女殺油地獄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女殺油地獄』(おんなころし あぶらのじごく)は、近松門左衛門作の人形浄瑠璃世話物。三段。

享保6年(1721年)に人形浄瑠璃で初演。人気の近松作品と言うことで歌舞伎でも上演されたが、当時の評判は芳しくなく、上演が途絶えていた。ちなみに、実在の事件を翻案したというのが定説だが、その事件自体の全容は未詳である。

明治になってから坪内逍遙の「近松研究会」で取り上げられ、明治42年(1909年)に歌舞伎で再演され大絶賛された。文楽(人形浄瑠璃)での復活はそれから更に年月を経た昭和27年(1947年)であった。

近年では歌舞伎、文楽の他に、映画化やテレビドラマ化もされており、「おんなごろし あぶらのじごく」と発音されることが多い。

  • 上段:「徳庵寺堤」
  • 中段:「河内屋内」
  • 下段:「豊島屋油店」「同逮夜」

あらすじ[編集]

大阪天満の油屋、河内屋徳兵衛は番頭あがりで遠慮がちであった。それを良いことに、義理の息子である与兵衛は増長し、店の有り金を持出しては新町の遊女に入れあげる放蕩者であった。

母親のお沢と徳兵衛は懲らしめのために与兵衛を勘当したものの、小遣い銭に事欠いては不憫であるとして、同じ町内の油屋、豊島屋の女房お吉の手から密かに銭を与えていた。

それでも遊ぶ金に困った与兵衛は、金貸し綿屋小兵衛から義父の偽判を用いて一貫匁の金を借り受ける。借金を返すあてなど持っていない与兵衛は、日限に責められてお吉に急場を逃れるための無心をするが断られる。二進も三進も行かなくなった与兵衛はついにお吉を惨殺。店の掛け金をうばう。

何食わぬ顔でお吉の三十五日の供養に列席していた与兵衛だが、天井でネズミが暴れ、殺しの現場で与兵衛がお吉の血潮を拭った古証文を落とす。それには動かぬ証拠として与兵衛の署名があり、悪事が露見した与兵衛は直ちに召し取られた。

演出[編集]

お吉を殺す場面で、もみ合う内に油壺が倒れてしまった為、逃げ惑うては転び、追いかけては転び、油まみれになりながらの殺害となる。

歌舞伎では本物の油の代わりにフノリを使う事で臨場感を高める。 一方文楽は実際の人間ではできないほど人形をすべらせる事で、油を演出する。

登場人物[編集]

河内屋与兵衛
本編の主人公。大坂元天満町に大店を構える油屋「河内屋」の次男。放蕩の限りをつくし、遊郭に義父・徳兵衛の名前でつけを抱えている問題児。女郎を巡って喧嘩をしたはずみで通りがかりの侍に泥を浴びせ、彼に仕える伯父を浪人させ、心を砕く義父や母、更には病身の義妹にまで暴力を振るった挙句に勘当される。徘徊中に父母の愛情を知って涙するが、却って思いつめて性急に借金を返そうとし、お吉を襲って強盗殺人に及ぶ。その後は開き直って遊び呆けていたが、すぐに犯行が露見し、あえなく千日前の刑場に引き立てられていった。
豊島屋お吉
河内屋の向かいにある同業者「豊島屋」の内儀。人格者で容姿も美しい出来た妻だが、その隙を与兵衛に襲われ殺されてしまう。27歳。
河内屋徳兵衛
与兵衛の義父で河内屋現店主。元々は与兵衛の実父である先代徳兵衛に仕えていた番頭で、その死後に襲名して店と遺族を守り抜く。先代を崇拝に近い形で尊敬しており、その生き写しの子である与兵衛も甘やかして育てるが、そのために与兵衛の増長を招く。実母にまで暴力を振るう与兵衛に堪忍袋の緒が切れて勘当するが、それでも心配になって与兵衛が出入りしていた豊島屋に赴き、与兵衛に渡してくれるよう金を預けに行った。
河内屋お沢
先代河内屋の内儀で、若くして2人の息子を抱えた未亡人となり、店と子供を守るため徳兵衛と再婚した。義父を軽んじて増長の限りを尽くす与兵衛に愛想を尽かし、一度は打ちすえて勘当を言い渡すが、やはり息子が心配な余り、金と端午の節句ちまきを豊島屋に預けに行った。
河内屋太兵衛
先代とお沢の2人の遺児のうちの長男で、与兵衛の兄。支店を一任される優秀な男だが、店の身代をも傾けようとする与兵衛の放蕩ぶりに呆れ果てており、徳兵衛に早く与兵衛を勘当してしまうように忠告し続けている。
河内屋おかち
徳兵衛とお沢の間に生まれた娘で、与兵衛と太兵衛の父親違いの妹。婿を取って河内屋を継ぐことになっているが、重病で伏せっている。兄・与兵衛をかばおうと一芝居をうつが、父・徳兵衛を引き合いに出したばかりに逆に与兵衛に暴力を振るわれてしまう。それでもお吉殺害と豊島屋の金を盗んだ嫌疑をかけられた兄を最後まで必死に庇う兄思いの妹である。
豊島屋七左衛門
お吉の夫で豊島屋の店主。店主らしく店をきっちりと切り盛りしている。与兵衛を庇うお吉の振る舞いに思わず与兵衛との関係を疑うなど、与兵衛に嫉妬する一面も見せた。三人の子供を遺して死んでしまったお吉を想い、悲嘆に暮れる。
山本森右衛門
お沢の兄すなわち与兵衛の伯父で、高槻家家中・小栗八弥に徒士頭として仕える武士。主人と共に野崎参りに向かう途中で、喧嘩中の与兵衛が八弥に泥玉をぶつけるという不祥事をしでかしたせいで、責任を取る為浪人になってしまった。
小栗八弥
高槻家家臣。野崎へ主君の代参の途中に与兵衛に泥を浴びせられるが、寛大にも泥は洗えば落ちるとしてこれを許す。しかし家中の者共は決して与兵衛らの非礼を許さず、森右衛門の暇乞いに繋がった。
小菊
与兵衛の馴染みの女郎。彼女を連れて会津のお大尽が野崎参りに出かけたのを知った与兵衛が、嫌がらせに途中の道で待ち伏せたのが事の発端のきっかけである。彼女に入れあげている与兵衛は、200匁のつけ払いを父の徳兵衛名義でしている。

