人間失格 (人間椅子のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人間失格
人間椅子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
ドゥームメタル
ストーナーロック
時間
レーベル メルダック
徳間ジャパンコミュニケーションズ(HQCD再発)
プロデュース 人間椅子
大輪茂男
人間椅子 アルバム 年表
人間椅子
1989年
人間失格
(1990年)
桜の森の満開の下
1991年
『人間失格』収録のシングル
  1. 「針の山 / りんごの泪」
    リリース: 2016年11月23日 (2016-11-23)
テンプレートを表示

人間失格』(にんげんしっかく)は人間椅子のメジャーデビュー1枚目のアルバム

初回版にはステッカーが付属。1998年に廉価盤で、2016年にはHQCDでそれぞれ再発された。またカセットテープとしても発売された。

解説[編集]

アルバムタイトルは太宰治の同名小説『人間失格』から。

鈴木が「アナログ時代のLPを意識した」と語るように、1990年代に出た音源とは思えない音質ながら、1stアルバムにして音楽的には完成しており、初期ブラック・サバスや初期キング・クリムゾンの影響を受け、江戸川乱歩の小説の如く猟奇的な詞が織りなすドゥームメタルと仕上がっている。バッジーの曲“Breadfan”の歌詞を変更したカヴァーである「針の山」など、今でもライブで演奏される曲も多い一作。

ブックレットのスペシャル・サンクスには、彼らの遊び心として平井太郎津島修治がクレジットされている。

ちなみに「天国に結ぶ恋」の歌詞が一部が自主規制により変更、逆再生させられている。その部分はビデオ『遺言状放送』にて聞けるが以下の通り。

  • 変更前「君の右手を壜に詰めて」→変更後「君の和毛を壜に詰めて」
  • 「君の乳房の革を鞣して」が逆再生。

Charが「笑っていいとも」のワンコーナー「テレフォンショッキング」に出演した際、当時発売されたばかりの本作を、「最近、気に入っているバンドのアルバムなんですよ」と言って、タモリにプレゼントしたことがあった。

アナログを意識したという音質はいわば「こもり気味」の音であったが、ベスト盤に収録される際は他の楽曲に合わせて改善されていた。2016年のHQCD化の際のリマスターにより、リリースから26年を経てついにアルバム全体の音質が改善された。また同年にこのリマスター音源から「針の山」と「りんごの泪」がシングル・カットされ、人間椅子初のアナログ・レコードとして初回限定リリースされた。

収録曲[編集]

全編曲: 人間椅子
#タイトル作詞作曲時間
1.「鉄格子黙示録」和嶋慎治和嶋慎治
2.「針の山」和嶋慎治Tony Bourge, Burke Shelly, Ray Phillips
3.あやかしの鼓和嶋慎治和嶋慎治、鈴木研一
4.「りんごの泪」和嶋慎治和嶋慎治、鈴木研一
5.「賽の河原」和嶋慎治和嶋慎治、鈴木研一
6.天国に結ぶ恋和嶋慎治和嶋慎治
7.悪魔の手毬歌和嶋慎治鈴木研一
8.人間失格和嶋慎治和嶋慎治、鈴木研一
9.ヘヴィ・メタルの逆襲鈴木研一鈴木研一
10.アルンハイムの泉和嶋慎治和嶋慎治
11.桜の森の満開の下鈴木研一和嶋慎治、鈴木研一

演奏者[編集]

外部リンク[編集]

徳間ジャパンコミュニケーションズ