FLYING KIDS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フライングキッズ
FLYING KIDS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ファンク
ロック
ポップ・ロック
パワー・ポップ
AOR
活動期間 1988年 - 1998年
2007年 -
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
公式サイト http://fk6.jp/
メンバー 浜崎貴司
丸山史朗
加藤英彦
伏島和雄
中園浩之
旧メンバー 飯野竜彦
浜谷淳子

FLYING KIDS(フライングキッズ)は、ボーカル浜崎貴司を中心とした日本の7人組のファンクバンド東京造形大学の学生などで結成された。

バンド名「FLYING KIDS」は山下達郎の同名の曲「フライング・キッド」(大滝詠一山下達郎伊藤銀次によるアルバム「NIAGARA TRIANGLE Vol.1」収録)に由来する[1]

概要[編集]

FLYING KIDSは1989年3月4日TBSのバンドオーディション番組「平成名物TV三宅裕司のいかすバンド天国」に出場、キングであったGENを倒して3代目イカ天キングとなる。その後、4週連続勝ち抜き、4月8日放送分ではワールド・ミュージック風の楽曲を引っさげて挑んできたチャレンジャーのKUSU KUSU(楽曲は「オレンヂバナナ」)を倒して5週勝ち抜き達成、初代グランドキングとなり、シングル「幸せであるように」でメジャーデビューした。

初期にはファンクミュージックを前面に出した曲を中心に、1994年頃からは「恋の瞬間」「風の吹き抜ける場所へ」「とまどいの時をこえて」等ポップ路線を取り入れていった。その後も「暗闇でキッス〜Kiss in the darkness〜」「ディスカバリー」などのスマッシュヒットを連発した。

1998年12月12日に解散した。

  • 浜崎はその後もソロとして音楽活動を行っている。
  • 丸山は自分のバンド「マルサンズ」を結成、都内ライブハウスを中心に活動。また、サポート活動では高橋直純のツアーでベースもプレイしている。
  • 飯野は藤井尚之中島卓偉アブラーズ杏子などのライブサポートを中心にCMやTV番組音楽の制作などでも活動、自主的なソロアルバムも発表している。

2007年8月18日、『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO』で、浜谷淳子を除くオリジナルメンバー6人で再結成した。

再結成[編集]

2007年
  • 5月15日、リーダー伏島和雄が、浜谷淳子を除くオリジナルメンバー6人での再結成を発表。ファンクラブの加入者へDMが送付された。
  • 8月12日、fai aoyamaでのMCU出演のイベントにシークレットゲストとして出演。
  • 8月18日、『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO』で再結成。
2008年
2009年
  • 2月13日、『FLYING KIDS復活大感謝祭〜FUNK騒ぎでドドンガドン!』のアンコール公演として『FLYING KIDS復活大感謝祭〜FUNK騒ぎでドドンガドン!なにわ編』を開催。ゲスト:高野寛、MCU。
  • 7月4日、公式ホームページにて11年半振りにニューアルバムを発売すると発表。同年9月23日に発売された。

再結成後の活動[編集]

2009年
  • 3月30日、再結成後初の新曲「ドマナツ」がUVケアのコパトーンCMソングに起用された。
  • 5月5日、『J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S supported by JAVA TEA』に出演。
  • 6月6日、『MITSUHIRO OIKAWA presents UNDER THE MIRRORBALL'09』に出演。→インフルエンザの影響で公演中止。
  • 7月4日、『Hot Stuff 30th Anniversary Special Live "out of our heads"』に出演。
  • 8月15日、『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO』に出演。
  • 9月23日、 12年振りのアルバム「エヴォリューション」リリース。
  • 10月3日、 『ROCK town Kobe'09』に出演。@神戸ビエンナーレ2009 野外特設ステージ
  • 10月11日、『音晴』に出演。@大阪城野外音楽堂
  • 10月24日、『IE SOUND JAMBOREE 2009』に出演。@伊江村青少年旅行村
  • 11月21日、ワンマンライブ『ファンタじゃないよ、ファンクだよ! ソウル込めますノーベンバー!』@赤坂BLITZ
  • 12月31日、及川光博うっとり ナイト2009『ゆくミッチーくるミッチー』ゲスト出演@渋谷AX
2010年
  • 5月27日、FLYING KIDS SPECIAL CLUB LIVE『DEEP NIGHT(コイヨル)』@代官山UNIT
2011年
  • 9月21日、2年ぶりのアルバム『LIFE WORKS JOURNEY』リリース
  • 10月12日、『LIFE WORKS JOURNEY』発売記念イベント@渋谷タワーレコードB1 STAGE ONE
  • 12月30日、Rockin' on presents「COUNTDOWN JAPAN 11/12」に出演。
2012年 『2012 FLYING KIDS LIVE TOUR "JOY ! 〜 一期一会"』ツアー(ゲスト:スチャダラパー BOSE)
  • 4月29日、「ARABAKI ROCK FEST.12」(ゲスト:スチャダラパー BOSE、THE BACK HORN 山田将司)
  • 5月20日、「GREENROOM FESTIVAL 12」(ゲスト:スチャダラパー BOSE)
  • 8月19日、RADIO BERRY ベリテンライブ2012〜10th Anniversary Premium Show 〜参加