映画作品[編集]

1924年[編集]

1924年5月31日公開。松竹キネマ製作。監督は野村芳亭

キャスト[編集]

1928年[編集]

1928年3月28日公開。帝国キネマ製作。監督は佐藤樹一路

キャスト[編集]

1949年[編集]

1949年10月31日公開。大映製作。監督は野淵昶。題名は「女殺し油地獄」。

キャスト[編集]

1957年[編集]

1957年11月15日公開。製作は東宝。監督は堀川弘通。題名は「女殺し油地獄」。

キャスト[編集]

1992年[編集]

1992年5月23日公開。フジテレビジョン京都映画製作、松竹配給。

なおこの映画は、お吉がかつて河内屋の奉公人で乳母代わりに与兵衛を育てたことになっていたり、小菊が油屋の元締の一人娘であったり、お吉が小菊に嫉妬して与兵衛と肉体関係を持つなど、設定もストーリーも原作から大幅に改変されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:五社英雄 - 同作品公開後の1992年8月30日に死去。同作品が遺作となった。
  • 製作:村上光一奥山和由
  • プロデューサー:能村庸一、池田知樹
  • 脚本:井手雅人
  • 企画:堀口壽一、西岡善信
  • 撮影:森田富士郎
  • 音楽:佐藤勝
  • 美術:西岡善信
  • 編集:市田勇
  • 録音:生水俊行
  • その他:中川好久、松平元子
  • 助監督:小笠原佳文
  • 照明:中岡源権

2009年[編集]

2009年5月23日公開。ジョリー・ロジャー製作・配給。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:坂上忍
  • 撮影:安田圭
  • 音楽:イズタニタカヒロ
  • 録音:井村優祐
  • 照明:石田健司
  • 美粧:泉水貴光
  • 床山:菅原努

テレビ作品[編集]

NHK1984年9月29日に放送(84分)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 作:富岡多恵子
  • 太鼓/作調:川田公子
  • 時代考証:中一彌
  • 衣装考証:小泉清子
  • 邦楽指導:豊竹嶋大夫
  • 方言指導:甲野宗三郎
  • 制作:村上慧
  • 美術:富樫直人
  • 効果:伊藤希英
  • 技術:杉村忠彦、鍋島進
  • 記録:久松伊織
  • 照明:平嶋幸夫
  • カメラ:上原康雄
  • 音声:篠根正継
  • 演出:和田勉

その他[編集]

2014年のテレビドラマ『弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』にて野球部員がこの作品を翻案した劇を学園祭で上映しようとするシーンがある。

外部リンク[編集]