ミュージックプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミュージックプラザ
ジャンル 音楽番組
J-POP洋楽
放送方式 生放送
放送期間 2002年4月1日 - 2016年3月31日
放送時間 毎週月曜 - 木曜 16:00 - 17:20
放送局 NHK-FM
パーソナリティ 月曜・つのだ☆ひろ
火曜・ルーシー・ケント
水曜・鈴木万由香
木曜・矢口清治
公式サイト 公式サイト
特記事項:
2007年度までは「第1部・クラシック」、「第2部・ポップス」の二部編成だった。
2008年度から旧「第1部」が『クラシックカフェ』として分離、同時に、旧「第2部」のみでの放送。
テンプレートを表示

ミュージックプラザ』は、NHK-FM放送で放送されていた音楽番組2002年4月1日放送開始、2016年3月31日放送終了。最終回時点の放送時間は、毎週月曜 - 木曜16時から17時20分。

概要[編集]

14:00 - 16:00の『クラシックセレクション[1]』の枠と、16:00 - 17:27の『ポップス・グラフィティ[2]』の枠の双方を一番組に統合する形で2002年に開始した。当初は、「第1部・クラシック」、「第2部・ポップス」の2部制であった。

2005年度から2015年度までの放送は、4名のパーソナリティが日替わりで番組を担当し、日本国内や世界の様々なポップス・ニューミュージック系統の音楽を放送していた。

2016年度の番組改編で、14年にわたる歴史に幕を下ろした[3]。後番組は、主に10-20代の若者を中心とした世代に向けて展開される『ゆうがたパラダイス』(16:40-18:00)[4]

レギュラー放送終了後は年2回程度、「○○と○○の"ミュージックプラザ"な夏休み・冬休み」と題した特別番組を放送する[要出典][5]

「第1部・クラシック」の変遷
クラシックを主体にした第1部は、放送された翌日の早朝[6]の7:20 - 9:17の時間帯に再放送が行われていた[7]
金曜第1部で『気ままにクラシック』が放送されていたが、2005年4月から「ミュージックプラザ」の枠から外れて毎週日曜19:20 - 21:00の時間帯へと移動し、単独番組化した。
更に、2008年3月31日から第1部が「クラシックカフェ」として分離。『ミュージックプラザ』は旧「第2部・ポップス」のみの番組名となった。この改編と同時に第2部の金曜の放送枠がなくなり、代わりとして『U-18 ユーガタM塾』が新設された。
旧第1部のオープニング・エンディングテーマ曲は、「わが夢の都ウィーン」(ジーツィンスキー作曲)であった。
旧第1部「クラシックカフェ」は、地上デジタル音声放送実用化試験局のNHK(9101チャンネル、東京・大阪)で時差放送されていた。

パーソナリティ[編集]

パーソナリティ(ポップス)[編集]

期間 曜日 担当 備考
2002年4月1日 - 2005年3月25日 月曜 萩原健太[8]
オールディーズ
金曜の担当者以外は全員前番組『ポップス・グラフティ』からの引き継ぎである。月曜 - 木曜は洋楽主体、金曜のみが歌謡曲主体。金曜はそれまで『名曲リサイタル』の再放送が放送されていたが、「ミュージックプラザ」の放送開始にあたり新たに金曜枠が増設される形になった。
火曜 竹村淳
中南米カリブの音楽(ラテン))
水曜 大橋美加[9]
ジャズヴォーカルとシネマ
木曜 服部克久[10]
(ポップス・アラカルト)
金曜 EPO[11]
(エポックミュージック)
2005年3月28日 - 2016年3月31日 月曜 つのだ☆ひろ
(J-POP HIT GRAFFITI/昭和歌謡曲
火曜 ルーシー・ケント
洋楽 MUSIC TODAY/1990年代以降を中心とした洋楽特集)
水曜 鈴木万由香
J-POP MUSIC TODAY/1990年代以降を中心としたJ-POP特集)
木曜 矢口清治
(洋楽 HIT GRAFFITI/往年の洋楽特集)
2005年4月1日 - 2008年3月28日 金曜 太田裕美
(ALL REQUEST/オールリクエスト特集)

パーソナリティ(クラシック)[編集]

2002年4月1日 - 2007年3月23日
2007年3月26日 - 2008年3月28日
担当パーソナリティは、隔週ローテーションで月曜 - 金曜の全てに出演した。後番組「クラシックカフェ」も継続して担当。

放送時間[編集]

本放送[編集]