ボーカル浜崎と斉藤和義との共作「オリオン通り」の一部をギター・加藤が歌う。

  • 8月25日、香川県「MONSTER baSH2012」(ゲスト:スチャダラパー BOSE)
  • 10月13日、富山県「BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2012」に参加
  • 10月28日、SHIBUYA-La.mama 30th Anniversary『relation』 SCOOBIE DOと対バン。
  • 12月16日、名古屋ブルーノート FLYING KIDS LIVE「一期一会」(1日2回公演)
  • 12月31日、モーションブルー横浜“一期一会” New Year’s Eve〜New Year’s Live!

初のカウントダウンライブ(1日2回公演)

2013年
  • 8月25日、富山県「ホットフィールド2013」参加
  • 9月16日、東京都 shibuya duo MUSIC EXCHANGE「FLYING KIDS LIVE バンド・オブ・ザ・ナイト!」ワンマンライブ
  • 10月19日、群馬県 GBGB2013 G-Beat Gig Boxに参加
2014年
  • 5月28日、渋谷クアトロ「THE SOLAR BUDOKAN 2014 IN SHIBUYA Vol.3」シアターブルック、Dj LYN
  • 9月21日、渋谷duo MUSIC EXCHANGE「FLYING KIDS 逆襲のファンク!」ワンマンライブ

Percussion 竹本一匹 / Saxophone 宇賀まり参加。

  • 10月27日、キーボード飯野竜彦が脱退。
  • 12月5日、渋谷La.mama『道玄坂異種格闘技戦 vol.74』FLYING KIDS / UL

 Keyboard SWING-O参加。

2015年
  • 1月17日、 渋谷duo MUSIC EXCHANGE「新春オールスター☆ファンキー歌合戦!!」

(出演者: 佐藤タイジ / 高野寛 / 寺岡呼人 / Bose / 矢井田瞳 / UL / スガシカオ)

  • 4月12日、 Billboard Live OSAKA「FLYING KIDS Billboard Live Tour 2015」ワンマンライブ(1日2回公演)(ゲスト:矢井田瞳)
  • 4月25日、群馬県,グリーンドーム前橋「GBGB2015 'G-Beat Gig Box'」参加
  • 6月28日、 Billboard Live TOKYO「FLYING KIDS Billboard Live Tour 2015」ワンマンライブ(1日2回公演)(ゲスト:宮沢和史)
  • 10月2日、 HEAVEN’S ROCK 宇都宮 「FLYING KIDS 関東ファンク旅団2015(Autumn-Winter)」ワンマンライブ
  • 10月11日、下北沢GARDEN『You talkin’ to me?』いまみちともたか(ゲスト:杏子) / 杉本恭一 / FLYING KIDS
  • 12月23日、<TV>群馬テレビ「JoYnt!」#232「FLYING KIDSさん ゴメンなさい」出演(群馬テレビ・とちぎテレビO.A.)
  • 12月26日、<TV>群馬テレビ「JoYnt!」#232「FLYING KIDSさん ゴメンなさい」出演(テレビ埼玉O.A)
2016年
  • 2月27日、群馬県、前橋 DYVER 「FLYING KIDS 関東ファンク旅団2016」ワンマンライブ
  • 3月25日、神奈川県、横浜 THUMBS UP「FLYING KIDS 関東ファンク旅団2016」ワンマンライブ

 

メンバー[編集]

  • 浜崎貴司(ボーカル)
  • 丸山史朗(ギター・コーラス)
  • 加藤英彦(ギター・コーラス)
  • 伏島和雄(ベース・コーラス)
  • 中園浩之(ドラム)

以下のメンバーは2017年に新たに加入した[2]

  • Elli(ボーカル)
  • SWING-O(キーボード)
  • 宇賀まり(サックス)
  • 竹本一匹(パーカッション)

元メンバー[編集]

