福田眞純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田眞純(ふくだ ますみ、1958年2月6日 - )は、日本の歌手ミュージシャン福岡県出身、血液型はO型。

来歴・人物[編集]

ディスコグラフィー[編集]

福田眞純&SUPER MILK 時代

  • 福田眞純&SUPER MILK (1989年、イカ天レーベル)
EMPTY/あけてくれ!!/首の細い女/MAJORITY/方舟/黄昏

福田眞純POWDERS 時代

  • THE POWDERS (アルバム 1990年6月、INGレーベル)
ノー・モア・イエス(SEIKO・CMソング、メジャーデビュー作品)/体はここに
  • SLICE OF LIFE (1991年9月25日、徳間ジャパンコミュニケーションズ)
目覚まし時計/イメージだけが現実を造ってる/傘で突ついておくれ/VIBRATION#9/涙が見たい/DESERT STORM/誰もが愛を求めている/NO MORE YES/風向きは変わる/ここで暮らす

福田眞純 yoga resort 時代

  • ひとりのボート (2004年3月、PLUSONE Records)
その気になれば/INNOCENT/ミラーボール/誰も叫ばない/雨の中で/見渡せば/カプセル/落ちる!!/熱い涙/空回り/ひとりのボート

福田眞純 ソロ名義

  • CLOCKWORK MY HOUSE (1991年、EXP) 弾き語りの曲を主としたCD。
NO MORE YES/君/雨の日の過ごし方/空軍将兵ヒルツは国境線をバイクで疾走する/FOOL/プールサイドにしゃがんでた/Zippo/暗がりにくつろぎはない/時計じかけの俺んち/詩人が居ない/右向け右/殺し文句/おりてくる?/イラクからの手紙/DESERT STORM/行ったこともない地図の町/気狂いパレット/DEAR SADDAM/愛の参加/さむい
鐘の音/凍りついた夜空/GIVE ME WATER/新しい朝/拍手を/ひとりぼっちが宝物だった/雪のせいじゃない
  • CLIMB (1993年9月25日、徳間ジャパンコミュニケーションズ)
海を見ていた日/プラットホーム/サイコロ/壊れかけた君へ/届くことのない手紙/消えない/急いで繁みに身を隠せ/ぎらつくうみ
  • LADDER (1993年12月21日、徳間ジャパンコミュニケーションズ)
かまいはしない/二人ならすぐに二人だけの場所を見つけられる/EASY CLIMB LADDER/DEEP BLUE/錆びついて疑わしい思い出/LESS THAN ZERO/さあ
『DEEP BLUE』は『紺碧の艦隊』アニメ版のエンディングテーマ。
スポンジのように/空っぽになれるほど満たされてみたい/照らしてくれ!!太陽/ゴメンネ/引き返すには遠い/おしまい。/あてはないけど/TA-NE/NA-ZE?/1000年の夢/VERMILION SKY
yoga resort 結成以前に製作していた音源を集めたアルバム。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 旺文社ムック『「イカ天」「ホコ天」アマチュアバンド大全集「WOWOOO(ワォーッ)!!」』(1989年12月20日発行)のインタビュー記事による。
  2. ^ (『Hot SPA!』2007年12月1日臨時増刊号 による)