ナカジマノブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナカジマ ノブ
出生名 中島 慶信
生誕 (1966-09-20) 1966年9月20日(52歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都杉並区
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
職業 ミュージシャン
作曲家
担当楽器 ドラムス
ボーカル
活動期間 1988年 -
レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ
共同作業者 人間椅子
ドミンゴス

ナカジマ ノブ1966年9月20日 - )は、日本ヘヴィメタルバンド人間椅子ドラマーヴォーカリストである。

略歴[編集]

人物[編集]

  • A型、身長170cm。
  • 杉並第八小学校出身。
  • 東邦大学理学部理学科卒[3]
  • 出生時は東中野に住んでいたが、翌年に父の実家である高円寺に転居。その後上石神井の都営団地に9年ほど住んでいた時期があるが、1978年に再び父の実家へ戻り、以来現在に至るまで高円寺在住[3]
  • ダム巡りも趣味の一つでダムカードをコレクションしている。
  • 日野日出志に関しては原画なども多数所有する日本有数のファンである。
  • 学生時代アニメーション研究会を作ったほどのアニメ好きでもあり、腕時計など様々なアイテムの収集癖を持つ。
  • 小学生の頃、自宅で開いた誕生会に来てくれた初恋の女の子から「化学者になって公害を無くしてください」という手紙をもらったのをきっかけに化学者を志し、東京大学教育学部附属中学校同附属高校へと進学したが、高校2年生の頃バンドを組み、出場した大会でベストドラマー賞を受賞したのをきっかけに、バンドマンとなることを決意[3]
  • 人間椅子のリハにはバンド加入前の2003年末から参加。2回目のリハでメンバーの和嶋慎治鈴木研一から人間椅子への加入を打診されたが、当初はこれまでやってきた音楽との方向性の違いによって応援してくれているファンを戸惑わせてしまうのではないかという思いから、正式加入を決断できなかった。しかし、2004年4月からアルバム「三悪道中膝栗毛」のレコーディングに参加し、和嶋と鈴木のグルーブセンスに感銘を受け、正式加入を決断[4]
  • 人間椅子のライブでの扮装は、リーゼントに鯉口シャツ。
  • 2003年5月のドミンゴス脱退直後より積極的にソロ活動を行い、ソロイベント「ナカジマノブ with Favorite Friends Special Live Show」や、「ナカジマノブ博」など、自主企画イベントを定期的に開催している。
  • 前述の人間椅子、ドミンゴスの他にも、「華吹雪」、「Theゆうたろうバンド」、「最鋭輝隊」など数々のバンドに参加し、月に何本ものステージをこなす。人間椅子の全国ツアーの中日に別バンドのライブに出演することも少なくない。
  • 2003年12月~2004年4月にかけて、音楽番組でPUFFYのバックバンドとして数回演奏[5]

関連項目[編集]

  • 高円寺:ナカジマノブの地元。最近では行政と協力してネット番組に出演したりドラム教室を開催したりしている。
  • 華吹雪:元アンジーの水戸華之介がフロントを務めるバンド。現在のメンバーはナカジマノブのほか筋肉少女帯内田雄一郎、人間椅子の和嶋慎治。ドミンゴスのミタヒデキとミツゴローが参加していた時期もある。
  • Theゆうたろうバンドプロペラの羽原裕太郎(Theゆうたろう)がフロントを務めるバンド。メンバーはナカジマノブのほかハル.(サザンハリケーン、talk to me、ネモトラボルタ他)、ニコラス・ケイ(ネモトラボルタ)。
  • BOZE STYLE:頭髪の不自由な人々(=薄毛者)の社会的地位向上を骨子に掲げ活動しているプロジェクト。メンバーは枕本トクロウ(ex.太陽の塔)、山田ススム(GONDA BAND、talk to me他)、ニコラス・ケイ、うかちん(the ARROWS)、合津スクホク☆亮也(ゼーゼーハーハー)、藤本タカシ(空団地)、小林直人(マズい空気)。ライブも行っており、ナカジマノブはバックバンド「GOMOS(ゴウモウズ)」に参加。
  • 最鋭輝隊:自称「今世紀、最初で最後のムーディスト」こと最鋭輝(モトキ)がフロントを務めるバンド。メンバーはシノブことナカジマノブのほか、マットこと服部真人(ex.駄菓子菓子)、ダニーこと谷口幸城(Dannie B. Good)、ジニーこと犬神ジン(犬神サアカス團)。
  • 本田恭章:ナカジマノブがバックバンドに参加。

脚注[編集]

  1. ^ ナカジマノブ博'06 ビバ!40歳 ~俺が叩いているバンド大集合の3日間~ - CLUB Queによるライブレポートより。
  2. ^ ナカジマノブ博'06 ビバ!40歳 ~俺が叩いているバンド大集合の3日間~ - CLUB Queによるライブレポートより。
  3. ^ a b c ドミンゴスファンクラブ会報「琵琶湖」vol.6(2000年3月号)内「ドミンゴス列伝~ノブ編~」より。
  4. ^ ROCK SAMURAI STORY 人間椅子(Part1) - Web Rock Magazine BEEAST”. 2017年7月28日閲覧。
  5. ^ ノブラボ プロフィールページより。

外部リンク[編集]