嶋隆 戸浦六宏(常木鴻山)、有島一郎(紋日の虎)、藤村有弘(硯斉)、角野卓造(旅川周馬)、宝井馬琴(松平輝高)、岩井友見(お才)、堀井永子(お勘)
第17回 9月2日 天気のいいのに唐傘持って 山内暁 山口崇(平賀源内)、角野卓造(旅川周馬)
第18回 9月9日 深夜の決闘三つ巴 渋谷康生 高松英郎(天堂一角)、有島一郎(紋日の虎)、藤村有弘(硯斉)、纓片達雄(佐野川万作)、堀井永子(お勘)
第19回 9月16日 月夜の河原、かたき討ち 山中朝雄 戸浦六宏(常木鴻山)、宝井馬琴(松平左京之介)、角野卓造(旅川周馬)、二見忠男(甲比丹三次)、鈴木瑞穂(唐草銅九郎)、矢崎滋(柳吉)、草薙幸二郎(富樫)
第20回 9月23日 のろいは遠く阿波までも 北嶋隆 戸浦六宏(常木鴻山)、岡田裕介(竹屋三位卿)、日下武史(甲賀世阿弥)、藤村有弘(硯斉)、西田健(蜂須賀重喜)
第21回 9月30日 旅路に赤い陽が沈む 松本美彦 岡田裕介(竹屋三位卿)、藤村有弘(硯斉)、木田三千雄(太兵衛)、小林麻美(お米)、塩島昭彦(宅助)
第22回 10月7日 花嫁御寮はなぜ泣くのだろ 山内暁 山口崇(平賀源内)、二見忠男(甲比丹三次)、有馬昌彦(庄屋)
第23回 10月14日 日光道中うつのみや 北嶋隆 有島一郎(紋日の虎)、二見忠男(甲比丹三次)、田島義父(蒲浦組親方)、石橋雅史(先生)
第24回 10月21日 秋田の城の内と外 渋谷康生 山口崇(平賀源内)、岡田裕介(竹屋三位卿)、小林麻美(お米)、川合伸旺(戸村十太夫)、江夏夕子(楓)
第25回 10月28日 仕掛けたワナとあだ討ちと 山内暁 山口崇(平賀源内)、有島一郎(紋日の虎)、岡田裕介(竹屋三位卿)、角野卓造(旅川周馬)、江夏夕子(楓)、長谷川論(佐竹義敦)
第26回 11月4日 出羽の秋田は波乱万丈 田中賢二 山口崇(平賀源内)、岡田裕介(竹屋三位卿)、角野卓造(旅川周馬)、江夏夕子(楓)、御木本伸介(楢山政右衛門)、佐竹明夫(保戸野)
第27回 11月11日 命運尽きるか弦之丞 北嶋隆 有島一郎(紋日の虎)、岡田裕介(竹屋三位卿)、角野卓造(旅川周馬)、御木本伸介(楢山政右衛門)、北城真記子(年寄)
第28回 11月18日 雪空の下産声は流れる 松本美彦 角野卓造(旅川周馬)、松崎真(大天狗)
第29回 11月25日 呼び出し連れ出し誘い出し 山内暁 有島一郎(紋日の虎)、日下武史(甲賀世阿弥)、岩井友見(お才)、浜村純(蚶満寺住職)、佐藤蛾次郎(天狗)
第30回 12月2日 越後に恋風、江戸には魔風 田中賢二 高松英郎(天堂一角)、宝井馬琴(松平左京之介)、穂積隆信(甲賀綾丸)、梅野泰靖(山形大弐)、須藤健(堀田伊太夫)
第31回 12月9日 江戸の夜空に流れ星 北嶋隆 高松英郎(天堂一角)、有島一郎(紋日の虎)、藤村有弘(硯斎)、梅野泰靖(山形大弐)、杉江広太郎(相沢迪之進)
第32回 12月16日 巷に風の吹く夜は 松本美彦 戸浦六宏(常木鴻山)、藤村有弘(硯斎)、上野郁己(乙吉)、東京二・京太(牛太郎)
第33回 12月23日 旅立つ者と残るひと 山内暁 高松英郎(天堂一角)、戸浦六宏(常木鴻山)、岡田裕介(竹屋三位卿)、日下武史(甲賀世阿弥)、宝井馬琴(松平左京之介)
第34回 1978年
1月6日
剣が舞う諏訪の初春 田中賢二 高松英郎(天堂一角)、戸浦六宏(常木鴻山)、日下武史(甲賀世阿弥)、角野卓造(旅川周馬)、二見忠男(甲比丹三次)
第35回 1月13日 もちの木坂の決闘 北嶋隆 高松英郎(天堂一角)、松山省二(林啓之助)、小林麻美(お米)、宝井馬琴(松平左京之介)、和田幾子(お吉)、十朱久雄(如海大僧正)
第36回 1月20日 幸福の仮面のかげに 松本美彦 高松英郎(天堂一角)、松山省二(林啓之助)、岡田裕介(竹屋三位卿)、小林麻美(お米)、角野卓造(旅川周馬)、新藤恵美(お久良)
第37回 1月27日 浪花に咲いた恋の仇花 山内暁 高松英郎(天堂一角)、松山省二(林啓之助)、岡田裕介(竹屋三位卿)、角野卓造(旅川周馬)、小林麻美(お米)
第38回 2月3日 三ツの葛籠のその中で(前編) 平山武之 高松英郎(天堂一角)、松山省二(林啓之助)、山口崇(平賀源内)、岡田裕介(竹屋三位卿)、小林麻美(お米)、新藤恵美(お久良)
第39回 2月10日 三ツの葛籠のその中で(後編) 田中賢二 高松英郎(天堂一角)、松山省二(林啓之助)、山口崇(平賀源内)、岡田裕介(竹屋三位卿)、小林麻美(お米)
第40回 2月17日 守り袋に意外な秘密 山内暁 高松英郎(天堂一角)、戸浦六宏(常木鴻山)、岡田裕介(竹屋三位卿)、日下武史(甲賀世阿弥)、二見忠男(甲比丹三次)
第41回 2月24日 生と死の谷間 平山武之 高松英郎(天堂一角)、有島一郎(紋日の虎)、岡田裕介(竹屋三位卿)、宝井馬琴(松平左京之介)
第42回 3月3日 追いつ追われつ秘帖はいずこ 松本美彦 岡田裕介(竹屋三位卿)、日下武史(甲賀世阿弥)、角野卓造(旅川周馬)、二見忠男(甲比丹三次)、西田健(蜂須賀重喜)
第43回 3月10日 潮風悲し相の浜 田中賢二 高松英郎(天堂一角)、松山省二(林啓之助)、岡田裕介(竹屋三位卿)、角野卓造(旅川周馬)、西田健(蜂須賀重喜)
第44回 3月17日 花とも見える靄の彼方に 山内暁 高松英郎(天堂一角)、山口崇(平賀源内)、岡田裕介(竹屋三位卿)、角野卓造(旅川周馬)、宝井馬琴(松平左京之介)、小林麻美(お米)

