PCエンジンコアグラフィックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PCエンジンコアグラフィックス
PCエンジンコアグラフィックスII
PC Engine Core Grafx.jpg
PC Engine Core Grafx1&2.jpg
PCエンジンコアグラフィックス(上)
PCエンジンコアグラフィックスII(下)
メーカー NECホームエレクトロニクス
種別 据置型ゲーム機
世代 第4世代
発売日 日本の旗 1989年12月8日
CPU MOS 65C02
GPU HuC62
対応メディア HuCARD
アーケードカード
CD-ROM2
SUPER CD-ROM2
対応ストレージ バッテリーバックアップ
コントローラ入力 ケーブル
オンラインサービス 通信Booster
互換ハードウェア PCエンジン
次世代ハードウェア PC-FX
テンプレートを表示

PCエンジンコアグラフィックス (PC Engine CoreGrafx) とは、1989年12月8日日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)より発売された家庭用ゲーム機PCエンジンマイナーチェンジ機種である。当時のメーカー希望小売価格は24,800円。

概要[編集]

初代PCエンジンからのマイナーチェンジ版PCエンジンシャトルPCエンジンスーパーグラフィックスと並んで発表された新型PCエンジンの一つ。デザインが一部改良され、カラーリングを暗灰色に変更しただけでなく、テレビへの出力端子を従来のRF端子からAV端子に変更。本体同梱の付属コントローラには連射機能を付け、利便性の向上を図った。 本体およびコントローラのは濃いグレーとし、ロゴ文字などのアクセント青色とした。

1991年6月21日には、同時発売のSUPER CD-ROM2にカラーリングを合わせ、本体およびコントローラの色を薄いグレーとし、アクセントをオレンジ色に変えた改良版であるPCエンジンコアグラフィックスII (PC Engine CoreGrafx II) (当時のメーカー希望小売価格は19,800円)も発売された。

どちらも拡張バスを備えており、CD-ROM2 等の各種周辺機器が接続が可能である。また、以降のPCエンジンのコントローラには標準的に連射機能が内蔵されることとなった。

同時期に発売された新型機の中で唯一CD-ROM2を直結できる機種であり、当時CD-ROM2が普及しつつあったPCエンジン市場においてDuo登場まで主力商品となる。 コアグラフィックスII はPC-FX発売年まで公式カタログに掲載されており、初代と合わせるとPCエンジン機器の中で最も現役期間の長い機種だった。

フランスでは国内版にないRGB出力を追加された仕様で発売された。初代機も僅かに輸入され流通していたが、コアグラフィックスから正式な代理店による販売が開始したためCoreGrafXがPCエンジンを指す通用名詞的に扱われた。

周辺機器[編集]

型番 名称 発売日 備考
PAD-106 ACアダプタ 本体に同梱。
PI-PD06 ターボパッド(ブラック) 1989年12月8日 コアグラフィックスの色調に合わせたターボパッド。初代PCエンジンでは別売りだったが、PCエンジンコアグラフィックス以降の機種ではそれぞれ色調を合わせた連射パッドが標準装備されることとなった。
PI-PD08 ターボパッド(グレー) 1991年6月21日 コアグラフィックスIIの色調に合わせたターボパッド。
PI-AN2 AVケーブル 1989年11月22日 テレビに接続する、映像/音声一体型のケーブル。本体に同梱。
PI-AN3 RFユニット コンポジット映像信号出力のマシンに使用し、RF信号を出力するための機器。
HC66-6 天の声2 1989年8月8日 拡張バスに接続するセーブ用外部メモリでハドソンが発売。内容保持に単3電池を使用するため電池が切れたらデータも消失する。本体通電中なら電池交換してもデータは保持される。価格・流通量の多さにより利用者数はバックアップブースターより多い。名前の由来はハドソンのRPG『桃太郎伝説』のパスワードが「天の声」という名称だったことによる。
PI-AD8 バックアップブースターII 1989年12月8日 バックアップ用電源がキャパシタ(コンデンサ)に変更され、通電により充電されるようになった。また、AV出力を搭載したコアグラフィックスでの使用を前提としており、AVブースター機能を削除し、価格も下げられた。