水の也清美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みずのや きよみ
水の也 清美
本名 水谷 貞(みずたに さだ)
別名義 左近 八重子(さこん やえこ)
水乃也 清美
生年月日 (1916-08-18) 1916年8月18日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
職業 女優
ジャンル 歌劇演劇劇映画現代劇時代劇トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1931年 - 1965年
著名な家族 水谷八重子(叔母)
主な作品
生きものの記録
空の大怪獣ラドン
「おトラさん」シリーズ

水の也 清美(みずのや きよみ、1916年(大正5年)8月18日 - 没年不詳)は、日本女優[1][2]兵庫県神戸市出身。本名は水谷 貞(みずたに さだ)。宝塚歌劇団時代の芸名は左近 八重子(さこん やえこ)。愛称はサアちゃん

来歴・人物[編集]

東京府立第五高等女学校(現在の東京都立富士高等学校・附属中学校)を経て、宝塚音楽歌劇学校(現在の宝塚音楽学校)に入る。1931年宝塚少女歌劇団21期生として入団。同期に轟夕起子服部富子がいた。1932年4月、『フーピー・ガール』で初舞台を踏んだ。

1940年に宝塚を退団。ムーランルージュ新宿座などで舞台生活を続けたが、1955年東宝に入社。同年、水の也清美と改名して黒澤明監督映画『生きものの記録』に端役で初出演。以降、喜劇映画を中心に脇役として活躍した。

しかし、1965年谷口千吉監督映画『馬鹿と鋏』以降の出演作品が見当たらず、以後の消息も明らかになっていない。叔母に女優の水谷八重子 (初代)がいる。

出演作品[編集]

  • 生きものの記録(1955年、東宝) - 里子
  • 驟雨(1956年、東宝) - 大串夏子
  • 逃げてきた花嫁(1956年、東宝) - おとよ
  • 愛情の決算(1956年、東宝) - 夫人
  • のり平の浮気大学 愉快な家族(1956年、東宝) - 待合の女将
  • 新婚第一課(1956年、東宝) - 房子
  • 恐怖の逃亡(1956年、東宝)
  • 若人の凱歌(1956年、東宝) - 女中・松
  • 空の大怪獣ラドン(1956年、東宝) - 由造の妻・お民
  • 大安吉日(1957年、東宝) - 母・淑子
  • 山と川のある町(1957年、東宝)
  • 御用聞き物語(1957年、東宝) - トミ子
  • 続・御用聞き物語(1957年、東宝)
  • 雪国(1957年、東宝) - 女中・おとり
  • 憎いもの(1957年、東宝) - 女将
  • 大当り三色娘(1957年、東宝) - 小島葉子
  • 智恵子抄(1957年、東宝)
  • 新しい背広(1957年、東宝) - 叔母・かね
  • おトラさんシリーズ(東京映画
  • 女殺し油地獄(1957年、東宝) - 女将・おまき
  • 続々大番 怒濤篇(1957年、東宝) - むつみ会幹事
  • 狙われた娘(1957年、東宝) - とよ
  • 草笛の丘(1958年、宝塚映画) - 妻・兼子
  • ぶっつけ本番(1958年、東京映画) - アパートの主婦
  • 大江戸千両祭(1958年、東宝) - おきよ
  • 裸の大将(1958年、東宝)
  • 若旦那は三代目(1958年、東宝) - お七
  • 僕らの母さん(1959年、東京映画) - 松山たけ子
  • 男性飼育法(1959年、東京映画) - こと
  • 若旦那大いに頑張る(1959年、東宝)
  • 結婚の夜(1959年、東宝) - 津島未亡人
  • サラリーマン出世太閤記 課長一番槍(1959年、東宝) - 可奈子
  • サラリーマン十戒(1959年、東宝) - 隣家の細君
  • アイ・ラブ・ユウ(1959年、東宝) - 神崎せき
  • 侍とお姐ちゃん(1960年、東宝) - 影山あき
  • 落語天国紳士録(1960年、東宝) - 川上およし
  • 電送人間(1960年、東宝) - 管理人のおばさん
  • 羽織の大将(1960年、東宝)
  • 天下の大泥棒 白狼五人男(1960年、東宝) - 矢場の女将
  • 新・三等重役 当るも八卦の巻(1960年、東宝) - 桃山あき
  • 恐妻総裁に栄光あれ(1960年、東宝) - 大川幹事長夫人
  • サラリーマン御意見帖 出世無用(1960年、東宝) - 料亭の女将
  • 新・女大学(1960年、東宝) - 尾崎琴
  • 別れて生きるときも(1961年、東宝) - 女
  • 続・サラリーマン弥次喜多道中(1961年、東宝) - 中年肥りのマダム
  • 女ばかりの夜(1961年、東京映画) - 寺の奥さん
  • アッちゃんのベビーギャング(1961年、東宝) - 母
  • 地獄の饗宴(1961年、東京映画) - 桂木まさ子
  • 女難コースを突破せよ(1962年、東宝) - 久仁子
  • 私と私(1962年、東宝) - みね
  • サラリーマン権三と助十 恋愛交叉点(1962年、東宝) - 酔漢の女
  • 続・社長漫遊記(1963年、東宝) - タミエの母
  • クレージー作戦 先手必勝(1963年、東宝) - 美容院のマダム・満枝
  • わんぱく天使(1963年、東京映画) - みね子
  • われらサラリーマン(1963年、宝塚映画) - 藤子
  • 天才詐欺師物語 狸の花道(1964年、東宝) - 料亭の内儀
  • ひばり・チエミ・いづみ 三人よれば(1964年、東宝) - 花荻ゆき
  • 陽のあたる椅子(1965年、東宝) - 渋沢雅江
  • われら劣等生(1965年、ワールド・プロモーション) - 君子の母・みつ
  • 大工太平記(1965年、東宝)
  • 馬鹿と鋏(1965年、東宝) - 仲居

脚注[編集]

  1. ^ 『日本映画人名事典 女優篇 下巻』キネマ旬報社、1996年。
  2. ^ KINENOTE「水の也清美」の項

外部リンク[編集]