野淵昶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のぶち あきら
野淵 昶
野淵 昶
日本映画出版『新映画』1942年5月号より
生年月日 (1896-06-22) 1896年6月22日
没年月日 (1968-02-01) 1968年2月1日(71歳没)
出生地 日本の旗 日本奈良県奈良市油留木町
死没地 日本の旗 日本京都府京都市左京区
職業 舞台演出家 映画監督
活動期間 1918年 - 1955年
活動内容 1918年エラン・ヴィタール小劇場を結成
1934年新興キネマ入社
1935年トーキー『長崎留学生』で監督デビュー
著名な家族 弟:野淵三治[1]日本碍子社長)
主な作品
『長崎留学生』
『吉田御殿』
『静御前』
『夫婦二世』
滝の白糸
テンプレートを表示

野淵 昶(のぶち あきら、1896年明治29年〉6月22日[2] - 1968年昭和43年〉2月1日[3])は日本舞台演出家映画監督

人物・経歴[編集]

1896年6月22日奈良県奈良市油留木町に生まれる[4]。同市の花芝町に暮らす祖父母のもとで育てられる[5]。祖父である野淵龍潜1909年に亡くなった後[6]、現在の大阪府堺市に移住[7]1914年、堺中学校(現在の三国丘高校)卒業後、同志社大学神学部京都帝国大学文学部英文科で学ぶ[8]

京都帝国大学在学中の1918年エラン・ヴィタール小劇場を結成して日本の戯曲家では武者小路実篤秋田雨雀久米正雄谷崎潤一郎らの劇、海外の戯曲家ではアントン・チェーホフアルトゥル・シュニッツラーロード・ダンセイニグレゴリー夫人ジョン・ミリントン・シングショーン・オケイシーらの劇を上演[9]

1933年滝川事件を契機にエラン・ヴィタール小劇場を離脱して[10]、翌年新興キネマに入社[11]1935年、トーキー『長崎留学生』でデビュー後、1955年の『怪談牡丹燈籠』まで30本以上の映画を発表。エラン・ヴィタール主宰者、映画監督として活動する間に入江たか子[12]沢島忠[13]森光子[14]らを育成。

1968年2月1日午後3時25分、京都大学医学部附属病院で急性肺炎のために息を引き取る[15]。享年71。

監督作品[編集]