放送期間 第1部 第2部 備考
2002年4月1日 - 2002年10月4日 14:00 - 16:00 16:00 - 18:00 途中、17:30 - 17:45に『青春アドベンチャー』の再放送が挟まれていた[12]
2002年10月7日 - 2003年3月28日 14:00 - 16:00 16:00 - 17:45 『青春アドベンチャー』の再放送が17:45 - に移動。
2003年3月31日 - 2006年4月7日 14:00 - 16:00 16:00 - 17:30 みんなのコーラス』が17:30 - 17:45に新設。
2006年4月10日 - 2007年3月30日 14:00 - 16:00 16:00 - 17:45 『みんなのコーラス』が17:45 - に移動。
2007年4月2日 - 2008年3月28日 14:00 - 16:00 16:00 - 17:15 歌謡スポットライト』の放送開始に伴い、放送時間が短縮。
放送期間 放送時間 備考
2008年3月31日 - 2009年3月27日 月曜 - 木曜 16:00 - 17:15 1部が「クラシックカフェ」として分離し放送時間が短縮、金曜の放送が廃止。
2009年3月30日 - 2016年3月31日 月曜 - 木曜 16:00 - 17:20 『歌謡スポットライト』終了に伴い5分拡大。平日と重なる祝日では「今日は一日○○三昧」を放送する場合、本番組は休止となる。

再放送[編集]

2002年4月8日 - 2008年3月31日
本放送月曜 - 木曜放送分は、その翌日に、金曜放送分は翌週月曜に放送。本放送が祝日の特集番組で放送されなかったり時間短縮された場合には、過去の放送から選出したものが再々放送される。また、毎年秋には『日本音楽コンクール[13]』予選会の模様をこの時間に放送する為、その時には再放送そのものが行われない。2008年4月1日以後は月曜のみ「気ままにクラシック」、他は「クラシックカフェ」の再放送に当てられている。
  • 第1部:7:20 - 9:17
  • 第2部:無し

脚注[編集]

  1. ^ クラシック音楽をテーマにした番組。
  2. ^ ポップスをテーマにした番組。
  3. ^ 平成28年度 収支予算と事業計画(要約) (PDF)”. 日本放送協会. p. 2 (2016年1月12日). 2016年1月13日閲覧。
  4. ^ 平成28年度国内放送番組編成計画 (PDF)”. 日本放送協会. p. 16 (2016年1月20日). 2016年2月7日閲覧。
  5. ^ 主につのだ☆ひろ・矢口清治が担当[要出典]
  6. ^ 金曜は翌週月曜。
  7. ^ 但し、再放送では本放送時の冒頭に3分間放送される「きょうの放送内容」、更に古くは、東京中心の季節や天気の話題(最後に必ず「皆さんのお近くでは、いかがでしょうか」と付け加えられていた)の部分は、季節も時期もずれるため完全に削られて9:17 - 9:20の時間帯に移動され『FM番組トピックス』(旧『FM放送・この後の番組から』)として放送された。
  8. ^ 「現在のヒットチャートから落ちたものは全てオールディーズ」という乱暴なコンセプトでポップスをオンエアしていた。
  9. ^ ヴォーカルものを中心としたジャズと洋画を中心とした映画音楽をオンエア。
  10. ^ 前半はイージーリスニングアーティスト特集。後半はテーマに沿ったポップスセレクションとリクエスト、最後の一曲はクラシックの名曲から。
  11. ^ 「ちょっと懐かしいJ-POPS」と題して、古めのJ-POPや歌謡曲をオンエア。中盤に「ちょこっと洋楽」と題して数曲だけポップスをオンエアしていた。
  12. ^ 大阪放送局を中心とする近畿ブロックでは、大相撲中継期間中のみ『イブニングミュージックライン』を17:45から放送開始していた為、放送時間の飛び降りが行われていた。
  13. ^ 毎日新聞社との共催。

外部リンク[編集]

NHK-FM放送 月曜 - 金曜 14:00 - 16:00
前番組 番組名 次番組
クラシックセレクション
ミュージックプラザ
第一部・クラシック
14:00 - 15:55
月 - 木:クラシックカフェ
金:気ままにクラシック
(日曜19:20から移動)
15:55 - 16:00
音の風景
NHK-FM放送 月曜 - 金曜 16:00 - 17:20
16:00 - 17:27
月 - 木:ポップスグラフティ
金:名曲リサイタル
(土曜9:00に移動)
ミュージックプラザ
16:00 - 16:40
月 - 木:音楽遊覧飛行
再放送
16:00 - 17:20
金:U-18_ユーガタM塾
NHK-FM放送 月曜 - 金曜 7:20 - 9:20
クラシックセレクション(再放送)
ミュージックプラザ
第一部クラシック(再放送)
月:気ままにクラシック
( - 2010年3月迄は再放送、以降は本放送)
火 - 金:クラシックカフェ(再放送)