ブラボー (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブラボーは、主に1980年代末から1991年にかけて活躍していた日本のバンドである。

来歴[編集]

アマチュア時代は横浜周辺のライブハウスなどで活動。彼らが一躍注目を浴びるのは1989年3月11日放送の『三宅裕司のいかすバンド天国』(イカ天、TBSテレビ)に出演してからのことで、『ハイになりましょう』という曲を演奏し、ベストキャラクター賞を受賞。ボーカル・鈴木雄人の甲高い質の歌声とタイツ姿、眉毛乳首く塗り、その乳首を見せるパフォーマンスで人気となる。その後『IKA-TENサマーシリーズ・1 IKA-NIGHT TEN-NIGHT』『輝く!日本イカ天大賞』などの『イカ天』のイベントに多く出演。

1990年3月21日NECアベニューからシングル『めでてェ〜な』、アルバム『CD (Children's Dream)』を同時発売してメジャーデビュー。この10日後の3月31日には『ブラボーデビューコンサート・めでてェ〜な』で渋谷公会堂進出を果たしている。

メジャーデビュー翌年の1991年に解散。現在は、ボーカルを務めていた鈴木は社交ダンスのインストラクターを務めている[1]

テレビ出演時、ベースを担当していた川原田は現在“ナナイロワクセイ”という音楽ユニットにて横浜、逗子などで活動中。

メジャーデビュー時、キーボードを担当していた槇は、その後マニピュレーターそしてコンサート、イベントの演出、舞台監督として活躍し、 株式会社MusicGateの代表取締役を務めている。

メンバー[編集]

イカ天出場時

  • ボーカル 鈴木雄人
  • ギター 平田直樹
  • ベース 川原田文秀
  • ドラム(前期) 東泰志
  • ドラム(後期) 漆本俊一

メジャーデビュー時

  • ボーカル 鈴木雄人
  • ギター 宮路亨
  • ベース 我妻博之
  • ドラム 井原康晴
  • キーボード 槇圭一郎

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • めでてェ〜な(1990年3月21日・N09C-42)
  • Yah!Yah!Yah!〜お元気ですか!〜(1990年6月30日・NADL-1003)

アルバム[編集]

  • Children's Dream(1990年3月21日・N29C-48)
    1. Yah! Yah! Yah!〜お元気ですか!〜
    2. めでてェ〜な!
    3. 愛してバンバン
    4. ハッタリ・ブギ
    5. ハイになりましょう
    6. IEN
    7. 叫び
    8. Yu-Jin(雄人)
    9. おやつ、あげないわよ!!
    10. 裸になろう
    初回版は特典としてブラボー鈴木キーホルダーが付いている。

CM[編集]

東レの「フレミング」という商品の歌の声が鈴木雄人かもしれない。

出演番組[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 講師紹介ダンススタジオスズキ(2019.2.2アクセス)。2007年放送のイカ天復活祭でも紹介されていた。

関連項目[編集]