The 5.6.7.8's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
THE 5.6.7.8's
The 5.6.7.8's Lille 2004-29-05.jpg
2004年、フランスリールでのライブ
基本情報
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ガレージ・ロックロカビリーサイコビリーパンク・ロック
活動期間 1986年 -
公式サイト THE 5.6.7.8's
メンバー YOSHIKO(ボーカルギター
SACHIKO(ドラムス
OMO(ベース

The 5.6.7.8's(ザ・ファイブ・シックス・セブン・エイツ)は、日本ガールズバンド。通称はゴロッパチ[1]

概要[編集]

1986年に東京で結成。現在はYoshiko Fujiyama (ギター&リードボーカル)、Sachiko (ドラム)、Chellio Panther Omo (ベース)の女性3人組で活動[2]。元々はイカ天出身バンドで、当初から海外を視野に入れた活動を行なっていたが、アメリカ映画キル・ビル Vol.1』に出演したことにより、国際的な人気を不動のものにした[1][2]

1950年代1960年代1970年代、および1980年代のロックを演奏するというのがコンセプトで、そこからこのようなバンド名となった[2]アメリカのサーフミュージックとガレージロックを思わせる音楽性を持ち、アメリカのロックの曲のカバーも行う。

海外での活動[編集]

ホワイト・ストライプスジャック・ホワイトとは彼がバンドでブレイクする前から親交が深く、対バンはもちろん、ジャックが彼女たちの楽曲をカバーするほどの間柄[1]。のちにジャック主催レーベルのサードマン・レコードより、過去作のリイシューと7インチシングルをリリースした[注 1][1]

また2003年公開[注 2]クエンティン・タランティーノ監督の映画『キル・ビル Vol.1』において、大立ち回りの舞台となる居酒屋で演奏するバンド役として出演したことで国際的な人気を獲得した[注 3][注 4]

2004年からは世界各地を巡るワールドツアーを開始[2]

略歴[編集]

  • 1986年結成。当初はRONNIE“YOSHIKO”FUJIYAMA(ボーカルギター)、SACHIKO(ドラム)、RICO(ギター)、YOSHIE(ベース)の女性4人組バンドとして東京で活動を開始。初ライヴは渋谷の「屋根裏」というライブハウスだった。
  • 1988年、ベーシストがYOSHIEからMIKAKOに交替。
  • 1989年6月24日TBSテレビの番組『三宅裕司のいかすバンド天国』に出場(エントリーナンバー2番)、演奏収録時にアメリカンバイクに乗って登場した。『モーターサイクル・ゴーゴーゴー』を演奏、ベストプレイヤー賞を受賞。同年、ファーストシングル「MOND GIRLS A GO-GO」を発売(同シングルには「モーターサイクル・ゴーゴーゴー」も収録)。このシングルが海外各地で評判となり、その後多くの国からオファーが舞い込み、世界的な活動をするきっかけとなる。
  • 1990年、ベーシストが現メンバーでもあるOMO、ギタリストが唯一の男性メンバーであるEDDIEに交替。
  • 1992年オーストラリアで初の海外コンサートツアーを開始。この時にEDDIEが抜け、3人組バンドになる。
  • 1994年、初のアメリカツアーを行う。
  • 1995年、ギタリストとしてAYAが加入(後に脱退)。
  • 1996年、結成10周年記念として初のワンマンライヴを実施。ベーシストがOMOからYAMAに交替。
  • 1998年、アメリカ、オーストラリアの他、ニュージーランドヨーロッパで初のツアーを行う。
  • 2002年アメリカ映画キル・ビル Vol.1』で、劇中で演奏するバンドの役として出演。同じ年、『BIG JAPAN TOUR』と称した日本国内のツアーの他、中国でコンサートを行う。
  • 2003年、OMOがベーシストとして復帰。
  • 2004年、『WORLD TOUR』として長期間、世界各地でのコンサートを行う。

メンバー[編集]

結成当時からのメンバーで、SACHIKOとは実の姉妹。
結成当時からのメンバーで、YOSHIKOとは実の姉妹。
1990年に加入。1996年に一時脱退するが、2003年から再加入している。

旧メンバー[編集]

  • RICO(ギター)
結成メンバー。1990年脱退。
  • EDDIE(ギター)
1990年から1992年まで参加。現在、MAD3所属。
  • AYA(ギター)
1995年に加入、のちに脱退。
  • YOSHIE(ベース)
結成メンバー。1988年脱退。
  • MIKAKO(ベース)
1988年から1990年まで参加。
  • YAMA(ベース)
1996年から2003年まで参加。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル
1st 1989年 MOND GIRLS A-GO-GO
2nd 1991年 I WAS A TEENEAGE CAVEWOMAN
3rd 1992年 AH-SO
4th 1993年 EDIE IS A SWEET CANDY
5th 1993年 I NEED A MAN
6th 1994年 I WALK LIKE JAYNE MANSFILD
7th 1995年 THE SPELL STROLL
8th 1996年 CONTINENTAL HOP
9th 1996年 BOMB THE TWIST
10th 1997年 THE BARRACUDA
11th 1998年 SMILLY WILLY
12th 1999年 COME SEE ME
13th 2002年 フーテンリリィ - PRETTY LITTLE LILLY CAN DANCE NO MORE
14th 2003年 ROCK AND ROLL SANTA
15th 2004年 19TH NERVOUS BREAKDOWN
16th 2004年 WOO HOO
17th 2004年 I'M BLUE

スタジオアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格
1st 1988年 ザ・ゴールデン・ヒッツ・オブ・THE5.6.7.8'S カセットテープ
2003年12月26日 CD
2nd 1991年 The 5.6.7.8's CAN'T HELP IT! CD
3rd 1994年12月31日 The 5.6.7.8's CD
4th 2002年4月26日 TEENAGE MOJO WORKOUT CD
5th 2014年12月24日 TANUKI GOTEN CD

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格
1st 1996年1月5日 BOMB THE TWIST CD
2nd 1997年11月30日 PIN HEEL STOMP CD

ベストアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格
2003年11月8日 BOMB the ROCKS - Early Days Singles 1989-1996

ライブアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格
2011年 Live At Third Man 12インチLP

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本人なら誰でも一度は耳にしたことのある童謡「証城寺の狸囃子」をカバーしている。
  2. ^ アメリカ公開は同年10月10日、日本公開は10月25日
  3. ^ 劇中で演奏した楽曲のうち、「Woo Hoo」(The Rock*A*Teensのロカビリーカバー曲)は2004年イギリスのシングル・チャートで28位を記録している。
  4. ^ 出演のきっかけはタランティーノが来日した際、買い物をしていた東京の古着屋で店員がかけていたThe 5.6.7.8'sを気に入ったこと。その場で店員の私物のCDを買い取り、その後、バンドの生演奏も見て出演させることを決めたという。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 灰野敬二、MONO、THE 5.6.7.8’S……海外で支持されている実力派ミュージシャンたち”. Real Sound (2014年6月16日). 2018年8月18日閲覧。
  2. ^ a b c d The 5.6.7.8′s – 30周年アニバーサリーツアー”. ESJAPON.com (2016年8月1日). 2018年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]