C-BA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

C-BAシバ)は、日本で活躍していたロックバンド

概要[編集]

脱サラしてボーカリストになったという上柿方人を中心に結成、スカワールドミュージック風などの、骨っぽい感のある音楽を展開。

1989年9月16日放送の『三宅裕司のいかすバンド天国』(イカ天、TBSテレビ)に出場、「旅でスカ」を演奏。ベストボーカル賞、在宅審査員賞受賞と共にチャレンジャーにも選ばれるが、当時のイカ天キング・BEGINに2対5で敗れる。

その後、同じイカ天出身のNORMA JEANと一緒の全国ツアーも行う。1990年1月1日の『輝く!日本イカ天大賞』にも出場し、ベストスピリッツ賞を受賞。その音楽性の高さが買われ、同年7月4日、シングル『旅でスカ』をBMGビクターからリリースしメジャーデビュー。

この他、『FM ROCK KIDS』(FM北海道)の土曜日で月一回出演のパーソナリティも務めていた。その後、1993年から1994年頃に活動を停止したものと思われる。ベースの棗田、ドラムの加藤はその後ザ・コブラツイスターズで活動していた。

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 旅でスカ (1990年7月4日)

難波弘之がアレンジャーを務め、イカ天で披露されていたものとは大幅に異なるアレンジが施されている。

  • 空を見上げた (1991年3月6日)
  • 夏の雨 (1991年6月21日)
  • じょーだんじゃねぇよ (1992年3月21日)

アルバム[編集]

  • JUNGLE TROUBLE MAKER (1990年11月7日)
COME TO LUCK/抱きしめてロンリー/JUNGLE TROUBLE MAKER/夏の雨/空を見上げた/いらだち100%/季節風が吹く時/放流/お前のLOVE SONG/LOW LIFE/旅でスカ/r.p.m.
  • それぞれの道標 (1992年3月21日)
無人駅/シーツの空/愛をありがとう/街の高笑いが聞こえる/じょーだんじゃねぇよ/たいくつな芝居/純真恋心/不可思議な夢の声/EVIL AGE/来光

関連項目[編集]