出所祝い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
出所祝い
監督 五社英雄
脚本 田坂啓、五社英雄
製作 藤本真澄椎野英之佐藤正之
出演者 仲代達矢ほか
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗1971年10月30日
上映時間 131分
テンプレートを表示

出所祝い』は、1971年10月30日に公開された日本映画。監督は五社英雄、主演は仲代達矢

概要[編集]

東宝が「東映任侠路線」に殴り込みをかけた第一作[1][2][3][4]。健全さを社是としてきた東宝は、東映が「任侠路線」で映画不況を独り勝ちする状況であっても、「何もやくざ映画までやることはない」とヤクザの企画は否定してきた[2][5]。しかし止まらない凋落状態についに"禁断の実"に手を出した[5]。東宝内では批判勢力もあったが、当てたいという期待があり製作が断行された[2]

1969年に『御用金』(東宝配給)、『人斬り』(大映配給)と二本も興行成績ベストテンに送り込んだ五社英雄が監督に招かれ[5]、主演に仲代達矢と『御用金』の"夢よもう一度"と、充分にお金をかけた大作に仕上げた[2][5][6]

ケンカを売られた東映は、岡田茂が社長に就任して間がない時期で、負けるわけにはいかないと高倉健主演、年一本の「昭和残侠伝シリーズ」第8作『昭和残侠伝 吼えろ唐獅子』を『出所祝い』にぶつけた[2][5]。結果、『昭和残侠伝 吼えろ唐獅子』は1971年下期最高の成績を挙げ『出所祝い』を一蹴、錦上花を添えた[2]。東映はこれまでも大映や日活からヤクザ路線の割り込みをされたが、その都度、相手を上回る企画で叩いてきたが、今回も同様の結果になった[2]

東宝としては、少しでも東映の観客を取ろうとの目論見であったが、高倉健のファンから、むしろ反撥を買った[2]。東宝の敗因として『出所祝い』というタイトルも陰性で、仲代達矢もどちらかといえば陰性なので、東映の娯楽映画としての面白さとは質が違う[2]、『御用金』のようアクションもなく、『人斬り』のようなドラマの情念もなく、中途半端に終わった[5]、しかしこれまで明るく清くをモットーとしてきた東宝がヤクザ映画を作ったことは、東映にも刺激になり、映画界全体を活気づけることになる、それだけでも『出所祝い』には意義があった[5]などと評された。

あらすじ[編集]

昭和初期の津軽を舞台に、伐採した材木を運ぶ軽便鉄道の利権をめぐって二大ヤクザ組織がしのぎを削る[3]

スタッフ[編集]

出演者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ぴあシネマクラブ 邦画編 1998-1999』ぴあ、1998年、348頁。ISBN 4-89215-904-2
  2. ^ a b c d e f g h i 「岡田東映・積極攻勢の幕開け/目算はずれた東宝やくざ映画」『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1971年12月上旬号、 130 - 131頁。
  3. ^ a b 祝・芸能生活50周年 安藤昇伝説- シネマヴェーラ渋谷
  4. ^ 伝説の刺青師が明かす“日活&東映スター”交流秘話「女優と“博徒”の家に遊びに」
  5. ^ a b c d e f g 春日太一『鬼才 五社英雄の生涯』文藝春秋文春新書〉、2016年、138 - 139頁。ISBN 978-4166610877
  6. ^ 仲代達矢に東宝が「世界一周させてやる」映画会社の誘いを断り、フリーランスを貫く理由

外部リンク[編集]