萩原健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

萩原 健太(はぎわら けんた、1956年2月10日 - )は、日本音楽評論家ディスクジョッキー音楽プロデューサー作曲家音楽家CS-TBS番組審議委員、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。

メジャーなポップ・ミュージック(主にアメリカのヒットチャート系)に精通しており、なかでもザ・ビーチ・ボーイズエルヴィス・プレスリーザ・ベンチャーズのマニアである。

来歴・人物[編集]

裁判官の父親の転勤に伴い、北海道千葉県など転々として育つ。早稲田高等学校を経て早稲田大学法学部に進む。在学中は放送研究会に所属。音楽評論家の宮治淳一は一年後輩で交友関係にある[注 1][2]。またサザンオールスターズ桑田佳祐とは、サザンがデビューする以前からの友人であり、アマチュア時代のサザンに加入していたこともある、とラジオ番組で明らかにしている。関口和之の弁によると、1976年秋~1977年春にかけて、松田弘野沢秀行が加入する以前のサザンのギターを担当していた[3]。なお、萩原を桑田に紹介したのは前述の宮治である[4]

1978年大学を卒業後、早川書房に入社。ミステリを担当。当時、作家・中島梓(栗本薫)が編集者たちと結成したバンド「エディターズ」にベース担当として参加[5]

敬愛する大瀧詠一にインタビューを行った際、「君は南海ホークスのままで終わるのか? 読売ジャイアンツになる気はないのか?」と言われたことがきっかけで1981年6月に早川書房を退社、フリーランスとなる。1985年、学生時代から面識があった桑田佳祐のインタビュー集『ロックの子』を講談社から刊行。

1989年から1990年まで、TBS系列『三宅裕司のいかすバンド天国』に審査員として出演。グラムロックバンド、マルコシアス・バンプなど、多くのバンドを世に送り出した。このほか後番組『星期六我家的電視・三宅裕司の天下御免ね!』の音楽パフォーマンス部門においてWARKを見出すなど多くのバンド、ミュージシャンを発掘している。

ディスクジョッキーとしても1980年代中盤より活動。NHK-FM佐野元春甲斐よしひろの『サウンド・ストリート』の構成を担当後、自ら後続番組『ミュージック・シティ』のラジオパーソナリティを担当。1996年4月からNHK-FM『ポップス・グラフィティ』の月曜パーソナリティを2005年3月の番組終了まで担当した。

ミュージシャンとしては黒沢健一と共にアコースティック・カバーユニット「健'z」を結成の他、サーフ・インストゥルメンタル・バンド「ダディ&ザ・サーフビーツ」にギタリストとして参加。音楽プロデューサーとしてユースケ・サンタマリアがボーカルを務めたラテンロックバンド・BINGO BONGOの他、米米CLUB山崎まさよしなどアルバム・プロデュース歴もある。

夫人は同じく音楽評論家でCRT主催者の能地祐子。

現在は『タモリ倶楽部』で定期的に放送されている「空耳アワード」の審査員やTBSラジオの『萩原健太のMusic SMiLE』などを担当。

文化庁芸術祭大衆芸能部門審査員。

エピソード[編集]

TOKYO FMで2022年現在も放送されている『山下達郎のサンデー・ソングブック』で番組が始まった頃、スタッフであった。当番組は山下自身が所蔵する音源からオールディーズを中心とした楽曲を放送しているが、番組開始頃、山下が「どしどしリクエスト下さい。私と萩原健太で揃えられないレコードはありません」と言っていた。萩原も米『ビルボード』誌の歴代トップ100チャートに載ったシングル盤を全て揃えることを目標にしているほどの、有数のオールディーズコレクターである。

自身のラジオレギュラー番組が最終回を迎える際には、必ず最後の曲として最も好きな曲であるザ・ビーチ・ボーイズの「ドント・ウォリー・ベイビー」をかけることにしている。

主な提供曲・プロデュース[編集]

著書[編集]

アルバム[編集]

  • 『健'z』(DDCZ-1041)

出演[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 萩原と宮治は同学年であり、宮治は一浪している[1]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]