平成名物TV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平成名物TV(へいせいめいぶつテレビ)は、1989年2月から1991年9月にTBS他で放送されていた土曜深夜(日曜未明)のバラエティコンプレックス番組枠の俗称。日本で初めて「平成」をタイトルに入れた番組と言われている。

1988年4月から10ヶ月放送された『SUPER WEEKEND LIVE 土曜深夜族』をリニューアルする形で放送開始。この前身番組の第1部司会だった三宅裕司はそのまま「いかすバンド天国」の司会者として続投、中盤放送の「オフィスヒット」と後半部の「トンガリ編」もそのまま番組スタイルを継承してスタートした。

番組構成[編集]

ほぼ全編にわたって日比谷シャンテ地下1階のスタジオからの放送だった。前半(1部)は番組終了時まで生放送、後半(3部)は1990年3月まで生放送だった。中半(2部)は後半(3部)への準備のため、事前収録だった。

1991年4月13日から、中半(2部)が終了し、以後前半(1部)と後半(新・2部)のみとなった。

前半(1部)[編集]

24:30(→24:40)〜27:00

お熱いのはお好き?&三宅裕司のいかすバンド天国[編集]

1989年2月11日1990年12月29日

1990年10月6日より「三宅裕司のいかすバンド天国」に一本化された。

三宅裕司のえびぞり巨匠天国[編集]

1991年1月12日〜同年9月28日

中半(2部)[編集]

27:00〜27:30

オフィスヒット[編集]

1989年2月11日〜1990年3月31日

IKE IKE CLUB[編集]

1990年4月14日〜1991年4月6日

木村降板後は、藍田ほか2名の女性が司会を務める。また、パネラーとして元・T-BACKS佐藤恵子や、遠峯ありさも出演していた。

この時間帯はVTRによる放送。前半と後半で同じスタジオを使っての生放送のため、この時間を使ってセットチェンジ及び観客の入れ替えをしていた。

後半(3部)[編集]

27:30〜29:09(〜29:04の時も有り。1989年2月11日〜1991年4月6日)

27:00〜28:59(1991年4月13日〜1991年9月28日)

トンガリ編[編集]

1989年2月11日〜1990年3月31日

前身番組「土曜深夜族」から引き続いて放送。

ヨタロー[編集]

【これ以降、後半(3部)は事前収録となる】
1990年4月28日〜1991年4月6日
各団体の若手落語家がチームを組み、大喜利コントで得点を競う。

ますこっとたわー[編集]

1991年4月13日〜1992年3月28日(平成名物TV枠としては1991年9月28日まで)

番組ネット局[編集]

  • TBSとCBCおよび注釈をいれてある局以外はすべて1989年10月からネット開始。またCBCは、1991年頃から水曜日深夜に4日遅れでネットする形式に切り替わった。

【すべてネット】

【1部のみネット】(放送期間の注釈については、後継枠となる星期六我家的電視も含む)

TBS系列であっても青森テレビIBC岩手放送新潟放送北陸放送テレビ山梨毎日放送(『板東英二のわがままミッドナイト』の放送に伴う)、山陰放送テレビ山口大分放送南日本放送琉球放送では放映されなかった。あいテレビは当番組放送当時、未開局だった。

その他[編集]

  • 2009年5月3日NHK BS-1で放送された日めくりタイムトラベルでは、1989年昭和64年・平成元年)を取り上げ、2月のコーナーではTBSの映像協力で当番組の第1回の冒頭部分の一部が放送されていた。
  • 「ヨタロー」に出演していた立川談春・立川志らく・春風亭昇太などが人気落語家となり、平成末期以降のTBSの番組に出演する際、若手時代の映像として、この番組に出演していた時のVTRが流されることが多い。

後継枠[編集]

  • 星期六我家的電視 - 1991年10月5日開始。『ますこっとたわー』も引き続き放送。詳細は当該項を参照のこと。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1989年10月7日 信濃毎日新聞 テレビ欄