1990年のテレビ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1990年のテレビ(1990ねんのテレビ)では、1990年平成2年)の日本におけるテレビジョン放送全般の動向についてまとめる。

番組関係の出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

  • 9日 -
    • フジテレビ系『笑っていいとも!』がこの日、放送2000回を達成。
    • 日本テレビ系月曜20時枠にて、同年4月から放送していた『所さんのまっかなテレビ』が低視聴率のため、2日に打ち切りになった事を受けて、つなぎ番組として海外の映像を紹介するバラエティ番組『世界まる見え!テレビ特捜部』が放送開始。司会は『まっかなテレビ』からの続投となった所ジョージに加え、新たに日本テレビ出身のフリーアナウンサーである楠田枝里子を迎えた。レギュラー放送は9月17日をもって一旦終了(休止)となったが、好評だったため翌年4月から再開。2018年現在も継続中である。この当時ビートたけしはレギュラーとして参加しておらず、終了後の9月28日に放送された特番から登場している。

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

その他テレビに関する話題[編集]

年間
  • フジテレビがこの年の年間視聴率1982年から9年連続3冠王となる。
4月
5月
7月
9月
10月
11月
  • 30日 - 日本初の民間衛星放送局WOWOW、サービス放送開始(1991年4月1日開局)。

開局[編集]

既存局の音声多重放送開始[編集]

周年[編集]

番組[編集]

開局・放送開始[編集]

記念回[編集]

視聴率[編集]

(※関東地区、ビデオリサーチ調べ)

ドラマ・映画[編集]

  1. 連続テレビ小説 和っこの金メダル(NHK総合、3月10日)40.5%
  2. 連続テレビ小説 凛々と(NHK総合、9月5日)39.5%
  3. 連続テレビ小説 京、ふたり(NHK総合、12月22日)38.4%
  4. ナショナル劇場 水戸黄門・第19部(TBS、2月5日)32.1%
  5. ナショナル劇場 大岡越前・第11部(TBS、4月23日)30.9%
  6. 大河ドラマ 翔ぶが如く・第1部(NHK総合、2月11日)29.3%
  7. 日曜洋画劇場 ダイ・ハード(テレビ朝日、10月7日)29.0%

ニュース・報道[編集]

  1. 開票速報(NHK総合、2月18日 21:00-21:57)33.1%
  2. NHKニュースワイド・第2部(NHK総合、9月20日)32.0%
    • 開票速報(NHK総合、2月18日 20:30-21:00)31.9%
    • 即位の礼・正殿の儀(NHK総合、11月12日)31.9%
  3. 即位の礼・祝賀御列の儀(NHK総合、11月12日)29.0%

スポーツ[編集]

  1. プロボクシング・世界ヘビー級タイトル戦「マイク・タイソン×ジェームス・ダグラス」(日本テレビ、2月11日)38.3%
  2. 大相撲初場所・10日目(NHK総合、1月16日 17:35-18:00)33.2%
  3. 第11回アジア大会(NHK総合、9月30日 17:35-18:00)29.2%
  4. '90東京国際マラソン(日本テレビ、2月12日)29.1%

バラエティ・歌番組[編集]

  1. 第41回NHK紅白歌合戦・第2部(NHK総合、12月31日)51.5%
  2. 火曜ワイドスペシャル 第8回爆笑!スターものまね王座決定戦(フジテレビ、12月4日)34.6%
  3. 第41回NHK紅白歌合戦・第1部(NHK総合、12月31日)30.6%

アニメ[編集]

  1. ちびまる子ちゃん(フジテレビ、10月28日)39.9%
  2. サザエさん(フジテレビ、10月28日)36.4%

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

スペシャルドラマ

TBS系[編集]

スペシャルドラマ

フジテレビ系[編集]

スペシャルドラマ

テレビ朝日系[編集]

スペシャルドラマ

テレビ東京系[編集]

スペシャルドラマ

テレビアニメ[編集]

スペシャルアニメ

特撮番組[編集]

報道・情報番組[編集]

スポーツ番組[編集]

バラエティ番組[編集]

クイズ番組[編集]

トーク番組[編集]

音楽番組[編集]

教養番組[編集]

紀行・ドキュメンタリー番組[編集]

映画番組[編集]

子供向け番組[編集]

単発特別番組枠[編集]

特別番組[編集]

2回以上放送のシリーズ番組[編集]

レギュラー番組のスペシャル版[編集]

各局のキャンペーン[編集]

  • 「3.14倍の春です」(日本テレビ、春)
  • 「それ、世の中動かしてみませんか。」(フジテレビ、春)
  • 「フジテレビが、LOVEと言い始めた。」(フジテレビ、秋)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 前身『兼高かおる世界飛び歩き』時代から換算した年数(『世界の旅』は30年であった)。
  2. ^ ただし、12時30分より13時までは総合テレビで放送された(この日は連続テレビ小説『京、ふたり(再)を30分前倒しで放送(12:15-12:30)、『ひるのプレゼント』は休止)。
  3. ^ 同時に史上初となるフライングスタートを実施(19:54-20:54。1994年4月も参照)。
  4. ^ 長崎県では翌年4月1日長崎国際テレビ開局を控え、半年間日本テレビ系列空白区となる。
  5. ^ a b 月曜ドラマスペシャル
  6. ^ 火曜ミステリー劇場
  7. ^ 日曜洋画劇場特別企画
  8. ^ a b c 木曜スペシャル
  9. ^ a b c 火曜ワイドスペシャル
  10. ^ NHKスペシャル
  11. ^ 水曜スーパーキャスト
  12. ^ 金曜ファミリーランド

出典[編集]

参考[編集]

など