飯野竜彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯野 竜彦(いいの たつひこ、1964年1月6日 - )は、日本のキーボーディスト作曲家編曲家東京都杉並区出身。

経歴[編集]

東京都立富士高等学校多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻卒。

多摩美術大学在学中に、美大仲間で結成したFLYING KIDSに参加。卒業と同時にCM企画制作会社に就職し、CMディレクターの道を歩むが、FLYIING KIDSが1989年、TBSのバンドオーディション番組「平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国」に出場したのをきっかけにデビュー。

1998年、FLYING KIDS解散後は、藤井尚之中島卓偉アブラーズ(a-bra:z)などのツアーサポートを務める傍ら、フジテレビ「ポンキッキーズ」の「爆チュー問題」の音楽などを手がける。また、元SPANK HAPPYハラミドリが主宰する大正・昭和初期歌謡ユニット「チャンチキズ」に参加。

2007年、「RISING SUN ROCK FESTIVAL」にてFLYING KIDS再結成。2009年5月5日、自身初のソロ、ミニアルバム「PROTOTYPE#2009」、2009年11月23日、ミニアルバム「NIGHT-NIGHT」、2010年5月27日、ミニアルバム「ALIMENTOS SNITCH」、2012年7月、ミニアルバム「Broken Piano」を発表。

大学時代の仲間で続けていた「雨の日の国道BAND」に2013年からベーシストとして参加。 また、元チェッカーズのリーダー、武内享の主宰する異色のクラブイベントシリーズ「私立武内高等学校」では校歌の作曲を務めると共に音楽の教師として授業を受け持つ。

2014年9月27日、2014中津川 THE SOLER BUDOKANのステージを最後に、およそ30年在籍したFLYING KIDSを脱退。現在は上記の各アーティストのLIVEサポート、レコーディング、新人アーティストのサウンドプロデュースなどと並び 不定期ながらドラマーの清川ワタルとの即興デュオ「Going Something Wrong」でも活動。

2016年11月12日、前橋「Ruby Tuesday」にて、FLYINGKIDSデビュー前に並行して活動していたバンド「The Parsifal」(ザ・パルジファル)メンバー6人による同窓会セッションが行われる。そのまま、2016年12月30,31.〜2017年1月1日の年越しレコーディングセッションに突入。The Parsifal、30年ぶりの再始動。 2017年5月3日、The Parsifal アルバム「銀河旋律」、リリース。同日、高円寺JIROKICHIにてレコ発ライブを敢行。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]