GEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

GEN(げん)は、日本のロックバンドである。

略歴[編集]

1988年結成。翌1989年2月25日平成名物TV三宅裕司のいかすバンド天国に出場(演奏曲は『気取ってんじゃねぇよ』)。チャレンジャーとして正キングになったばかりの初代キングSLUT&SLASH BANDに挑み、番組史上初のキングを打倒したチャレンジャーの栄冠とともに2代目イカ天キングを勝ち取った。勝利した際には踊って喜びを表現した。ボーカルの源学はじめ、視聴者人気は非常に高く番組にはファンレターが多数寄せられた。 翌週3月4日、「2人のセレナーデ」を演奏曲としてFLYING KIDSを迎え撃ったもののイカ天キング防衛はならなかった。このときの勝負は3対2と接戦で、相原勇は「いい勝負だった」とコメントし、GENはFLYING KIDSと握手して去っていった。

1990年5月21日にビクターインビテーション(ビクターエンタテインメント)からシングル『バラ色の人生』を発売しメジャーデビュー。以後ビクターからは1992年の解散までにシングル5枚、アルバム3枚をリリース。

ボーカルの源学は解散後間もなくしてソロデビュー、1995年からはアーティスト名をGenに改め、ソロ活動の他、お笑いコンビ2丁拳銃のシングル曲のプロデュースなど楽曲提供、CM曲などの音楽製作も行う。現在は出身地の金沢市に戻り、実家の保育園で園長となり子ども達に歌を歌うなどする傍ら、音楽活動を続けている。最近では、2008年7月に、石川テレビ放送フジテレビ系列)のキャラクター「石川さん」のテーマ曲として発表された「石川サンバ」の作曲を担当したり、自身の新バンド「Gen & Smiley's!」のリーダーとしても活躍している。同バンドは、2011年7月30、31両日に行われた石川テレビ主催の「石川さんカーニバル」にも連日出演し、最終日のステージではトリをつとめた。2012年10月からHONDA N-ONEのナレーションを担当している。

また、ドラムの中島よしのぶは2004年からナカジマノブ名義で人間椅子のドラマーとして活動している。

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

特に注記の無いものは全てビクターインビテーション(ビクターエンタテインメント)から発売

シングル[編集]

  • バラ色の人生 (1989年、C/W『落伍者にはなりたくない』)※ロンドンナイトレーベル(インディーズ)より発売
  • バラ色の人生 (1990年5月21日、C/W『スポットライト浴びながら』)
  • メロメロ (1990年、C/W『のら犬たちのバラード』)
  • 二人のセレナーデ (1990年、C/W『もっと楽に(Club Version』『いつでも どこでも』)
  • もっと楽に (1991年、C/W『山をこえ谷をこえ』)
  • セピア色の街で (1991年、C/W『君と僕とのラヴソング』)

アルバム[編集]

  • あした天気になあれ (1989年)※タフレコード(インディーズ)より発売
バラ色の人生/泥んこ色の気分/勝手じゃん!!/のら犬たちのバラード
  • LA-LA-LA (1990年)
バラ色の人生/気取ってんじゃねぇよ/じゃまな奴等/ラララのままで/盲目の恋人/あした天気になあれ/勝手じゃん/メロメロ/泥んこ色の気分/ブルースマンに憧れて
  • セレナーデ (1991年)
はじめまして/黒い風船/2人のセレナーデ/山をコエ谷をこえ/気ままな独り言/もっと楽に/一般庶民のうた/キラキラしようよ/君の声を聞きたい/スーパーマン/愛の讃歌
  • メモリーズ (1991年)
ビーナス/セピアの街で/メモリーズ/素敵な夜に包まれて/落伍者にはなりたくない/ハプニング/幸福な時間/いつもの道/都会に咲く花/役立たずのからっぽの銃/君と僕のラヴソング/La La Means Walts/涙をふいて

外部リンク[編集]

関連項目[編集]