エピソードなど[編集]

  • 主演の田村は法月弦之丞と鳴門秘帖について「さっそうとしていて、剣が強く、女性にもてる役なので楽しい、とにかくきれいにきれいにやっています。」と語っていた[5]
  • 第14回「今宵今夜の阿波おどり」では田村正和と三林京子が徳島で1分間の生中継を行った[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 美しすぎる剣士・田村正和さん『鳴門秘帖』続々発掘!”. NHKア―カーイブス. 日本放送協会 (2015年8月7日). 2018年9月23日閲覧。
  2. ^ 田村正和さんの『鳴門秘帖』一挙に29本!あと2本に!”. NHKア―カーイブス. 日本放送協会 (2018年9月14日). 2018年9月23日閲覧。
  3. ^ 連続ドラマ 鳴門秘帖”. NHKア―カーイブス. 日本放送協会. 2018年9月23日閲覧。
  4. ^ a b c NHK番組発掘プロジェクト通信(2018年9月14日)
  5. ^ グラフNHK 1977年8月号 表紙のおしゃべり より、ページ数無し
  6. ^ NHK番組発掘プロジェクト(2015年8月7日)


NHK総合テレビ 金曜時代劇
前番組 番組名 次番組
鳴門秘帖
(廃枠)
NHK総合テレビ 金曜20時枠
丼池太閤記
鳴門秘帖