公開年 作品名 製作 / 配給 脚本、脚色(原作) 主な出演者
1935年 『長崎留学生』 新興キネマ 竹井諒 月形龍之介森静子杉山昌三九久松三津枝
『白牡丹』 千恵プロ 左八阪 片岡千恵蔵鈴木澄子、月形龍之介、団徳麿
1936年 『大尉の娘』 新興キネマ 森田信義(原作・中内蝶二 井上正夫水谷八重子
1937年 『勤王田舎侍』 新興キネマ 原健一郎(原作・大仏次郎 大友柳太郎市川男女之助山田五十鈴、森静子
『吉田御殿』 新興キネマ 原健一郎 山田五十鈴、大友柳太郎、月形龍之介、浅香新八郎、市川男女之助
1938年 『静御前』 新興キネマ 八尋不二 山田五十鈴、大友柳太郎、梅村蓉子、森光子
『紀国屋文左衛門』 新興キネマ 野淵昶 市川右太衛門、森静子
1939年 『中将姫』 新興キネマ 野淵昶 松浦妙子、森静子、鈴木澄子、原聖四郎
『紫式部』 新興キネマ 野淵昶 歌川絹枝、浅香新八郎、鈴木澄子
『娘義太夫』 新興キネマ 野淵昶 高山広子、市川男女之助、梅村蓉子
1940年 『女人峠』 新興キネマ 野淵昶 大友柳太郎、国友和歌子、市川男女之助、森静子
『明治の女』 新興キネマ 野淵昶 森静子、歌川絹枝、国友和歌子、市川男女之助、雲井八重子、森光子
『夫婦二世』[16] 新興キネマ 野淵昶 市川男女之助、松浦妙子、荒木忍、梅村蓉子
1941年 『愛の砲術』 新興キネマ 野淵昶 月形龍之介、市川男女之助、羅門光三郎、市川登美
1942年 お市の方 大映 野淵昶(原作・谷崎潤一郎) 宮城千賀子、月形龍之介、大友柳太郎、荒木忍
1943年 『火砲の響』 大映 野淵昶(原作・吉川英治 嵐寛寿郎市川春代、月形龍之介
1944年 『ベンガルの嵐』 大映 野淵昶 羅門光三郎、宇佐美淳月丘夢路逢初夢子
1945年 『生ける椅子』 大映 里見弴(原作・小田進) 阪東妻三郎高峰三枝子、月形龍之介、平井岐代子
1946年 『恋三味線』 大映京都 野淵昶 嵐勘寿郎、月宮乙女、羅門光三郎、伊志井寛
1947年 『田之助紅』 大映京都 野淵昶(原作・舟橋聖一 嵐雛助、月形龍之介、喜多川千鶴、高山広子
『白粉帖』 大映京都 野淵昶(原作・堤千代 水谷八重子、徳大寺伸小杉勇
1948年 好色五人女 大映京都 野淵昶 花柳小菊坂東好太郎毛利菊枝、高山広子
『千姫御殿』 大映京都 野淵昶 花柳小菊、岡譲二、月形龍之介、小杉勇、沢村貞子
1949年 『幽霊列車』 大映京都 小国英雄(原作・朽木綱博 柳家金語楼花菱アチャコ横山エンタツ日高澄子
『女殺し油地獄』 大映京都 野淵昶 坂東好太郎、月形龍之介、志村喬、日高澄子、沢村貞子
1950年 『復活』 大映東京 依田義賢 京マチ子小林桂樹滝沢修
『姉妹星』 大映東京 依田義賢 三益愛子三條美紀大日方伝菅井一郎
1951年 『愛染橋』 大映京都 依田義賢、野淵昶 田中絹代、岡譲二、三橋達也
1952年 滝の白糸 大映東京 依田義賢(原作・泉鏡花 京マチ子、森雅之星美智子浪花千栄子
1953年 千姫 宝塚映画 寿々喜多呂九平 浅茅しのぶ東郷晴子八千草薫寿美花代山形勲、杉山昌三九
『悲剣乙女桜』 宝塚映画 中川博之、入来一二 浅茅しのぶ、故里明美新珠三千代、東郷晴子、山茶花究、杉山昌三九
1955年 『怪談牡丹燈籠』 東映京都 野淵昶 東千代之介、田代百合子

著書[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 野淵輝編『野淵昶の生涯とその業績』1969年、24頁。
  2. ^ 『日本映画・テレビ監督全集』、キネマ旬報社、1988年、544頁。
  3. ^ 京都新聞』(本版)夕刊、1968年2月2日(金)、11頁。
  4. ^ 野淵輝編『野淵昶の生涯とその業績』1969年、1頁。
  5. ^ 野淵輝編『野淵昶の生涯とその業績』1969年、2頁。
  6. ^ 橿原考古学研究所編『橿原考古学研究所論集 第七』岡幸二郎「明治期の奈良県考古学界―野淵龍潜をめぐって―」、吉川弘文館、1984年、135頁。
  7. ^ 野淵輝編『野淵昶の生涯とその業績』1969年、2頁。
  8. ^ 『日本映画・テレビ監督全集』、キネマ旬報社、1988年、544頁。
  9. ^ 大岡欽治『関西新劇史』、東方出版、1991年、603頁。
  10. ^ 松本克平『日本新劇史 : 新劇貧乏物語』、筑摩書房、1966年、641頁。
  11. ^ 『新興キネマ』三月號第四巻「特輯 新興キネマ監督名鑑」、映光社、1935年、72頁。
  12. ^ 『京都新聞』(本版)夕刊、1968年2月2日(金)、11頁。
  13. ^ 『京都新聞』(本版)夕刊、1968年2月2日(金)、11頁。
  14. ^ 森光子『人生はロングラン』、日本経済新聞出版社、2009年、48頁。
  15. ^ 『京都新聞』(本版)夕刊、1968年2月2日(金)、11頁。
  16. ^ 1940年度の「キネマ旬報ベスト・テン」に選出。