  • 浜谷淳子(タンバリン・コーラス)
    解散後、結婚のため引退し、再結成には不参加。
  • 飯野竜彦(キーボード・コーラス)
    2014年10月27日脱退。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

※現在は生産中止

タイトル 発売日 カップリング曲 備考 JP
1st 幸せであるように 1990年4月4日 国民の皆さん 14
2nd 我想うゆえに我あり 1990年8月21日 傘がない
毎日の日々(その2)
パナソニックコンポCMソング 45
3rd 心は言葉につつまれて 1990年11月22日 ナカヨシノイミ 72
4th 新しい方々 1991年3月21日 こんなにたくさん集めて
はじけそうだぜ - マッチョズ愛のテーマ
5th 君だけに愛を 1991年10月21日 君だけに愛を(激愛ヴァージョン) ザ・タイガースカバー
6th TELEPHONE 1992年8月26日 カナリア
7th 君とサザンとポートレート 1992年11月21日 TWO HEARTBEATS
8th 大きくなったら/虹を輝かせて 1993年8月21日 - 大きくなったら:明治乳業「NEWステップ」CMソング 88
9th 恋の瞬間 1993年10月27日 Flying Kids(大人になれない子供達)〜Midnight Sky Version〜 89
10th 風の吹き抜ける場所へ 〜Growin' Up, Blowin' In The Wind〜 1994年6月22日 大人 19
11th 君に告げよう 1994年11月9日 お楽しみはこれからだ!(Live) 36
12th とまどいの時を越えて 1995年4月24日 恋の瞬間 (remix) 48
13th 暗闇でキッス 〜Kiss in the darkness〜 1995年8月23日 ダークサイドなブギ 31
14th Christmas Lovers/バンバンバン 1995年11月22日 - 「バンバンバン」はザ・スパイダースのカバー。
野茂英雄出演のキリンビバレッジ「JIVE」CMソング。
60
15th 真夏のブリザード 1996年5月22日 少年の宝物 67
16th ディスカバリー 1996年10月28日 DISCOVERY WHITE LINE MIX サッポロビール「冬物語」CMソング。 19
17th 僕であるために 1996年11月25日 21世紀になっても テレビアニメ「逮捕しちゃうぞ」初代オープニングテーマ。
後に『天才てれびくんワイド』のコーナー「MTK」においてカバーされる。
31
18th Love & Peanuts 1997年4月23日 本当は強く抱かれたいのに
19th 君にシャラララ 1997年9月4日 NEW ADVENTURE ミュージックスクエア1997年8月〜9月エンディングテーマ。 67

アルバム[編集]

タイトル 発売日 備考 JP
1st 続いてゆくのかな 1990年4月21日 8
2nd 新しき魂の光と道 1990年12月16日 43
3rd 青春は欲望のカタマリだ! 1991年10月21日 69
4th GOSPEL HOUR 1992年5月21日 天国まであと3歩シリーズ STEP.1 95
5th DANCE NUMBER ONE 1992年8月26日 天国まであと3歩シリーズ STEP.2 74
6th レモネード 1992年12月16日 天国まであと3歩シリーズ STEP.3
7th FLYING KIDS 1993年9月22日 47
8th Communication 1994年11月30日 16
9th HOME TOWN 1995年11月1日 14
10th 真夜中の革命 1996年11月25日 10
11th Down to Earth 1997年10月22日 24
12th エヴォリューション 2009年9月23日 162
13th LIFE WORKS JOURNEY 2011年9月21日

ベストアルバム[編集]

  1. ザ・バイブル(1993年12月16日)
  2. BEST OF THE FLYING KIDS これからの君と僕のうた(1998年2月11日)
  3. FLYING KIDS NOW! 〜THE NEW BEST OF FLYING KIDS〜(2004年2月25日)

アナログ[編集]

  1. DISCOVERY(1996年11月25日)

映像作品[編集]

  1. 愛と力のビデオテープ(1990年2月21日)
  2. どぼちょん(1991年12月16日)
  3. FKV -天国まであと3歩-(1992年12月16日)
  4. “Break Through” TOUR '94 -日比谷野外音楽堂-(1995年1月21日)
  5. HOME TOWN VIDEO(1996年5月22日)
  6. ライブ帝国DVDシリーズ FLYING KIDS

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞デジタル「フライングキッズ、「いか天」のあの頃 浜崎貴司(前編)」2016.2.26(2016.4.3アクセス)。
  2. ^ 浜崎貴司OFFICIAL SITE~TANEMAKI~ flyingkids official web site「FLYING KIDS 結成30周年!新メンバー加入で9人に!『新・我想うゆえに我あり』をリリース!」(2017.9.20アクセス)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]