和田勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わだ べん
和田勉
本名 和田 勉(わだ つとむ)
生年月日 1930年6月3日
没年月日 2011年1月14日(満80歳没)
出生地 三重県松阪市
職業 演出家映画監督タレント

和田 勉(わだ べん、1930年昭和5年)6月3日 - 2011年平成23年)1月14日[1])は、日本演出家映画監督。本名は名の読みが「つとむ」。三重県松阪市出身。ワダベンカンパニー代表取締役タレントとしても活動していた。元NHKディレクター。元生島企画室業務提携。

人物[編集]

幼少期に松阪から鹿児島県に転居し、高校途中まで鹿屋市に住む。鹿児島県立鹿屋高等学校[2]から巣鴨高等学校に転校し、早稲田大学第一文学部演劇学科卒業。

1953年NHK入局。同期には磯村尚徳吉田直哉らがいる。主にテレビドラマのディレクタープロデューサーとして活躍。『竜馬がゆく』、『十字路』、『天城越え』、『阿修羅のごとく』、『ザ・商社』、『けものみち』、『夜明け前』ほか、数多くのテレビドラマの演出を担当した。手がけた作品が軒並み賞を受賞したことから、「芸術祭男」の異名を受けたこともある。「テレビはアップだ」の信念のもとにクローズアップを多用した演出で知られた。1968年芸術選奨文部大臣賞受賞。この年に新設された放送部門の初受賞者である。

1987年にNHKを定年退職。フリー以後はフジテレビ横澤彪からの誘いにより『笑っていいとも!』の月曜レギュラーになるなど、バラエティにも進出。演出業も並行して担当。映画『ハリマオ』は映画監督初作品。出演した日清食品Spa王のCMで披露するほど、ダジャレが得意。出前一丁のCM(東日本のみ)にもアニメで出演した。1994年には俳優養成学校「ザ・ドラマ・スクール」を開校。夫人は衣装デザイナーのワダ・エミ

ヘビースモーカーとしても知られており、たびたびマスコミを通して議論を呼ぶことがあった。愛煙していた煙草はマールボロ

2002年11月に東京都内の私立大学のゼミの講師として招かれた際、女子大生に猥褻行為をしたとして提訴され、控訴審まで争うも2004年に敗訴が確定した。この訴訟で和田は女子大生が名前を出さない限りコメントしないと、新聞各社の取材に応じた[3]

2004年、これまでのテレビ生活をまとめた著書『テレビ自叙伝-さらば、我が愛-』を出版。

2011年1月14日、食道上皮がんのため神奈川県川崎市の老人福祉施設で死去。80歳没[1]。なお、がんと診断されても手術や延命治療を行うことなく、約3年間病院や老人福祉施設で闘病生活を行っていた。和田の没後、古巣のNHKは追悼番組として、1月30日にNHK総合テレビNHKアーカイブス枠で『追悼・和田勉~ドラマ“天城越え”~』を放送した。[4]

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

※制作局がないのはNHK

映画[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 演技と人間 : テレビジョンの思想 (1970年、毎日新聞社
  • 地中海人間 (1975年、日本放送出版協会
  • ドラマ人間テレビ語り (1980年、講談社
  • 和田勉のおしゃべりスタジオ : ズーム・アップで「舌戦」十番 (1981年、PHP研究所
  • いい仕事ができる奴 : テレビ怪物の発想法 (1984年、ベストセラーズISBN 4584005621
  • 素敵な女ほどウソがうまい : あなたの人生が面白くなるこの効用 (1986年、祥伝社ISBN 4396620039
  • 今日も天気だタバコがうまい : 嫌煙派のみなさん、ちょっと一服しませんか (1988年、現代書林) ISBN 4876202117 ※和田勉編
  • 知的欲張りのススメ : 若者よ文化人として生きるのだ!! (1989年、スコラISBN 4796200045
  • 女優誕生 (1992年、新潮社ISBN 4103862017
  • すこぶるテレビ (1994年、岩波書店ISBN 4002601803
  • 男と女、愛の鉄則 (1997年、講談社)ISBN 4062088800
  • 子供の感じ : 1999年備忘詩(1999年、新潮社)
  • テレビディレクターの仕事 (2000年、早稲田大学人間科学部産業社会学研究室) ※和田勉述
  • 王様の四角 : 2000年備忘詩 (2001年、新潮社)
  • 勇気凛々祖師谷南北頂店街・序曲 : 断腸の日々』(2003年、近代文芸社) ISBN 4773370025
  • テレビ自叙伝 : さらばわが愛 (2004年、岩波書店)ISBN 4000240110

脚注[編集]

  1. ^ a b 和田勉氏死去 元NHKディレクター - 47NEWS(よんななニュース)
  2. ^ 米永代一郎編『思い出の三星』(南九州新聞社 1983年)旧制鹿屋中学校は卒業、新制鹿屋高校3年途中に転校。在学中には第2回国民体育大会で優勝した旧制鹿屋中男子バレー部へ向けた応援歌の作詞を担当している。
  3. ^ 『読売新聞』2004年3月20日付東京本社朝刊39面。
  4. ^ NHKアーカイブス『追悼・和田勉~ドラマ“天城越え”~』 NHKネットクラブ 番組ウォッチ 2011年1月30日参照
  5. ^ 同作のテレシネ収録された原版フィルムはNHK大阪に保存されてあり、1983年の『テレビ三十周年特別番組』(NHK教育)で『マンモスタワー』などと共に放映された。